水道橋の食べログレビュアーおすすめのラーメン15選

水道橋の食べログレビュアーおすすめのラーメン15選

多くのラーメン店が軒を連ねるラーメン激戦区、水道橋。今回は多くの食べログレビュアーがおすすめする水道橋のラーメン店をまとめました。東京ドームや小石川後楽園、秋葉原の電気街にもアクセスしやすい街、水道橋でおいしいラーメンを堪能しませんか?

キーワード
ランチ
みそラーメン
塩ラーメン
醤油ラーメン
美味しい
食べログまとめ編集部
新店
駅前・駅近

更新日:2018/03/05 (2017/01/05作成)

3703view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる3720の口コミを参考にまとめました。

二階堂

3.74

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2016年にオープンしてから人気を伸ばし続ける、水道橋の人気店「二階堂」。数種の煮干しとイリコを使った「手もみイリコそば」が人気商品です。

「新店離れした実力」とラーメン通のレビュアーさんを唸らせるのは、臭みが一切なく旨みが濃厚な美しいスープ。

大量の伊吹島産のイリコをメインとした煮干を使用して採ったというスープは、エグミ・雑味のないイリコの芳醇な出汁感。昆布の旨みもしっかり出ていて、白醤油で出汁感を高めた淡麗スープ。あ~、イリコの旨みと昆布の旨みのハーモニーが堪りませんね、こりゃぁ♪薄らと漂う甘みが実に心地いいです!!

出典: ゆうと(YUTO)さんの口コミ

あっさりしたスープと相性抜群という縮れ麺

麺は、自分好みの手もみちぢれ麺。モチモチした食感と小麦の風味がよく旨み豊かなスープを引き上げてくる。このコンビネーションは絶妙だ。

出典: gomu-gomuさんの口コミ

完成度の高さに店主さんの確かな腕前を感じるお客さんも。行列が絶えなくなる前に足を運んでみてください。

半年後には並ばないと入れないお店になりそう。

出典: バジーナ大尉さんの口コミ

神田 勝本

3.75

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

完成度の高い中華そばで定評のある「勝本」から暖簾分けされ、本店をしのぐほどの人気を誇るのが、「神田 勝本」。神保町駅近くで、水道橋駅からも徒歩圏内のようです。

メニューの基本は「清湯(しょうゆ)つけそば」と温かい「清湯(しょうゆ)そば」の二つ。

画像は、「清湯(しょうゆ)つけそば」(830円)。

麺は平打ち麺と細麺の合い盛りで総量280グラム!食べきれないという嬉しい悲鳴も。

噂の麺2種盛り合わせは中太麺と細麺。海苔を枕に見事に美しく横たわっている。- つけ汁には、味玉、三つ葉、鳴門巻き、チャーシュー、メンマ、ネギ入り。- 豚骨鶏ガラの動物系スープと、鰹節や鯖節などを使用した魚介醤油スープを合わせた清湯。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13192433/dtlrvwlst/55277047/

なんと麺が二種類入ってますよ!!券売機に書いてあった「二種混合麺」の意味がやっとわかりました。先ずは何もつけずにそのまま〜当たり前の事ですがかなり食感が違います。面白い試みですね。

出典: 出挙さんの口コミ

深い色が美しい、さっぱりとした味わいのつけ汁。

スープは、やはり醤油の感じが先にくるかんじです。とても美味しいですね。中に入っている、メンマも少し濃いめに味付けされており、歯ごたえもいいです。チャーシューは程よく脂身があり、これもまた醤油ベースでしっかり味が付いており好みの味です。

出典: 綾小路ベッカムさんの口コミ

こちらは、「清湯(しょうゆ)」そば(730円)。

醤油清湯、動物系に煮干し、節、ダシが濃く深みがある、醤油の甘さなのかアマイ、麺はツルモチで旨くスープとの相性がいい、低温調理のロースチャーシュー、なると、柚子も香る存在感、幅広い年齢層から愛されるような日本人の好む味わい。

出典: ヨオさんの口コミ

本店「勝本」の情報はこちら。

ねむ瑠

3.76

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

「濃厚烏賊煮干中華そば」と「赤鶏と蛤の淡麗中華そば」の代表メニュー2品がいずれも好評を得ている「ねむ瑠」。

画像は「赤鶏と蛤の淡麗中華そば」(780円)。

スープは、説明がなくても、無化調とすぐにわかる、やんわりとした醤油味。わずかに感じられる蛤の風味が独特ですね。麺は細麺ストレート、食べやすく好きなタイプ。わずかに芯がありアルデンテな感じ(??)ローストしてる感じのチャーシュー、そして味玉はこだわりに違わぬ、コクがしっかりと感じられる美味さ。最後までしょっぱくならずに、久しぶりにスープまで完食。

出典: harumaki_netさんの口コミ

こちらが、一番人気の「濃厚烏賊煮干中華そば」(780円)。見るからに濃厚です。

“濃厚”そうな粘度のあるイカニボスープを一口いただくと、まずは凝縮された煮干しの風味と旨みが口の中いっぱいに広がり、そのあと烏賊の濃厚なコクと甘みが覆いかぶさって、さらにマイルドな醤油カエシのコクも加わって、これってかなり旨~い!

出典: TERMITEさんの口コミ

むせかえるような煮干しを凝縮した風味に、烏賊(イカ)の風味がきいています。タラはあっても、イカは初めてです。タマネギの甘さが不思議に合い、パクチーで口直しも。ローストビーフのようなレアチャーシューも絶品。

出典: ぐろさんの口コミ

麺をリフトアップすると...

細麺ストレートでエッジはそれなりに効いています。固めに茹でられており、噛むとサックリとした歯応えがあり、小麦の香りも豊かです。スープとの絡みも良く、相性抜群です。

出典: take1112さんの口コミ

麺屋33

3.68

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

「麺屋33」は濃厚なつけ汁の「つけめん33」にあっさりまろやかな「丸鶏旨みそば」の代表メニュー2品がいずれも完成度が高いと評判の人気店です。

画像は、「丸鶏旨みそば(醤油)」(700円)に卵をトッピング。

何とも優しいスープ。甘さを感じる上品な味わい。それに加えて何とも言えないコク。このスープとご飯があればもういいかも(笑)

出典: ynさんさんの口コミ

......ですが、ここのところ人気急上昇しているのが、こちら!
土日月限定の鶏の旨みたっぷりのラーメン・つけめん「鶏エスプレッソ」です。

鶏エスプレッソラーメン(750円)。

スープはまろやかな鶏白湯。画像左下のピッチャーには、鶏クリームが入っています。途中で入れて味の変化を楽しんで欲しいということです。

唸りましたよ。濃厚でコクのある鶏白湯。コッテリと来るわりには最後までくどさは感じない味わい。トッピングにはこってり対策か貝割れ大根。鶏ももチャーシューはじっくりローストされた柔らかジューシーなやつ。こんがり焼いちゃうほうが好みだけど悪くはない。一番感動したのは平打ち太麵。もちもちした食感で濃厚スープに良く絡んで負けてないのがいい。

出典: ひぽ蔵さんの口コミ

こちらが、鶏エスプレッソ つけ麺(750円)。

中細ウェーブ麺でしっかり〆られておりコシも十分、なかなか美味しい麺です。つけ汁ですが、とっても濃厚です。鶏ガラで継ぎ足し継ぎ足しした濃厚スープで鶏の味がとっても強いのです。色々なところで鶏ポタも食べてきましたが、ここのが今のところ一番美味しく思います。麺の上にボイルされた鶏チャーシューが鎮座しておりカイワレがあしらわれています。鶏も煮すぎでなく美味しい味をまとったちょうどよく煮られた一品、鶏の味を後押しするみたいでこのつけ汁に浸して食べるとさらに美味しいのです。

出典: sakurabashiさんの口コミ

らーめん登楽 ふみや

3.51

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

シンプルであっさりとした醤油ラーメンと家庭的な雰囲気がレビュアーさんを惹きつけている「らーめん登楽 ふみや」。水道橋駅から歩くこと7~8分、静かな住宅街エリアにあります。

こちらが代表メニューの「地鶏だし醤油ラーメン」(670円)に味玉トッピング。

「醤油らーめん」は、鶏ガラと魚介でとった、塩分を抑えたバランスのよいマイルドなスープ。やや固めに茹でられた細めのストレート麺は心地よい食感。

出典: やく年さんの口コミ

水菜と葱と海苔とメンマ、そしてチャーシューのオーソドックスな面構えのラーメン。スープはやや濁っているが美味しそうな醤油スープ。麺は硬くも柔らかくもない細麺。スープを飲んでみると油はスッキリでサラサラとしていて鶏だしの優しい味が広がってくる。静かな場所に在る店にピッタリな慎ましい鶏だし醤油。

出典: BQBQさんの口コミ

見た目も、食べた感想も、実にオーソドックスなラーメンだと思います。けど、丁寧な仕事だなーとも思いました。中毒性がある、どっパマリするラーメンを出そうとするお店が多い中、こういったタイプのお店は貴重だと思いますし、ボクは好きですね。こういうお店が職場や家の近くにあるといいなぁ。

出典: Kouさんの口コミ

店員さんの気遣いに心温まるレビュアーさんも。

画像のメニューは、「つけそば(醤油)」(770円)。

箸をくるんでいるナプキンや盆に載った飴玉は、運んでくれるやさしい感じの店員さんの真心を感じる。てか、この店員さんに味があるというか、やさしい感じというか。写真で伝わるかなあ〜。。何もかも気に入りました。また近く寄らせていただきます!ごちそうさまでした〜。

出典: banzaburo16さんの口コミ

かぐら屋

3.69

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

鶏白湯スープの各種「鶏そば」が人気の「かぐら屋」。水道橋駅から徒歩3分、カウンター9席のみのお店です。

画像は「特製 濃熟鶏そば」(750円)に卵をトッピング。

鶏そばは、あっさり、濃熟を選択できるスタイルで、つけめんにペペロンチーノ鶏そばなどユニークな限定メニューもあります。

白濁の濃厚鳥スープはまろやかでくどくなく、優しい味で女性も好きそう。卓上のガーリックや辛味オイルでパンチを効かせることも出来るので良いですね~♪スープを濃くするダシ液も置いてあるので味は調整できます。細ストレートの麺もスープによく合っていてズールズルいけます(笑)途中辛味オイルをプラスして、飽きずにスープまで完食!!美味しい一杯でした!

出典: ゆんぱんださんの口コミ

具材は鶏チャーシューに鶏そぼろ、白髪ネギにメンマ、水菜。更にトッピングであおさ(100円)も入れましたが、それぞれが良い箸休めだったりスープに深みや変化を与えたりしてくれます。

出典: itoken46さんの口コミ

スープに加えて具の一つ一つが丁寧に作られている点も好印象。【特製】を頂きましたが、頼んで正解だったように感じます。鶏そぼろはそぼろご飯用のそぼろのような味付けで、鶏チャーシューは照り焼き的な調理。そして、メンマはシャクシャクと食感豊か。かなり食べ応えがあり、ご馳走とも言える一杯。

出典: 辣油は飲み物さんの口コミ

濃厚な旨みのつけめんも、「鶏好きにはタマラナイ」と好評。

鶏の旨味を凝縮しつつ口当たりがまろやかなスープで、もっちりの太麺と良く合います。具材が結構豊富で鶏肉も太いメンマも野菜も入って、これがまたスープの味に良く絡み、旨いの一言。

出典: monaldo_no9さんの口コミ

モチモチして美味しいですねー。麺自体の香りもいいです。つけ汁はどうでしょう。キャベツが入ってるのは珍しいですね。魚粉も浮かんでいます。つけ汁は鶏が濃厚ですねー。臭みもなく、よくまとめられています。

出典: AGStoneさんの口コミ

メンショー トーキョー

3.74

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

ラム骨×豚骨のダブルスープというユニークなスープを特徴とする「メンショー トーキョー」。

最寄駅は後楽園駅・春日駅。東京ドームの近くにあります。

いかにも濃厚な、ラムのげんこつを使ったつけ汁ですが、意外に臭みが少なく食べやすいとのこと。

まずは気になるスープを一口。おぉ、羊だ。ジンギスカンなどで味わうあの癖のある味わい。だけど美味しい。羊のゲンコツでスープ取っているとのこと。

出典: おちゃともさんの口コミ

つけダレはカレーの様なスパイスがきいたものにラムの香りがします。もっとラムを前面に出しているかなと勝手に想像していましたが、スパイスを使うことで、ラムを食べやすく面白い味に仕上げ、味作りが上手いという印象です。

出典: たけひこ@ブロガーさんの口コミ

他にも、一風変わったメニューが並びます。画像は、「よだれ羊」。

香りの良い辣油とタレがすごく本格的でこれだけでも食べられちゃいますね。パクチーやナッツもいいアクセントになります。豆乳ベースのつけ汁はクリーミーですが結構しっかりした味わい。麺を浸すと徐々に紅く染まってくのがまた楽しくてね。この組み合わせを考えつくのがほんとすごいや。平打ち縮れ麺は適度なコシがあって美味。あっという間にペロリといけちゃうので、もっと食べたいねー。いやー、今年も抜群に美味かった!

出典: somenman0125さんの口コミ

こちらは、「羊とトマト」。同じく夏季限定です。

パクチー、クリームチーズ、ドライトマト、ドライタイプの茸はなんじゃろ?ポルチーニ?ひつじのチャーシューの切り落とし、刻んだパプリカ・オニオン・きゅうり。これらをひつじの旨味十分もトマトベースでスッキリ頂けるつけ汁でいただくとやはりこれもうめぇぇぇ…中にはローストしたトマトもはいってますね。麺の上の具材も彩だけじゃなく、それぞれが意味持ってます。単体の味わい、組み合わさった味わい、変化と驚きを感じることができます。こりゃ良く考えられてるなあ。ほんまに旨い!

出典: Wine, women an' songさんの口コミ

らーめん雅ノ屋

3.69

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

中太麺の醤油ラーメンに細麺の塩ラーメン、いずれも「優しい味」「上品」と評価されているのが、「らーめん雅ノ屋」。

お店の清潔な佇まいや店主さんの穏やかな雰囲気と併せて、レビュアーさんの好感を呼んでいるようです。

背油が浮かんでいるのでこってりしているのかと思ったら、全然さっぱりのスープ。とても良く出来たスープです。スープの完成度が高いのがラーメン素人の私にも分かります。まるで乾麺の棒ラーメンを湯がいたかのような中太のストレート麺とのマッチングも良く研究された結果という感じ。とにかく素晴らしい完成度のラーメンです。

出典: 碧月夜さんの口コミ

塩ラーメン(650円)

細麺ストレートにメンマ・チャーシュー・海苔・極細刻みネギ。お店のご主人の人柄が伝わるような優しい味…でも深~い味。

出典: 宮ちゃんNO1さんの口コミ

ランチタイム限定で、ラーメンとごはん(チャーシュー・のり玉・じゃこ)のセットも。

画像は、しっかりした味付けでお酒のシメにも良いという「のり玉」ごはん。

のりたまごはんは結構少量のごはんにのり鰹節がのります。そして別の器に卵黄の醬油漬けがきます。それをごはんにかけて崩して食べます。卵黄は硬めのゲル状で本来の卵黄より大分縮んでいます。

出典: メイデン五郎さんの口コミ

はぐれ雲

3.57

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

鶏白湯のスープに自家製麺、鶏・豚2種類のチャーシューも手作りにこだわる「はぐれ雲」。リピーターとなるレビュアーさんが目立ちます。

スープは鶏白湯らしく美しい色味。白醤油ベースのオリジナルなカエシだそうで、しつこくない濃厚さが心地いい。これぞコラーゲンという感じか。さらに、玉ねぎの甘辛さが味を引き締めます。極めつけは、真空低温調理されたという鶏のチャーシュー。ピンクがかったチャーシューは上品さと丁寧さを感じます。調味料は、黒胡椒だけでなくバジルも。バジルをいれると、欧風というかパスタ風というか、その表情を一変させます。

出典: ミトミえもんさんの口コミ

お店のアピールポイントの一つ、もっちりとした自家製麺。

これまで食べたラーメンの中で、1,2位を争うぐらいにとても美味しい麺でした。池袋のとらさんの麺(生パスタのようなもっちり感)が最も好きなのですが、また違った趣の美味しさです。麺先は四角型で、箸で掴めば曲線を描きにくいほどまっすぐでかっちりとしたフォルムで、噛み応えがとても良く、噛むほどに美味しい麺。咀嚼すると程良くねっちりとした粘度があり、弾力がとても良いです。中華そば特有の香り良いスープと、弾力や風味の良さを持つ中華麺が仲良しで、よく合っていました。

出典: 池袋ラン子さんの口コミ

ラーメンの残りスープにご飯やチーズをIN!リゾットはラーメンそのものより気に入ってしまったレビュアーさんもいるほどの人気メニューです。

【鶏白湯でリゾットは良い】
麺も食し終わったところで、リゾットにすべく、ご飯withチーズその他を投入。一通りかき混ぜて、おじや風にして食す。やはりこの鶏白湯はリゾットの方がより味が引き立つと思う。

出典: 出藍之誉さんの口コミ

覆麺 智

3.73

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「しょっぱいけど美味い」「癖になる」というレビューが目立つ、旨みも味もしっかりと濃いスープが特徴の「覆麺 智」。

最寄り駅は神保町駅ですが、水道橋駅から歩いて行かれるレビュアーさんも多いようです。

なんとも澄んだ醤油色のスープ。たっぷり(並で200g)の麺の上にはこれまたたっぷりのモヤシ。その上からかかるフライドオニオンが香りと彩りをいっそう引き立てています。スープをいただくとガツンと醤油の味、あれ?しょっぱいのかな?と思ったんですが、しょっぱいと思える一歩だけ手前で最後まで堪能できる何とも抜群の濃さ。計算されています。載せる直前にカットしたチャーシューはスープの温度で瞬く間にほろほろと崩れ、麺と絡めて食べる感じになりましたがジューシーさは全く消えず。何とも美味しいじゃないですか。

出典: じゅんた0625さんの口コミ

真鯛や渡りカニなど、日替わり・月替わりの出し汁で作る一杯も人気です。

日替わりのメニュー。「悪い奴」は濃厚な醤油ラーメンとのこと。

普段は覆麺という醤油ラーメンがメインだがこの店は曜日ごとに顔が変わる。だから、一度だけでなく何度も通わなくてはこの店の真価は判らない。通って行くうちに昇段(この店のシステムで初回スープを8割飲んだら初段、覆麺の5段のスープを飲んだら昇段、段位によって無料トッピングが増える)していけるだろう。また季節イベントも満載ですごく楽しめる店。年末の鮟鱇肝の味噌ラーメンと鮟鱇肝の悪い奴は絶品です!

出典: Alfredoさんの口コミ

頼んだのは鯛塩ラーメン。金目鯛を30kgも使って出汁を取ったとか書いてあるんですよ。これが880円なんて原価割れしてるんじゃないですかねー。1,500円でもおかしくない。透明な塩味のスープ。ラーメンのスープなんて信じられないくらいの鯛、鯛、鯛。何か申し訳ないくらいの鯛の旨味がつまってます。左のチャーシューの上に乗っているのは鯛の身の部分。これがまた鯛の風味をさらに増してくれるんです。黄色がかった麺は細く、鯛の繊細な味にぴったり。一気に食べ終わってしまいました。味にぴったり。

出典: brax3さんの口コミ

暑いだろう厨房にも関わらず覆面で迎えてくれる店員さん。店内に置かれた覆面や貼られたポップなど、ユニークでサービス精神あふれる店舗運営も人気の秘訣のようです。

ラーメン二郎 神田神保町店

3.62

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

ラーメンと言えば外せないのが、やはり「ラーメン二郎」。「ジロリアン」というマニアの存在を産み出した言わずと知れた人気店ですね。水道橋から徒歩10分程度の場所に神田神保町店があります。

「ラーメン二郎」には、本店で修行した店主さんが営む「直系店」と、修行経験はないものの「ラーメン二郎」に着想を得たラーメンを出す「インスパイア店」があるとのことですが、水道橋には、両系列のお店の中でも全国的に人気の高いお店が集まっています。

その中で、こちらのラーメン二郎 神田神保町店には、「品質が安定している」「量が多い」「待ち時間が長い」とのレビューが目立ちます。

スープは乳化し、麺はデロデロ。麺がスープに絡みまくり。チャーシューも柔らかくて、やっぱり、神ジローはうま過ぎだわ

出典: wavemickeyさんの口コミ

二郎らしい盛り、出涸らしの如き豚塊、サービスと言える麺量、開店直後にして既にアブラまみれのトゲトゲ・ショッパーズ・スープ。つまりは、全ての要素を兼ね備えた、正に教科書的正調二郎。二郎ドセンターなニュートラルさは、聖地ミタジに最も近い一杯か!?。ならば、立地の良さと相まって、始終行列も当然の成り行き。アクセス良好なれど、バリア高し。

出典: ミニミニ大作戦さんの口コミ

背脂たっぷりの濃厚なスープが日々レビュアーさんをとりこに。

スープは微乳化で油膜1.5センチ強のヘビー仕様。キリッとした醤油とみりん風と豚出汁で構成された雑味のないスープ。そのうまい汁をパンパンに含んだ蕎麦のようなザラ感のある麺もこれまたうまい。

出典: n^o^zさんの口コミ

野菜やお肉、背脂などトッピングでタワーがお約束♪

豚ちゃんは大ぶりなヤツが2枚。ホロしっとりでガチ美味!!豚増ししなくても満足な量だったが、こりゃ豚増ししなけりゃウソだな。

出典: お豆ちゃん&SEAさんの口コミ

※こちらのお店は下記へ移転致しました。口コミなどの情報は移転前のものです。

用心棒

3.64

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

水道橋駅から10分、こちらは「ラーメン二郎」インスパイア系の「用心棒」。メインメニューは「ラーメン」と「まぜそば」、「冷やしまぜそば」のみ。

画像は、「まぜそば」(830円)。

いざ、本物が来るとまずボリュームにびっくりします!2、3人前くらいはあるのかってくらい盛られてます笑。味は結構濃いめで、濃い味が好きな人にとっては絶対にハマってしまう味!トッピングのガリマヨがいいアクセントになり、飽きてきた時に辛玉を、混ぜれば色々な味が楽しめます!

出典: seiya128さんの口コミ

食べ応えのある麺とスープの相性の良さに定評があるラーメン。

ゴワつく太麺と辛いニンニクにこのスープはベストマッチ。濃い目ですが今まで食べた二郎系では一番美味しいスープです。ワシワシ食べても減っていかない麺と格闘しつつお腹一杯。満足です。豚も食べ応え有り。柔らかで食べやすくて美味。

出典: 名犬太一郎さんの口コミ

無料トッピングのタワーも健在♪野菜の下にはお肉と麺が隠れています。

直径20センチの丼に盛り付けられた、超高層野菜タワーラーメン!急傾斜に盛り付けられた野菜は、少しでも振動を与えたら、今にも崩落しそうな超危険な状態!いいですね~~~!こういう過激な盛り付けは大好きだぞ!

出典: seiya128さんの口コミ

野菜はよく茹でられていてスープとなじみ、シャキシャキ食感。麺は太い縮れ麺で浅草開化楼製みたいです。硬めで弾力があって食べ応えがあります。スープは豚系の醤油で、しつこくなく優しい感じの飲み応え。全体的に食べやすい感じの二郎系ラーメンといった印象を受けました!

出典: yoshi_3さんの口コミ

ぽっぽっ屋 水道橋店

3.56

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

こちらも二郎系列、小伝馬町に本店がある「ぽっぽっ屋 水道橋店」。

「ラーメン二郎」本店に比べ、ややあっさりして塩分も控えめな優しいスープというレビューが目立ちます。

野菜をもりもり食べながら、どっしりとした麺ももっきゅもっきゅと食す。チャーシューは厚手で噛み応えのある系。総じて、二郎よりはややあっさり目で、お腹にはやややさしめではないかと。おいしかったです。

出典: 出藍之誉さんの口コミ

「顎が疲れる」ほど弾力に富む食感と評判の、浅草開化楼の太縮れ麺。

麺は強烈な縮れの低加水太麺。麺長17~8cm位の自分が知る最短麺でアグアグ食べるゴワゴワ麺だけど粉っぽい感じは無し。麺の写真を撮ろうとしても硬くてまとまらず大変でした

出典: RBK11さんの口コミ

どこから手をつけてよいのか分からないほどの大盛りトッピング。もはや芸術です。

醤油というより塩味という染み込み加減と豚肉の旨味がよくバランス取れてると思うし、そこに脂身と背脂がダブルで加速し混じり合うから…味は十分すぎるほど。ヤサイは比較的キャベツの比率が多いし(根に近い部分があたったけど)甘みがある。もやしは、すこしシャキシャキ峠を越えた感覚で、それもまた和やかな味わいと食感。さらに、キクラゲの食感がここでは加わって、味わいよりは歯ごたえのアミューズメントが効いていてナイス!総じまして、「久方に背脂まみれで嬉しく思う、若返り覚える一杯!」かと。

出典: TOMASSOONさんの口コミ

縄麺 男山

3.43

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

店先にぶら下がる巨大な縄が目印の「縄麵 男山」。

人気の「男山らーめん」もその名前からくるイメージ通り、ボリュームたっぷりのガッツリ系ラーメンです。

極太の麺は、歯ごたえがモチモチで、食べごたえも十分。

スープは、濃厚すぎずマイルドというレビューが多く、脂っぽすぎるのが苦手という人も美味しく頂けそう。

まずはたっぷりと上に乗ったもやし。これはスープ以外にもソースで味付けしてあり、水っぽさは感じない。そしてモヤシの下から出てきた自慢の縄麺は、まさに荒縄のような荒々しさ。粉の香り、コシともに非常に高いクオリティ。これはなかなかの美味です(*´▽`*)そしてスープ。こってりギトギト系かと思いきや、少し様相の違う仕上がり。背脂等を使っているので、オイリーさはあるが、思いのほかしつこくない。

出典: 湊屋猫助さんの口コミ

うまい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!びびった。こんなの久しぶり。麺は太い太い言っても、二郎系の中では標準くらい。太さより、むしろ茹で加減が自分好み。なんでしょう、ちょい固めのモチモチ感。その麺に、ラーメンが絡む絡む。しょっぱめで、コクのあるスープが絡む絡む絡む。チャーシューも…味がしっかり染み込んでてウマイ!!

出典: ょすーさんの口コミ

辛いもの好きな方には、唐辛子と辛味噌たっぷりの「火山らーめん」もおすすめです。

※こちらのお店は下記へ移転致しました。口コミなどの情報は移転前のものです。

中華蕎麦にし乃

ラーメン百名店TOKYO2019選出店

3.92

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

店内に足を踏み入れた瞬間、出汁の香りが漂う【中華蕎麦にし乃】。

食材の旨みがたっぷりと含まれた美しく澄んだスープには、細麺がぴったり。

メニューは「中華そば」「山椒そば」の二枚看板です。

チャーシューはローストビーフのように火が通っているのだとか。

美味しいと好評な理由の一つです。

また、生姜の風味が漂う炊き込みご飯も絶品との口コミも。

ラーメンと合わせて食べてみたいですね!

炊き込みごはんの旨いこと!中華そばとは一変、ショウガの風味が漂います。コロコロっと入ってるチャーシューの切り落としがまた心憎い。数量限定のサイドメニューですが、これ必食でしょ!

出典: 辣油は飲み物さんの口コミ

スープは熱く色は淡くていい出汁が感じられます。麺は角がしっかりした歯切れのいい細ストレート麺で最初のひと啜りにぐんと香る風味がすごいです。チャーシューはレア。一口で食べられるサイズなので丁寧に作られた美味しい比率を損なわずに食べられます。

出典: miconosさんの口コミ

※本記事は、2018/03/05に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ