鍋だけでなくホットなラーメンはいかが?秋田のおすすめラーメン24選

鍋だけでなくホットなラーメンはいかが?秋田のおすすめラーメン24選

東北三大祭りの「竿燈まつり」が毎年8月に開催される秋田県。秋田のグルメといえば「きりたんぽ」や「しょっつる鍋」といったホットな料理が有名ですが、今回はラーメンに注目してみました。「横手焼きそば」と並んで人気を集めている、煮干しを用いた和風スープの「十文字ラーメン」など、たっぷり24軒ご紹介します。

キーワード
おすすめ
人気
食べログまとめ編集部

更新日:2016/12/06 (2016/06/30作成)

6780view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一しな

一しな

出典: ワサコさん

アッサリ系ラーメンの魅力に気付かせてもらえる【一しな】

縮れた細麺なので、スルスルと食べやすい一品。卓上に激辛の高菜が置かれているので、刺激が欲しい人は少しずつ加えてみてください。

出典: hiro0827さん

えっ、餃子が黒こげ!? 実はコレ「くろ餃子」という料理なので問題ありません。

中には少し辛味の付いた餡が入っており、黒い皮で包まれた餃子です。

出典: ワサコさん

秋田県ではラーメンにお酢を入れる習慣があるとの声も聞かれました。まろやかな味の中華そば、食べてみたいですね。

ちなみに【一しな】は、火曜・水曜・木曜が定休日となっていますので、平日に訪れる方はご注意を。

麺が細いので食べやすく、ツルツルっと食べてしまうので私でも大盛りにしています。前半は普通に食べて出汁のうまみと麺を楽しみ、後半はテーブルに置かれた辛味を投入。これで2度楽しめます。

出典: こいろさんの口コミ

スープを一口。美味いです!煮干出汁がメインなんでしょうが、様々な味わいが調和しております。モモ肉チャーシューも薄切りの割にはしっかりと主張しており、美味いです

出典:http://tabelog.com/akita/A0504/A050402/5000642/dtlrvwlst/7481703/

一しな (大曲/ラーメン)

3.28

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 大仙市 戸蒔 字谷地中15-3

TEL:0187-62-8877

佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず

佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず

出典: たまご88さん

白くてモキュッとした独特なコシのある麺が特徴の【佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず】

何度も食べに訪れているレビュアーさんがおすすめするのは「みそらーめん」。多少、酸味があってアッサリ食べられる味噌ラーメンとのこと。

出典: dreamtheaterさん

「しょっぱめ」や「辛みそ」、そして「味付け卵に「チャーシュー」とトッピングメニューが充実しているので、豪華な一杯に仕上げることも可能。

それでも足らなければ「チャンジャライス」や「ミニ豚丼」といったサイドメニューもありますよ。

ほんのりピンクがかった豚バラチャーシューは脂の乗りも良くしっとり柔らかな逸品です。こちらも独特のコシのある自家製麺に脂が絡んでつるつるとした食感が何ともたまりません。

出典: さすらいの食べ歩き人さんの口コミ

鶏ガラしょう油の魚粉系ラーメンですが、バランスよくて美味しいね!ヤッパ自家製の麺が最高!加水率低めで、口の中でパッツンパッツン切れる麺の食感が良いですね!

出典: 横浜 かめろぐさんの口コミ

佐藤中華そば楼 by ねぎぼうず (東大館/ラーメン)

3.58

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 大館市 片山 1-5-9

TEL:非公開

丸竹食堂

丸竹食堂

出典: 和尚1207さん

秋田県で有名なラーメンといえば横手市十文字地域を中心とする地域で食されるご当地ラーメン「十文字ラーメン」。【丸竹食堂】にて味わうことができます。

煮干しのダシが効いた和風スープ(醤油味)は透明度が高く、具材や麺が上からしっかりと見えます。体に優しい味がしたとのこと。

店内には色々な飾り付けが施されており、ラーメンが届くまでの間こちらを見回して楽しみましょう。

「十文字ラーメン」なら、夏バテ中でも美味しく食べられると報告がありました。

トッピングの種類の多いのもここの特徴でしょうか? スルスルと食べ易い麺はそうめんのようでもあります。スープも透明に近いほど色が薄いのですがしっかり味がついております。

出典: apc0504さんの口コミ

名物の中華そばは、丼の底まで透けて見えそうなほど、透明度の高いスープが並々と張られ、スープという大海を、まるで極細麺が回遊しているように見える。

出典: hiro0827さんの口コミ

丸竹食堂 (十文字/ラーメン、その他)

3.56

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 横手市 十文字町本町 7-1

TEL:0182-42-1056

らーめん 萬亀

らーめん 萬亀

出典: 味頭巾さん

あっさり・ブレンド・濃厚と様々な味のラーメンが食べられる【らーめん 萬亀】

こちらは塩ラーメンなのに、醤油に近いような濃厚さ。トロトロスープに中太麺の相性抜群!背脂を10円でトッピングできるというのも面白いですね。

出典: deepmotoさん

モヤシにニラ、そしてお肉がたっぷりと乗った「台湾ラーメン」を秋田県で食べられます。

ご存知の方も多いかと思いますが、「台湾ラーメン」は名古屋名物の一つ。大盛りを注文すると、丼ぶりから溢れるほど具が乗っています。ちなみに、山の中にはチャーシューも入っていますよ。

微細繊維にほぐれる感じの味染みチャーシューは、秋田市で確実に五指に入る秀逸な出来。オーソドックスな見た目ながら、歯触りが特別小気味よいメンマGOOD。たっぷりのネギに、上質海苔は間違いないマッチング。

出典: 味頭巾さんの口コミ

ラーメンはとても黒いスープで濃いイメージありますが、名前の通りあっさりしてます。味玉は絶妙の半熟で、具材バランスが調和してます。店主の技を感じました。

出典: ヘバナントスさんの口コミ

らーめん 萬亀 (秋田/ラーメン、つけ麺、油そば)

3.54

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 山王新町 4-1 サンケイビル 1 F

TEL:非公開

つけ麺 虎鉄

自家製麺 5102

出典: あやプーさん

魚介と豚骨ベースのインパクト大なつけ麺を提供しているのが【つけ麺 虎鉄】です。通販にて「つけ麺」セットを全国へ発送しているほど人気です。

トリュフを用いたり、とろろ昆布を敷いたりした限定メニューなど、発想力豊かなお店でもあります。

卓上には普通のお酢ではなく、柚子酢とラー油が置かれていました。

スープにメリハリが生まれて、さらに美味しく食べられたという人も。秋田県では、ラーメンとお酢の組み合わせが好まれているのですね。

秋田県人好みに、輪郭のハッキリとした塩ダレ。個人的にはもう少し塩分抑えた方が好きな感じでした。乱切り麺はコシあって、相変わらず旨いなぁ。柔らかいロースチャーシューもGOOD。

出典: 味頭巾さんの口コミ

それにしても、麺・具・スープどれをとっても完成度の高さに驚きました。以前食べたときも美味しかったけど、今回はそれの比じゃないくらい美味しかったです。めちゃくちゃ進化してますね。

出典: ノーラン・ロスさんの口コミ

自家製麺 5102 (秋田/つけ麺、ラーメン)

3.52

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 保戸野桜町 10-3

TEL:018-893-6457

トラガス

トラガス

出典: routastさん

麺やスープが見えないほど、具材たっぷりの味噌ラーメンが評判を呼んでいる【トラガス】。

「特製みそらーめん」には、チャーシュー・角煮・コーン・煮玉子のほか、何とローストトマトが乗っています。トロトロな果肉が口の中いっぱいに広がります。

出典: hiro0827さん

卓上には「粉山椒」や「一味」そして「黒七味」の瓶が置かれていますので、食べ進める段階で味に変化を付けるのもアリ。

自分好みに味付けできるのは良いですね。

角煮はホロホロとした食感で脂身がジュワッとしっかりとした味付けで旨い!ニラがにんにくのような風味を足しているけど後には残らないいい脇役です。チャーシューはしっとりとしたロースト系でもれも味わいが濃くておいしい。

出典: routastさんの口コミ

まずは見た目で満足!スープはこってりめ。麺は太めでツルツルもちもち、おいしかったです。もやしもたっぷりでおなかいっぱいになりました。

出典: satcanさんの口コミ

トラガス (湯沢/ラーメン)

3.59

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 湯沢市 西新町 2-36

TEL:非公開

弾岩ラーメン

弾岩ラーメン

出典: boxyuさん

【弾岩ラーメン】というかなりインパクトのある店名。真っ赤なスープの「辛みそ」は、何と「MAXから」というレベルもあります。

しっかりとした角太麺に、とんこつベースの辛味がよく合います。

出典: 味頭巾さん

「鬼エグ煮干し出汁らぁめん」といった名前が印象に残るラーメンを食べた人も。大きな麸が浮いているのも面白いですね。

さらに「毎日限定ラーメン」というものも用意されているとのこと。

本日の煮干し、訪問時はのど黒でした、鮮魚出汁のような風味、加水低めの細麺がいい感じ、スープを吸った麩は最後のご馳走。

出典: boxyuさんの口コミ

ポクポク、コリっとした歯触りの加水抑えめ角断面ストレート。最近流行りのスタイル。粉の風味も愉しめて、コレは美味しい麺ですね!

出典: 味頭巾さんの口コミ

弾岩ラーメン (秋田/ラーメン)

3.05

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 泉北 1-6-1

TEL:018-893-6146

伊藤

「シナそば」と「肉そば」の二本立てとなっているラーメン店【伊藤】

写真からも麺の固さが伝わってくるほどであり、ポキポキと音が鳴りそうな麺の食感を楽しんでください。

出典: atsushisaitoさん

「シナそば」は食券の機械にも「具なし」と明示されているので、チャーシューも食べたい方は「肉そば」を選びましょう。

煮干しの旨みと玉ねぎの甘みを感じられるスープが、麺と肉を覆っています。

一般的な民家のように見える外観であり、開店当初に設置していた看板は外してしまったとのこと。

この外観を覚えておくとともに、地図をチェックしながらお店を探しましょう。

頭の奥底に時限装置のようにインプットされて、ある日突然どーしても食べたくて我慢ができなくなる不思議な食べ物って感じでしょうか…。

出典: ひろしです・・・。さんの口コミ

今まで色々なラーメンを食べて来ましたが、店主さんの個性も含め、ここまで強く印象に残る一杯は中々ナイですね

出典: bakuraiさんの口コミ

自家製麺 伊藤 (角館/ラーメン)

3.61

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 仙北市 角館町金山下 115-66

TEL:0187-54-4077

小江戸

小江戸

出典: atsushisaitoさん

しょうゆ味一本勝負をしている【小江戸】
昼時はいつも混んでいるとのレビューもありましたが、回転率は良いので少し待てば大丈夫とのこと。

また「並の半分」という大変リーズナブルな価格設定の一杯もあるので、小腹が空いた時にもおすすめです。

出典: パパ好みさん

シンプルな見た目ですが、こちらのラーメンのポイントは半円球型に盛られた辛味。

ビリビリするような辛さなので、少しずつ様子を見ながら溶かしていくようにしましょう。この辛さが病み付きになるとの声も。

辛味の効果で一瞬にして麺を完食。この辛味はヤミツキ系の予感ですよ~。その後、常連が酢を入れているのを見て真似してみると円やかになりこれもウマい。

出典: Ryumanさんの口コミ

江戸系ラーメンの特徴である鶏のシンプルな醤油スープ(醤油のみ)に特製の辛味が加わって 独特の辛美味を味わえます。

出典: アンドロスさんの口コミ

小江戸 (秋田/ラーメン)

3.44

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 泉中央 2-5-12

TEL:018-865-3512

東池袋大勝軒 秋田店

東池袋大勝軒 秋田店

出典: yoshi74366さん

全国的に有名なラーメン屋が秋田県に!【東池袋大勝軒 秋田店】では、「もりそば」という名称でつけ麺を提供しています。

こちらのお店の「並」は一般の大盛りの分量なので、初めて訪れる人は券売機に書かれている量を要チェック。

出典: deepmotoさん

甘酸っぱいスープが特徴のつけ麺だけでなく、通常タイプのラーメンも用意されています。

チャーシューメンにメンマラーメン、みそラーメンに味玉ラーメンと種類も豊富。

出典: h_sigelさん

注目したのがサイドメニューの一つである「ひがしめし」。こちらは元々賄い料理だったそうなのですが、丼メニューとして仲間入り。

細切れチャーシューやカイワレなどがご飯に乗っていて、サッパリとした味わい。

辛いのを徐々に溶いて食べ進めましたが、後味にピリっとくる辛さでした。卓上にはお酢・辛み・魚粉・にんにく・割スープなどがあるので、自分好みにカスタマイズも可能です!

出典: あやプーさんの口コミ

味玉ラーメン/小 スープは見た目はこってりしてますが、食べてみると意外にも淡麗な味。魚粉感もイイ感じです。

出典: deepmotoさんの口コミ

東池袋大勝軒 (秋田/つけ麺、ラーメン)

3.36

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 八橋本町 1-1-43

TEL:非公開

麺屋 十郎兵衛

麺屋 十郎兵衛

出典: あやプーさん

朝から営業しており、その名も「朝ラーメン」という料理が食べられる【麺屋 十郎兵衛 】
通常メニューより、少し安めの価格設定。

サラッとしたスープであり、軽めの朝食として利用する人もいました。

出典: routastさん

月ごとに限定メニューが設けられており、「チーズカレーつけそば」や「豚ニラまぜそば」などがこれまでに登場しました。

朝ラーメンも含め、様々な企画に挑戦しており、通い続けたくなるラーメン店です。

朝は朝メニューになっており、ラーメンは朝らーめん、朝中華そば、朝油そばの3つです。らーめんは動物系と煮干のWスープでこってり、中華そばは煮干のみのあっさり系のようです。

出典: N氏さんの口コミ

中太のストレート麺で、コシがあり、喉越しがツルッとした感じです。麺の出来は県内でトップクラスですね。

出典: ガッチだぜぇさんの口コミ

麺屋 十郎兵衛 (大曲/ラーメン、つけ麺)

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 大仙市 大曲上栄町 14-14

TEL:0187-63-5933

麺屋 にぼすけ本舗

麺屋 にぼすけ本舗

出典: hiro0827さん

ペロリンと器からはみ出すほどの大きなチャーシューが食べられる【麺屋 にぼすけ本舗】

低温調理の自家製チャーシューであり、ローストポークのような味わい。もちろん主役の煮干しスープも絶品だったそうです。

こちらの看板がお店の目印。「飛魚(あご)」「平子(ひらご)」「片口(かたくち)」という厳選した煮干しが使われています。

さすが「にぼすけ本舗」という店名ですね。朝営業もしており、年中無休の貼り紙もあったそうです。

自家製の麺、 ぷりぷりの 中太 ストレート麺、小麦感満載です、、旨いです!スープは コッテリ豚骨の 煮干しブレンド キラキラだけど 魚粉感なしの クリーミーな スープ、 旨いです!

出典: しゅれっく2さんの口コミ

スープは、そこまでドロドロ系ではなく煮干しの苦味も無かったです 1口飲むと体全体に染み渡る煮干しの旨味です 麺も中太、硬さも好みです チャーシューがも食べ応えバッチリでした

出典: megu_0126さんの口コミ

麺屋 にぼすけ本舗 (飯詰/ラーメン、つけ麺)

3.37

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 仙北郡美郷町 字熊野133-3 1F

TEL:0187-88-8435

蓮

出典: ワサコさん

「バジル塩」というラーメンとは思えないおしゃれな料理が提供される【蓮】は、まぜそばや鶏白湯のラーメンも美味しいお店。

透き通ったスープにバジルが浮かんでおり、塩加減がやや控えめでバジルの香りも楽しめる一杯。

見た目はシンプルですが、レビュアーさんによれば計算し尽くされたトッピングということで、ニンニクの利いた魚介ベースのタレに太麺の相性バッチリ!

アツアツの麺とタレと具が一体となり、箸が止まらなくなりますよ。

あともう少し食べたい!という人は「茶碗カレー」をどうぞ。ミニサイズの茶碗カレーもありますので、満腹感を得られる食事になること間違いなし。

同じくミニサイズがある「塩チャーシュー丼」も用意されています。

濃厚醤油は白鶏スープと醤油を合わせた感じでやや粘度もあります。麺はストレートで茹で加減固め。チャーシューはバラかな。薄めながら4枚ほど。うみゃい。久々ヒットだな~

出典: ワサコさんの口コミ

"塩チャーシュー丼"塩味とチャーシューだけの丼ではなく、ニンニクが利かせてあって美味い。ラーメンなくてもこれだけで腹いっぱい食える

出典: h_sigelさんの口コミ

※こちらのお店は下記へ移転致しました。口コミなどの情報は移転前のものです。

(秋田/ラーメン、つけ麺)

3.51

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 東通 5-1-35

一球

一球

出典: azukinaさん

高濃度でガッツリ系の煮干しラーメンが食べられるのが【一球】

スープ一口目で煮干しの旨味いっぱいが広がりますが、さらに底にも沈殿しているため、よくかき混ぜて食べましょう。苦みはそれほど感じなかったとのこと。

出典: take31さん

「油そば」を注文すると「追い飯」という形で、ライスを無料で食べられます。

角切りのチャーシューやメンマなど、具材たっぷりなので油とご飯を混ぜて食べれば二度美味しい!

鍋振りと、縦回転させる麺の速度はどこのお店でも見たことないほどで、麺やタレをどこか遠くに飛ばすんじゃないかと思えるのですが、意外にも熟練の腕を感じます。これを何食分も混ぜるのですが、目の前で見ているだけで楽しめるライブクッキングでした。

出典: take31さんの口コミ

濃いニボ系ですが、平打ち麺も合いますね~!底に沈殿しているやや荒めのニボ、匹数はかなりの量入ってます。塩気が程好く感じられ、一見歯応え系に見えるチャーシューですが、実は簡単に解れるホロホロ系。

出典: メンクイダーMattさんの口コミ

一球 (秋田/ラーメン)

3.43

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 手形山崎町 11-37

TEL:不明の為情報お待ちしております

桜木屋

桜木屋

出典: OHAMAROさん

東の横綱「広東麺」vs西の横綱「ニラそば」が味わえる【桜木屋】
両方とも食べてみたくなりますね。

「広東麺」はネットリとした餡の量がたっぷりなので、ごはんにかけたくなるかも。オイスターソースの味と香りが食欲を刺激します。

出典: あやプーさん

「ニラそば」は、甘辛い醤油ベースのスープにニンニクと深みのあるラー油がコラボ。生卵を混ぜて食べると、まろやかさが出て美味しさアップ!

肉そばや醤油・塩・味噌といった通常のラーメンもあります。

スープをよく拾ってくれて、熟成麺独自の味と実に良く合います♪卵黄は割らずにとっておきました!実食中盤に割ってみます♪辛みと香りで楽しんできた麺も、この卵黄で大きく変化しますね

出典: ヒロ・ココットさんの口コミ

この味と手間に対して、驚きの値段設定…CPが良すぎます。辛みが苦手な方でも、美味しく楽しめるお店です。また、「にら」フリークのお方も、いちど醤油・塩をお試しを

出典: あねっちゃさんの口コミ

桜木屋 (扇田/ラーメン)

3.51

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 大館市 山館 字中山境2-2

TEL:0186-42-0556

麺屋 史

麺屋 史

出典: routastさん

スープは秋田県産の豚骨、チャーシューも同じく秋田県産の肩ロースを使用している【麺屋 史】

コッテリ派はらーめん、アッサリ派には中華そば、そしてつけ麺と好みに合わせて選べます。

出典: kanten828さん

こちらの「あぶり肉飯」も、ぜひ注文したいサイドメニューの一品。

ちなみに「特製」が付く麺メニューを注文すると、チャーシー2枚・味玉・のり3枚が付くそうです。

“中華そば”はビジュアル的にもキレイで花麩もひとつのアクセントになっています。県内産のロース肉で作られたチャーシューも肉厚で良く味が染みこんでいました。

出典: apc0504さんの口コミ

コッテリのこちらもパンチがあり美味しいらーめん!!このクオリティーのらーめんが湯沢にあるのか!改めて秋田のラーメンのハードルの高さを伺い知る事が出来ました!!!

出典: フィンクスさんの口コミ

麺屋 史 (湯沢/つけ麺、ラーメン、そば・うどん・麺類(その他))

3.53

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 湯沢市 千石町 1-7-8

TEL:0183-55-8930

味美 藤田屋 湯沢店

味美 藤田屋 湯沢店

出典: 辛口59さん

コクのある濃厚なスープとコシのある太麺が美味しい【味美 藤田屋 湯沢店】の味噌ラーメン。

一番人気は、こちらのラーメンに別皿の「辛みそ」を乗せたもので、少しずつ辛さを加えながら食べていきます。

出典: apc0504さん

トッピングメニューの一つとなっている「はじチャーシュー」。端っこといえども食べ応えがありますし、旨みがたっぷりとにじみ出てきます。

「みそ納豆ラーメン」といった新しい試みも。

看板には「黒豚と比内鳥を飼育するラーメン屋」と書かれており、【味美 藤田屋 湯沢店】と明示されていないので、訪れる際はご注意ください。

そのため、地元の人と一部のラーメンマニアしか知らない「秋田の隠れた名店」という声もありました。

何と言ってもはじチャーシュー。これを食べたいのでこの店に来たようなもんなのでじっくり味わいます。やっぱり味がたっぷり沁み込んだチャーシューは大きさも絶妙でこれだけでビールを呑みたいと訪問の度にいつも思います。

出典: apc0504さんの口コミ

注文した味噌ねぎラーメンは、見た目は普通のオーソドックスなラーメンなのに、食べて見ると、その圧倒的な旨さに、ラーメンを二度見してしまいます

出典: hiro0827さんの口コミ

味美 藤田屋 (湯沢/ラーメン)

3.26

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 湯沢市 成沢 堤端48-1

TEL:0183-73-1464

中華そば de 小松

中華そば de 小松

出典: h_sigelさん

正油と塩の中華そばがメイン料理になっている【中華そば de 小松】

見た目のシンプルさに反して、カイワレや柚子のアクセントが抜群であり、最後まで美味しく頂ける中華そばです。

出典: DIX4さん

こちらのお店では、頻繁に期間限定メニューやコラボメニューを実施しているので、そちらを注文する人も。

たとえば比内地鶏をミンチ状にしたものを乗せた中華そばや、黒炒飯などもあったそうです。

一言、美味い美味すぎる。初めて食べる味、飽きがこない、しつこくない。そんなに辛くない、色んな物が入ってるのかわかりませんが、私にはちょっと複雑。でも美味しい。

出典: べろいぬさんの口コミ

日曜日のメニューは店主さんがかつて勤めていた東京池袋の有名店「麺屋Hulu-lu」さんの自家製麺を使用した物で、正油&塩中華そば&担々麺&限定麺で構成されています。

出典: DIX4さんの口コミ

中華そば de 小松 (大曲/ラーメン、つけ麺)

3.56

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 大仙市 大曲丸の内町 2-4-3

TEL:不明の為情報お待ちしております

竹本商店☆つけ麺開拓舎

竹本商店☆つけ麺開拓舎

出典: deepmotoさん

「北の大地である秋田でぬるいスープは致命的」ということで、石焼鍋でスープが提供される【竹本商店☆つけ麺開拓舎】

アツアツの状態でつけ麺が食べられるのは素晴らしいことですね。麺は自家製の極太ストレート角麺で、小麦の香りが楽しめます。

出典: take31さん

このグツグツと煮えているスープの正体は、何と伊勢海老のスープ。

甲殻からも丁寧に風味を抽出しているのが伺えるとのことで、味・香りともに濃厚な海老の存在を感じます。

「伊勢海老つけ麺」のほか、ウニを炊き込んだという「ウニつけ麺」も見逃せません。

あまりの濃厚さに驚いた人も。ウニ飯も注文して、ウニ尽くしを楽しんでみては?

石鍋はグツグツ沸騰しており、こんなつけ汁はなかなか見たことがない。麺をつけ汁に浸しても熱せられた石鍋のおかげでつけ汁が冷めることもない。そのため麺を汁に入れっ放しにすると熱くて上顎が火傷する。硬めの麺は小麦の風味豊かでうまい。

出典: goteさんの口コミ

「ど・海老」を注文しました。風味の強い伊勢海老に、さらに海老を強化するとどうなるのかと思いましたが、このアイオリソースのベースを加えたところ、エビマヨのような味になりました。

出典: take31さんの口コミ

竹本商店☆つけ麺開拓舎 (土崎/つけ麺、ラーメン、そば・うどん・麺類(その他))

3.53

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 土崎港西 2-4-36

TEL:018-845-7510

ラーメン鈴夜

ラーメン鈴夜

出典: Bokkemonteさん

薄い油膜が張っているので、最後までスープが熱い状態で食べられる【ラーメン鈴夜】のラーメン。

油が気になる人向けには、量を調整することも可能です。湯気は立っていないけれど熱いので、食べる際はご注意ください。

湯沢駅のすぐ近くにあり、夜遅くまで営業しているのでシメの一杯として利用する人もいました。

ちなみにレビュアーさんから寄せられた情報によると、昼の部は横浜家系豚骨ラーメンの「鈴家」、夜は鶏油ラーメンの「鈴夜」として営業しているとのこと。

脂で表面を覆ったラーメンにサッパリ感を持たせています!!!ツルシコの麺に香り高い醤油ダレスープがとても良く合い、チャーシューも旨し!ザックリ切られたネギが脂の熱でシンナリとシャッキリの歯触りに!!

出典: フィンクスさんの口コミ

夜の部の丼は個性的なカタチですがお昼はやや小ぶりな普通の丼!時間を掛け仕込んでいるというスープはトロリと濃厚。味は思ったほど濃すぎず美味しい。

出典: bakuraiさんの口コミ

ラーメン鈴夜 (湯沢/ラーメン)

3.23

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 湯沢市 表町 2-1-21

TEL:0183-72-7177

支那そば まき

支那そば まき

出典: boxyuさん

「つけそば」では、モチモチの太麺とツルツルの細麺のどちらかを選べる【支那そば まき】

太麺の方が数十グラム重くなっており、さらに並盛りと大盛りは同料金です。支那そばや豚バラそばも、麺の固さやスープの濃さを指定できますよ。

出典: boxyuさん

化学調味料不使用がウリとなっており、毎日でも食べたくなる一杯に仕上がっています。

卓上には辛味や酢なども置かれていますので、自分好みにアレンジ可能。麺の種類や固さを指定できる件も含め、かなり自由度の高いお店ですね。

麺は硬めでオーダーしましたが細麺ながらしっかりと弾力もあり麺量も満足レベル、チャーシューや味玉も丁寧な仕事してますね~♪卓上には辛味も充実していて『激辛ラー油』が良いアクセントになります

出典: デラックス君さんの口コミ

途中、ちょっと辛味を入れてみたくなり、蓋の付いた壷を開けると豆板醤ちっくなものが。これをレンゲに入れてスープと溶かして混ぜてみます。うん。これもイイネ!頻繁に来ても優しい味で近所に愛されているお店って印象。

出典: ワサコさんの口コミ

支那そば まき (秋田/ラーメン)

3.19

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 下新城笠岡 字堰場170-4

TEL:018-873-3427

北洲飯店

大きなすり鉢の中に、真っ赤なスープの麺が!その名は「爆弾ラーメン」と言いまして【北洲飯店】の名物料理。

野菜と卵を炒めたものが上に乗っていて、ボリュームもたっぷり。秋田県の思い出として、この一杯を食べてみてはいかが?

出典: take31さん

麻婆豆腐が乗った「マーボーメン」もありますが、麻婆豆腐を定食として食べることもできます。

飲んだ帰りに利用したり、ディナータイムに食事をしたりと様々なニーズを満たしてくれるお店。餃子も美味しいと評判です。

辛いんだけどそれがまたクセになるというか。お酢を入れながら食べるのがオススメです。味がまろやかになり、さらに美味しくいただけます

出典: あやプーさんの口コミ

餃子は皮に弾力がありますが、中の餡は野菜の歯応えが強いため、なかなかおもしろい食感でした。大きさに比例してボリュームがあります。

出典: take31さんの口コミ

北洲飯店 (秋田/中華料理、ラーメン)

3.52

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: -

住所:秋田県 秋田市 大町 4-1-11

TEL:018-863-2626

十八番

十八番

出典: ccandyさん

醤油・塩・味噌ラーメンが、それぞれ並・中・大が揃っている【十八番】。

「味噌ラーメン、鈴木です」というように、店の人へ自分の名前を告げて、何ラーメンかを注文するシステムだそうです。

出典: Gのぶさん

驚いたのは、丼の底にレモンが隠されていたこと。

スープは比較的ライト系の味わいとのことですが、レモンの酸味が刺激となり風味もアップします。

出典: TORUログさん

暖簾や大きな看板が設置されている訳ではないので、ラーメン屋であることを知らなければ通りすぎてしまうかも。

訪れる方はこの外観をよく覚えておいてくださいね。

大きな雑音は、大きく味に影響してしまうそうです。麺をあげる時間の誤差は、2秒以内と言ってました。集中できるようにどうか協力してあげてください。トリガラあっさり醤油系としては、どこにも負けない美味しさです。

出典: 地方在住者33さんの口コミ

レモンも特長なんですけど、砕いたナッツが香ばしくて!それなりの存在感を主張してます。甘みは坦々麺ほどではない、抑え目です。

出典: Gのぶさんの口コミ

十八番 (能代/ラーメン)

3.56

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 能代市 追分町 2-50

TEL:0185-52-7535

四川Dining&Bar臥龍 創香

四川Dining&Bar臥龍 創香

出典: manabucchiさん

辛い!うまい!と坦々麺が評判の四川料理のお店です。坦々麺のほかにも、餃子や麻婆豆腐によだれ鶏など、本格的な四川料理をいただけます。

麺は中細のストレート系でしょうか?スープはゴマの香りが漂うサラサラ系、アレルギーで喉が弱い小生にはやや辛め、ちょっとむせてしまいました。挽肉はやや濃いめに味付けされておりスープを更に引き立てています。小生はランチサービスにライスをチョイスし、麺を完食後にスープ内にドボン!!。これがまた旨い!!

出典: パパ好みさんの口コミ

TBSの『チューボーですよ!』の『神楽坂の巨匠』として、また時には『松戸の巨匠』として番組に登場される『神楽坂芝蘭』さんの総料理長であり『桃園会グループ』の総帥でもある『渡辺嘉朗』氏。そのグループ店の中の一店舗であった『楽山担担面』さんにて腕を揮われていた店長が地元の秋田に戻られ開業された店であり本格的な四川料理が味わえる店。

出典: loroさんの口コミ

出典: take31さん

本場汁なし担々麺

見た目もきれいな盛り付け方で、まぜまぜして食べるのですが・・・辛いというかビリビリする~!!!しびれるような刺激で、これは美味しい★中に入ったナッツの触感もまたいいし。結構味が濃いので、ライスとの相性もぴったりでした。

出典: あやプーさんの口コミ

四川Dining&Bar臥龍 創香 (秋田/中華料理、四川料理、担々麺)

3.59

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

住所:秋田県 秋田市 山王 2-7-1 ドミ山王 1F

TEL:018-853-8773

ご紹介したお店の選定方法について

秋田県のラーメンに関する口コミを多く書いているレビュアーの方へアンケートを実施。その中で多くのレビュアーの方が推薦されたお店から食べログまとめ編集部が厳選してご紹介しています。

※本記事は、2016/12/06に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ