東京の蕎麦屋、お気に入りの店の【至福の一品】

東京の蕎麦屋、お気に入りの店の【至福の一品】

百の蕎麦屋に千の味わい在り!ローリングストーン誌が選んでくれないので僕のお気に入りの蕎麦屋のお気に入りの一品をまとめてみました。

キーワード
おしゃれ
美味しい
名物

更新日:2016/01/27 (2015/05/21作成)

9119view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手打ち蕎麦 じゆうさん

手打蕎麦 じゆうさん

蕎麦屋界のジミ・ヘンドリクス!
唯一無二な最高の蕎麦屋です。

【至福の一品】

『 田舎せいろ 』

今まで食べた蕎麦で一番旨かった。
天日干しにより甘みを出した蕎麦は塩だけでどうぞ。

玄蕎麦 野中

玄蕎麦 野中

蕎麦屋界のエリック・クラプトン!
極上にして繊細な蕎麦は芸術です。

【至福の一品】

『 淡い緑色の粗挽きそば 』

今まで食べた蕎麦で2番目に旨かった。
1日10食限定です。

室町砂場

室町砂場

蕎麦屋界のB,B,キング!
天もり発祥の店の野太いツユの奥に潜む極上の香りは温蕎麦でこそ開花する。

【至福の一品】

『 あられそば 』

江戸の粋が詰まった極上の一杯。

並木藪蕎麦

並木藪蕎麦

蕎麦屋界のフレディー・キング!
辛いツユで有名だが、温蕎麦は一転優しい味わいのツユに変化します。

【至福の一品】

『 かもなんばんそば 』

史上最高の鴨南蛮!

かんだやぶそば

かんだやぶそば

蕎麦屋界のアルバート・キング!

建て直されて動線が良くなりました。

【至福の一品】

『 おかめそば 』

極上の蒲鉾や松茸も良いが、実は主役は湯葉を結わえた昆布です。

神田まつや

神田まつや

蕎麦屋界のロバート・ジョンソン!

歴史的な庶民派蕎麦屋、クラシカルな普通さが素敵です。

【至福の一品】

『 焼き鳥 』

タレがたっぷりの蕎麦屋の焼き鳥、カラシと七味のダブル使いで食べましょう。

浅見製麺所

浅見製麺所

蕎麦屋界のバディー・ガイ!

見た目は派手だが凄い実力派、きっちりと蕎麦の良さを堪能出来ます。

【至福の一品】

『 4種もり蕎麦 』

いわゆる更科からいわゆる挽きぐるみまで、徹底的に蕎麦と向き合える一品です。

上野藪そば

上野藪そば

蕎麦屋界のヒューバート・サムリン!

ちょっと飲みにも適したツマミも豊富なカジュアルな老舗

【至福の一品】

『 きしめん 』

実はこの店のきしめんはかなり旨い。凄く上品なツユは名古屋でもお目にかかれない。

やぶ久

やぶ久

蕎麦屋界のジェフ・ベック!

カレーなんばんが有名だが、他にもいろいろ、肴も旨いワザ師な老舗

【至福の一品】

『 ごませいろ 』

この店のごま汁は天下一品、さらにすりごまを蕎麦に振りかけてダメ押しです。

あおやま長寿庵

あおやま長寿庵

蕎麦屋界のカルロス・サンタナ!

明るい雰囲気と確かな味わい、人気の理由も良く分かる。

【至福の一品】

『 鴨せいろ 』

茶そばで食べる鴨せいろ、茶そばと鴨汁が憎らしいほど良く合います。

玉笑

玉笑

蕎麦屋界のジョニー・ウィンター!

本格派が繰り出す技の数々はまさに圧巻です。

【至福の一品】

『 熱つもり 』

茹でたてアツアツの少し太めの蕎麦を溶き玉子で、これは病みつきになる旨さです。

蕎上人

蕎上人

蕎麦屋界のデュアン・オールマン!

季節と共にスライドする変わり蕎麦に極上の粋を感じます。

【至福の一品】

『 5色もり 』

春のさくら切りは最高の旨さです。

手打ちそば 菊谷

手打ちそば 菊谷 巣鴨本店

蕎麦屋界のマディー・ウォータース!

地蔵通り商店街のみんなが大好きなお蕎麦屋さん。大衆的でいぶし銀、そして本物です。

【至福の一品】

『 利き蕎麦 』

生粉打ちと二八の相盛り蕎麦。熟成蕎麦の滋味深い味わいを堪能出来ます。

利久庵 日本橋店

利久庵 日本橋店

蕎麦屋界のTボーン・ウォーカー!

名物がある蕎麦屋は強い、そして旨い!

【至福の一品】

『 納豆そば 』

納豆そばをご馳走に引き上げた功績はデカい。カラシが決め手、お世話になってます。

たじま

蕎麦 たじま

蕎麦屋界のビック・ビル・ブルーンジー!

蕎麦も旨けりゃ一品料理も極上、引き出し多数の凄い蕎麦屋です。

【至福の一品】

『 もりそば 』

極細の蕎麦で極上の喉越しと歯触りをご堪能ください。

翁庵

翁庵

蕎麦屋界のスティービー・レイ・ヴォーン!

東上野の人々に愛される庶民派な街蕎麦屋さん。

【至福の一品】

『 冷やしたぬきそば 』

ねぎせいろが名物だけど、僕は敢えてこの一品を推したい。キャベツがアクセントの旨い旨い冷やしたぬきです。

手打蕎麦 与之助

手打蕎麦 与之助

蕎麦屋界のジョー・ウォルシュ!

異端のように見えて実はしっかりとした本格派!

【至福の一品】

『 ごま汁せいろ 』

豚肉を使った『黄金ざる』が名物だが、僕はこの店のごま汁が大好きです。

日曜庵

そばきり 日曜庵

蕎麦屋界のロビー・ロバートソン!

柴又の名店!
週末だけの営業なのでご注意を。

【至福の一品】

『 湯そば 』

薄味のツユに塩昆布が合体!恐ろしいほど旨い温そばです。

吟八亭 やざ和

吟八亭 やざ和

蕎麦屋界のビリー・ギボンズ!

ハーレー好きの店主が繰り出すこだわりの蕎麦の数々!

【至福の一品】

『 田舎せいろ 』

手挽き十割の田舎せいろは1日20食の限定、早目に行ければ必食です。極上の香りと甘みを常温で楽しめます。

蕎亭 大黒屋

蕎亭 大黒屋

蕎麦屋界のジョージ・ハリスン

浅草の名店。
のんびりと蕎麦をたのしみたい時にどうぞ。

【至福の一品】

『 そばがき 』

そばがきは掻き立てアツアツが命!
極上のフワフワ感をアツアツのうちにどうぞ。

蕎楽亭

石臼挽き手打蕎楽亭

蕎麦屋界のジ・エッジ!

蕎麦屋ではあるが天ぷらがかなり旨い。
季節の天ぷら多数です。

【至福の一品】

『 稚鮎の天ぷら 】

天ダネの中では鱧、牡蠣と並んで大好き。
蕎麦前を楽しむべき蕎麦屋です。

手打蕎麦 松永

手打蕎麦 松永

蕎麦屋界のボー・ディトリー!

神宮前のオシャレなエリアに質実剛健な硬派な蕎麦屋!

【至福の一品】

『 牡蠣天せいろ 』

本来は温蕎麦の具だが、僕は別々でもらいます。とても旨い牡蠣天です。

川しま

川しま

蕎麦屋界のジミー・ペイジ

入谷の路地に凛と佇むお蕎麦屋さん。

【至福の一品】

『 豆腐の味噌漬け 』

とても上品で高貴な味わい。
これを舐めながら飲む冷酒がたまらない。

【ついでにもう一品】

『 三色盛り 』

この店の『けしきり』は極上の香りです。

浅草じゅうろく

浅草じゅうろく

蕎麦屋界のジョーン・ジェット!

【至福の一品】

『 粗挽き十割蕎麦 』

粗挽きの蕎麦粉を細かく挽いた蕎麦粉で繋ぎ紡ぎ出される極上の蕎麦!
江戸蕎麦の理想形がここに在る!

【 ついでにもう一品 】

『鴨なべ』

キリタンポ鍋風の鴨なべ。
タップリの根っこ付き芹と柔らかく濃厚な真鴨と蕎麦団子。
締めはもちろん粗挽き蕎麦で。ササっと鍋のツユにくぐらせてズズッと啜れば幸せが訪れますよ〜!

※本記事は、2016/01/27に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ