厳選・燕系豚脂ちゃっちゃ「醤油ラーメン」

厳選・燕系豚脂ちゃっちゃ「醤油ラーメン」

定義1 スープは煮干しダシのきいた豚骨のほぼ乳化しないあっさり系。定義2 16番以上の太麺か平打ち。伝統的スタイルは茹で置き。定義3 タレ醤油ベース。定義4 全体に豚脂がかかる。老舗は背脂ではなく腹脂が多い。定義5 薬味は玉ねぎみじん切り。

キーワード
ランチ
醤油ラーメン
新店
駐車場あり

更新日:2017/09/09 (2016/07/16作成)

5668view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟五大ラーメンの二番目に挙げられるのがこれだ。洋食器産業の最盛期だった燕の職工さんたちに、出前が届いても忙しくてすぐに食べられないため「のびにくい」太麺、「冷めにくい」豚脂でふたをしたスープでおいしく食べてもらおうと工夫したラーメンだ。ちなみに「背油ちゃっちゃ」は、東京環7で人気店だった「土佐っ子」があみだしたもので、燕の豚脂ちゃっちゃとは別物だ。燕の老舗のラーメンには、背脂よりもむしろ腹脂が使われている。

福来亭 白山町店

Clear

スープも麺もひと味違う。伝統的な味と現代的な旨みとのバランスが良い。「福来亭」という元祖の店名を受け継いだお店。

龍華亭

Clear

燕の洋食器職工さんのために開発された「のびにくい麺、冷めにくいスープ」を今に伝える直系店。店舗は移動したが、味は昭和のまま。

杭州飯店

Clear

今や全国区となった総本山。週末は県外ナンバーの車が駐車場にぎっしり。豚背脂ではなく、融点の低い腹脂中心のちゃっちゃ系だということは、ラーメン好きなら常識。

酒麺亭 潤 燕総本店

Clear

おそらく日本で初めて、ラーメンに岩のりを合わせるという画期的なマリアージュを発明した松本潤一社長の「潤」グループ総本店。『一麺入魂』がスローガン。

鬼にぼ

Clear

すっきりした雑味のない煮干しダシで燕系をブラッシュアップしたニューカマー。煮干しの長時間煮だし「ニガにぼ」拉麺も数量限定で提供。

いこい食堂

Clear

三条の行列店。大油、中脂のいずれかを選ぶ。もちろん「油抜き」もオーダーできるが、だったらここに来るなよ。黙っていると中脂。

安福亭 本店

Clear

長岡市にあって燕・初代福来亭の流れをくむお店。玉ねぎではなく、長ネギのトッピングだが、その長ネギが入れ放題サービスなのは有名だ。

中華 めんきち

杭州飯店ののれん分け店。額が飾られている。ただし、初代が急死したため、奥さんが記憶を頼りに復活させたお店のため、燕系とは少々違う組み立てのラーメンになっている。こってり系の人気店。

らーめん 勝 今町店

Clear

一定期間は潤のフランチャイズ店だったが、修業期間を終えて独立。玉ねぎトッピングにするなど燕系へ先祖返りしている。煮干しだしの旨さは特筆もの。チャーシューにもこだわっている。

成龍

Clear

醤油味強めに仕上げた燕系ラーメン。醤油の塩味だけでなく、旨みや酸味まで生かし切った、醤油だれのスペシャリスト。標準仕様の玉ねぎに加え、長ネギをどっさりトッピングする「ネギラーメン」が人気。

まつや食堂

Clear

家族経営の人情食堂。丼物などもあるが、「燕豚油系ラーメン」の提供店としても屈指の良店。背油がやや控えめで、スープの味もまろやか。燕系ラーメン体験の初心者向け、または超上級者向け。

麺屋はる

Clear

燕系豚油ちゃっちゃの新店だが、何と醤油だれと塩だれの二枚看板でオープン。燕系のラーメンを塩味にしたらどうなるか、興味のある方はぜひご来店を。

麺屋 極一

Clear

新潟市でも何店か燕系を提供する店があるが、こちらもその一つ。燕系リスペクト店だけに、オリジナルとはちょっと解釈の違うところもあり、その差異をさがすのもマニアの楽しみ。

中華そば こころ 市役所前店

Clear

 新潟市役所の近くに店を構え、燕系ラーメンを提供している。デロデロ麺、シャキシャキ玉ねぎみじん切り、豚脂ドシャーッ。基本のスープは煮干しダシがぐっときいた、意外にもあっさりスープ。まさに、定義通りの一杯。

※本記事は、2017/09/09に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ