ミシュランガイド東京2024で選ばれた星付店&ビブグルマン店

ミシュランガイド東京2024で選ばれた星付店&ビブグルマン店

2023年12月5日に発表された「ミシュランガイド東京 2024」で、新たに星付き&ビブグルマンに選ばれた東京のレストランなどをピックアップしてみました。

記事作成日:2023/12/05

4142view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる11305の口コミを参考にまとめました。

ミシュランガイド東京 2024で、新たに星付きに選ばれたレストランは18店舗(昇格含む)でした。

新しい星付きレストラン

二つ星から三つ星に変わったお店

青空

青空

2つ星からの昇格。

「すきやばし次郎」で12年修業した高橋青空氏は、市場に通い続けて魚の目利きを鍛え、いかにそれを生かすかを考えます。感性と技術を磨き続ける日々の積み重ねが評価に繋がりました。酒やつまみも楽しめる、正統派の寿司店です。

二つ星レストラン

MAZ

MAZ

ペルーのリマにある「セントラル」のヴィルヒリオ・マルティネス氏が監修するレストラン。

シェフのサンティアゴ・フェルナンデス氏は同店のヘッドシェフを務めた経験の持ち主。

ペルーの自然をテーマに、日本の食材を組み合わた料理は、両国の多様性を表現したガストロノミ―。

日本の食材を使って熱心に研究を重ねています。

一つ星レストラン

港式料理 鴻禧

臨場感あふれるオープンキッチンから繰り出される本場の味。香港料理の新たなる魅力と可能性を発信している。

銀座 レカン

銀座 レカン

歴代の料理長が守ってきたのは正統派フランス料理。シェフはソースを重んじワインとのマリアージュを図る。

Kabi

Kabi

デンマークの地で学んだ発酵の魅力。味噌やピクルスといった発酵食品を軸に、クリエイティブな品々を生む。

六雁

六雁

全国の農家を訪ね、畑で風土を感じ、料理の着想を得る。季節を描写し、生産者の個性が表れる料理を志す。

イル・リストランテ ニコ・ロミート

ブルガリのライフスタイルに沿うダイニング。イタリアの味と本質を求めた品々はシンプルかつ濃縮感に富む。

TROIS VISAGES

TROIS VISAGES

三つの顔を意味するTROIS VISAGES。生産者、ゲスト、スタッフを表し、食と人を繋ぐ場でありたいと、食材への敬意を料理で表す。

飄香 広尾店

飄香 広尾店

四川に唐辛子が伝来したのは四世紀前。唐辛子がない時代の古典から、古き良き料理を進化させ歴史を紡ぐ。

Metis 六本木

Metis 六本木

和魂洋才を掲げるカウンターフレンチ。パリで磨いた感性が、和食材と薪火調理を融和させる。

うぶか

うぶか

甲殻類に特化した店があればと開いた。献立は海老蟹尽くし。生きたまま仕入れ、料亭で鍛えた腕を見せる。

モノリス

モノリス

クラシカルな料理に各国の食文化が融合し、“Neo Classic”を掲げるのも、その影響から。

日本料理 一凛

日本料理 一凛

初心を忘れず凛とした心情を込めた屋号。受け継がれる仕事やもてなしを守り、先人の知恵を未来に残す。

宮坂

宮坂

数寄屋の意匠が施された店内。茶の湯の心に感銘を受け、煮物椀、向付、八寸と、茶事の真意を献立に表す。

L'ETERRE

L'ETERRE - 静岡・焼津のサスエ前田魚店より届いた活鯵の前菜

パリ16区、ラルケストが開いたレストラン。料理は伝統技法に加え、薪、炭、藁を効果的に使う。

銀座 きた川

「銀座 しのはら」が日本料理の探求を掲げ開いた姉妹店。弟子達が知恵と力を合わせ、新たな和食を発信。

広尾 石阪

中トロから握り始め、うにの軍艦巻は食べ比べ。堅実な仕事を守りながらも自らの個性を示す。

西麻布野口

西麻布野口

古典や郷土料理を重んじ、素材の味わいを尊重する。丁寧に仕上げられた料理に、研鑽を積んだ野口正太朗氏の心と技が表れている。

新しいビブグルマンレストラン

焼鳥 山香

土佐の地鶏を取り寄せ、高知の魅力を広める。焼鳥に高知県東部の天日塩を振り、地元が誇る土佐備長炭で焼く

Ramen Break Beats

Ramen Break Beats

DJとして活動する店主らしい店名。ラーメンをアレンジする感性は、音楽をリミックスするように、食べ手はノンストップで麺とスープを手繰り寄せることになる。

グリル グランド

浅草観音裏に位置、1941年創業の洋食屋。家族で助け合い営む。祖父と父の教えを胸に、変わらない良さを浅草に誓う。

HOPPERS

HOPPERS

日本の食材を使い現地にはない季節感を表す。スリランカ人が味わえば、郷土愛の中に洗練さも感じるだろう。

there is ramen

山形県最上地方で育ったことからスープに薄口醤油を使う。郷里を懐かしむラーメンがここにある。

鳥茂

鳥茂

1949年創業、豚の串焼店。品書きは増えることはあっても減ることはない。三代目が歴代の味を守る。

ジャパニーズ ラーメン 五感

行列を呼ぶのは塩らぁめん。見た目に美しく、香りは食欲をそそり、旨みある味が五感を刺激する。

天すけ

「玉子ランチ」の声がこだまする。主人のパフォーマンスも名物。揚げ玉子を食せば、黄身も笑顔もこぼれる。

ポ・ブイユ

店名はフランス語で「ごった煮」。様々な料理ジャンルが混然一体となり、自由なスタイルを生み出している。

メンターシェフアワード

てんぷら 近藤

てんぷら 近藤

近藤文夫氏は、半世紀以上調理場に立ち続け、現代の天ぷらを築いたパイオニア。

将来を担う若い世代のためにレシピを公開し、情報発信も意欲的。

市場や生産地に足繁く通う真摯な姿は、料理人としての模範となっています。

サービスアワード

ポンドールイノ

ポンドールイノ - グリーンアスパラガスのポッシェ

尾﨑徹氏は、フランス料理界で長年サービスマンとして従事した実績が評価されました。

優しい語り口で丁寧に料理説明する姿から、尾﨑氏の接客を願うゲストも多い。

スタッフを牽引し、お客様に合わせたもてなしで素敵な食事の時間を演出します。

※本記事は、2023/12/05に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ