蕎麦好き“ちょうさん”お薦めの「お蕎麦屋のべっぴんさん」福井市編

蕎麦好き“ちょうさん”お薦めの「お蕎麦屋のべっぴんさん」福井市編

福井と言えば「越前おろし蕎麦」があまりにも有名です。しかし福井の蕎麦はそれだけではありません。そのひとつひとつをご紹介出来たらと思いまして、食べ歩きをしながら時々投稿させていただいてます。その中間報告として福井市内の手打ちお蕎麦屋さんの「べっぴんさん(逸品)」をまとめてみました。25軒 おろし蕎麦

キーワード
ランチ
おしゃれ
個室
おすすめ
食べ歩き

記事作成日:2016/04/02

7529view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「越前おろし蕎麦」に関する一考察

 蕎麦に関しては、かなりのこだわりを持っているちょうさんなのですが、全国農山漁村の郷土料理百選(平成19年度選定)に選ばれた「越前おろし蕎麦」には、そんなにこだわっておりません。
 実は、とある有名なグルメ番組?に出た事で、「越前おろし蕎麦」が、限定されたものになってしまった事に非常に残念な気持ちを持っております。一番の誤解は、全て(大根おろし・蕎麦つゆ・鰹節・刻み葱)をぶっかけたものだけが「越前おろし蕎麦」だと思ってらっしゃる方が非常に多いことです。イベントならいざしらず、有名店のほとんどは、ぶっかけでは出てまいりません。今回の投稿写真を御覧いただければ納得していただけるはずです。勿論、食べる時にぶっかけようがぶっかけまいが、それはご自身のお好みのスタイルで構わないと思っております。
 他にも不思議な誤解がいくつも有るのですが、極めつけは蕎麦殻まで挽いた(挽きぐるみ)蕎麦粉を使用した黒っぽい蕎麦切りが、福井限定の「越前おろし蕎麦」だと勘違いされておられる方も多く見受けられます。そんな田舎蕎麦風な蕎麦切りは結構お蕎麦独特の風味もあって、私はかなり好きなのですが、福井でもなかなかお目にかかれるものではありません。勿論、蕎麦殻は挽く過程の中で少しは入ってまいります。
 この事は、いろんなお店で「おろし蕎麦」を食するとはっきりします。当たり前のように麺の太さも長さも粗さも色つやもかたさもいろいろ違った顔をして登場してまいります。更に、鰹節やネギの種類も量も定まっておりません。蕎麦つゆの作り方もお味もお店によって違うことに気づきます。おろしも、辛かったりそうでなかったり、麺に乗せたり蕎麦つゆに入れたり、おろしの絞り汁を入れたりと、それぞれのお店がそのお店の伝統の技をしっかり受け継いでおられます。だから、何も知らずに全てをぶっかけて、後悔される方もたまにおられます。
 個人的なお薦めは、最初にお蕎麦だけの風味を楽しんだ後に、出汁加減も確認しながら、適度にぶっかけて、さささ~っと速く召し上がっていただくことですかね。
 さて、くどいようですが、最初にも書いたとおり、お店で打っておられる方の数と同じだけ、千差万別のお蕎麦に出逢う事が出来ます。そしてそれは、「越前おろし蕎麦」命名のきっかけをつくってくださった昭和天皇のおことばを敢えて使わせて頂くならば、正真正銘、そのお店の「越前の蕎麦」という事になります。
 という長い前置きはこれぐらいにしまして、ここでは、福井市で出逢える「越前蕎麦のべっぴんさん(逸品)」をご紹介させていただきます。

 オット!!肝心な事を書くのを忘れました。「越前おろし蕎麦」の私の好みですが、やや灰色中太平麺を鍋の中で自由に踊らせた後、さっとザルであげて氷でしめたかためが好きです。蕎麦皿を使用するのは勿論ですが、鰹節は乗せずに、刻み葱は普通に乗せます。蕎麦つゆには辛み大根の絞り汁のみ(しぼり)入れまして、食べる直前にぶっかけまして、一気に食します。
 なお、蕎麦微粉十割が基本ですが、自分で挽く場合は、綺麗に磨いた玄蕎麦を殻だけ機械でとりまして、電動石臼にかけた後、手作業で50メッシュのふるいにかけまして、残ったモノを更に二度挽いております。つまり、甘皮も入れた「三番粉?もどき」を使っているという事です。ただし、蕎麦打ちは修行中です。

 追記①:手打ち蕎麦に関しまして、以前にまとめたものもございますので、そちらも御覧いただけると幸いです。そのタイトルは次の2件です。
 『越前市今立地域の「手打ち蕎麦屋」さんへラブソング』 2015.1.6 公開
 『お花見間近 「桜」と「お蕎麦」のコンチェルト』  2014.12.30 公開 

 追記②:昭和40年代より転作政策で蕎麦栽培を始めた福井県ですが、参考までにその作付面積と収穫量を掲載しておきます。
【蕎麦作付面積】平成26年度は、3,800ha(前年度比△50)で、全国第4位でした。
【蕎麦収穫量】平成25年度は、1,120tで全国第8位でしたが、平成26年度は激減しました760t(△360)。平成27年度は第4位に返り咲いております。
【蕎麦店(人口10万人換算)】タウンページの登録数では、1位は長野県、2位は山形県、3位は我が福井県(実数:352軒)だそうです。

『遊歩庵』さん

 福井駅周辺には、沢山の有名なお蕎麦屋さんがございますが、お蕎麦専門店としてはピカイチです。勿論、十割蕎麦です。
 2014ベストレストランに選ばれたお店です。写真は、特にお薦めの「おろしそば三昧」です。

 これは、裏メニューの「桜蕎麦」です。

『やす竹』さん

 このお店は、高級料亭感満載です。
 蕎麦の美味しいのは当たり前ですが、それと同じくらい天ぷらも感動ものです。
 写真は、セットでいただいた「おろしそば」です。

 セットで注文して、いろいろ楽しまれるのが良いかと思います。
 写真は、「野菜天ざる」です。

 セットの最初に登場する「そばサラダ」に、のっけから驚かされます。(茶そば使用)

『きょうや』さん

 このお店を、福井県一のお蕎麦屋さんと推薦される方もかなりおられます。
「おろしそば(辛味しぼり)」です。

「鴨せいろそば」は、絶品でした。

これが私推奨の「そばがき」です。

『音市楼 かくれ庵』さん

 過ごしやすい完全個室もあって、どの料理にも外れのない美味しい料理がバランス良くいただけます。
 写真は、「お得盛四人衆」です。皆さんで食べる時には、最高です。

 ランチには、セットもいただけます。勿論、美味しいお蕎麦も出てまいります。

その「おろしそば」です

『そば亭鈴木』さん

 古民家で食べれるお蕎麦では、このお店が1番お薦めです。
 「おろしそば(辛味大根)」です。
鰹節はついてきません。ネギはおろしと共に出汁に入っております。

 ムースタイプの「そばがき」は裏メニューです。

『その字』さん

 このお蕎麦屋さんも隠れファンの多いお蕎麦屋さんです。
 「鴨汁そば」です。

『たからや』さん

 失礼ながら、予想に反してお蕎麦が美味しかったです。写真は「辛みおろし蕎麦(大盛)」です。

 実は、「石焼きカレーうどん」がかなり有名なのです。私も、とりこになっちゃいました。

『さのや 開発店』さん

 おろしそばも普通に美味しいのですが、

 このお店では、やっぱり「そば寿司」ですね。

『一福』さん

 親父さんは、池田町の塩蕎麦であまりにも有名な「一福」さんの店主さんです。その息子さんが福井市で始められたオシャレなダイニングバーです。勿論、美味しい塩蕎麦が食べれます。

『越前ソバテリア』さん

 店名がカタカナ表記です。それ以上に面白いのは、瓦に乗って出てくる「瓦そば」がございます。そして・・・・

 福井では珍しい「蕎麦粉ガレット」のランチもございます
写真は、「自家製鶏ハムと3種のチーズ」です。チーズも野菜もたっぷりです。

『ふじ田や』さん

 昨年(H27)オープンした綺麗なお蕎麦屋さんです。お蕎麦もスーツを綺麗に着こなしておられます。

『やっこ 城東』さん

 お腹が空いたときのソースかつ丼とのセットは最高でした。細麺・太麺が選べます。写真はしっかり太麺です。

 実は、「そばがき」が必見必食です。

「越前そば 見吉屋」さん

 「秘密のケンミンSHOW」に出たお店です。「えちぜんおろし三昧」で決まりです。
 天おろしそば・山菜おろしそば・蟹付きおろしそばの三種です。

「蟹付き(岩のり・梅)おろしそば」のアップです。

『輝蕎麦』さん

 お昼のみの営業ですが、外せないお店です。私の好み、灰色中太こし有りでした。
 「おろしそば大盛」です。鰹節は、ついてまいりません。実はテーブルにまとめて置いてあります。

『十九』さん

 名前のとおり、そといちのお蕎麦のようです。店内はオシャレです。
 本当にお得な「お十九(とく)セット」です。

『ゆう生庵』さん

 2014のベストレストランに選ばれたお店です。ソースカツ丼とのセットメニューが人気です。
 私は、「ピリカリおろし蕎麦(大盛)」をいただきました。

『蕎楽 愛宕庵』さん

 足羽山の麓には、沢山のお蕎麦屋さんがあるのですが、私の一押しは「愛宕庵」さんです。
 「からみそば」の辛さにダウンしました。

「あたご丼セット」です。

『三井屋』さん

 創業が1837年の有名なお蕎麦屋さんです。そして、宇野重吉さん(福井市出身)と大滝秀治さんが愛されたお蕎麦です。薄い灰色太平麺でしたが、厚みが他店より薄いヒラヒラ麺でした。細麺もございます。
 写真は「おろしそば」大盛です。

『笏谷そば 本店』さん

 このお蕎麦屋さんも、隠れファンがおられます。私は、いつも決まって「大根ざるそば」を注文します。内容が少し変わる二段重ねです。
 

「福そば」さん

福そば

 福井駅周辺では、忘れてはならないお店です。「ミニソースかつ丼&おろしそばセット」です。

「お市そば」です。

『蕎麦処 おおくぼ』さん

 福井県の蕎麦屋の路線からは、かなり外れた蕎麦専門店です。
 店主の思いから、「越前おろしそば」はありません。
 写真は「しらゆき」です。

「あみだそば 福の井」さん

福井駅西口ビル「ハピリン」さんの1階にあるお蕎麦屋さんです。「わさびおろし大盛」です。
 『遊歩庵』さんの姉妹店です。

「そば玄」さん

「おろしそば」です。

「大もりそば 支店」さん

「かつ丼セット」です。

「中村そば店」さん

「おろしそば」大盛りです。

※本記事は、2016/04/02に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ