滋賀の名物は絶品揃い!高級料理からB級グルメまで20選

出典:たこやきくんさん

滋賀の名物は絶品揃い!高級料理からB級グルメまで20選

滋賀県は、近隣の福井県から鯖街道で運ばれる海の幸や、近隣の山麓でとれる山の幸が集まる、食の宝庫です。琵琶湖特有の食材も多く、名物料理が豊富に揃っています。今回の記事では、食材や料理別に、美味しいと評判のお店情報をまとめました。

記事作成日:2021/05/07

4807view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる3164の口コミを参考にまとめました。

滋賀県の名物!鯖料理が美味しいお店

翼果楼

3.55

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

翼果楼

「翼果楼(よかろう)」は、JR長浜駅から歩いて5分ほどのところにあります。人気のため、食事時は行列ができることもあるそう。

1・2階に客席がある和風建築で、風情があるそうです。1階からは日本庭園も鑑賞できるとのこと。

滋賀の湖北地方、長浜の家庭料理である「焼鯖そうめん」が食べられるお店です。

綺麗に巻かれたそうめんに、焼いた鯖を甘辛く煮付けたものがのっています。臭みがなく、骨まで食べられるやわらかさだそう。山椒などをかけて味変しても美味しいとのことです。

翼果楼 - 鯖街道 焼鯖寿司付き(1,850円)2020.2

「鯖街道・焼鯖寿司付」は、「焼鯖そうめん」と「焼鯖寿司」の、2つの名物が一度に味わえる定食です。

寿司は鯖の下にガリとシソがあるため、爽やかな口当たりだそう。ボリュームのあるそうめんと合わせても、ペロリと食べてしまえる美味しさとのことです。

・焼鯖そうめん
身は見た目ほど味は濃過ぎず、塩辛くない絶妙な味付けで当然、臭みなどは無く、噛む度に鯖の旨みがじんわりと口の中に広がります。そうめん用のつけ汁は無く、焼鯖そうめんはそうめんに鯖を煮込んだ煮汁が染み込んでいて、鯖の旨みたっぷりで飴色のそうめんは、とてもまろやかな味です。

出典: slr7さんの口コミ

臭みも無く、しっかり醤油味が染み込んでいて、骨まで美味しく頂けます。鯖の旨味が口の中に広がり、至福の時。鯖を煮込んだ煮汁で味付けされた素麺は束になって、美しく盛り付けられています。とっても柔らかい素麺は鯖の旨味が染みわたっています。

出典: smileatripさんの口コミ

栃生梅竹

3.67

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

琵琶湖西側の、鯖街道のひとつである国道367号線沿いにあります。近江高島駅から車で30分ほどの距離です。

テイクアウト用のショップに、3卓のイートインスペースがついています。名物の「焼鯖寿司」は数に限りがあるため、予約した方が安心だそうです。

鯖寿司には、中トロ鯖を使った「特選」や、特大トロ鯖の「極上」などがあります。

名物の「元祖鯖寿司」は脂が少なめなので、さっぱり食べられるそうです。昆布やシャリはやや甘めとのこと。サイズは1本かハーフから選べます。

栃生梅竹

写真はイートインの「極上焼鯖寿司」だそう。盛り付けた皿が豪華で、目でも楽しめるそう。

鯖は脂がのっているものの、くどくなくさっぱり食べられるそうです。ジューシィで肉厚な身には、旨味もぎっしり詰まっているとのこと。

イートインスペースで待っていると注文した鯖寿司が来た(^-^)一口食べてみると、今まで食べたことの無いような臭みの無い新鮮で脂の乗った鯖寿司!後から続々とお客さんがやって来る。この旨さなら、お客さんが絶えないのも納得。

出典: toy375561さんの口コミ

まずは元祖鯖寿司から。酢飯、昆布は甘め、鯖は塩気が効いており醤油は必要ない。〆加減がちょうどよく、身は肉厚で柔らかく、とても美味しい。続いて極上。元祖とは全く違うと言っていいほど、脂の乗りが違う。身はジューシーでしっかりしており、噛むほどに鯖の旨味を感じられる。

出典: 酒極さんの口コミ

鯖街道花折

3.63

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

京都に本社を持つ、大正2年創業の老舗です。鯖街道沿いの滋賀県大津市にあり、工房にレストランが併設されています。約10台分の駐車場完備です。

店内には、座敷席が32席ほどあります。

鯖街道花折 - 肉厚で上質の鯖を使っています

持ち帰り用は、一番人気の名物「吟撰鯖寿し」などが1本またはハーフサイズで購入できます。1本で3人前ほどの量があるそうです。

鯖は日本近海でとれる真鯖を使っていて、臭みがなく、青魚が苦手な人でも食べられるとのこと。

鯖街道花折

店内メニューの「鯖寿し膳」は、おひつに入った盛り付けが美しいセットです。

寿司は3切れながら、大きくて食べごたえがあるそう。吸い物は昆布だしがきいているとのことです。添えられた生姜は梅漬けで、爽やかな口当たりとのこと。

鯖寿司をひと口頬張ると・・・口の中でジュワ~ッと溢れんばかりの鯖の肉汁!旨味のシャワー!ウマッウマ(゜д゜)メチャウマー!!!ギュっと詰まった酢飯は、硬くもなく柔らかくもなく、ほど良い強さで押さえられていて、酢飯の酸味と甘味が絶妙。酢飯と鯖とも良く馴染んでいてバランスも良く、猛烈に旨味の強い鯖寿司。

出典: たこやきくんさんの口コミ

鯖の身もほどよく厚く、脂も適度。酢の加減も朽木旭屋よりは優し目で、まろやか。酢飯と鯖のバランスもよく、とても食べやすいように感じた。もっとも、好みの問題なのでもう少ししっかりめな酢の加減が良いわーと思う方もいるとは思うけれど、個人的にはこれくらいがいい塩梅。

出典: みゅうささんの口コミ

ひさご寿し

3.55

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

JR近江八幡駅から、歩いて10分ほどのところに位置しています。一軒家の建物に、ひょうたんの絵ののれんが目印です。

店内にはカウンターやテーブル、小上がりの座敷席が100席ほどあり、個室も利用可能です。

ひさご寿し

鯖だけでなく、滋賀でとれる野菜や魚を使った料理も食べられます。名物を色々食べたい時におすすめです。

写真は鯖寿司と鮒寿司を盛り合わせたものだそう。丸く大ぶりな鯖寿司は、安定の美味しさとのことです。

「鯖寿司」には国産の真鯖を使い、酢や塩の加減を季節によって変えています。店内で食べる他、持ち帰り用もあり、お土産に重宝されているとのこと。

食べるとまろやかで、生の鯖のような新鮮さと旨味が感じられるそう。シャリは甘めだそうです。

・鯖寿し定食
鯖寿しは結構分厚くて食べ応えあります。餡かけ茶碗蒸しは上品なお味で美味しい♪お出汁が効いてるお味噌汁も美味しい。食べ終わると、温かいお茶とデザートを持ってきて下さいました。

出典: ちかちか星さんの口コミ

鯖寿司、赤こんにゃくの巻き寿司、ホタルイカ、なまこ、茶碗蒸し、等々。鯖寿司は3切れ、美味しくいただきました。締め具合は中間ぐらいでしょうか。個人的にはこのくらいが好みです。脂もほどよくのっていました。鯖寿司がお好きな方、いかがでしょうか。また、他の作品も美味しくいただきました。

出典: 和麺さんの口コミ

朽木旭屋

3.47

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

朽木旭屋 - 2019年12月 お茶はセルフで~

琵琶湖西側の、鯖街道沿いにあるお店です。安曇川駅から車で22分ほどのところで、駐車場がついています。

建物はレトロ感のある一軒家で、インテリアにはナチュラルな木材が使われているそう。テラス席も使えるとのこと。

朽木旭屋

こだわりの鯖寿司と、石臼挽きの十割そばのお店。両方食べられる、セットメニューが人気です。

名物の鯖ずしは大吟熟成という、オリジナルの方法で仕込んでいるそう。生に近いフレッシュさと、酢の味わいをしっかり感じられる仕上がりとのこと。

「鯖ずし」は、厚みによってランク分けされていて、価格も幅広く、目的や好みによって選べます。

左が最高級の「真幻」、右は「朽木」で、「真幻」は肉厚で脂がのった絶品とのこと。店内では食べ比べもできるそう。

名物の鯖寿司は、側面から見ると、鯖の肉厚感にテンションが上がります。鯖と白飯の比率が6:4で、黄金比率に感じます。白飯の比率が多い鯖寿司が、巷にはありふれているので、感動です。食べてみると、鯖の脂がとろりと溶け、酢加減も良く、白飯との一体感も自然、流石に絶品の鯖寿司でした。

出典: 皿まわしさんの口コミ

・ざるそば特上鯖ずしセット
では実食!そばは冷水でキリッと締められ歯ごたえと喉越しがとてもイイ!鯖寿司は肉厚で酢もキツくないので比較的食べやすい味わいですね♪

出典: sword19841229さんの口コミ

滋賀県の名物!近江牛が美味しいお店

SAISIR

イタリアンWEST百名店2021選出店

3.78

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

「SAISIR(セジール)」は、精肉店「サカエヤ」が経営するイタリアンレストランです。

JR南草津駅から、かがやき通りを車で10分ほど行ったところにあり、駐車場が12台分ついています。座席は22席ほどで、予約で個室も使えるそうです。

精肉店に併設されているだけあって、全国からよりすぐった上質な肉が揃っています。

近江牛のタルタルステーキは、リピートするファンが多い名物だそう。肉の甘みや旨味をたっぷり感じられ、酢やオリーブオイルの味付けのバランスも良いとのことです。

写真は、近江牛のランプと、鹿児島経産牛を40日熟成させた肉だそう。2種類の食べ比べができるのが楽しい一皿です。

熟成されていてもドライになりすぎず、食感が良いそう。食べ比べることで違いがわかるとのことです。

同じ部位だといわれたが、熟成肉のほうが脂を強く感じたし、歯ごたえも強い。対して近江牛のほうはほとんど脂身のない綺麗な赤身でお肉もやわらかい。どちらも美味しかったが、個人的にはあっさりした近江牛のほうが好みだった。

出典: ribbon914さんの口コミ

メインは近江牛の炭火焼。ここで、持っていかれました。非常に濃縮、熟成した肉の旨みを、シンプルに塩で味わえて、満足感が一気に高まりました。

出典: 皿まわしさんの口コミ

レストランティファニー

3.58

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

明治29年創業の近江牛専門店、「カネ吉山本」付属のレストランです。1階が精肉店になっている建物の2・3階に入っています。

場所はJR近江八幡駅北口から、歩いて約3分のところです。座席はカウンターやテーブル、座敷を合わせて100席以上あります。

名物の近江牛を使ったメニューは、和洋両方が用意されています。

軽く炙った肉を使ったにぎりは、香りが立っていて美味しく、歯ごたえも良いそうです。柚子胡椒とワサビ、2種類の調味料で食べるとのこと。

「近江牛ステーキランチ」は、手頃な価格で近江牛が食べられるセットです。スープやサラダなどがついてきます。

肉は何もつけなくても美味しいそう。ワサビや生醤油、抹茶塩などの調味料がついており、味変しながら楽しめるとのこと。

そしてメインのステーキとしゃぶしゃぶ!!しゃぶしゃぶの肉も我儘を言って赤身に変更してもらいまして!でもこのサシ!!美しすぎます!個人的に思う近江牛は塩梅な甘味にもちもちとした食感!しつこい脂っこさはなく、さらに柔らかいけどしっかりした噛み心地が最高な牛肉で!

出典: きみらさんの口コミ

近江牛ステーキランチを注文。焼き方はおすすめのミディアムで。お肉は脂がのってジューシーで、また、2種のソースと2種の塩が非常に合います。店内もワンランク上の上質な雰囲気で、ランチとは思えない贅沢な時間を過ごせました。

出典: minfuriさんの口コミ

近江牛 毛利志満 近江八幡本店

3.55

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

近江牛 毛利志満 近江八幡本店 - 2F奥の

名神高速の竜王ICから、車で約10分のところにあります。近江八幡駅からは車で15分ほどです。

大きな和風建築の建物には、レストランと肉の販売スペースが入っています。座席は170席ほどです。

ランチの「毛利志満御膳」は、少しずつ色々なものを食べられ、コスパが良いという御膳です。

メインの近江牛ステーキはやわらかく、旨味が強いそう。牛肉の刺し身もついています。ご飯や野菜も美味しいとのこと。

近江牛 毛利志満 近江八幡本店

写真は開業以来の名物メニューという「石焼コース」です。熱した石で、細長くカットしたステーキを調理するそう。

写真はヒレとロースで、脂がのっていながら、あっさりした口当たりだそう。滋賀の名産の赤こんにゃくも焼いて食べられるとのこと。

・毛利志満御膳
まず、野菜が美味しいです。近江野菜と近年ブランド化してますが、鮮度の高く、味が濃いように感じます。そしてメインの牛ステーキは程よくさしが入り、ミディアムレアに焼かれて、柔らかく、旨みがしっかり引き出されています。コスパ、高いと思います。

出典: manoalanikaiさんの口コミ

・焼しゃぶ
肉は薄切りだから、すぐに焼きあがる。焼けたものをポン酢に浸けて食べる。口に入れたら・・・一瞬で融けるぅ!!そして、牛肉の旨味と脂の甘味がしっかり。むはぁ・・・さすがに美味しい!!お肉をオンザライス!!ご飯を巻いて食べたらめっちゃ美味しいんだぁ。

出典: urya-momenさんの口コミ

近江牛専門店 近江かど萬

ステーキ・鉄板焼き百名店2022選出店

3.67

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥8,000~¥9,999

京阪のびわ湖浜大津駅から徒歩約5分、JR大津駅からは約10分のところにあります。

近江牛の専門店で、1階は精肉店、2・3階がレストランになっています。半個室と、事前予約制の完全個室も用意されているとのこと。

近江牛専門店 近江かど萬

近江牛の中でも、A5ランクの肉にこだわっているお店で、厳選した塊肉を自の前で精肉しているそう。

メニューはしゃぶしゃぶやオイル焼き、ステーキなど5種類です。「すき焼き」では、大分の農家で育ったこだわりの卵を使うとのこと。

写真はランチの「近江牛ステーキコース」です。肉厚なヒレは、焼いてもやわらかく食べられるそう。サシがしっかり入っているのに、脂があっさりしているとのことです。

シンプルに塩で食べると、甘みや旨味が引き立つとのこと。

店内にはいってから迷った挙句に、ヘレ肉のコースを注文しました。これが大正解!韓流焼肉とは異なり、日本風というかお肉屋さんの焼肉というか、ヘレ、ヘレ、ヘレの味を堪能。実に旨い。追加でロースをいただき、満腹。本当に美味しいお肉を食べたという感じでした。

出典: hrohさんの口コミ

早速、霜降りも鮮やかな近江牛を鉄板で自分で焼いていただく。そして塩をつけて一口。舌の上でとろけた肉は今までで食べたどの肉よりも旨い。感動した。是非、清水の舞台から飛び降りたつもりで、奮発して食べてもらいたい。それ程の肉である。近江牛旨し!

出典: びっくりジャンボさんの口コミ

近江牛専門店 れすとらん 松喜屋 本店

3.58

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

近江牛専門店 れすとらん 松喜屋 本店 - 店内の雰囲気

明治初期から続く老舗で、近江牛を名物として広めたお店だそう。京阪の唐橋前駅からすぐの、3階建ての建物です。斜め向かいが精肉店で、専用駐車場は周辺に2箇所あるそう。

店内は1階にステーキカウンター、2階にテーブル席、3階に個室があります。

ランチには、比較的手頃に名物が食べられるメニューが揃っています。

写真はすき焼き一人分がついた「牛鍋膳」です。ふんわりと甘い香りが広がる、優しい味わいだそう。肉は並から極上まで選べ、オプションで追加もできます。

カウンター席では、目の前の鉄板でステーキを焼いてもらえます。手際良く調理する様子を見るのも楽しいそうです。

肉はやわらかく、サシが入っているので口の中でとろけるそう。締めのご飯ものは、オプションでガーリックライスにするのが人気とのこと。

・ステーキランチ・モモバラ
お肉はもちろん目の前で焼き上げてくれますよ!そのパフォーマンスも楽しみの一つですね◉‿◉カウンターでテキパキと焼いて下さいます。いい焼き加減で焼かれた近江牛はもちろん最高♪特にバラ肉が美味ーーい(๑♡⌓♡๑)

出典: tococcoさんの口コミ

・牛肉割烹
先付は近江牛のしゃぶしゃぶしゃぶに、大根おろし。八寸は、近江牛の味噌漬けと数の子、鴨でした。最初から近江牛づくし!そして美味しい!!特に近江牛の味噌漬けが絶品⭐︎季節のお料理は、柔らかなお肉に春菊の煮物。汁まで美味しくて飲み切った(笑)。

出典: omariさんの口コミ

滋賀県の名物!近江ちゃんぽんが美味しいお店

ラーメン本気

3.60

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

ラーメン本気 - 店内

JR彦根駅から車で約5分、名神高速の彦根ICからは10分ほどのところにあります。お店の横が駐車場です。

店内は、昔ながらのラーメン屋さんといった雰囲気だそう。座席数はカウンターとテーブル、小上がりの座敷で30弱とのこと。

滋賀県民のソウルフードと呼ばれる、名物の近江ちゃんぽんが評判のお店です。

定番の「チャンポン」には、細めでモチモチという麺が使われています。スープは和風の出汁が効いていて美味しいそうです。

上品な色合いの「あんかけチャンポン」は、餡がなみなみとかかった一品。熱々ですが、麺が伸びにくいのでゆっくり食べられるそう。

野菜がたっぷり入っていて、野菜と豚肉の旨味が感じられるスープは、胃腸に優しい食べ心地とのことです。

・あんかけチャンポン
うん、美味い。和出汁にふんだんの野菜と豚バラを煮たて片栗粉で溶いたトロミのあるスープは野菜等の旨味が溶け出した滋味溢れる味わい。熱々でもダレない麺も変わらず素晴らしい。

出典: ☆かずゆき☆さんの口コミ

・チャンポン
野菜たっぷりのチャンポンです。もやしとキャベツが中心です。そしてスープが美味しい!このスープはただもんじゃないぞ!!麺は細麺。スープによく合ってます。昔ながらのラーメン屋さんの雰囲気ですが、美味しい一杯でした!

出典: ウサインボルトさんの口コミ

まるいし

3.56

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

まるいし

JR南彦根駅の西口から歩いて約1分と、アクセス至便な立地です。駐車場もついています。

店内は明るい色合いでまとめられ、爽やかな印象だそう。活気があるスタッフも感じが良いと好評です。座席はカウンターとテーブル席があります。

「チャンポン麺」は、基本でも具がこんもりと盛られています。具材はキャベツとモヤシ、豚肉などで、キクラゲが食感の良いアクセントになっているそう。

基本の麺はやわらかめだそうですが、硬めのオーダーもできるとのこと。

まるいし

たっぷり食べたい時は、写真の「チャンポン麺(大盛り)」がおすすめ!美味しいので、どんどん食べ進められるとのことです。

スープは塩味で、酢を入れるとマイルドになるそう。最後にウスターソースをかけて、焼きそば風にするのも人気です。

・チャンポン麺
ほどなく到着、やっぱり野菜マシマシ。気持ちいいね!スープは、タンメン系の味で良し!麺は、太麺でなく中細麺で、独特感あり。具はヘルシー、キクラゲ2個ついてなんか嬉しい。途中で酢を入れて、味変も楽しんだ。スープ全飲み完食、おしかったですよ。

出典: もやし2022さんの口コミ

中華そばも美味しいけど、今日は野菜たっぷりのちゃんぽん。大盛りで。それにしても野菜の量がすごい。初めてきた時冗談かと思った。酢をひと回ししていただきます!うますぎる。野菜の旨味が滲み出ている。時間だたつほど味に深みが出る。

出典: syuu0756さんの口コミ

麺類 をかべ 本店

3.47

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

昭和38年創業の、歴史あるラーメン店です。JR彦根駅から車で5分ほどの場所にあります。赤いのれんがかかったレトロな外観で、駐車場はお店の裏手です。

店内にはモノトーンのカウンター席と、小上がりの座敷が並んでいます。

近江ちゃんぽんの発祥と言われるお店だそうで、こちらでは「彦根チャンポン」と呼ばれているとのこと。

茹で野菜と生野菜をブレンドした具材は、あっさりした口当たりだそうです。細切りのキクラゲと、豚肉がアクセントになっているとか。

「チャンポン」のスープは、カツオや昆布でとった和風味だそうです。優しい味わいで、酢で味変しても美味しいとのこと。

がっつり食べたい時は、ミニチャーハン付きがおすすめです。昔懐かしい、焼き飯風の味わいだそう。

・チャンポン
麺は、彦根定番の軟目の茹で上がり。其処に、優しい和出汁主体のスープが絡みます。スープは、一緒に煮込まれ多量の野菜の旨味が溶け出し優しいスープになっていました。

出典: そら そらさんの口コミ

・チャンポン
東京のタンメンのように炒め煮ではなくスープでしっかり煮込まれクタッとした感じ。麺より多めでたっぷり野菜を摂取できるのはいい感じです。キクラゲのコリコリ感もいい感じ。途中から近江ちゃんぽんのお約束、お酢をたっぷり入れつつ、サクッといただき大満足でごちそうさま。

出典: タム6000さんの口コミ

三平

3.33

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三平

近江鉄道の高宮駅から、徒歩約8分のところにあります。JR南彦根駅からも車で2分と便利です。駐車場は20台分ほどついています。

店内はシックな色合いでまとめられ、和の趣が感じられるそう。座席は50席ほどと多めです。

名物の近江ちゃんぽんは、正統派な味わいと評判。

「チャンポン」の麺は細めのストレートで、コシがあるのが特徴。硬めの麺が好きな人におすすめです。ハーフもあるため、名物の食べ歩きをする時などに便利です。

一番人気の「あんかけチャンポン」は、和風の出汁に豚バラ肉や野菜の旨味が加わって美味しいそう。野菜は煮込まれていてやわらかく、中にうずらの玉子が隠れているとのこと。

とろみは卵と片栗粉でつけてあり、最後まで熱々で楽しめるそうです。

・あんかけチャンポン
ハリのあるストレート細麺は、時間が経ってもダレ難く、とろみのあるスープをたっぷりと纏います。麺のリフトアップを写しましたが、この絡み具合は凄いです。豚バラ肉・キャベツ・人参・葱・もやし・うずら卵等の大入りな具材で、クタッと煮込まれた野菜がとってもヘルシー。

出典: ☆かずゆき☆さんの口コミ

・チャンポン
麺は、細ストレート麺。シコッとしたおいしい麺です。スープは、近江ちゃんぽんと言われる清湯。和だし中心で出汁感もありますが、クッキリとしたタレの味が強め。万人から愛されそうなおいしいスープです。

出典: TAR-KUNさんの口コミ

滋賀県の名物!鮒ずしが美味しいお店

徳山鮓

2022年Silver受賞店

4.41

夜の金額: ¥30,000~¥39,999

昼の金額: ¥15,000~¥19,999

徳山鮓 - ゆったりと寛げる大きな一枚板のテーブルがお迎えしてくれました。目の前は神秘の湖・余呉湖!

琵琶湖の北側にある、余呉湖のほとりに建つ和風オーベルジュです。景色を楽しみながら食事ができます。

場所はJR余呉駅から、車で3分ほどのところです。座席は大きなテーブル2卓と座敷があります。

徳山鮓

メニューはランチ・ディナーともコースのみです。食材は地産地消にこだわっており、地元でとれるジビエなど、さまざまな郷土料理が楽しめるとのこと。

鮒ずしの飯(いい)を使ったアイスクリームが新鮮で、クリームチーズのような味わいだそう。

徳山鮓

名物ながら、クセのある味わいが特徴の鮒ずし。こちらの「鮒鮓」は独自の発酵方法で熟鮨にしてあり、マイルドで食べやすいそう。

写真は吉田牧場のチーズや鯖寿司を添えたプレートです。ハチミツも鮒ずしによく合うそう。

カチョカバロとフレッシュチーズは吉田牧場。ミニトーストに自家農園の蜂蜜がかかってくるがこれがまた鮒寿司にマッチしている。あとを引く酸味と僅かな発酵臭、噛みしめるに湧いてくる甘みと苦味。

出典: ginzatetsuさんの口コミ

頭と尻尾を使い熟成させたソースに吉田牧場カチョカバロをたっぷり♡ビバ!発酵料理!鮒ずしは、一般的には子のあるまん中あたりが美味と言われているそうですが、本当においしいのは身の締まった筋肉質の尾びれの近くかもしれません。噛めば噛むほど旨味の出て、お酒が進みます♡

出典: yuyuyu0147さんの口コミ

行楽庵

2022年Bronze受賞店
日本料理WEST百名店2021選出店

4.07

夜の金額: ¥15,000~¥19,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

行楽庵

JR瀬田駅や石山駅から、車で10分ほどのところにある、会席料理のお店です。少し離れた場所に3台分の駐車場があります。

マンションの1階に石灯籠などを備えた、和の趣がある店構えです。座席は約27席で、個室も用意されています。

行楽庵 - 八寸(2017/12)

滋賀県でとれた旬の食材を使い、技工を凝らして季節を表現したという「八寸」は、目にも鮮やかなプレートです。

名物の鮒ずしが定番として組み入れられています。写真は冬のもので、雪吊りがある景色を表現しているそう。

行楽庵

夏越の祓の時季の八寸は、輪くぐりをイメージした笹の輪がフォトジェニックです。

一品ごとに手が込んでいて美味しいそう。鮒ずしにはチーズを仕込んで、食べやすくしてあるそうです。コクと酸味のバランスが良いとのこと。

・八寸
内容は鮒寿司、フォアグラの煮こごり、蛸とオクラ、鰻と牛蒡の八幡巻きなど。文字だけだと平凡に見えるかもしれないが、実際に食べてみると一つ一つの味わいが強烈かつ個性的なのに、全てをまとめて見ると非常にバランスが取れている。

出典: いぬくまさんの口コミ

鮒鮓はチーズを混ぜており、酸味とコクが多重化している。パンには海胆が塗られており面白い。白魚おかき揚げは徹底的に軽やかな衣。塩気が強めなので、酒肴として最適。つくしは非常に若いものを採取し、丁寧に灰汁を抜いている。あしらいが珍しく、何とこごみの茎。

出典: 辣油は飲み物さんの口コミ

その他滋賀県の名物が美味しいお店

比良山荘

2022年Gold受賞店
日本料理WEST百名店2021選出店

4.51

夜の金額: ¥40,000~¥49,999

昼の金額: ¥40,000~¥49,999

滋賀県の山あいにある、葛川坊村町のオーベルジュです。JR堅田駅から車で30分ほどのところにあります。

食事・宿泊とも2名から予約可能。和室には座敷の他、椅子席が備えられており、くつろいで食事ができるそう。

季節ごとの食材を使った名物料理が揃っています。

夏には、スペシャリテである鮎料理が人気。焼き物は、塩焼きや香味焼きなどがあり、どれも焼き加減が良く絶品とのことです。

比良山荘

冬には、近隣の山でとれるジビエの鍋が食べられます。

写真は「月鍋」に入れる熊の肉です。臭みやクセがなく、脂の甘味が特徴的で美味しいそう。合わせる野菜はセリの根やクレソンなどで、店主が調理してくれるとのこと。

鮎の塩焼き3匹が笹の間で泳ぐように登場。ほんとに骨を感じないぱりぱりで鮎の苦さと甘さが絶妙なバランスです。パクパクいけちゃいます。そして、続いてさらに3匹登場。凄いです。でも、美味しいので全然飽きません。ほんとに焼き方に秘密があるんだと思います。

出典: ○りんりん○さんの口コミ

・月鍋
いよいよメインです。店主みずからしゃぶしゃぶして最高の状態で出してくれます。お味は旨味がたっぷりでほんとに美味しい。見た目脂の塊ですが、食べると全然違うんですね。臭み、硬さ、脂っこさなどみじんもなく、上質。食せてよかった。幸せです。

出典: classic foodさんの口コミ

炭火割烹 蔓ききょう

日本料理WEST百名店2021選出店

3.90

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

炭火割烹 蔓ききょう

日本三大名橋のひとつ、「瀬田の唐橋」のたもとにあります。京阪の唐橋前駅から歩いて5分の距離です。駐車場は5台分ついています。

古民家風で雰囲気があるお店は、古い呉服屋をリノベーションしたものだそう。座席はカウンターや座敷などが22席ほどです。

滋賀県の山や湖でとれた食材を使った名物メニューが揃っています。素材が良いので、シンプルに炭火焼きにし、塩のみで食べる料理が多いそう。

写真は琵琶湖の固有種である「本モロコ」の塩焼きです。ワカサギに近い大きさで、比較的脂がのっているとのこと。

ジビエは、信頼できるハンターから直接仕入れているそうです。

ツキノワグマの肉は、脂が多いものの爽やかな味わいで、噛みごたえがあり、噛むほどに旨味が感じられるとのことです。イギリスの塩などで食べるそう。

熊は脂身が多いけど、牛や豚とは脂の質が違いアッサリしていて、程よい弾力で噛むと旨味が出てきます。鹿はまず見た目で質が良いのがわかるぐらい美しい。シンプルに塩で食べるのが美味しかったです。野菜焼きも素晴らしかった。ご当地や全国から集めたラインナップ炭火焼きでいただきました。

出典: よしまさん77さんの口コミ

最後に琵琶湖天然うなぎ 。今日は大きいのはやめて、200g弱のもの。表面から脂がてりっていて、いい感じ。しっかりした皮もおいしい。さっぱりした脂が美味だ。これだけの食材に一度にお目にかかれるお店も他にないね。

出典: Légumeさんの口コミ

京極寿司

3.69

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥8,000~¥9,999

京極寿司

JR長浜駅から東へ歩いて5分ほどの、大手門通りにあります。車の場合は、提携している市営駐車場が利用可能です。

座席はカウンターと小上がり席、10名まで使える個室が揃っています。

京極寿司 - 小鮎の天ぷら

琵琶湖の魚をネタにした寿司や、一品料理が豊富です。メニューにはない鮒ずしが食べられることもあるそう。

琵琶湖名物の鮎を使った「小鮎の天ぷら」は、サクサクに揚がっているとのこと。かすかな腸の苦味がアクセントになって、お酒に合うそうです。

オレンジ色が鮮やかな写真は、琵琶湖でとれた天然の「びわます」のにぎりです。軽くヅケになっており、生姜が薬味としてのっています。

味わいは、上品なサーモンのようだそう。ムチッとした食感で、独特の香りが楽しめるそうです。

出てきたのは、子がしっかりと入ったメスの鮒ずし。口に入れた瞬間、チーズのような香りがふんわり。後から酸味の強いヨーグルトのような乳酸菌系の酸味が続く。また、鮒の卵はプチッとした食感で魚卵系の風味もしっかり。

出典: urya-momenさんの口コミ

鮎の握りもあります。滋賀の名物です。滋賀産天然のビワマスの握りも滋賀ならではですし、珍しいと思います。サーモンとはまた違う、あっさりとしているけど脂のりも良い上品な味です。あともうひとつ、滋賀名物の鮒鮨も是非食べてみる価値があると思います!

出典: じぇいびぃさんの口コミ

つる亀庵

3.48

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

JR彦根駅の西口から、歩いて8分ほどのところにあるそば店です。彦根城のすぐそばで、共用の駐車場が使えます。

建物は格式が感じられる和風建築で、座席は、テーブルや座敷などが合わせて110席用意されているとのこと。

つる亀庵

名物の「伊吹そば」は、滋賀県の伊吹山ろくで栽培される在来種のそば。日本そばの発祥と言われているそう。

こちらのそばは、契約農家から仕入れたそば粉に、伊吹山の湧き水を使ったものだとか。白めな色合いが綺麗で、コシがあるとのこと。

人気の「舞茸天つけ汁そば」は、温かいつけ汁につくねやキノコが入っているそう。薬味にはワサビと白髪ねぎ、かぼすがついています。

天ぷらはボリューミーで、風味が良くて美味しいそうです。

・舞茸天つけ汁そば
蕎麦は、玄蕎麦の星も点在する瑞々しいそばで、しっかりしたコシと風味があります。つけ汁にはツミレとキノコ(しめじ、エノキ)が入っており、なかなか充実。薬味もカボス、わさび、白髪ネギですが、見た目からして鮮度の良さが伝わってきました。これはとても美味しいです。

出典: トントンマンさんの口コミ

・にしんそば
お汁を一口飲んでビックリ。ダシが効いて旨い。そばを食べる前に数口飲んでしまった。そばはアッサリ目だが、逆にこのお汁と合う。にしんは想像を裏切らない味で頼んで正解。にしんの濃い味とお汁のコラボはたまらない。これは気に入った。

出典: 蹴ったーボロさんの口コミ

※本記事は、2021/05/07に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ