中野のうなぎは一味違う!うなぎ料理がおすすめのお店20選

出典:jetkiryuさん

中野のうなぎは一味違う!うなぎ料理がおすすめのお店20選

うなぎは日本食を代表する料理の1つ。うなぎを味わうなら、ぜひ中野に足を運んでみましょう。中野には隠れたうなぎの名店も多く、うな重から串焼きまで幅広いうなぎ料理を楽しめますよ。今回は中野でおすすめのうなぎ料理店をまとめました。記念日や特別な日には、少し奮発して絶品のうなぎに舌鼓を打ってみては。

記事作成日:2021/03/02

220view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1177の口コミを参考にまとめました。

中野区内中野駅周辺にあるうなぎの人気店

味治

3.72

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

繊細な火加減によりふっくらと焼き上げられたうなぎを味わえる、「味治」。黒を基調としたシックな外観です。中野駅北口から徒歩5分ほど。

店内に並べられたカウンター席からは、大将の焼きの様子を間近で眺められるそうですよ。

うなぎの美味しさを余すことなく楽しみたいなら、「うな丼」は外せないメニューです。

うなぎは肉厚でありながらも、ふわりとした口当たりも堪能できるそうです。甘さ控えめなタレも、お米との絶妙な一体感を作り出しているとのこと。

味治

「うな丼」や「うな重」はもちろん、日本酒の肴にもなる串焼きも豊富にあります。

うなぎのやわらかな肉質を味わえる「短冊焼き」や、通好みの「きも焼き」もおすすめの一品とのこと。

中野に来ると、ついつい寄ってしまう鰻屋さん( ͡° ͜ʖ ͡°)いつもは鰻重を頼むのですが、今回は飲みのツマミに、串物や鰻の白焼き中心に頼みました!白焼きはわさびとの相性がバッチリです鰻屋さんでも串物が色々食べられるお店は少ないので、串物が食べられる鰻屋さんは重宝します✨

出典: hideomiさんの口コミ

・うな丼
今日は、初めてであったので、まず鰻丼を注文。綺麗な店内の入口近くの焼き台で、名人が注文を受けてからひとつひとつ鰻を丁寧に焼かれており、お吸い物とお新香が付いて、鰻丼が運ばれてくる。そのふわふわした肉厚の鰻がのった鰻は味が良く、タレも控えめで鰻本来の味とそのベストな焼き加減を楽しめる。

出典: uchii250さんの口コミ

川二郎

3.71

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

川二郎

うなぎの様々な部位が使用された串焼きを楽しめるという「川二郎」。

昭和情緒が残り、どこか懐かしさを感じさせる佇まいだとか。中野駅北口から徒歩5分ほどの場所にあります。

1階はカウンター席、2階は予約専用のテーブル席とのこと。

「れば焼」や「きも焼」など、うなぎの奥深さを体験できる串焼きメニューが目白押しとのこと。

うなぎは部位ごとに味わいや食感が大きく異なるそうです。色々と食べ比べて、自分好みの1串を探してみましょう。

川二郎 - ひれ焼

「ひれ焼き」は、うなぎのヒレ部分をクルクルと串に巻きつけた1品だそうです。中には風味豊かなニラも入っているとか。

ヘルシーな野菜串もあるそう。うなぎ串を食べる合間に、口直しにもぴったりとのこと。

何度もお店の前を通りながら満員で入れなかった名店。ヒレなど普段は一緒に食べてしまう部位を分けて食べるのは初めて。食感を楽しみながら食べれて楽しい。エラは初めて食べた、頬肉の部分だが他の魚同様コリコリして美味しい。数量限定の燻製も食べることができ、大満足でした。ご馳走さまでした。

出典: nobu3tokyoさんの口コミ

串はどれも逸品で肝、ヒレも美味しかったが、八幡巻きの旨さはその鰻のレベルの高さと歴史を感じさせる。また、その後短冊をいただくが、またこれもしっかりとした味で、ちょうどいい炭火の焼き加減が悠久の時を感じさせる。間に挟む野菜焼もそれぞれいい調和で、料理の楽しみを改めて感じさせるいい時間であった。

出典: uchii250さんの口コミ

いろは亭

3.54

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: -

いろは亭 - 間口は狭いけど…

地域に密着した人気店だという「いろは亭」。うなぎにすっぽんといった、滋養ある料理を楽しめるそう。中野駅北口から徒歩5分の場所にあります。

酒瓶がずらりと並ぶ店内となっており、お酒の充実度も高いと評判だとか。

メニューに並ぶ料理には、名産地として知られる愛知県産のうなぎが使用されています。

「うな重」は松竹梅と3段階の構成で、どれもお新香とお吸い物がついてきます。焼き目がついていて、香ばしそうですね。

うなぎ1尾を丸々串に通して焼き上げたメニューという、「まむし焼き」も注文してみましょう。インパクトのある見た目ですね。

カリッとした表面に対し、内側はとてもやわらかな肉質なのだとか。

中々行けなかったこちらのお店に訪問。地元の方中心で入りづらいかと思いきや、気さくなお店の方々が向かい入れていただきました。ビールもキンキンに冷えており、鰻の串盛りもお得で、更にうな重も、ふわふわの江戸前の蒸らした調理法で、鰻の美味しさを改めて発見しました。また伺わせていただきます。

出典: uchii250さんの口コミ

・白焼き(関西風) 
こちら、白焼きが焼きだけの関西風と蒸して作る関東風が選べます。かば焼きは関東風の蒸したものが好きだけど白焼きはパリッと関西風が好きです。わさび醤油でいただくと、シアワセが訪れます。

出典: おたふくみかんさんの口コミ

三河屋

3.43

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

昭和23年から、長きに渡って中野で親しまれる寿司店「三河屋」。中野駅南口から徒歩3分の場所にあります。

店舗の2階~4階は、大人数で利用できる完全個室が11室あるそうです。グループでの利用も楽しめそうですね。

三河屋

豊洲市場から仕入れる鮮魚、秘伝のタレが肝といううなぎ料理が人気です。

こちらは高コスパと好評の「うなぎ定食」。お得なランチにも関わらず、肉厚なうなぎが3切れも使用されています。

旬を迎え脂がのった海の幸を楽しめる、「ちらし定食」も試してみましょう。マグロなどの魚介はもちろん、かぼちゃなどの野菜も盛り付けられています。

新鮮な海鮮ネタの数々を、満喫できるそうですよ。

・うなぎ定食
大きな3切れのうなぎが載せられたお重。木の芽がキレイ。串打ちされて柔らかく蒸されて、しっかり焦げ目もあります。これは、関東風と関西風のいいとこ取りをした浜松風かな?と思いましたが、どうでしょう?ランチなのに、お吸い物はきちんと肝吸い。しかも肝は少し炙られていて焦げもまたオツ。

出典: Nar127さんの口コミ

・ちらし寿司定食
こちらのちらし寿司は酢飯とネタが別の器に入っているのが特徴で季節の魚が美味しいです。特に気に入ったのが、ねっとりとしたイカ、白魚、蝦蛄、マグロ等かぼちゃの煮物、卵の入ったお味噌汁も満足度が高いです。

出典: カメさん7さんの口コミ

宇奈とと 中野店

3.09

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

宇奈とと 中野店

「安い・早い・旨い」をモットーに、高品質低価格なうなぎ料理を提供しているお店「宇奈とと 中野店」。中野駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

店内にはカウンター席が並び、昼夜問わず活気ある店内だとか。2階席もあり、混んでいてもスムーズに入店できるそうです。

宇奈とと 中野店

「うな重」や「うな丼」など、備長炭で香り高く焼き上げたうなぎ料理をリーズナブルに味わえるそうです。

国産米から本醸造醤油使用のタレまで、素材1つ1つにもこだわりが光ります。

中野店と北千住店でしか食べられない「うなめし」は必食とのこと。細かく刻まれたうなぎと海苔が丼に散りばめられた1品です。

ガッツリとスタミナをつけたい人は、「うなめし ギガ増し+」もおすすめです。

・ひつまぶし
知り合いの間で話題になってたので来店しました。店内は、少し狭めの和食屋さんの雰囲気。ひつまぶしを注文しました。うなぎはしっかり柔らかく、だしもとてもおいしくて、それでいて値段は安くてとてもびっくりしました。とても満足できたので、また利用したいです。

出典: 如月透さんの口コミ

宇奈とと中野店』が一番好き。鰻はいつも焼きたてが運ばれ、皮パリ身ふわふわアツアツ、高級店と比毛をとらない。スタッフ同士の私語一切なし、店内がビシッと清潔、仕事のコミュニケーション完璧、スピーディーな対応、客とのいい距離感の接客。

出典: tomyam11215512さんの口コミ

中野区内その他エリアにあるうなぎの人気店

うなぎ串焼き くりから 東中野店

3.46

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: -

うなぎ串焼き くりから 東中野店

串焼きからお店オリジナルメニューまで、多彩なうなぎ料理が集う「うなぎ串焼き くりから 東中野店」。東中野駅から徒歩4分の場所にあります。

カウンター10席とテーブル12席が並べられています。昔ながらの雰囲気も親しみが持てるそうです。

うなぎ串焼き くりから 東中野店

定番の「くりから焼き」から数量限定の「レバー」まで、多数の串焼きを楽しめます。

「くりから」はうなぎの半身を串に巻いた1品です。噛み締めるほど旨味もあふれ出すそうですよ。

とろとろになるまでじっくりと蒸し焼きされた、関東風の味わいを楽しめる「まむし焼」。

わさび醤油と相性抜群の「まむし焼(白)」。甘いタレに絡めて堪能できる「まむし焼(黒)」と、2種類の味があります。

鰻は鰻でもこちらは串。部位ごとに楽しめる、エンターテイメントだと思っています。ほぼ一通り食べて、リピートは「くりから」「皮」「骨セン」「短冊」(笑)まむし(白)も美味しかった~。湯引きも初めて食べました。お高めだけど、美味しかった。鰻本来の甘みが感じられました。

出典: せらしーんさんの口コミ

キモにバラ、臭みなど無縁の美味さ、続く短冊タレは西で食べる美味しい鰻に近いですよね。対するマムシ焼きはよく蒸しで柔らか、関東風鰻の美味さといったところでしょうか、こちらは塩ワサビで。バラポン酢、苦味と酸味が絶妙のおつまみです!鰻重もいいけど、鰻を本当に味わうなら美味しい鰻串、最高ですね。

出典: muchosさんの口コミ

上州屋

3.18

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: -

中野区野方にある、うなぎ料理をはじめ、多種多様なおつまみ料理も提供されているという「上州屋」。西武新宿線・野方駅から徒歩4分の場所にあります。

暖簾の先には、全10席のカウンター席のみが並んだ静かな空間が広がっているそう。喧騒を気にせず食事をしたい人にも最適だとか。

こちらの「うな重」は、注文したい名物とのこと。表面の照りと輝きは、見ているだけで食欲が刺激されるのだとか。

甘さ控えめなタレも、うなぎの美味しさを際立たせているそうです。

上州屋 - 白焼き 写真を見ればわかりますね。
残念です。

ふっくらと蒸し焼きされた、こちらの「白焼き」もお酒が欲しくなるメニューと評判です。

白焼きはシンプルな味付けが特徴とのこと。素材本来の美味しさを味わえるのだとか。

ここの中心の素材は鰻。大半の客が注文する鰻重は抜群の味。価格も大で2,900円と廉価。しかしながらその味は超一流。長年、使い込んで短くなった江戸型鰻包丁による鰻捌きは実に職人仕事として美しい。一見の価値がある。またここの白焼きもまた極上。

出典: HARD&LOOSEさんの口コミ

最後にお待たせしましたとばかりにうな重の登場です。ふわふわのうなぎは箸を当てるだけで切れて年季の入ったタレに絡めた御飯と一緒に頂くと最高です。山椒のピリ辛感とうなぎ、御飯の組み合わせ・・・思い出すだけでもよだれもんです。多少日によりうなぎにばらつきあるのもこだわりゆえですね。

出典: すずしさんの口コミ

さ和乃

3.11

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: -

さ和乃

中野区若宮にある、うなぎと天ぷらが看板メニューという「さ和乃」は、アットホームな和食店とのこと。西武新宿線・野方駅から徒歩5分の場所にあります。

店内にはカウンター5席に座敷10席があるのだとか。落ち着いた雰囲気が漂う、居心地良い空間なのだそうです。

さ和乃 - うな重 中

脂がのった愛知県一色産のうなぎを使用した「うな重」が名物だとか。

並・中・上の3種類のうな重から選べるそう。お得に楽しみたいなら並、少し奮発したい時には上を注文してみると良いとのこと。

さ和乃 - 天重(上)

ふわりとした食感のうなぎとはまた異なる、サクサクとした食感が堪らないという「天重(上)」。

車海老2尾とイカ大葉巻き、きすなど、旨味が閉じ込められた天ぷらはどれも絶品だとか。

うなぎは愛知県一色産、冬が旬とのことなので、前に来た夏の時より油が乗ってるかな♪ 少し待って、きました、うなぎ☆香ばしくて美味しい、3300円で上鰻重が食べられるなんて良心的、きもすいのキモが太くてちょっと嬉しくなる。

出典: Ж‡菊籬‡Жさんの口コミ

うな重はきっちり1匹分の蒲焼が敷き詰められてます。テッカテカの照り焼きみたいに光ってて、食欲そそります。皮目に弾力があっていい感じ、身は柔らかくて美味しい。タレが甘からず辛からず、濃からず薄からず、ちょうどいい塩梅でした。やっぱり肝吸いが付くのはいいね。

出典: ミッポTさんの口コミ

すが原

3.08

夜の金額: -

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

すが原

中野の閑静な住宅街に佇む、「すが原」。中野新橋駅から徒歩6分ほどの場所にあります。

座席は小上がり席とテーブル席があるそうです。風情ある木造の空間で、ゆっくりとくつろげるそうですよ。

すが原

食欲をそそる飴色に焼き上げられた「鰻重」が人気だとか。お新香とお吸い物もセットとのこと。

タレは甘さ控えめな仕上がりで、うなぎ本来の繊細な味わいをより強調してくれるのだそうです。

すが原

多彩な調理法でうなぎの美味しさを引き出した、多数のおつまみ料理も用意されているそう。

こちらの「鰻巻き」もその1つとのこと。ふわりとした卵焼きとうなぎの相性が良いそうで、お酒も進む美味しさなのだとか。

すが原の鰻は骨までふっくらしてて、甘すぎないタレが絶品です。代々木在住ですが、鰻はいつもこのお店まで食べに行きます。住宅街にある隠れ家的な鰻の老舗で3代目が頑張ってます。注文してから焼くみたいなので時間がかかるため、予約してから行く事をお勧めします。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13012825/dtlrvwlst/B422254912/

こちらの蒲焼きは、かなりふんわりふっくらとしている。また、それでも、やはりご飯にのせたときとは違う。ご飯にのせたときのまろやかさも、あれはあれで実に美味しいが、蒲焼きを単体で食べるときはいかにも野趣溢れた川魚料理といった風情がある。脂ののりも程よい。タレの塩梅も、辛すぎず甘すぎず絶妙である。

出典: bushuさんの口コミ

うなぎ川野

3.08

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

中野区上高田にある、極上のうなぎ料理を食べられると評判の「うなぎ川野」。国産うなぎを惜しみなく使っているのだとか。

全10席のテーブル席とカウンター席がある、コンパクトな店内とのこと。

うなぎ川野

お新香とお吸い物がセットの、こちらの「うな重」が人気とのこと。

うなぎは捌きたてが使用されているそうです。口の中でホロリと崩れるやわらかさだと絶賛の声も多いとか。

うなぎ川野

鶏肉とうなぎの「二色丼」や「うな玉丼」まで、ランチでは各種丼ものも充実しているそうです。

また、「肝焼き」など、うなぎ通をも唸らせる1品料理も提供されているとか。

鰻はふわふわだった。滅茶苦茶柔らかかった。鰻その物を最近食べて無かった所為も有り、一寸感動すら覚えた味わいだった。

出典: 月姫パパさんの口コミ

待っていると、お料理きました。綺麗な重箱に入った登場してきて、期待大!開けてみると、期待以上のボリューム!!しかも、国産ということでした。一口。。美味い・・・何でしょうこの形容し難い柔らかさ。一流アスリートが、十分すぎるほどに柔軟体操した的なほぐれ具合。鰻界のアスリートを新井薬師に見た気がしました。

出典: シュレディンガ〜さんの口コミ

川廣

3.07

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

川廣

中野区沼袋にある、国産うなぎの美味しさを存分に堪能できると人気の「川廣」。店内は、シンプルで清潔感のある空間が広がっているとか。

1階は小売店で、2階はテーブル席がいくつも並べられた食事スペースとのことです。

川廣 - うな重(1.5串版)

「うな重」は、甘いタレと絶妙な火加減に定評があるそう。こちらでは国産うなぎが使用されているとか。

ご飯が隠れるほど蒲焼が重箱に敷き詰められ、満足感も高い1品と言われています。

川廣

うなぎの風味と独特の食感が病みつきになるという、「えり焼き」。

食べた瞬間、パリパリとした口当たりを楽しめるとか。同時にうなぎの旨味も口いっぱいに広がるそうです。

鰻は愛知県産の良いものを使っているとの事。卸値が高くなってもこれだけは譲れないとの事。鰻専門店の維持を感じた。蒲焼は厚みはないけど柔らかい食感で焦げのパリッとした食感もある。

出典: 美味B級さんの口コミ

沼袋駅北口にあるこちらを訪問です。店内でも食べられますが、今回はテイクアウトで「えり焼き」をオーダーしました。その場で焼いて、鰻のタレ付きでサーブです。おまけで4本入ってました。パリパリしたえり焼きで、鰻の風味がかじられます。

出典: hoshi10さんの口コミ

中野区周辺(荻窪駅・西荻窪駅方面)にあるうなぎの人気店

安斎

うなぎ百名店2019選出店

3.76

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

秀逸なうなぎ料理の数々を味わえるという、うなぎ専門店「安斎」。熟練の職人技によって丁寧に調理されているとか。荻窪駅から徒歩4分の場所にあります。

1階はテーブル1卓、2階には座敷席3卓の計4卓で、こぢんまりした座敷スペースとのこと。

安斎

芳醇な香りが食欲を刺激するという、「うな丼」。人気の一品とのことです。焼き目が美味しそうですね。

濃厚なタレも相まって、ぺろりと完食してしまえる美味しさなのだとか。

うなぎの蒲焼が重箱に敷き詰められた、こちらの「うな重」も好評なメニューとのこと。

表面はパリッとした食感で、中はフワフワして厚みがあるのだそう。こちらは前日まで要予約のメニューだとか。

タレの色合いが艶やかで綺麗な焼き色、大きめの鰻。香りと見た目だけでやられてしまいます。そんな鰻重を食べます。重箱の角からご飯と一緒に鰻を運びます。ご飯の熱さと共に鰻のふんわりと仕上がった感じがきて、その後この鰻の優しい風味と甘味が控え目なタレの味わいがきます。

出典: yamay630さんの口コミ

まずはひれ焼き。うなぎ15匹分の尾びれと背びれを使用しているとのこと。まずひと口、とんでもなく柔らかい。こんなひれ焼きは初めて。これは他も期待が持てます。次は白焼き。塩と山葵が添えられています。塩で頂くのが良いとの事。これはフワフワ。とっても柔らかい。

出典: Yuta Ikeさんの口コミ

川勢

3.74

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

川勢

絶品うなぎ料理を味わえるという「川勢」。店主はうなぎの名店で修業して、経験を積んだとのこと。荻窪駅北口から徒歩3分の場所にあります。

1階にはカウンター席が、2階は大人数でも利用しやすいテーブル席と座敷席があるそうです。

川勢

お昼から豪勢にうなぎを満喫できるという、ランチサービスの「うな丼」。

うなぎの身は、甘めとタレと優しい口当たりだとか。リーズナブルな価格で本格派な仕上がりとのこと。

こちらの「れば焼き」をはじめ、酒の肴にも最適なうなぎの串焼きも多数あるとか。

串焼きは絶妙な火加減で余分な脂が落とされ、濃厚でありながらも食べやすい味わいとのこと。

先ずはひと通り串物を。うっ、美味しい。美味しいよ。濃いめで甘めのタレも最高。串物は余分な脂が落ちているので、うなぎの脂が苦手な人でも楽しめると思います。なんでも美味しいけど、八幡巻きが好きかな。ゴボウに鰻が巻きついてるヤツね。旨い旨いと食べて、キモ刺しとホネも頼んじゃう。コレは日本酒だな。

出典: お酒とワンコさんの口コミ

昼から串焼きの注文も可能らしく、隣に座った二人組の地元マダムは昼飲みを楽しんでいますが、やはり人気はランチサービスのうな丼(1400円)※ お吸い物、キャベツと胡瓜の浅漬け付き。注文が入ってから蒸しおきの鰻を本焼きし15分ほどで着丼。艶やかな焼き色で ‘’美味しいオーラ‘’ 全開!

出典: small-beautiful-fieldさんの口コミ

東家

3.64

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

東家 - 店内

絶妙な焼き・蒸し加減で調理したうなぎ料理を提供しているという、「東家」。国産のうなぎを使っているそうです。お店は、荻窪駅から徒歩3分の場所にあります。

店内は畳座敷席やテーブル席が用意された、落ち着きある和空間が広がっているとのこと。

東家 - うな重 極上

「うな重 特上」はじっくり時間をかけて調理し、うなぎの旨味を引き出したという1品です。

うなぎ本来の旨味がしっかりと引き出されているとか。脂も適度な塩梅で食べやすいそうですよ。

東家

シンプルなうなぎ本来の美味しさを楽しむなら、こちらの「白焼き」もいち押しとのこと。

甘辛いタレで味わうのも良いですが、淡白な「白焼き」も奥深い味わいがあるそうです。

白焼きはあっさりとしており炭火焼の香ばしさと相まって非常に食べやすく美味しい。うな重もやはり炭火の香ばしさ、フワッと仕上がったうなぎ、甘すぎず濃すぎず非常に美味しいタレ、固めに炊き上げたご飯がちょうど良い。

出典: ももMAMAさんの口コミ

20分ほど待つとかば焼きを焼いている香ばしい匂いが漂ってきます。さらに5分ほどで料理が運ばれました。うなぎは東京流でふわふわした触感。たれは鈍重な感じではなく、甘さを抑えたあっさり目というかんじ。量も十分で、とてもおいしいうな重です。

出典: JPMさんの口コミ

うなぎ割烹 柏家

3.35

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

うなぎ割烹 柏家 - 【2020年9月22日】『柏家』さん。

西荻窪にあるうなぎ専門店「うなぎ割烹 柏家」。愛知県産三河一色産の高級うなぎを使用しているそう。うなぎは身だけでなく、皮もやわらかいのが特徴だとか。

素朴な和の趣がある店内は、ほっと一息つける雰囲気とのこと。

うなぎ割烹 柏家 - ランチ うな丼 1800円

ランチメニューに、「ひつまぶし」と数量限定の「うな丼」の2種類が提供されています。

「うな丼」のうなぎはパリッと焼かれ、タレとご飯との三位一体の味わいを楽しめるそうです。

うなぎ割烹 柏家 - オープン・ザ・蓋~!

名古屋めしでも有名な「ひつまぶし」は、1品で3通りの食べ方ができるメニューです。

最初はタレで直接食べ、次に薬味、最後はだし汁をかけてお茶漬け風にして食べるとか。

15分ほど待つと頼んだ『うな重』が登場。もう見るからに旨そうで贅沢である。いただくと。うなぎの身は、ふっくらしていて脂がのり上品。その、秘伝のタレがかかった『うなぎ』はもう箸が止まらない美味しさ。1口目は王道のシッポから食べ。2口目からは、重箱を持ってカッコみ始め豪快に完食。

出典: kaneko。さんの口コミ

出てきた丼の蓋をとると、意外に大きなうなちゃんが乗っかっていた。ランチ丼ということで、もっと小さなものを想像していたのだが、良い方に裏切られた。香りもいいし、見た目もきれいに焼けている。裏側を確認したら、裏も良く焼いてある。なかなかいい感じ。うなぎはある程度歯ごたえがあって、しかも厚みもある。

出典: ミヤマヤさんの口コミ

大和田 西荻窪店

3.29

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

大和田 西荻窪店

うなぎ店「大和田 西荻窪店」は昭和37年の創業とのこと。長い間、地元民から愛され続けるお店だとか。

友人との食事でも利用しやすい畳座敷席もあります。気に入ったメニューがあれば、テイクアウトや出前もしてくれるそうです。

大和田 西荻窪店 - 【2021年1月8日】御新香、茶碗蒸し、汁物、小鉢付き『うな重定食』1800円(税込)。

ランチタイムには、各種うなぎ定食が用意されています。良質なうなぎをリーズナブルな料金で味わえるそうですよ。

「うな重定食」は、茶碗蒸しに小鉢、ご飯にお新香まで付くそう。

こちらの「うな玉丼」は、うなぎとゴボウを玉子でとじたメニューです。玉子がうなぎを覆っていますね。

玉子の濃厚さと繊細な出汁の旨味も感じられるとか。非常に上品な味わいだと評判とのこと。

昭和の香りもする『大和田』さん。この手の鰻屋さんは今となっては貴重。その貴重な鰻屋さんのうな重が、1800円からいただける。これはもう幸せの一言につきる。もちろん自分の親も大好きな、『うな玉丼』1000円もお勧めです。いただいた『うな重定食』とても美味しかったです。ご馳走さまでした。

出典: kaneko。さんの口コミ

ランチは前々から決めていたうな玉丼1,000円(税込)。一人目のお客だったからか、あまり待たずに提供されました。うな玉丼にはうなぎと卵のほかに、ゴボウが入っています。甘くてお出汁を感じられるかなり上品なお味。これが1,000円で食べられるのすごい……。

出典: にゃんもらさんの口コミ

荻窪宮川

3.20

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

荻窪宮川 - 座敷席

昭和35年創業の歴史あるうなぎ店、「荻窪宮川」。先代から引き継いだ秘伝タレの、絶品うなぎを味わえるそうです。

和の情緒漂う店内は、時間の流れがゆっくりと感じられるそう。穏やかな雰囲気の空間が広がっているのだとか。

荻窪宮川 - 鰻重(月)

こちらの「鰻重」はやわらかく蒸された身と、食欲を刺激する焼き目が特徴とのこと。「鰻重」は評判の名物料理なのだそうです。

また、「白焼き」や「うまき」といった1品料理も揃っているとか。

うなぎ料理は単品以外にも、コース料理でも提供されています。

例えば「鰻重コース 梅」では鰻重をメインに、酸味が絶妙な「うざく」や「肝吸」も一緒に味わえるそうですよ。

蒲焼き、白焼き、きも焼き、うまきなどのお決まりのうなぎ料理の他にも、だし巻き玉子、柳川鍋など、お酒に合う一品料理も豊富です。ご飯ものもカツ重や親子重まであります。うなぎ以外の一品料理をつまみにしてお酒を飲んで、最後にうな重で〆る。そんな贅沢が楽しめるお店です。ランチのうな重はCPが高く、お勧めです。

出典: 黒兵衛太さんの口コミ

平日の夜、19:00時頃行ってみました。先客は数組、なかなかお客さんが居る様子です。店内は、お座敷席とテーブル席が半々位、以外に店内は広い。典型的な近所にある鰻屋さん的な雰囲気で、多分ならご家族で営まれているのか、家庭的な空気が流れています。

出典: スパースターさんの口コミ

中野区周辺(高円寺駅・阿佐ヶ谷駅方面)にあるうなぎの人気店

小満津

うなぎ百名店2019選出店

3.69

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: -

小満津

アラカルトからコース料理まで、様々な角度からうなぎ料理を体験できるお店「小満津」。お店は、東高円寺駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

こちらは完全予約制とのこと。会食や記念日など、特別なシーンでの利用にも最適なのだそう。

多彩な料理でうなぎの奥深さを体験できる、コース料理が人気なのだそうです。

「シェアコースB」では「うな重」をはじめ、お通し3点盛りからデザートまでたっぷりと堪能できるとか。

コース料理では「うざく」や「うまき」、「白焼き」など1品料理も逸品が集まっています。

また、「肝臓」や「きも焼き」など串焼きメニューもアラカルトで注文できますよ。

・うな重
うな重をいただいた(4800円、税別)。予約をしていったが、10分ほど待って出てきた。ふたを開けると、ウナギの芳醇な香りがする。大ぶりのものが2枚。薄い飴色で焼邑がまったくない。焦げもなく素晴らしい焼き加減。たれは相当のあっさり。ウナギの味を引き立てる薄味で好み。

出典: おか丼さんの口コミ

我々、軽めのコースを予約して訪問しましたが、うな串を勧めていただきヒレと肝を追加。前菜のあと、さっそくうな串登場。素材の良さを感じる上品なうな串。そしてうまき。甘めの玉子焼きに包まれた蒲焼きはふかふか。これはうな重が楽しみになりますね。

出典: muchosさんの口コミ

稲毛屋

3.47

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

うなぎ料理に焼鳥、どじょう料理まで楽しめるという、南阿佐ヶ谷駅近くにある「稲毛屋」。お酒を飲むのに最適なお店だとか。

店内は幅広い客層で賑わう、広々とした空間とのこと。また、商店街通りに面した店舗1階は、テイクアウト専門の焼鳥屋なのだそうです。

「うなぎ重 菊」は高級志向のメニューとのこと。脂がのった良質なうなぎを使っているとか。

うな重は「菊」の他にも、よりリーズナブルな料金で味わえる「梅」・「松」もあります。

稲毛屋 - うなぎの肝串

「うなぎの肝串」は、人気のおつまみ料理とのこと。ほのかな苦味がクセになるとか。

他にも各種焼鳥も用意されているので、日本酒やハイボールと一緒にオーダーするといいかもしれません。

もちろんうな重にしましたよ!店内はそこそこ入ってる中、わりとすぐに運ばれてきました。繰り返しますが、タレ、身、米の硬さ、ボリューム、どれも満点近い味でした。なかなか用事のない街ではありますが、近くに寄ったり行く人があれば是非ここを!鰻が高いこのご時世にコスパもいいですよ!

出典: しがない会社員さんの口コミ

ご飯は和ら過ぎず、固すぎず、丁度良い固さ。肝心のウナギですが、ふっくらと柔らかく、香ばしさもあってとても美味しい。タレも甘すぎず、しょっぱすぎず、絶妙。テーブルにはウナギのタレが置いてあるので足りない人、ごはんにかけたい人は是非。セットについてくる肝吸い(竹梅は普通のお吸い物みたい)は美味しい!

出典: 味付け玉ちゃんさんの口コミ

阿づ満や

3.45

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

阿づ満や - お店

阿佐ヶ谷駅目の前という好立地にある、一軒家のうなぎ料理店「阿づ満や」。

カウンター席にテーブル席、小上がりまで様々な座席があるそうです。宴会やランチなど、シーンに応じて柔軟に利用できますよ。

阿づ満や

「うな重」はふっくらとした関東風のうなぎを、熱々のご飯と一緒に堪能できるという1品です。

並〜特上の4種類が用意されており、お腹の空き具合や予算に応じて選べるそう。

いつもとテイストを変えたい時は、こちらの「親子重」もおすすめとのこと。

弾力ある鶏肉と甘く濃厚な玉子の調和が堪らないのだとか。また、肝吸とお新香もセットで付くそうです。

「きも煮」がおいしかったですね。うなぎの肝の醤油煮なのですが、生姜もきいてて肝の苦味が上品な甘辛に出来上がってました。うな重は炭焼きなのでしょうけどきれいに焼けてます。身もふっくらしていて、たれも甘すぎず味に締まりがあります。うなぎの下にあるごはんは最後まで熱々なのもさすがです。

出典: しょぼん玉さんの口コミ

鰻重上(4300円)を注文。30分弱で運ばれてきた。もちろん、ふっくら柔らか関東風で、タレの味は辛め。肝吸いの他お新香が付くが、全て自家製とのこと。平均的な鰻屋と比べるとお新香の種類、量ともに豊富だが、全て塩分控えめなので気にならない。鰻店だが野菜も食べた感があった。

出典: 北太さんの口コミ

※本記事は、2021/03/02に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ