【東京】個性的な汁なし系『油そば、まぜそば』

出典: Breadenさん

【東京】個性的な汁なし系『油そば、まぜそば』

ラーメンの派生であろう「汁なし系」は、『油そば』を筆頭に『まぜそば』や『和えそば』というネーミングで急拡大しており、かなりのバリエーションがあります。都内の個性的でエッジの効いた『油そば』や『まぜそば』『和えそば』をピックアップ。(「台湾まぜそば」や「汁なし担々麺」は除きました)

キーワード
ご当地グルメ
塩ラーメン
油そば
担々麺

更新日:2018/10/21 (2016/10/08作成)

8823view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4種類に分類してみる

『油そば』や『まぜそば』のバリエーションは拡大中です。
勝手に分類してみると、
①スタンダード系:トラディショナルなラーメンの延長。(太麺が多い)
②ご当地ラーメン系:ご当地ラーメンの延長でメニューにあるもの。
③素材こだわり系:「鶏」「鴨」等の肉類や、「鯛」「海老」などを素材にこだわったもの。
④ハイブリッド系:「ピザ」や「カルボナーラ」「ローストビーフ」など他の食べ物とのハイブリッドをコンセプトにしているもの。

①が広まり、②に波及し、③や④が台頭してきたイメージでしょうか。特に③のバリエーションはかなり拡大しており、それぞれがかなり研究されている感じです。
また味変がお勧めの場合も多く、様々な調味料などで何回か味を変えて楽しめるのも『油そば』や『まぜそば』の楽しみの一つです。
以前は極太麺でガッツリというイメージが強かったですが、様々なバリエーションが出てきて食べやすく工夫されてきています。独断で総合的なボリューム感を「xx級」として記載しています。

【三ノ輪】トイ・ボックス

Clear

【素材こだわり系:ミドル級】
三ノ輪の人気店。カウンターだけの狭いお店なので並ぶ確立が高いです。『鶏油そば』はシンプルな構成ながらもしっかりした旨味があるタレが美味しいです。

[味変ツール] なし

『鶏』で勝負する「鶏油そば」

【恵比寿】まぜそば 三ツ星

Clear

【素材こだわり系:スーパーミドル級】
まぜそばのメニューは定番で、「和牛」「くじら」「子羊」「鴨」「ぶり」「ベジ」「豚」の7種類。デフォルトのトッピングには「ピーナッツ」「バナナチップス」「海老天かす」など9種類があります。写真は刺身用イワシ鯨を使った『まぜ くじら』。
[味変ツール] ちょいゆず酢、麻辣スパイス、特製辛過チリ、爽香スパイス、スパイシー酢

『ドイツ仕込み』で勝負する「まぜそば」

【東銀座】むぎとオリーブ

Clear

【素材こだわり系:ミドル級】
『濃厚卵のませSOBA』は、少し太めの麺に肉類や濃厚卵の卵黄がのっており彩り鮮やかです。味は醤油ベースで卵は濃厚ですが全体としてはそんなに重くなく美味しいまぜそばです。

[味変ツール] タバスコ、粉チーズ、酢、醤油

『濃厚卵』で勝負する「まぜSOBA」

【大塚】志奈そば 田なか

Clear

【素材こだわり系:ライト級】
ラーメンが軸ですが『エビ油そば』が凄いです。カッペリーニ状の細い麺とオリーブオイルベースのタレ、ドライトマトなどの組合わせが絶妙で美味です。またオプションのつけ汁も美味です。

[味変ツール] エビつけ汁(オプション)

『イタリアン・テイスト』で勝負する「エビ油そば」

【渋谷】スーツァン・レストラン陳

Clear

【素材こだわり系: ミドル級】
陳健一氏オーナーの本格四川料理名店の『KMD式ピリ辛和え麺』。
KMDは総料理長の菰田氏のことで四川風の具材が入ったエスニックでちょっと辛い不思議な味の『和え麺』で美味です。

[味変ツール] なし

『ピリ辛』で勝負する「和え麺」

【築地】築地 えび金

Clear

【素材こだわり系: ミドル級】
海老にこだわり、甘エビオイル+えび醤+特製太麺の構成。海老の風味と味が美味しいです。

[味変ツール] なし

『甘エビオイル』で勝負する「まぜそば」

【錦糸町】真鯛らーめん 麺魚

Clear

【素材こだわり系:ミドル級】
こちらの油そばは、『鯛油(たいゆ)そば』。愛媛県宇和島産の真鯛から抽出した鯛油をベースとしたスープ。細めの麺に鯛油が絡んで美味です。スープで割ることもできるオンリーワン的な油そばです。

[味変ツール] スープ

『真鯛』で勝負する「油そば」

【桜台】破顔

Clear

【スタンダード系:スーパーミドル級】
スタンダード系の中ではトップクラスの美味しさです。醤油味:甘口、塩味:ピリ辛、醤油味:和風の3種の味で勝負。フライドオニオンのせいか、妙に香ばしく病みつきになる味で味変不要です。

[味変ツール] 酢

『3種の味』で勝負する「汁なし」

【四ッ谷】嘉賓

Clear

【素材こだわり系: ミドル級】
看板メニューの『カキソース和えソバ』は、硬めの極細麺にオイスターソース、みじん切りの生姜、玉ねぎで構成されておりシンプルで美味です。

[味変ツール] なし

『オイスターソース』で勝負する「和えそば」

【原宿】一

Clear

【スタンダード系:ミドル級】
原宿のラーメン店の『まぜそば』は熱々で提供され、やさしい味で美味です。特徴は一緒に付いてくる「干しエビを使用した辛味とマヨネーズのセット」で投入すると劇的に海老風味になりさらに美味です。さらに「だいだい油」でも味変できます。

[味変ツール] 干しエビを使用した辛味とマヨネーズのセット、だいだい油

『変化球』的味変で勝負する「まぜそば」

【葛西】麺屋永吉 花鳥風月

Clear

【ハイブリッド系:ヘビー級】
『踊るマハラジャまぜそば』は見た目からインパクト大で黄色い麺に緑の水菜?と赤いソース、中央に肉の山が聳え立っています。これを指示通り20回ほどグチャグチャ混ぜると全く違うビジュアルになります。
味は美味しいカレー味の「まぜそば」で素晴らしいです。決してスパイシーなわけではなく若干甘みがあるカレー味で、ソースや肉のバランスが計算し尽くされている感じです。「追い飯」は量は多くありませんが、ソースと混ぜて頂くととても美味しいカレーライスになります。

[味変ツール] なし

←混ぜた後

『踊るマハラジャ』で勝負する「まぜそば」

【代々木】らすた

Clear

【ご当地ラーメン系:ミドル級】
横濱家系ラーメン「らすた」のまぜそばは『まぜらすた』。主流は『らすた麺』や『らすつけ』ですが、『まぜらすた』がCP良いです。

[味変ツール] ニンニク、生姜、豆板醤、胡椒

『横浜家系』で勝負する「まぜらすた」

【成増】中華そば べんてん

Clear

【スタンダード系:ミドル級】
券売機メニューにはない裏メニューで『塩ラーメン』のバリエーションという位置づけ。「温」と「冷」が選択できます。見た目は麺だけに見えますが、麺の下にチャーシューやネギ、メンマなどは入っている独自のスタイル。
塩味ベースの混ぜそばで美味です。

[味変ツール] ニンニク

←攪拌後

『塩味』で勝負する「油そば」

【原宿】九州じゃんがららあめん

Clear

【ご当地ラーメン系:ミドル級】
『ぼんしゃん』も『こぼんしゃん』も『じゃんがら』も好きですが『まぜちゃん』は秋葉原と表参道の2店舗のみの提供です。
少し甘めのタレと魚粉がマッチしており麺との相性もよいです。「めんたいこ」や「カラシたかな」で味変するのはオンリーワンです。

[味変ツール] カラシたかな、めんたいこ(オプション)など。

『九州系』で勝負する「まぜちゃん」

【大井町】アジトイズム

Clear

【ハイブリッド系:ミドル級】
オンリーワンと言ってよい独創的な「まぜそば」です。『ピザそば』は見た目も味も今までにない味です。他にも、『本日のイレギュラーメニュー』をはじめとしたオンリーワン系の「まぜそば」があります。

[味変ツール] タバスコ、調味料各種

『イタリアン』で勝負する「ピザそば」

【新橋】魚介系まぜそば専門店 魚がしそば 新橋本店

Clear

【素材こだわり系:ミドル級】
JR新橋駅烏森口からすぐの場所にある「魚介専門ませそば」店です。
『魚がしそば』はリングイネのような断面が楕円の麺にあさりがゴロゴロのっており、海苔やネギものっています。
出汁は「熟成魚醤牡蠣醤油」+「黄金のかつおオイル」だそうで醤油系であっさりした味です。
オーダー後に「茹で上がり350g」と書いてあるのに気づき不安でしたが以外にあっさりでおいしく頂きました。
[味変ツール]
「ハバロネソース」、「こんぶ酢」、「魚粉」

『魚介』で勝負する「まぜそば」

【江古田】GRAVITY EKODA BASE

Clear

【素材こだわり系:ミドル級】
和えそばは、シンプルな『和えそば』、『イカスミ和えそば』、『煮干し和えそば』の3種類があります。『イカスミ和えそば』はしっかりと黒いイカ墨ソースで、イカ墨独特の甘味を感じて美味ですす。

[味変ツール] 酢、ラー油

『イカスミ』で勝負する「和えそば」

【押上】竹末東京プレミアム

Clear

【素材こだわり系:ミドル級】
有名店なので行列覚悟ですが、メニューの中でもマイナーで珍しい『サンマとイカ』がベースのまぜそば。サンマがベースのペーストとワタを含めたイカのペーストがあっさりな和風の風味を醸し出しています。お店のホスピタリティのレベルは高いです。

[味変ツール] 鰹と鰯のスープ

『サンマとイカ』で勝負する「まぜそば」

【銀座】自家製麺 伊藤 銀座店

Clear

【素材こだわり系:ライト級】
銀座店限定の『まぜそば』は、(小)で600円(140g)、(中)700円(210g)、(大)800円(280g)という設定で量を食べない人でも問題なし。麺は博多ラーメンのような細麺ストレートで「まぜそば」は標準で固めの設定です。繊細な出汁の味が細麺で生きています。場所と味を考えたらCPはかなり良いです。

[味変ツール] 柚子胡椒が付いてきますが、出汁の味で楽しんでから柚子胡椒を少しづつ追加した方がよいです。柚子胡椒は強いので味を戻せません。

『銀座』で勝負する「まぜそば」

【北千住】闘牛脂

Clear

【素材こだわり系:ヘビー級】
「まぜそば専門店」として月曜のみの営業です。強烈な店名ですが、メニューには『スパイシー&ハニー』というまぜそばとは思えないメニューがあり、なんと福神漬けが入ってます。味はなぜかウスターソース味で極太縮れ麺との相性もよく美味です。

[味変ツール] ガラムマサラ、スープ

『ソース味』で勝負する「まぜそば」

【丸の内】東京じゃんがら

Clear

【スタンダード系:ミドル級】
『じゃんがらまぜそば』780円の見た目はシンプルで「チャーシュー」「メンマ」「ねぎ」「刻み海苔」がのっており、麺は少し太目の縮れ麺。味は少し甘めの出汁で大きな特徴のない「まぜそば」ですが、スタンダードで安心できる味かもしれません。

【新桜台】五十三家

Clear

【ご当地ラーメン系:ミドル級】
横浜家系ラーメンの有名店。こちらのメニューは『香味油そば』。麺の上に半熟玉子、ほうれん草、チャーシュー、さらにその上にネギと海苔がのります。味変なしで美味しく頂けますが、生ニンニクを投入する選択肢もあります。

[味変ツール] 生ニンニク

『横浜家系』で勝負する「汁なし香味麺」

【東銀座】九代目けいすけ

Clear

【素材こだわり系:ミドル級】
銀座の三原通りにあるお店です。こちらは「鴨」がベースのお店で『油そば』はマイノリティ的なメニューですが、鴨の香りと旨味を味わうことができる『油そば』です。

[味変ツール] オレンジ酢、チリ鴨油、マヨネーズ

『鴨』で勝負する「油そば」

【東陽町】らぁ麺やまぐち 辣式

Clear

【ハイブリッド系:ミドル級】
『麻婆まぜそば』は中国四川省の食材を使用した本格的な麻婆餡と国産小麦100%の麺で麻辣(マーラー:痺れ&辛さ)を実現しています。味変ツールはありませんが、痺れを強化したい場合は花椒(ホアジャオ)が用意されています。

『麻辣』で勝負する「まぜそば」

【成増】きころく

Clear

【素材こだわり系:スーパーミドル級】
「ラーメン」、「つけ麺」もありますが
『油そば』も人気で和風のフレーバー。
味変用調味料として、「特製昆布酢」やタバスコのバリエーションである「チーポトレイ」などが置いてあります。

[味変ツール] 特製昆布酢、チーポトレイ

『鰹節』で勝負する「油そば」

【神田】もじ麺や

Clear

【ハイブリッド系:ヘビー級】
見た目も味もジャンキーな系列に分類されますがカレーの味は本格なスパイスを使用。ハムカツのようなチャーシューのフライはここだけのオリジナルか?

[味変ツール] マヨネーズ、オリジナルスパイス。

『カレー』で勝負する「汁なしそば」

【新宿】煮干中華そば鈴蘭

Clear

【スタンダード系:ヘビー級】
煮干しの匂いが充満する店内です。「まぜそば」は、オーソドックスなスタイルですが魚粉が効いておいしいです。

[味変ツール] 酢、ラー油

『魚粉』で勝負する「まぜそば」

【東京】 斑鳩

Clear

【素材こだわり系:ミドル級】
14時以降にオーダーできるメニューの中に、『三種のチーズまぜそば』があります。チーズが糸を引くくらい入っておりチーズ好きに向いています。
[味変ツール] お酢、ガーリックチップ、生卵

『チーズ』で勝負する「まぜそば」

【秋葉原】志奈そば 田なか セカンド

Clear

【素材こだわり系:ライト級】
こちらはラーメンが中心の展開ですが、『濃厚アンチョビまぜそば』が凄いです。『濃厚』というほど濃い印象はなく、優しいアンチョビ風味。麺はタリアテッレ状のオリジナルでほとんどイタリアンです。

[味変ツール] レモン

『アンチョビ』で勝負する「まぜそば」

※本記事は、2018/10/21に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ