讃岐うどんの旨い店 (西讃地域)

出典: 食道者さん

讃岐うどんの旨い店 (西讃地域)

うどん県香川県下には沢山のうどん店があります。うどん好きの私としてはうどんを食べれば美味しく思うのですが、特に美味しいより上の基準にしている旨いうどんが食べれるお店があります。それが不定期なれど、不定期的にうどんを食べに行くお店です。これはまとめと言うよりも、旨いうどんだと思ったうどん店の記録です。

キーワード
インスタ映え

記事作成日:2019/09/22

1066view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べに行けば必ず満足しています。お店は50音順です。

西讃(せいさん)は、香川県(讃岐)の西部地域です。まとめでは西讃地域の範囲として、三豊市、観音寺市を入れています。

大喜多(手打ちうどん 大喜多)

大繁盛のお店で、老若男女のお客さんで
店内はほぼ満席でした。
その殆どが地元のご近所さんのようで、
お孫さんを連れている様なお爺ちゃんや、
ご家族連れなどで賑わっていて、
地元の人気店なんだと思いました。

【ぶっかけ冷】
角がハッキリした食感の良い旨いうどんでした。ぶっかけ出汁は薄からず濃からずで、デフォで盛られていた天かすの油分が混ざっても美味しいさを保っていました。その天かすです。ぶっかけ冷には欠かせない薬味だと思います。うどんと共に口に入った時のサクサク感が最高でした。

【天ぷらうどん】
ここのうどんが旨いのはハッキリ憶えています。さて、天ぷらうどんになると、どんな味になるのだろうと思い食べました。当たり前ですが旨かったです。天ぷらうどんはかき揚げがのったうどんで、程好くほぐれたかき揚げがこれまた美味しいと思いました。

カマ喜ri【一般店】

うどん屋さんみたいな感じではない
うどん屋さんで、Cafeのような
うどん屋さんです。
旨いうどんが食べれるお店です。

国道11号線から側道へ入った所にあるお店です。
目印は出作町南交差点で、高松方面からなら
左折です。

【とり天うどん(かけ+とり天)】
うどんは私の基準で好みの太さで、角がはっきりした好みの硬さがある旨いうどんでした。昨今は細めのうどんが増えました。そんな中でこの太さは希少です。しかし、ただうどんが太いだけでは駄目で、コシ、硬さを伴わなければ美味しい若しくは、旨くありません。カマ喜riさんのうどんは心底満足出来るうどんでした。かけ出汁も旨い味でした。うどんが太いのでしっかりした味でないとうどんに絡みません。いい感じにかけ出汁がうどんに絡み旨いなぁと思いました。とり天はむね肉で小ぶりでした。とり天うどんやとり天ぶっかけ冷で食べるなら丁度良い大きさだと思います。好きな揚がり加減で、旨いとり天うどんとして成立していました。

【とり天ぶっかけ冷(ぶっかけ冷+とり天)】
うどんは私好みの太めで、はっきりとした角がある見た目にも旨そうなうどんでした。コシと弾力が半々くらいで硬さもある…久しぶりに食べて以前よりも数倍旨いうどんになっていると思いました。ぶっかけ出汁も旨い味でした。太めのうどんなのではっきりした味でないとうどんに絡みませんが、完璧に絡み旨かったです。とり天はサクッと揚がっていてぶっかけ出汁との相性も良く、とり天ぶっかけ冷として旨く成立していて満足出来ました。

【肉うどん】
うどんは私の基準で太めで、好みの硬さがあって粉の風味を感じる美味しいうどんでした。かけ出汁は好きな味の濃さで、太めのうどんに美味しく絡んでいたと思います。うどんが太めの場合のかけ出汁は、味がしっかりしていないと全体的に味がボケると言うか薄く感じます。カマ喜riさんのうどんはそんなことなく美味しく食べれました。肉は程好い甘さで量多めでした。玉スラが入っていたので玉スラと煮込まれているのだと思います。

【かけそのまま】
少し平たさのあるうどんでしたが、好みの硬さがある喉越しの良い旨いうどんでした。かけ出汁も旨かったです。

喰回(うどん 喰回)【一般店】

太めのうどんに美味しい味のかけ出汁、
肉系も天ぷらうどんも美味しいお店です。

【肉うどん】
うどんは私好みのやや太めなうどんで、コシも硬さも丁度良い旨いうどんでした。かけ出汁も旨くて半熟卵との味割合も良いと思いました。肉はかけ出汁で煮たようなあっさりした美味しい味でした。

【天ぷらうどん】
うどんは私の基準でやや太めで、超好みの硬さがある旨いうどんでした。かけ出汁も好きな旨い味でした。そこへ天ぷらの衣油分が加わり一層好きな味になりました。やはり木の葉型の天ぷらが盛られて…丼の上に置かれていました。だがしかしです。想定していた木の葉型のえび天とは異なり、なす、ピーマン、かぼちゃ、ちくわ、えびの天ぷらでした。

【おろし肉ぶっかけ冷】
うどんは私の基準で普通の太さで、角がハッキリした硬さと冷系ならではのコシを感じる旨いうどんでした。ぶっかけ出汁も旨い味でした。肉は程よい甘さで美味しかったです。

合田うどん【セルフ店】

私は県内にある数店のうどん屋さんへは
不定期なれど不定期的に行き
うどんを食べます。
その内の1店が合田うどんさんです。

【とり天うどん(かけ(イリコ出汁)+とり天)】
うどんが細くなっていました。前回もそんな風に思い、今回は更にそうお思いました。コシと硬さは健在で、捻りもある旨いうどんでした。かけ出汁はカツオかイリコかの2種類から選べます。讃岐うどんのかけ出汁といえば基本イリコなのでイリコを選びました。いい感じにイリコの風味を感じる旨い味でした。とり天はサクッと感がありました。サクッとした衣が徐々にかけ出汁にふやけて旨かったです。

【とり天ぶっかけ冷(ぶっかけ冷+とり天)】
旨いうどんでした。冷系で食べると特にコシと硬さを感じれます。ぶっかけ出汁はいい感じに全体をまとめていたと思います。とり天はもも肉だと思います。丁寧なお店なので白色のブヨブヨもなく美味しく揚がっていました。

【味噌豚ぶっかけ冷】
旨いうどんでした。太めなうどん、冷系ならではのコシと硬さは抜群に超好みでした。ぶっかけ出汁も旨かったです。酸味のある味噌と調和しているように思いました。豚はちと硬めでしたが、全体的には満足出来ました。

【味噌豚かけ】
旨かったです。私の基準では太めなうどんで、温汁系ですがコシを感じ、充分な硬さも感じる旨いうどんでした。味噌は少しずつ溶かして食べました。豚も調理の仕方で讃岐うどんに合うものです。玉スラもなめ茸もいい仕事をしていました。

【ぶっかけ冷】
旨かったです。完全なる好みのうどんです。角の立ち具合、コシ、硬さ共に来て良かった。食べて良かったと思えるうどんでした。ぶっかけ出汁も旨く、相性よくうどんに絡み全体的に申し分のないぶっかけ冷に思いました。

須崎(須崎食料品店)【セルフ店】

営業時間と営業形態が独特なお店ですが、
旨いうどんが食べれるお店です。

【うどん冷】
旨いうどんです。但し太めで硬めのうどんが好みの方向きです。ハッキリした角と、冷系ならではのコシが抜群に良いうどんです。かけるのは出汁醤油です。

【うどん冷+ちくわ天】
2018年讃岐うどんの食べ始めに食べました。

松ゆき(うどん 松ゆき)【一般店】

名店よしやさんに勤めていた方が
出店したお店です。

【讃玄豚のたまごとじあんかけうどん】
うどんは私の基準でやや細めのちと平ためで、食べ始めは弾力を感じて、中盤以降はキリッとした旨いうどんでした。あんかけの味がこれまた旨い味で旨いあんかけでした。かけ出汁が旨いのでとろみをつけても成立する旨さだと思いました。それと卵がいい感じでした。卵は別で火を入れていると思います。汁の中に入れた溶き卵のような状態ではありませんでした。なので存在感を保つ卵がいい感じにあんに馴染んで旨かったです。讃玄豚は柔らかい肉で食感が素晴らしいと思いました。讃玄豚を初めて食べたので詳しい良さを知りませんが、松ゆきさんが調理した讃玄豚は間違いなく旨かったです。うどんもあんかけ出汁も旨い。卵とじでは卵にひと手間。讃玄豚は柔らかく煮込み旨く仕上げている。真剣にもう一杯食べようかと悩んでしました。

【とり天ぶっかけ冷(ぶっかけ冷+とり天)】
うどんは私の基準でやや細めで、見た目が艶やかな食べて弾力を感じる美味しいうどんでした。ぶっかけ出汁も美味しい味で、イリコ風味を感じる味に満足し、うどんをすすりその食感に再度満足しました。とり天も美味しかったです。いい感じについた天ぷら衣がぶっかけ出汁に美味しく馴染みました。

【肉うどん】
冷系とは違う弾力を感じる美味しいうどんでした。かけ出汁も美味しく、ぶっかけ出汁よりもおろし生姜がいい感じに馴染みました。肉はあっさりした味付けで、柔らかく量多めでした。

三好うどん【一般店】

大好きなお店です。
行けば必ず旨いうどんが食べれて
大満足出来ます。

県道224号線岡本高瀬線からと、
県道35号線豊中三野線から側道へ入った
場所にお店はあります。

【とり天うどん(かけ+とり天)】
うどんは好みの太さで好みの硬さがある旨いうどんでした。硬さに捻りがあるのでうどん好きの私としては見ただけで食べる前からワクワクするうどんでした。うどんをすすりかけ出汁を飲んで更に満足しました。何かの風味が強く感じるかけ出汁でした。嫌な風味ではなく好きな風味で、進化なのか前からで私が今まで気づかなかったのか…いずれにしても旨いので満足出来ました。とり天もいい感じに揚がっていました。衣がサクッとしていたのでとり天うどんにして食べるには最高の揚がり具合でした。サクッと衣が徐々にかけ出汁によりふやけてこれまたいい感じでした。

【ぶっかけ冷】
大好みの太めで捻りのあるうどんでした。コシも硬さも申し分なしで、途中から卓上にあった天かすを加えて食べました。旨いぶっかけ冷とサクサクの天かすはよく合うと思います。好きな食べ方で満足度を倍増させました。ぶっかけ出汁は太めのうどんに絡む旨い味でした。

【肉ぶっかけ冷】
うどんは最高に好みだった頃と比べると幾分細くなりましたが、私の基準ではやや太めでコシと硬さがある旨いうどんでした。ぶっかけ出汁もいい感じの旨さでした。このうどんにこのぶっかけ出汁…だなぁとか、ですねとかと一人思いました。うどんが太めな場合に出汁の味は重要です。かけ出汁でもぶっかけ出汁でもしっかりした味でないと太めなうどんには絡みません。肉はあっさり系の甘めな味で、好みから言えばここもしっかり味が良かったのですが、うどんもぶっかけ出汁も旨かったのと、三好さんがすることです。いつもと同じように満足出来ました。

【とり天ぶっかけ冷】
旨いうどんであり丁寧なうどんだと思いました。角があって捻りのあるうどんを食べて今回も大満足出来ました。ぶっかけ出汁はもう少し味が濃くてもいいかもしれません。とり天は進化の過程のような感じもしましたが美味しく揚がっていました。

【オリーブ豚ぶっかけ冷】
うどんは私の基準で太めで、冷系うどんなので充分にコシを感じ、硬さも伴う旨いうどんでした。ぶっかけ出汁も旨かったです。とり天ぶっかけ冷を食べた時とは若干違う味わいに思いました。オリーブ豚は甘さ控えめな味で、これはご飯や酒のあてなどにも合うだろうと思いました。

【かけそのまま】
捻りのあるうどんにはよくかけ出汁が絡みます。やはりうどんの旨さを知るにはかけそのままかぶっかけかなぁと思いました。

もり(本格手打ちうどん もり)【一般店】

三豊市詫間町から移転したお店です。
旨いうどんが食べれるお店です。

【肉ぶっかけ冷】
うどんはちと平ためでしたが太めなうどんで、冷系でなければ感じないコシがある旨いうどんでした。捻りもあるうどんで、ぶっかけ出汁との絡みがいい感じでした。ぶっかけ出汁は全体を〆るような味わいで、甘めな味の肉が混ざってもうどんとの調和を保たせる役割のように思えました。もりさんの肉は豚肉使用です。全体的には柔らかい食感ですが、豚肉特有の食感もあり旨かったです。

渡辺(手打うどん 渡辺)【一般店】

名店です。木の葉型のえび天を盛った
天ぷらうどんが有名ですが、
肉うどんも旨いです。

国道11号線沿いにあるお店です。

【肉うどん】
うどんは私の基準で普通の太さで、渡辺さんならではのコシと硬さのある旨いうどんでした。かけ出汁も旨かったです。こりゃ旨いなぁと思いながら飲みました。あっさり系の味の肉も旨く、長ねぎの存在感もアリアリでした。私はうどんに卵は要らない派ですが、渡辺さんの肉うどんでは別です。半熟卵要ります派です。とろけた黄身がかけ出汁に馴染むと一層旨く感じます。うどん、かけ出汁、長ねぎ、半熟卵と、全体的に旨い肉うどんって感じでした。

【天ぷらうどん】
うどんにサックサクの衣が加わり一段と食感の良い旨いうどんでした。わかめもこの組合せに合っていて、時折感じる衣やうどんと違う食感のわかめが食べていて美味しいと思いました。

【炊き込み御飯】
見た瞬間に食欲のテンションが上がりました。”焦げめの部分もある!”これは炊き込み御飯ならではの旨さを味わえる部分だと思います。具もいい感じで炊き加減も好きな食感でした。炊き込み御飯を食べて旨いかけ出汁で追っかけると最高でした。

讃岐うどんの旨い店

Instagram

※本記事は、2019/09/22に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ