【2018年版】神田のラーメン10選★名店が続々登場!

【2018年版】神田のラーメン10選★名店が続々登場!

この2018年に必ず食したい神田のハイレベルなラーメンを厳選してお届けします。以前から名店の多い神田エリアのラーメン界に、昨年は個性豊かな新店が続々登場!早くも常連さんの胃袋をつかんだお店もあります。ぜひお見逃しなく!

キーワード
ランチ
ご当地グルメ
塩ラーメン
おしゃれ
デート
食べログまとめ編集部
肉料理
新店
テイクアウト
担々麺

更新日:2018/04/25 (2017/01/25作成)

8375view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無銘

「無銘」は神田駅から4分、カウンター6席のこぢんまりしたラーメン店。

イタリアン出身という店主の技を活かした個性的なラーメンは、多くのレビュアーさんを感動させています。

トマトソースが一緒に供されて、途中で味を変えられるという、「四種の魚のつけめん」。

こちらが噂のトマトソースです。

トマトの酸味と魚介白湯スープのうまみがとてもよくあいます。つけ汁はそのままでも美味ですが、トマトをかけて初めて完璧なバランスになるように調整してあるような味ですね(^^♪つけ汁の中には、角煮のような長方形のチャーシューが4個入っていました。このチャーシューもジューシーでとても美味しかったです。最後にスープ割にしてもらって飲んでみると、ジャガイモの魚介ポタージュのようなスープになります。こちらも最後まで美味しく頂けました。

出典: shimp75さんの口コミ

どろっとした鶏白湯スープに練り醤油を溶かしながら頂く「熟成練り醤油らーめん」。

コクのあるポタージュスープを、少しずつ「練り醤油」を溶かして食す事で、経時的に塩味と旨味をプラス。ネギは辣油と和えてあって、マッタリとコクのあるスープに辛味アクセントを加えています。器の中のグラデーション、味変を溶かす事による時間変化の両方が楽しめるので、食べていて楽しいラーメンですね(*´ω`*)。麺は幅広のモチモチしたタイプ。まったりコクのあるスープが、幅広の麺と良くあっています(^ω^)鶏白湯ラーメンの最前線を知るには持ってこいの店だと思います。

出典: kyo極さんさんの口コミ

生野菜のトッピングされた香り豊かな「塩らーめん~トリュフオイル掛け~」。

具の野菜達がしゃっきりとしていて良い。50℃洗いしているのかな。スープは鶏っぽいが、ジャガイモのポタージュスープのような舌触りを感じる。そして、見た目の優しさとは裏腹に怒涛の波がやってくる。塩気が立っているが、他の味・香りが確かな存在感で包み込んでいる。トリュフの香りが突出してなくて安心した。仄かにオリーブオイルの香りを感じたりするのも楽しい。確かな調理技術で作られた料理は奥深くて楽しいですね。丁寧な接客に思わず合唱して御馳走様。

出典: かさごさんの口コミ

カウンター6席のみの店内は、すっきりとシンプルながら清潔感があり、店主さんの丁寧なお仕事ぶりや接客スタイルと相まってレビュアーさんの好感を呼んでいます。時間帯によっては行列ができることもあるようなのでご注意ください。

平日のお昼に行くと結構並びますね。店主一人でやっているお店だから少し待ちますが、忙しい時間でも接客、作業の丁寧さ、ラーメン一杯のクオリティには頭が下がります。

出典: 楊Wさんの口コミ

塩生姜らー麺専門店 マニッシュ

基本メニューは「塩生姜らー麺」と「塩生姜つけ麺」の2種のみ。生姜とラーメンを見事に融合させたラインアップが特徴です。

国産の生姜を使いブレンドした塩で仕上げた「塩生姜らー麺」。あっさりとシンプルでありながら滋味深いスープに生姜がよく合うとリピーターを量産しています。


あっさりしつつも、淡麗系の塩ラーメンとしてはコクがかなり強く、さらにそれを生姜の風味が上手く纏めてくれていました。いえ、"突き上げてくれている"という表現の方が正しいですね。まさに生姜ではなく"塩生姜"です。塩と生姜、どちらが欠けても成立しない。
麺は中細ストレート麺でした。今まで食べたことのある塩ラーメンのほとんどが細麺でしたので、個人的にはなかなかの食べ応えとコシ。鶏チャーシューはもも肉ですかね?とてもジューシーで私好みです。

出典: わたそタケルノミコトさんの口コミ

美味しく食べてもらうための工夫は欠かさないお店のスタイルも人気の秘訣。テーブルに置かれた説明によると、最初はそのまま、途中でかき混ぜるとより生姜を強く感じられるようです。

こちらが上の説明にもある生姜酢。加えるとさらに生姜の風味が増して、味がすっきりするようです!

途中で丼の中をかき混ぜると、下から粗ごしの生姜が現れ、一段と生姜の風味が強くなります。卓上の生姜酢を投入すると、これまたさっぱりとしてまたまたいくらでも食べられそう…w 私はスープはあんまり飲まないのですが、もう少しで完飲するところでした。実に美味しかったです!!間違いなくまた行きます!!

出典: 幽鬼家恨々さんの口コミ

2017年1月現在、ランチ(11時~15時)営業のみとなっているので、お出かけの際はご注意ください!

五ノ神水産

魚介系ラーメンと言えばここのラーメン店を連想する人も少なくないのでは!?魚介の旨みが濃厚なラーメン・つけ麺で次々に人気店を繰り出す、五ノ神製作所の神田店「五ノ神水産」です。

メインはらーめん銀だら搾り(780円)につけ麺銀だら搾り(850円)、淡麗貝潮らーめん(780円)というユニークなラインアップで、期間限定メニューも豊富に揃っています。

「らーめん銀だら搾り」(780円)。

「魚を飲んでみませんか?」というコピー通り、魚の旨みが凝縮されたラーメンです。

ほどよく乳化した白湯スープを一口いただくと、銀だらからとった上品な出汁の香りが一気に鼻を抜けるとともに、濃厚な旨みとコクが口の中いっぱいに膨れ上がり、めちゃめちゃ美味しい!小麦の風味豊かな中細ストレート麺は、しなやかなコシに、茨木市の「麺やなないち」さんを思わせるボソシコッとした食感がなんとも心地よく、銀だら白湯スープともめっちゃよくなじんで、かなり旨いっ!

出典: TERMITEさんの口コミ

今回は「肉入りラーメン銀だら搾り」をチョイス。
具材のチャーシューは鶏チャーシューになっています。肉入りにしただけあって厚みのあるのが6切れほど入ってて食べ応え十分です。しっとり系ではなくってしっかりと味付けされて煮込まれたタイプがスープにも負けてないし美味しかった。これはご飯のおかずにもなりそうやと思ったな~。角切りにされたメンマもタケノコか?って感じでしゃきっとした食感も良くって美味しかったです。あっという間に完食です。

出典: おおおやぶん09さんの口コミ

豪華すぎる期間限定「和えそば オマール海老リッチ」。

完成度の高い期間限定メニューは、このラーメン店の特徴の一つ。これを食べに通い続けているレビュアーさんも少なくありません。

着丼しました。ドーン!とオマール海老の尻尾が乗っています。他の具は控えめで海老の下にサニーレタスが敷いてあり脇に三角メンマとベーコンが一切れずつ、それにレモンが添えられていました。

出典: トリスたんさんの口コミ

期間限定メニューは公式Twitterで告知されています。以下店舗リンクの「ホームページ」からご覧ください。
例)2017/1/3・4:「高純度 海老重ねラーメン」と「アサリ中華そば」
2016/12/29:「つけ麺 照り焼き牛ハンバーグ」と「ジャージャー麺」&テイクアウト用チャーシュー2種
2016/12/23:「とろける合鴨搾りらーめん」

神田駅、淡路町駅、小川町駅から徒歩圏内というアクセスのしやすさも魅力的のラーメン店。カラフルな椅子が可愛らしい店内はデートにも良さそうですね。

カウンターはラーメン屋と思えないほど綺麗。入口付近の券売機がなければ、おしゃれな洋食屋といった雰囲気だ。

出典: ばなおさんの口コミ

神田 磯野

Clear

「神田 磯野」は神田駅から6分程度、カウンター8席のみのラーメン店です。

鶏ベースのあっさりしつつ奥深いおいしさの醤油らーめん・塩らーめんは、「完成された」「パーフェクト」「唯一無二」とラーメン通のレビュアーさんからも定評があるようです。

こちらは醤油らーめん。
画像左上の黒いものはわかめではありません。アップにしてみると...

正解は、なんと岩のりでした!スープを運んだ岩のりがとろんと麺に絡んで、磯の香りをプラス。合わないわけがありません!

10分程度で着丼。チャーシューが一面に敷かれ、ねぎと岩のりがゴソッと。自家製か短く太いメンマが添えられ、見た目が「ザ・ラーメン」という作品のような綺麗な完成されたラーメン。スープをひと掬い、岩のりの香りがぷう~んといい香りを漂わせる。醤油の味が濃いが、魚介や鶏ガラの出汁からとったスープは飲みやすい。麺はストレートの細麺でちょうど良い固さに出来上がっており、チャーシューも脂がのっていてホコホコと柔らかく、しっかりめに味がついていて美味しかった。

出典: YASU.Kさんの口コミ

しっかりとコシのある麺は、やや色白で美しいですねぇ 気になっていた海草に手を伸ばすと、じわじわと海草からエキスが出て、スープとマッチング♪シャキシャキの刻みタマネギ入りってのも好きでして、塩スープに自然と溶け込みます。深いこだわりの具材なんだと思いますが、大将に似て寡黙な具材は静かに全体のバランスを整えているって思いました。

出典: かねやん3さんの口コミ

職人肌気質と評される店主さんの手際の良さや美しい所作にも注目が集まりました。

特筆すべきは店主のテンポ良い手際。まず海鮮ワンタンをテボへ。次に麺を手揉みからのテボへ。その直後に焼豚カット。温めた丼に醤油ダレ、スープ表面脂、スープの順に注ぎ。麺上げ、平笊で湯切り(この姿が絵になります)。麺をスープへ投入。その他の丁寧な具材乗せ。。。これを丼3つ分、同時調理。流れるように進みます。腕の良いバーテンダーを見てるよう。飽きません。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13050956/dtlrvwlst/B125798178/

郭 政良 味仙(カク マサヨシ ミセン) 東京神田店

Clear

「台湾ラーメン」の元祖「味仙」が、東京神田へ初出店。辛くておいしい不思議なラーメンで早くも話題となっています。

ほどなくして運ばれてきた「台湾ラーメン」は丼が小さめなので、量が控えめとおもいきや、ニラやひき肉の下にたっぷり麺が隠れてほどよくボリューミーなのが嬉しいところです。
早速麺をすすってみると、しっかりと辛い醤油ベースのスッキリとしたスープが絡んだ中太のモチモチ麺が美味しく、スープはもちろんのこと、唐辛子がたっぷり絡んだ豚ひき肉は火を吐きたくなるくらいに激辛でビックリ!辛いもの好きな方は絶対この夏抑えておかなきゃな一品です。

出典: 大帝オレさんの口コミ

「台湾ラーメン」という名前ですが、実は台湾発祥ではなく、名古屋のご当地ラーメン。

挽肉と香味野菜がたっぷり入ったピリ辛スープは後引くお味!ボリュームは控えめということなので、腹ぺこさんは麺大盛りやライスと併せて頼むのがおすすめです。

…凄いよ、政良さん!名古屋で食べた物より美味しい。物凄く辛いスープですが、口に含んでよく味わってみると、ニンニクの利いた濃厚な鶏ガラ醤油で中太麺によく合います。ミンチ肉とブツ切りネギ、ニラ、もやしとどれもベストマッチ。でも一番目立つのはやっぱり、唐辛子。夏でも無いのに、汗が滴り落ちます。でも、止まらない。ミンチが底に沈んでいる事を考えると、絶対に止められない。で、結局スープも含めて完食。

出典: oda-_215さんの口コミ

台湾ラーメン(800円)、台湾まぜそば(850円)などの麺類の他、マーボー茄子や酢豚、青菜炒めに台湾腸詰など、お酒に合いそうなサイドメニューも。

見た目は普通の餃子。何も付けずにまずは一口。旨い!!ってか、餃子の餡が台湾ラーメンの味でピリ辛!そして肉や野菜の旨味甘味がめっちゃいい!こりゃ何個でもいけちゃうタイプの餃子です\(^o^)/

出典: pirororonさんの口コミ

潮 (うしお)

Clear

和風の「にほんいち醤油そば」と洋風の「鶏白湯そば」、2つの看板メニューがいずれも人気を集めている神田の「潮 」。最寄は淡路町駅。神田駅からは600~700mほどの場所にあります。

こちらが「にほんいち醤油そば」。「日本一しょうゆ」という銘柄の生醤油の香りを活かした和風味です。

トッピングはチャーシュー、鴨ロースト、出汁玉子、フライドオニオンに香味野菜(三つ葉など)。並盛り150gから大盛り200gへの変更は無料です。

スープの魚介系出汁は7種類の干物を通常の2倍使って仕上げた、とカウンター前に貼ってある醤油味。ひと口啜ってみると、濃い口ではあるがひつこくない、優しいスープ。手間は随分かかってるんだろうな、と思う。
麺は細麺のストレート。このスープと合うように考えられた麺なのか、美味しい。麺の量はたぶん大盛にしないと、かなり少ない感じ。また、豚チャーシューは味の浸みも良くてかなり美味しい、、チャーシューをトッピングにすれば良かった。結局最後まで濃厚スープを飲み干してしまった。美味しい一杯だった。ご馳走様。

出典: YASU.Kさんの口コミ

濃厚な鶏ポタの「鶏白湯そば」。

トッピングは、なんと、ポーチドエッグ、肉巻きアスパラ、ブロッコリー、フライドオニオン、ベーコンチップにドライパセリとラーメンとしてはかなり異例。こちらも麺大盛り無料です。

スープはちょっと甘い感じのポタージュ味でふんわりと鶏ガラの風味が残ります。胡椒の利いたパンチのある肉巻きアスパラ、そしてカリカリ玉ねぎと合わさって絶妙なハーモニーを奏でます♪ブロッコリーの食感もアクセントに。玉子はボーチドエッグ。お箸で割って黄身がスープに流れ出ない程度の柔らかさ。麺は細麺ストレート。美味しいです!

出典: なおみん♪さんの口コミ

めん徳 二代目 つじ田 神田御茶ノ水店

ラーメン好きの間ではいわずと知れた定番人気店「つじ田」の神田御茶ノ水店。
数十種の食材を基に作る濃厚なスープのつけ麺はバランスが良いと定評がありますね。つじ田監修のカップ麺を食べて、店舗に足を運んだレビュアーさんもいらっしゃるようです。

メインは濃厚つけめん(880円)、濃厚らーめん(780円)など。

お寿司屋さんのような白木のカウンターに明るく活気に満ちた店内。

座った第一印象は、とにかく明るい。薄暗い脂ぎってる中華屋さんの趣は一切ない。エアコンにも電灯にもホコリがついていない。ついでと言ってはなんですが、トイレも嫌な臭いがせずキレイです。備品も目に見える範囲からは整理されており、目につかない。

出典: 宇宙海賊アトムスクさんの口コミ

すだちの添えられた「濃厚つけめん」。

つけ汁のトッピングは、チャーシュー、刻みネギ、メンマ。麺には、すだち、海苔が添えられています。つけ汁は、豚骨、比内地鶏、魚介が合わさったタイプ。程良く濃厚でまろやかな味わいです。1口目から風味が伝わり美味しいです。麺は、中太のストレートタイプ。ツルッとしていて、つけ汁が絡み、しっかりした食感も良いです。途中ですだちを麺にかけると、酸味が加わり、更に黒胡椒を適量かけると辛味が加わり、味変が楽しめます。チャーシューは、程良い柔らかさで味も良いです。

出典: someさんの口コミ

「濃厚らーめん」も、つけ麺と同系統の魚介と動物系ダブルスープ。

【夢中ですすったラーメン!】
とろみのあるスープ。国内原産の豚骨・比内地鶏の鶏ガラ・魚介・野菜他合計10数種類の食材からできているそうです。おいしい~自然と笑顔になっている自分に気づきます。一人なのでちょっと恥ずかしい。麺は中太ストレート。もちもち。カウンターにある黒七味をかけるとまた美味しい!スープも全部完食。

出典: なおみん♪さんの口コミ

神田ラーメン わいず

Clear

続けて、粘度高めのスープが「家系」をしのぐというレビューも出るほど濃厚なラーメンを食べられる「神田ラーメン わいず」です。

一番人気の「のり玉らーめん」(940円)。
濃厚スープにほうれん草の緑、のりの黒、卵の黄色が美しくトッピングされて食欲をそそります。

ほうれん草がのった濃厚豚骨醤油のスープは、見た目は家系っぽいですね。スープは、家系に近いのですが、豚骨スープの中に肉感がすごく感じられて、他の豚骨スープとは明らかに異なる美味しさがあります。脂分もこういうラーメンにしてはかなり少な目で、あっさり食べられます。塩分濃度も申し分なく、スープまで完食してしまいました(^^♪チャーシューは薄目ですが低温調理の肉のうまみがしっかり感じられる、美味しいチャーシューです。豚骨醤油にこんなに美味しいものがあるとは、ラーメンも本当に奥が深いです。

出典: shimp75さんの口コミ

「台湾まぜそば」は神田本店限定。リピートする人も多く、人気メニューのひとつでもあります。

まずはよ~くまぜまぜ。それではいただきます!ん!ウマイ!丼に入れる前に湯切りザルで、麺をガシガシやっていたおかげですね?旨味がよく麺に染み込んでいます♪まろやかな辛味とほんのりと舌を刺激する山椒の風味がベストマッチです。麺もムチムチしていて、とても良い食感です(^^)/アッというまに麺を全てたいらげてしまいました。

出典: yasu-s1さんの口コミ

担々麺 辣椒漢

Clear

一杯の坦々麺との出会いをきっかけに、試行錯誤を経て独自の味を開発したという、神田の「担々麺 辣椒漢」。坦坦麺の懐の深さを伝える各種坦坦麺で評判を呼んでいます。

まずはこちらが、「正統」を意味する中国本場の味、汁無し「正宗坦々麺」。

一口頂くと…お、美味しい!(^o^)適度な辛さと痺れ、そしてタレなどが絶妙なバランスです。辛すぎず、痺れすぎず、でもしっかり辛さと痺れを楽しめるベストなレベル。そこに中太のモチモチっとした食感の麺がよく絡みます。麺自体も美味しく、とにかく箸が進みました。

出典: ラーメン☆ゆっかさんの口コミ

見た目はそんなに赤くない。やはり日本風の担担麺ではなさそうと感じる。混ぜた後食べると、決して辛くはない。同時に提供された隣のお客さんは、食べた瞬間大きな咳をしている。麺はもちもち感たっぷり。とても好きな感じだ。食べすすめると、口がだんだんと感覚を失っていくのがわかる。でも非常に本能を揺さぶる味だ。水が止まらない。水が甘い。いい感じ。この味はきっと本物に近いのだろう。【汁なし担担麺】は素敵なメニューだとわからせてくれる一杯でした。絶対再訪します。

出典: アミノさんさんの口コミ

続けて、日本風にアレンジされたマイルドスープの「日式坦々麺」。

あーー、お、い、し、い・・・。今は無き、麻布十番の中華楼を思い出しました。基本は四川風坦々麺ですが、割とさっぱりしています。この辺がオリジナリティなのでしょう。辛さはそれほどでもないです。胡麻味もそれほど強くない。当然汁まで完食させていただきました。

出典: nasmanさんの口コミ

辛さの選択もできますよ♪四川花椒・花椒油を使った痺れる辛さの汁無し「プレミアム正宗坦々麺」は、「変態向け」と店主さんが表現するというほどの過激な味とのこと。そう言われるとトライしたくなっちゃいますよね。

青森 十三湖本家しじみらーめん 東京秋葉原店

神田駅から徒歩5分ほどのところにある「青森 十三湖本家しじみらーめん」。

他にもしじみ汁やしじみバター、しじみのニンニク醤油漬け、「限定・美白」という気になるメニューも。

「十三湖しじみらーめん」は、青森の郷土料理かつご当地ラーメンです。青森十三湖産の大和蜆をたっぷり使った滋味深いおいしさが特徴です。

画像下のトッピングはお麩。
旨みをたっぷり吸って、しじみらーめんと相性抜群のふんわり優しい味です。

麺は細麺。しじみのエキスたっぷりでさっぱり塩味のスープに絶妙な組み合わせです!!!これは美味しい!!!このしじみが何とも言えずに贅沢な味わいです!!!ワカメと麺のコラボも堪能です!!!口中にしじみの味わいが広がります!!!!これ堪らんですわあ!!

出典: Dance1988さんの口コミ

トッピングは蜆はもちろんの事、ワカメ、ネギ、お麩。お麩はスープを吸収して柔らかくなっていて美味しかったです。ヤミツキになるような味ではないけれどアルコールで肝臓を攻撃した次の日に食べると良さそうなラーメンでした(^_^)

出典: soleil_5791さんの口コミ

店内ではねぶたの動画が流され、ねぶた師 立田龍宝氏作の作品が飾られている郷土色の強いお店です。

店頭にねぶたが飾って有り、店内も壁一面のねぶたが睨みをきかせ、音楽もねぶたのお囃子という、青森感たっぷりの店。

出典: かっぴ~07さんの口コミ

ご紹介したお店の選定方法について

「神田のラーメン」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

※本記事は、2018/04/25に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ