讃岐うどんの旨い店 (東讃地域・高松市 は~わ)

出典: 食道者さん

讃岐うどんの旨い店 (東讃地域・高松市 は~わ)

うどん県香川県下には沢山のうどん店があります。うどん好きの私としてはうどんを食べれば美味しく思うのですが、特に美味しいより上の基準にしている旨いうどんが食べれるお店があります。それが不定期なれど、不定期的にうどんを食べに行くお店です。これはまとめと言うよりも、旨いうどんだと思ったうどん店の記録です。

キーワード
名物
肉料理
駐車場あり

記事作成日:2019/12/18

1661view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる814の口コミを参考にまとめました。

食べに行けば必ず満足しています。お店は50音順です。

東讃(とうさん)は、香川県(讃岐)の東部地域です。まとめでは東讃地域の範囲として、高松市を入れています。※食べログ上では『このまとめ記事は食べログレビュアーによる千百数十件の口コミを参考にまとめました。』と記されていますが、それらを参考にはしていなく、旨いと思った讃岐うどんの記録です。

ひさ枝(手打ちうどん ひさ枝)【セルフ店】

3.61

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

香川県発祥の多店舗化店では
群を抜いて美味しいたも屋さんに
いらした方の独立店だそうで、
それを頷ける見た目が綺麗で旨いうどんと
揚げ物が食べれるお店です。

県道16号さぬき浜街道の郷東町交差点から
海の方向へ向かい、つきあたりを左折で
お店へ行けます。

【かき揚げうどん(かけうどん+えびかきあげ)】
うどんは私の基準でやや細めで、茹で立てのような食感のうどんでした。好みの弾力とコシを感じる旨いうどんで、ひさ枝さんのうどんはいつも旨いなぁと思いました。かけ出汁も旨い味でした。かき揚げの天ぷら油分が混ざっても味が薄まらないしっかりした味で、最後まで美味しく味わうことが出来ました。えびかきあげはえびとごぼうスライスのかきあげでした。薄くスライスしたごぼうの上に海老で、初めて食べたかき揚げでした。これがなかなかいい感じでした。かけ出汁にごぼうが馴染んで美味しかったです。

【とり天ざる(ざる+とり天バラシ)】
うどんは私の基準で細めに近いやや細めで、茹で立てだったので茹で立てならではの弾力と、冷系ならではのコシも感じる旨いうどんでした。つけ汁はうどんに美味しく絡んでいました。おろし生姜がより好みの味に仕上げ、とり天の天ぷら油分が一層美味しさを向上させました。とり天バラシ…よくぞ考えたものです。私には一口強のサイズのとり天で、10個くらいあるのか食べ応えがありました。

【とり天うどん(かけ+とり天バラシ)】
うどんは私の基準でやや細めですが、いさ枝さんならではのコシを感じる旨いうどんでした。やはり旨いなぁとすすり、そのうどんにいい感じに絡むかけ出汁を味わいました。かけ出汁におろし生姜が合います。一層好きな旨い味でした。とり天バラシは大活躍でした。前回も思った驚きの量…通常をバラしたらこの量なのか分かりませんが、小ぶりのとり天の量には今回も驚きました。旨いうどんとかけ出汁に、とり天が相性よく絡んでいました。それと酢醤油です。量が多いので数個を酢醤油用に残しました。とり天は酢醤油に合うと思います。うどんに入れたとり天を酢醤油に浸けるとこれまた美味しかったです。かけ出汁の汁を含んだ衣が酢醤油に美味しく合いました。

【とり天ぶっかけ冷(ぶっかけ冷+とり天バラシ)】
うどんは私の基準でやや細め、冷系ならではのコシと、そのコシの中に旨いうどんでしか感じれないもちッと感がありました。これは旨いと思い即喰いでした。ぶっかけ出汁も好きな味でした。うどんに美味しく絡んでいたと思います。そこへとり天バラシがいい感じに馴染んで美味しかったです。とり天バラシは量多めでした。支払いの際に酢醤油を奨められました。正解です。私はとり天を酢醤油で食べるのが好きです。量が多かったので、数個は酢醤油で食べました。旨いとり天でした。

【コロッケうどん(かけうどん+コロッケ)】
私にはやや細めのうどんですが、キッチリしたうどん…隙がないうどん…旨いうどんだと思います。温汁系なれどコシもありました。喉越しも良くかけ出汁との絡みもいい感じで、かけ出汁におろし生姜が混ざるとより好みの味になりました。そこにばらけたコロッケが加わり満足出来ました。コロッケは小判型でやや厚めなタイプでした。セルフ店さんのフライもの惣菜なので冷えていて当たり前なのですが、何と揚げたてでした。なので熱々のコロッケのコロッケうどんでした。いつもは冷えているのでかけ出汁により若干温められますが今回は熱々です。いつもとは違った味わいに思えました。

【肉うどん】
うどんは私の基準で細めで、はて?前回もこんなに細かったかなぁと思いました。細めのうどんでも旨いうどんだと思いました。喉越しの良いうどんにいい感じに絡むかけ出汁、肉は程好い柔らかさで量は多めでした。玉ねぎも嬉しい存在でした。

【唐揚げぶっかけ冷(ぶっかけ冷+とり竜田揚げ)】
うどんは私の基準でやや細めですが、冷系ならではのコシがある旨いうどんでした。うどんをより美味しそうに見せる盛り付けでした。丁寧な盛り付けは食欲が一層増します。ぶっかけ出汁はしっかりした味で、いい感じにうどんに絡んでいました。とり竜田揚げも旨かったです。若干の硬さはありましたが好きな食感で食べ応えがありました。竜田揚げと、しっかりしたぶっかけ出汁との絡みにも満足出来ました。

【かけそのまま+松茸】
以前に食べて美味しいと思ったうどんもかけ出汁も健在でした。松茸の風味を感じたかったので、松茸おにぎりの松茸をかけそのままに投入して食べました。若干ですが松茸の風味を味わえました。終盤は酢橘を搾りかけ出汁を飲みました。美味しい味で満足出来ました。

ふるかわ(さぬきうどん ふるかわ)【セルフ店】

3.66

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

大好きなうどんが食べれるお店です。
松下製麺所さんと合わせて、
私にとっては讃岐うどんの基本のお店です。

県道10号木太町札場南交差点から
高松市道に入り、八坂神社前の信号を
西へ進んだ所にあるお店です。

【ぶっかけ冷】
うどんが細めに変わってしまいましたが、以前の太めの時と同じ食感と味わいがありました。私は讃岐うどんのぶっかけ冷を初めてふるかわさんで食べました。その時の感動みたいなものを今でも忘れていません。ぶっかけ出汁も好きな旨い味で、今でもこの味が他のぶっかけ出汁と比較する際の旨さの基準になっています。今も以前のように太めのうどんであれば文句なしに一番のお店です。

【コロッケうどん(かけうどん+コロッケ)】
うどんは残念ながら以前より細くなってしまいましたが、好きな食感はそのままです。温汁系なれど程好いコシを感じる旨いうどんでした。ふるかわさんのぶっかけ出汁も好きですが、かけ出汁も好きな味です。好きな味のかけ出汁に美味しくおろし生姜が馴染みました。コロッケは楕円形で厚みがありました。好きな味のかけ出汁なので、馴染ます前から美味しいだろうと思いました。食べるとやはり美味しかったです。解れたコロッケがいい感じにかけ出汁に広がり美味しく食べれました。

【かき揚げうどん(かけそのまま+かき揚げ)】
残念ながらうどんは細いままでした。太いうどんで角が立ち、冷系で食べれば抜群のコシと硬さを感じるふるかわさんのうどんは以前のものになってしましました。しかしふるかわさんは好きなお店です。うどんはちと残念でしたが、かけ出汁の味は美味しく変わりなく感じました。以前と同じならかき揚げは外注のはずです。見た目にも以前とは変わらないのでそうだと思いますが、美味しいかけ出汁にふやけたかき揚げはとても美味しく感じました。

ふる里うどん(さぬきの味 ふる里うどん) 【セルフ店】

3.67

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

旨いうどんが食べれるお店です。
讃岐うどんをより旨く食べさせる術を
知っているお店だと思います。

県道12号三木国分寺線沿いにあるお店です。

【オリーブ牛すき焼き風肉ぶっかけ冷】
うどんは私の基準でやや太めのやや平ためで、これぞふる里うどんさんと言える硬さのある旨いうどんでした。別容器にて提供のぶっかけ出汁も旨い味で、甘め…すき焼き風に味付けられたオリーブ牛との味相性が良かったです。旨いうどんをより旨く食べさせる術を知っているお店だと今回も思いました。

【オリーブ牛肉うどん】
うどん、かけ出汁、肉、薬味類の全てに満足出来ました。うどんは私の基準でやや細めで、温汁系なれど温汁に負けない硬さを保つ旨いうどんでした。オリーブ牛にも満足出来ました。甘めな味付けでこれまた旨かったです。脂分がかけ出汁に浸透したのか、終盤はこくのような味わいを感じました。

【ちくわ天ぶっかけ冷(ぶっかけ冷+ちくわ天)】
旨いうどんだなぁと思いました。うどんは私の基準で太めで、ふる里さんらしい硬さを感じる旨いうどんでした。冷系ならではのコシもありますが、それ以上の硬さを感じる好みの旨いうどんでした。ぶっかけ出汁も旨い味で、太めなうどんにしっかりと味が絡んでいました。ちくわ天も旨かったです。磯辺揚げのちくわ天で、外側は天ぷら衣がさくッとしていて、内側はちくわ特有の食感に揚げたことによる柔らかさを感じました。それを旨い味のぶっかけ出汁に浸けて食べるとより旨さを感じました。

【親鳥天カレーうどん(親子カレーうどん+親鳥天)】
程好い辛さ…いい感じのカレー風味がするカレー出汁が旨かったです。うどんは茹で立てドンピシャで、茹で立てならではの弾力と、カレー出汁による保温効果で弾力にもちッと感が加わったようで旨かったです。古里さんのねぎの使い方が私は好きです。長ねぎ&玉スラがそれぞれ違う食感をうどんを食べている時に教えてくれました。親子カレーの親子は鶏肉と生卵です。私はうどんに卵を加えるのが嫌いですが、古里さんと、高瀬にある渡辺さんの肉うどんは別です。生卵がカレー出汁に溶け込み旨さを向上しているようでした。親鳥天です。親鳥?うどん県香川には讃岐うどんの他に骨付き鶏が名産です。骨付き鶏の主な種類は親鳥と雛鳥で、親鳥は食感が硬く、雛鳥は柔らかい食感です。親鳥天は歯応えのある旨さでした。それをカレー出汁に馴染ますと満足度は最高潮に上がりました。

【あんかけ卵とじ】
うどんは私の基準でやや太めで、ずっしりと粉が詰まったような弾力の中にある芯に硬さを感じるような旨いうどんでした。古里さんは注文茹でが多いので、高い確率で茹で立てのうどんを食べることが出来ます。讃岐うどん好きとしては旨いうどんが茹で立てで食べれる喜びのようなものを感じます。かけ出汁も旨い味でした。今回はあんかけ卵とじなのでいつもとは違った味わいでした。これはこれで旨いなぁと思いました。紅白かまぼこの上にはおろし生姜がありました。おろし生姜があんかけ卵とじに混ざると、好みの味が更に好みの味になりました。

【親鳥コロッケうどん】
うどんは私の基準でやや太めで、古里さんならではの弾力を感じる旨いうどんでした。湯気が立つ温汁系のうどんでこの弾力を保ちながら食べれるのは嬉しいことです。やはり旨いなぁ~と思いました。かけ出汁も好きな味で旨いと思いました。味わい深くしっかりした味なので、やや太めなうどんにも旨さを向上させるように絡んでいました。親鳥コロッケは初めて食べました。親鳥コロッケには親鳥ならではの硬さを感じる鶏肉が入っていました。コロッケがかけ出汁により解れて、好きな味のかけ出汁にいい感じの食感が加わりました。飲みながら親鳥の鶏肉をお宝発見のようにして丼内を探して食べました。

【かしわ天うどん(かけうどん+かしわ天)】
うどんは好みの太さで、しっかり&ずっしりした硬さを感じる旨いうどんでした。温汁系でこの硬さを保たれると嬉しいばかりです。かけ出汁も旨い味で、旨いうどんに相性が良い旨いかけ出汁だなぁと思いました。かしわ天も旨いです。以前から古里さんでたまに食べる好きな天ぷら惣菜です。ザクっとを強く感じる揚げ加減が古里さんのかしわ天の特徴のように思います。硬めな衣ですが、かけ出汁により徐々に柔かくなりいい感じでした。

【ぶっかけ冷】
うどんは私の基準でやや太めで、コシと硬さと茹で立てならではの弾力のある旨いうどんでした。ぶっかけ出汁も旨い味でした。太めのうどんに旨く絡む味で、ちくわ天の天ぷら油分を加えると更に満足度が上がりました。古里さんの薬味は柚子胡椒が添えられていることが多いですが、ぶっかけ冷にはおろし生姜でした。旨い味のぶっかけ出汁におろし生姜がいい感じに馴染みました。

【親子カレーうどん】
うどんは私の基準で普通の太さで、カレーの保温効果によりもちッと感がある旨いうどんでした。カレーも旨かったです。私が思うカレーうどんのカレーで、とろみはあれどかけ出汁が効いているような旨い味わいでした。カレーには鶏肉が入っていました。食感から親鳥も入っていたと思います。親鳥とひなで親子なのか、鶏肉と生卵で親子なのか分かりませんが、旨い親子カレーうどんでした。ねぎは長ねぎなのか、中ねぎの太い部分なのか分かりませんが、それらしいねぎと玉スラのWねぎで、この合わせ方も好みなので旨いなぁと思いながら食べました。

【かしわうどん】
うどんは私の基準でやや細めで、温汁系でも充分にコシを感じる美味しいうどんでした。喉越しも良く、かしわの出汁が出たようなかけ出汁も美味しかったです。かしわは親鳥と若鶏でした。

【肉ぶっかけ冷】
うどんは私の基準でやや細めで、強い弾力と冷系ならではのコシを感じる旨いうどんでした。やはり旨いうどんだなぁと思いました。ぶっかけ出汁は別容器での提供でした。旨いうどんに旨く絡む味で、肉との味相性も良かったです。薬味はねぎ、山葵、大根おろし、カットレモンで、好みで加えれるように小皿に盛られていました。肉も旨い味でした。程好い甘さの柔らかい肉で、玉スラも美味しく煮込まれていました。

【とり天ざる(ざるうどん+とり天)】
うどんは私の基準でやや太めで、冷系ならではのコシと、茹で立てならではの弾力のある旨いうどんでした。コシと弾力を同時に味わうのは茹で立て直後のみだと思います。つけ汁も旨い味でした。やや太めのうどんにいい感じに絡む旨い味でした。とり天は旨さと驚きがありました。むね肉ともも肉のとり天で、むね肉には下味がありました。下味はたぶんゆず胡椒だと思います。いい感じにつけ汁に馴染むので旨さが倍増しました。

【かしわ天カレーうどん(カレーうどん+かしわ天)】
うどんは私の基準で普通の太さで、好みの弾力を感じる旨いうどんでした。相変わらず旨いうどんだなぁと思いながらカレーを絡ませて食べるとこれまた旨かったです。カレーはとろッとタイプで、カレーとうどんが見えるカレーライスを思わす盛り付けでした。よぉ~く煮込まれたカレーって感じで、これはカレーライスとして食べても旨いだろうなぁと思いました。かしわ天も旨かったです。カレーに絡ませてその旨さを堪能しました。

【肉うどん】
好みの太めのうどんで好きな硬さがありました。ちと平たさもありましたが旨いうどんでした。
かけ出汁は肉の味付けの所為かやや甘めで、好きな味だったので飲み干したい気分でしたが丼の形状で断念しました。讃岐うどんを盛り付けるならではの丼なのですが、かけ出汁など汁系が飲みにくいのが難点です。肉は程好い柔らかさで量も充分でした。玉ねぎの食感が良く、『流石古里さん!いい感じに合わせているなぁ』と思いました。

【チキンピラフ】
具沢山で鶏肉がいい感じで美味しかったです。ピラフなので炊き込んだのか?そのようにも思える食感で、美味しく食べれて満足出来ました。

【豚バラまぜごはん】
豚バラが主人公だと納得出来るごはんで、甘めな味付けが好みの美味しいごはんでした。紅生姜とねぎが名脇役ぶりを発揮していました。

ますや(手打ちうどん ますや)【セルフ店】

3.63

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

旨いうどんが食べれるお店です。
不定期なれど不定期的に通っているお店です。

【とり天かけ】
うどんは私の基準で太めで、コシと硬さを感じる旨いうどんでした。セルフ店さんの時よりもうどんが太くなったような気がします。より好みのうどんになりました。かけ出汁も旨い味でした。とり天はむね肉だと思いますが長めのものが3つで、別皿にての提供でした。好みのうどんに旨い味のかけ出汁、サクッと揚がったとり天…最高でした。

【かき揚げうどん(かけ+かき揚げ)】
うどんは私の基準で好きな太めで、ほど良い硬さのある旨いうどんでした。かけ出汁はかき揚げの油分が混ざり美味しかったです。かき揚げはサクッと、しんなりの間くらいの揚がり具合で、玉葱、人参、かぼちゃなどが入った美味しいかき揚げでした。

【肉ぶっかけ冷】
好みの硬さとコシは食べて大満足のエリアへ記憶を向かわせます。ぶっかけ出汁も旨く、このうどんにはこの味なんだろうと思いうどんに絡むぶっかけ出汁の味を感じ、飲んで堪能しました。肉は程よい甘さ&量多めで、何処まで満足させるのかと思う肉ぶっかけ冷でした。

【炊き込みご飯】
硬過ぎず柔らか過ぎずの食感の美味しい味の炊き込みご飯で、かけ出汁を汁にして食べるのが好きな食べ方です。

松下製麺所【セルフ店】

3.74

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

高松では有名な老舗のセルフ店です。
細めのうどんですが旨いうどんです。

【ちくわ天うどん(かけそのまま+ちくわ天)】
2018年讃岐うどんの食べ始めに食べました。

【コロッケうどん(かけ+コロッケ)】
うどんは私の基準で細めですが食べ慣れた松下さんのうどんです。かけ出汁も飲み慣れた味で、少し塩気を感じるいつもの松下さんの味でした。コロッケはどのような存在感になるのか…当たり前ですが衣のパン粉部分はかけ出汁によってふやけます。ふやけた食感は好きな食感で、これはこれでアリだと思いました。中身のいも部分は部分的にバラバラになりました。バラけた部分はかけ出汁に混ざり好きな食感で、これもまたアリだと思いました。

【とり天ぶっかけ冷(ぶっかけ冷+とり天)】
茹でてからそう時間が経っていないうどんに当たりました。私には細めに感じるうどんですが長年食べ慣れたうどんです。しかもコンデションも良い。美味しく食べれました。ぶっかけ出汁は普通に美味しいと思いましたが、もう少し注いでほしい量でした。とり天は串刺しバージョンの丸めが2つで、ぶっかけ出汁がもう少しあれば浸けて食べれたと思います。

まつはま(うどん屋 まつはま)【セルフ店】

3.65

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

旨いうどんと、惣菜類の種類が豊富なお店です。
もちッとの中に弾力を感じる旨いうどんが
食べれるお店です。

県道10号さぬき東街道沿いにあるお店です。

【あんかけかきたまうどん】
うどんは私の基準でやや細めのやや平ためで、温汁系なれど終始コシを感じる旨いうどんでした。冷系で食べると更にコシを感じて弾力も感じるうどんです。今回は温汁系ですが、旨いうどんは温汁系でも冷系で食べてもどちらでも旨いと再確認しました。かけ出汁もあんかけたまごが馴染み旨かったです。うどんに絡ませてすすり、かけ出汁と共に飲んで味わいました。

【肉ぶっかけ冷】
茹で立てドンピシャに当たりました。まつはまさんのうどんは私の基準で細めで、滑らかさとぷにゅっと感の中にコシがあるうどんに思えます。それが茹で立てで冷系ならどうなるのか…茹で立てのうどんは、一層滑らかさとぷにゅっと感がするうどんでした。ぶっかけ出汁も美味しかったです。食べてみたい理由の一つがぶっかけ出汁との絡みで、甘めの肉との相性がどうかと思いましたが、想像通りに相性よく美味しかったです。甘めの肉は量充分でいい感じの柔らかさがありました。甘めなのでいつもよりおろし生姜の量を多めにして食べました。

【肉うどん】
うどんは私の基準で細めで、コシよりも滑らかさを感じる喉越しの良い美味しいうどんでした。かけ出汁も美味しかったです。ちと熱過ぎ感はありましたが味がボケることなく美味しく味わえました。肉も美味しかったです。

【きつねうどん(かけそのまま+お揚げ)】
うどんは私の基準で細めで、もちもち感と食感が滑らかな感じに思いました。かけ出汁も美味しく好きな味でした。厚みのあるお揚げも美味しかったです。

まつばら(手打うどん まつばら)【一般店】

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

旨いうどんとかしわ天が食べれるお店で、
清潔感のある店内と、丁寧な接客のお店です。

県道172号川東高松線沿いにあるお店です。

【かしわ天ぶっかけ冷】
うどんは私の基準で細めの平ためで、まつばらさんのうどんらしい弾力と伸びを感じる旨いうどんでした。ぶっかけ出汁も旨い味でした。うどんに絡み、かしわ天には馴染んでいました。かしわ天も旨かったです。いい感じにさくッと揚がっていて、噛むと内側は鶏肉特有の食感でした。ぶっかけ出汁に浸して食べたりそのまま食べたりしました。

【かしわ天カレーうどん(カレーうどん+かしわ天)】
うどんは私の基準でやや細めで、温汁系なれど食べ始めはいい感じのコシを感じました。そのうどんは徐々にもちッと感もあるように感じて食べている流れの中で違った旨さを感じました。カレー出汁は私が思うカレーうどんのカレー出汁で、とろッと感からさらッと感に変わるカレー出汁でした。そこへ今回はかしわ天を加えています。かしわ天は1個から注文出来て3個注文しました。いい感じのカレー出汁に旨いかしわ天が合わないわけがなく、旨いなぁと思いながら食べました。それと玉スラが名脇役でした。

【かしわ天うどん】
うどんは細めですがコシを感じる美味しいうどんでした。かけ出汁も美味しく、わかめの塩分も混ざり好きな味でした。かしわ天は以前から好きな揚がり具合&食感で、今回も旨いなぁと思いました。

【トロトロ角煮うどん】
うどんは私の基準でやや細めで、コシを感じる美味しいうどんでした。かけ出汁も美味しく、角煮も美味しい味でした。

【肉ぶっかけ冷】
元々私の基準では細めのうどんですが、更に細くなったような気がしました。喉越しの良いうどんと、しっかりした味のぶっかけ出汁との絡みは美味しいと思いました。肉は肉うどんと併用だと思います。甘めな味で美味しかったです。

マルタニ製麺【セルフ店】

3.71

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

旨いうどんが食べれるお店です。
食べに行けば必ず満足することが出来ています。

県道12号三木国分寺線円座町交差点から
県道44号円座香南線を高松空港方面へ進み、
一つ目の交差点角にお店の駐車場が見えます。

【肉ぶっかけ冷】
茹で立てドンピシャに当たりました。うどんは私の基準でやや細めで、マルタニさんならではのコシと弾力のある喉越しも良い旨いうどんでした。今回は茹で立てドンピシャです。なので茹で立てならではの弾力+もちッと感もありました。ぶっかけ出汁も旨い味でした。しっかりした旨い味…そんな感じです。おろし生姜が混ざると更に好みの味になって旨さが倍増したようでした。うどんにも肉にも旨ぁ~く絡んでいました。肉は好みの甘さ加減で量多めでした。これぞ肉系うどんと思える満足を感じました。

【唐揚げカレーうどん(カレーうどん+からあげ)】
うどんは私の基準でやや細めですが大好きなマルタニさんのうどんです。カレーうどんで食べても旨いなぁと思いました。煮込まれていないうどんなのでピンとしています。カレーうどんとして食べてもコシを感じる旨いうどんでした。カレー出汁はとろッとかと思いきや、ややとろッとでした。驚いたのが具の多さで、野菜類数種と肉は鶏肉と豚肉が入っていました。鶏肉と豚肉…他人丼ではなく他人カレーうどんでした。味は私には丁度よい辛さで、ご飯と食べても美味しいだろうと思いました。からあげは以前に唐揚げぶっかけ冷にして食べたことがあります。いい感じの醤油風味がする唐揚げで、カレーに浸すと美味しさ倍増でした。

【コロッケうどん(かけうどん+コロッケ)】
うどんは私の基準でやや細めで、やっぱこれだはと思うコシと食感が良い旨いうどんでした。やっぱこれだはは、かけ出汁を飲んでも思いました。不定期的に食べに行くお店で飲むかけ出汁は飲むとホッとした気になれます。コロッケは小ぶりでしたが厚めでした。マルタニさんではねぎとおろし生姜の有無を訊かれます。コロッケうどんを食べる時はおろし生姜抜きにしていましたが、思わず両方有りにしてしまいました。これがいい感じでした。コロッケうどんにはおろし生姜が合わないと思っていましたが誤解でした。一層旨いと思いました。

【唐揚げぶっかけ冷(ぶっかけ冷+からあげ)】
超好みの旨いうどんでした。ぶっかけ出汁とうどんとの相性も良く、食べ慣れてはいますが毎回旨いなぁと思います。唐揚げもいい感じで、ぶっかけ出汁との絡みも美味しかったです。この食べ方をして良かったと思いました。

【肉うどん】
マルタニさんのうどんはいつ食べても旨いと思います。かけ出汁も旨く、このうどんにはこのかけ出汁だと思います。肉は程よい柔らかさで量も多く、甘めな味におろし生姜が美味しさ増量力を増させました。

麦蔵(手打うどん 麦蔵)

うどん百名店2019選出店

3.76

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

人気店です。かしわざるが有名なお店で、
旨いうどんが食べれるお店です。

瀬戸大橋通り沿いにあるお店です。
近くに香川県立中央病院と、高松競輪場が
あります。

【かしわ天カレーうどん(カレーうどん+かしわ天)】
うどんは私の基準で普通の太さで、やや平たいうどんでした。温汁系なれどいい感じの弾力のある旨いうどんでした。カレーも旨かったです。”そうそう、これこれ”と思いながら味わいました。麦蔵さんのカレーは最初はとろッとですが徐々にさらッとしてきます。とろッとの状態の熱いカレーをうどんに絡ませて味わい、さらッとしたらうどんと共にカレー汁を飲んで味わいました。かしわ天はやっぱり旨いなぁと思いました。麦蔵さんのかしわ天は個性的なかしわ天で、天ぷら的な衣ではないので、それがまたいい感じにカレーに馴染み旨かったです。

【かしわうどん】
うどんは私の基準で普通の太さで、微妙に透けるような見た目のうどんです。温汁系なれど充分なコシと程好い硬さのあるうどんは満足度を一層高めました。かけ出汁も旨く好きな味です。このうどんにはこの味のかけ出汁が一番合うのだろうと思います。そこへかしわ天の油分が混ざり旨さ最高潮でした。かしわ天も旨いです。独特な食感の揚がり具合で今回も満足出来ました。旨い味のかけ出汁に浸かった旨いかしわ天…最高でした。

【かしわぶっかけ冷】
分かってはいましたが旨かったです。うどんがいい感じでした。この手のうどんが少なくなりました。少なく…もうここしかないかもしれません。少し透けるような色合いに捻りがある。食べればコシと、コシを支えるような硬さがある。旨いなぁと思いました。ぶっかけ出汁も旨いと思います。このうどんをぶっかけで食べるならこのぶっかけ出汁って感じです。かしわ天は麦蔵さんの名物です。麦蔵さんへ行けばうどんと一緒に食べたいのがかしわ天です。今回も満足出来ました。

【かしわざるうどん】
私にはちと細めなうどんですが、程よいコシと硬さがあり、毎回食べて旨いと思えるうどんです。つけ汁も旨く、とり天を浸して食べても最後までつけ汁の味がしっかりとあります。とり天も旨く揚がっていました。噛むと、じゅわっとする食感が堪りませんでした。

むぎ屋【一般店】

3.35

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

年季を感じるお店です。
私はむぎ屋さんの肉うどんが好物です。

【ぶっかけ冷】
うどんは私の基準で細めで、冷系ならではのコシがある旨いうどんでした。艶もあり見た目も旨そうで食べても旨い…ぶっかけ出汁も好きな味でした。デフォで盛られた天かすとの相性も良く、サクサク感を感じながら食べました。花かつおも旨さを向上させる役目を果たしていたと思います。満足出来るぶっかけ冷でした。

【肉うどん】
旨い肉うどんでした。むぎ屋さんの肉うどんの好きなところは肉以外のあれこれです。玉スラ、椎茸スラ、海苔などが加わり食べる度に旨いと思います。このように肉以外の具が多い場合は主役の肉が少ない場合がありますが、むぎ屋さんは違います。ちゃんと主役は充分に主役級の存在感があるだけ入っています。それらの具類がこれまた旨いかけ出汁によく合っていると思います。うどんも旨いと思います。この具類&かけ出汁にはこのうどんでなければいけないと思わせてくれるうどんです。

麺八【セルフ店】

3.63

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

高松市にある木材団地地域にあるお店で、
旨いうどんと、工夫のある惣菜ものが
食べれるお店です。

県道16号さぬき浜街道の郷東町交差点から
海の方向へ向かい、2本目を右折したところに
あるお店です。

【おやおやうどん】
うどんは私の基準でやや細めでした。旨いなぁと思える弾力を感じるうどんで、温汁系なれどコシも感じました。そのうどんに絡むかけ出汁がこれまた旨い味でした。うどん名のおやおやうどんは鶏肉の親鳥使用のうどんです。親鶏の方が出汁がよく出ると聞いたことがあります。そんな概念も加わり味わってしまいました。「どうぞ」と渡された胡椒…讃岐うどんに胡椒なんてと思いましたが、讃岐うどんを旨く食べさすお店には旨い根拠が必ずあります。なので胡椒を加えてかけ出汁を飲むと、これまたのこれまた旨いと思いました。おやおやの親鶏も旨かったです。硬い食感の親鶏が、流石おやおやうどんのうどん名にぴたりとはまるように思いました。

【唐揚げぶっかけ冷(ぶっかけ冷+とりモモ肉の唐揚げ)】
うどんは私の基準で普通の太さで、角がハッキリした冷系ならではのコシを感じる旨いうどんでした。ぶっかけ出汁も旨い味でした。天ぷらの油分とは違うフライ油分が混ざりいい感じな味で旨いと思いました。そこへおろし生姜を馴染ませると最高でした。とりモモ肉の唐揚げも旨かったです。しっかりと味付けがしてある唐揚げで、ご飯のおかずにもなると思いました。鶏もも肉特有の食感もいい感じで、満足出来る唐揚げぶっかけ冷でした。

【肉ぶっかけ冷】
うどんは私の基準で細めで、喉越しが良くて弾力も感じる旨いうどんでした。ぶっかけ出汁も旨い味でした。ぶっかけうどんの主役は勿論うどんですがぶっかけ出汁も重要です。大抵のお店はつけ汁と同じですが、うどんを浸けながら食べるのと、うどんにぶっかけて食べるのとでは味わいが変わるように思います。特に肉ぶっかけ冷なので、ぶっかけ出汁の味に肉の味が合わさります。程好い甘さの肉の味とぶっかけ出汁との味相性が良く、旨いなぁと思いながら食べました。肉は硬くもなく柔らかくもなく量が多く感じました。

【チキンカツカレー(カレーうどん+ササミカツ)】
うどんは私の基準でやや細めで、カレー以外の温汁系で食べた際に感じた程好く美味しい柔らかさ&もちッと感のもちッと感を更に感じる美味しいうどんでした。カレーはクリーミーなのかマイルドなのか、とろッと感を終始保つカレーで、うどんが見えない盛り付け方でした。これが麺八さんならではのカレーなのだと思います。うどんとの絡みがいい感じで美味しかったです。私が思うカレーうどんのカレー…パンにつけたりパスタに混ぜても美味しいと思える味のカレーでした。ササミカツは薄めでサクッと揚がっていました。サクッと感が好きな食感で、カレーに浸けて美味しく食べました。

【肉うどん】
うどんは私の基準で細めで、もちもち感のあるうどんでした。程好い柔らかさがとても美味しいと思いました。かけ出汁も美味しかったです。肉の味付けの所為なのか、いい感じの甘さがありました。肉は量多めでしたがちと硬さがありました。味は甘めで美味しかったです。

【かしわうどん】
麺八さんのうどんは好きで、毎回美味しいと思います。今回も変わらぬ美味しさがありました。かけ出汁はかしわの影響なのかいつもとは違う美味しさがありました。かしわは親鳥も混ざっているのか歯応えのある鶏肉もありました。硬い…けれど美味しいと思いました。ねぎもいい感じでした。

【カツ丼】
卵とじタイプで好きな味でした。卵の火の通り方も好きな感じで美味しく食べれました。

桃太郎館【一般店】

3.16

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

瀬戸内海には鬼が島伝説があり、
このお店がある鬼無町は文字通り
鬼が無しで鬼無です。
そこにあるお店が桃太郎館さんです。

県道33号丸亀街道沿いにあるお店です。

【とり天ざる(ざるうどん+鳥天)】
うどんは私の基準でやや細めで、角がビシッとした冷系ならではのコシを感じる旨いうどんでした。つけ汁も旨い味でした。うどんへの絡み方がいい感じで、鳥天を浸しても味が薄まるような感じはありませんでした。鳥天も満足な味わいと揚がり加減でした。さくッと揚がっている鳥天で、つけ汁に浸けると旨さ倍増でした。

【とり天カレーうどん(カレーうどんと、鳥天)】
うどんは私の基準でやや細めで、ちと平たさがありましたが桃太郎館さんならではの硬さを感じる旨いうどんでした。カレーは私が思うカレーうどんのカレーで、食べ始めはとろッとで、中盤以降はややとろッとになるカレーでした。そこへ鳥天が加わります。程好い衣の付き具合で、その衣がカレーに馴染んでいい感じでした。鳥天の存在感をしっかり感じました。

【鳥天うどん】
うどんは私の基準で普通の太さで、温汁系なれど桃太郎館さんならではの好きな硬さを感じる旨いうどんでした。かけ出汁にも好きな旨さを感じました。味わえる…味わいたい味でした。鳥天は別皿での提供でした。これまたいい感じに揚がった鳥天でした。鳥天は5個で、5個の鳥天をうどんに盛り付けて鳥天うどんの完成です。鳥天の下側…かけ出汁に浸っている部分は、徐々に味わいたいかけ出汁によりふやけます。鳥天うどんの好きな食べ方はこの部分です。上側はサクッと感があり下側はやんわり天ぷら衣がふやけている。旨いなぁと思いながら食べました。

【肉ぶっかけ冷】
うどんは私の基準でやや細めで、冷系ならではのコシ…コシと硬さを感じる旨いうどんでした。冷系は冷系ならではのコシを感じれますが、そこに硬さが加われば旨いうどんになります。正に食べたうどんがそうでした。ぶっかけ出汁も旨かったです。うどんに絡み旨さを発揮し、肉との相性も良いと思いました。肉は甘露煮のような味で旨く、うどん、ぶっかけ出汁、肉と、それぞれが喧嘩せずに旨くまとまっていました。それと、玉スラ&もみじおろしの存在も重要に思いました。肉の味が甘めなので、玉スラともみじおろしが甘さの暴走を抑えているようでした。

嘉の家【セルフ店】

3.29

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

旨いうどんが食べれるお店です。
うどん定食も人気のようです。

【鶏ぶっかけ】
先ずはぶっかけ出汁を飲みました。このうどんは温ぶっかけのようです。程好い濃さで好きな味の旨いぶっかけ出汁でした。盛られている鶏肉&玉スラを移動させて食べやすくしてからうどんをすすりました。うどんは私の基準で普通の太さで、嘉の家さんならではの硬さのある旨いうどんでした。ぶっかけ出汁との相性も良かったです。鶏肉は親鳥を思わす食感でした。これがまた旨いなぁと思いました。胡椒の風味も少ししたように思います。玉スラはとりうどんの時と同様に、名脇役ぶりを発揮していました。

【肉うどん】
うどんは私の基準でやや細めで、好きな硬さを感じる旨いうどんでした。かけ出汁もうどんに負けない旨さでした。肉の灰汁が浮いたかけ出汁で、ほのかに甘さも感じました。肉はかけ出汁で合せたような味で美味しく、量が多かったです。肉と玉スラの絡み…これが食べたい肉うどんでした。

【カレーうどん】
うどんは私の基準で平たい分だけ普通の太さで、カレーの保温効果に負けない弾力と硬さを保つ旨いうどんでした。カレーも旨かったです。私が思うカレーうどんのカレーで、うどんに絡めて旨いなぁと思いながら食べました。福神漬とねぎは色合いがいい感じに思えました。ねぎは流石細ねぎです。福神漬が丼内で行方不明にならないよう福神漬方面を混ぜないようにうどんを食べました。

【かき揚げうどん(かけうどん+かき揚げ)】
うどんは私の基準で普通の太さで、程好いコシと喉越しの良い美味しいうどんでした。ちと平たいうどんもある形状が疎らなうどんで、捻りにかけ出汁が絡み美味しく食べれました。かけ出汁も美味しい味でした。今回はかき揚げの油分も混ざり一層好きな味になりました。かき揚げも美味しかったです。好きなタイプのかき揚げで、野菜類が細かいかき揚げでした。玉ねぎ、人参、さつま芋がそれぞれ主人公的な存在で、少し甘さも感じました。かけ出汁との相性が良く、かき揚げうどんにして食べて良かったと思いました。

【とりうどん】
うどんは私の基準で細めですが、以前から美味しいと思っていた嘉の家さんのうどんです。今回も美味しいと思いました。かけ出汁…とりうどん用なのでしょうか?塩っ気を感じる鶏スープのような美味しい味でした。鶏は親なのか雛なのか、柔らかかったり硬かったりする鶏肉でした。こりゃ美味しいわぁと思いました。

讃岐うどんの旨い店

※本記事は、2019/12/18に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ