讃岐うどんのかしわ天うどん #3

讃岐うどんのかしわ天うどん #3

讃岐うどんの食べ方で鶏肉系うどんの代表的な食べ方にかしわ天うどんがあります。名店の名物にもなるこの食べ方が好きです。中にはメニューに無いお店もありますが、個々に組み合わせて食べたかしわ天うどんまたはとり天うどんのまとめと言うよりも記録です。

キーワード
名物
駅前・駅近
インスタ映え

更新日:2019/05/05 (2018/08/01作成)

2474view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かしわ天うどんは、かしわうどん、かしわかけ、とり天うどんなどとうどん名は様々です。名店のかしわ系うどんは特に旨いです。

かしわ天の形状は、系統のようなお店以外はお店ごとに違います。提供方法も違い、うどんに盛られた提供と、かしわ天を別皿で提供するお店もあります。

三好うどん【セルフ店】

大好きなお店です。
行けば必ず旨いうどんが食べれて
大満足出来ます。

県道224号線岡本高瀬線からと、
県道35号線豊中三野線から側道へ入った
場所にお店はあります。

【かけ+とり天】
うどんは好みの太さで好みの硬さがある旨いうどんでした。硬さに捻りがあるのでうどん好きの私としては見ただけで食べる前からワクワクするうどんでした。うどんをすすりかけ出汁を飲んで更に満足しました。何かの風味が強く感じるかけ出汁でした。嫌な風味ではなく好きな風味で、進化なのか前からで私が今まで気づかなかったのか…いずれにしても旨いので満足出来ました。とり天もいい感じに揚がっていました。衣がサクッとしていたのでとり天うどんにして食べるには最高の揚がり具合でした。サクッと衣が徐々にかけ出汁によりふやけてこれまたいい感じでした。

カマ喜ri【一般店】

うどん屋さんみたいな感じではない
うどん屋さんで、Cafeのような
うどん屋さんです。
旨いうどんが食べれるお店です。

国道11号線から側道へ入った所にあるお店です。
目印は出作町南交差点で、高松方面からなら
左折です。

【かけ+とり天】
うどんは私の基準で好みの太さで、角がはっきりした好みの硬さがある旨いうどんでした。昨今は細めのうどんが増えました。そんな中でこの太さは希少です。しかし、ただうどんが太いだけでは駄目で、コシ、硬さを伴わなければ美味しい若しくは、旨くありません。カマ喜riさんのうどんは心底満足出来るうどんでした。かけ出汁も旨い味でした。うどんが太いのでしっかりした味でないとうどんに絡みません。いい感じにかけ出汁がうどんに絡み旨いなぁと思いました。とり天はむね肉で小ぶりでした。とり天うどんやとり天ぶっかけ冷で食べるなら丁度良い大きさだと思います。好きな揚がり加減で、旨いとり天うどんとして成立していました。

ひさ枝(手打ちうどん ひさ枝)【セルフ店】

香川県発祥の多店舗化店では
群を抜いて美味しいたも屋さんに
いらした方の独立店だそうで、
それを頷ける見た目が綺麗で旨いうどんと
揚げ物が食べれるお店です。

県道16号さぬき浜街道の郷東町交差点から
海の方向へ向かい、つきあたりを左折で
お店へ行けます。

【かけ+とり天バラシ】
うどんは私の基準でやや細めですが、いさ枝さんならではのコシを感じる旨いうどんでした。やはり旨いなぁとすすり、そのうどんにいい感じに絡むかけ出汁を味わいました。かけ出汁におろし生姜が合います。一層好きな旨い味でした。とり天バラシは大活躍でした。前回も思った驚きの量…通常をバラしたらこの量なのか分かりませんが、小ぶりのとり天の量には今回も驚きました。旨いうどんとかけ出汁に、とり天が相性よく絡んでいました。それと酢醤油です。量が多いので数個を酢醤油用に残しました。とり天は酢醤油に合うと思います。うどんに入れたとり天を酢醤油に浸けるとこれまた美味しかったです。かけ出汁の汁を含んだ衣が酢醤油に美味しく合いました。

宮武うどん【セルフ店】

宮武さんは讃岐うどんを有名にした
お店だと思います。

【あつあつ+とり天】
うどんは私の基準でやや細めですが、これが宮武さん標準のうどんです。捻りが捻るようなうどんで、食感…舌触りがいい感じの美味しいうどんでした。かけ出汁も美味しい味でした。うどんに捻りがあるのでよく絡みます。深い味わいを感じました。とり天は串に刺さっていました。硬めか柔らかめでは柔らかめな食感の天ぷら衣でした。かけ出汁の味がはっきりしているので、天ぷら油分に味が薄まることなく最後まで美味しく食べれました。

いちみ【セルフ店】

以前は別の場所で営んでいたお店が
移転しました。
うどんの他には揚げたての天ぷらが
売りのおお店です。

【とり天うどん】
うどんは私の基準でやや細めの平ためで、もちッと感のある美味しいうどんでした。これを冷系で食べるときりっとするからうどんの変化に驚きます。美味しいうどんに美味しいかけ出汁でした。しっかりした味でうどんに絡み、とり天の天ぷら油分に負けない味を保っていました。とり天は平たく大きさが疎らなものが4つ盛られていました。これまた美味しかったです。上側はかけ出汁に浸る前に食べて味わい、中間のは徐々にかけ出汁に浸った部分を味わい、下側はじっくりかけ出汁に浸った部分を味わいました。

こんぴら街道【セルフ店】

所在地は琴平町ですが、中心部からは
離れたところにお店はあります。
昼時は混み合うお店です。

【かけうどん+とり天】
うどんは私の基準で普通の太さからやや細く感じるうどんも混ざっていました。見た目で分かる捻りが、そうであってほしいと思う食感で美味しかったです。かけ出汁も美味しい味でした。とり天も美味しかったです。香川県下にあるうどん店でたまに見かける天ぷらなの?唐揚げなの?みたいなタイプで、さくッとと、かりッとの中間のようでした。かりッとタイプはカリッとタイプでかけ出汁への馴染み方があります。じんわりと馴染んでいくのを待ってから美味しく食べました。

てら屋【セルフ店】

高松自動車道の高松西ICの近くにあるお店です。
似た屋号のお店があります。

【かけうどん+とり天】
丁度茹で立てドンピシャに当たりました。此処の茹で立てのうどんがこれ程美味しいとは思いませんでした。かけ出汁はちと私には味が薄く感じましたが、おろし生姜により許容範囲になりました。とり天は一口強サイズのものが小皿に4つで、このサイズならかしわ天うどんにも、とり天ぶっかけ冷でも食べれる丁度よい大きさでした。ほんわか食感の衣で、かけ出汁との相性も良かったです。

味庄【セルフ店】

JR高松駅近くにあるお店です。
早朝からの営業がありがたいお店です。

【かけうどん+とり天】
うどんは私の基準で細めで、細めの中に細めがある細さが疎らなうどんでした。美味しいと思ったのが粉が詰まってるなぁと思えた硬さです。かけ出汁は以前も美味しいと思ったので、うどんが美味しければ美味しいかけ出汁が一層引き立ちます。見た目で感じたうどんの面構えは思った通りの舌触りで美味しく、もう一杯食べようかと思いました。とり天はさくっと揚がっていました。これがまた美味しいかけ出汁に美味しく浸りました。さくッと感を保つ部分とやんわりした部分の違いが美味しく、とても満足出来るかしわ天うどんでした。

仁鶴(手打うどん 仁鶴)【一般店】

うどん定食があるお店です。
店内へ入ると年季を感じます。

玉藻公園、香川県民ホール近く、
フェリー通り沿いにあるお店です。

【とり天うどん】
うどんは私の基準で細めで、細めの中にも細めがある細さ疎らなうどんでした。平たいうどんもあり捻りのあるうどんも見えました。茹で立てではないと分かるうどんですが、うどんの深みみたいなものを感じました。かけ出汁も美味しい味でした。出来れば有無を訊いてほしかった大根おろしが中央にありました。大根おろしは嫌いではありませんがうどんには要りません。これが無ければもっとかけ出汁を美味しく感じたと思います。独特の風味が美味しさを邪魔していました。とり天は小ぶりのものが盛り付けられていました。かけ出汁に浸っていない上側はほんわかタイプの衣で、浸っている下側はかけ出汁によっていい感じにふやけました。下味に胡椒を用いているのだと思います。その風味が美味しかったです。

きりや【一般店】

鶏肉に拘りがあるようです。店頭の幕には
讃岐うどん×鶏の表示がありました。

【かけうどん+とり天】
うどんは私の基準でやや細めで、温汁系なれどいい感じのコシを感じる美味しいうどんでした。かけ出汁も美味しかったです。とり天の天ぷら油分がかけ出汁に馴染んで美味しかったです。とり天も美味しかったです。少し硬めの揚げ具合いの天ぷら衣が徐々にかけ出汁に馴染み、いい感じの食感でした。

こんぴらや 川東店【セルフ店】

こんぴらやさんは香川県下に数店を
出店している多店舗化店です。

【かけうどん+とり天】
うどんは私の基準で普通の太さで、角はないけれど好きな硬さを感じる美味しいうどんでした。かけ出汁も美味しく好きな味でした。昼時を過ぎていたので多少煮つまっていたかもしれません。とり天は衣が硬めの揚がり具合で、それがかけ出汁に馴染み美味しかったです。

讃岐うどんのかしわ天うどん

Instagram

※本記事は、2019/05/05に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ