米沢市&近郊・うまい個性派ラーメン#F14トムキャット♡

米沢市&近郊・うまい個性派ラーメン#F14トムキャット♡

米沢ラーメンは言わずと知れた山形ご当地ラーメンの代表的存在。極細縮れ麺とあっさり醤油スープの組み合わせは最強の相性です。ところが、この米沢ラーメンの聖地たる米沢市およびその周辺で、あえて非米沢ラーメンで勝負を挑むラーメン店もあります。そんな中からモーパパが気になるお店を選んでみました。

更新日:2017/11/10 (2015/02/17作成)

9973view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる509の口コミを参考にまとめました。

平成27年10月、塩結び・阿波家を追加
平成27年11月、とんとんらーめん・龍上海を追加
平成27年12月、山喜・マハロ・中華麺ごとうを追加、麺匠ごとうを削除
平成28年1月、味噌屋三男坊を追加
平成28年5月、阿波家を移転先に更新、ひまわりラーメン本店を追加
平成29年11月、一期一会を追加

めんこう

3.27

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

めんこう - こいくち醤油らーめん550円/25年11月

金池激戦区で個性的な醤油を提供する名店!しかも溢れるばかりの大盤振る舞い・コスパの良さ♪山形のたなか家の精神をしっかりと受け継ぐサービス精神!スープは鶏ガラとモミジと豚骨でだしを取った師匠譲りの濃いめの旨さ。麺は中太平打気味の手もみ縮れ自家製麺♪ゆで加減もちょうど良い美味しい麺。トッピングにはたっぷりのチャーシューと白髪ネギにメンマもうまいです。

こいくち醤油らーめん

めんこう - つけ麺醤油中盛350g710円・チャーシュー1枚無料クーポン使用/28年1月

つけ汁の味はさすがブレない濃厚さです。かなり濃いので底に沈んだワカメを食べると確かにしょっぱいと感じますが、でも、汁自体は濃いのにしょっぱいとはあまり感じませんし、独特の旨味さえ感じます。しかも、スープはかなりの熱々です。つけあつはないみたいですが、十分、温度を保って最後まで食べる事ができますので、つけあつがなくても問題なさそうです。麺も太い縮れで美味いです。

つけ麺醤油

麺や貴伝

3.43

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

麺や貴伝 - 肉中華麺930円/平成27年7月

地元米沢中華とは全く趣の違う、しかし、王道メニューの中華そばとして文句なく美味しいラーメン。米沢ラーメンの特徴である極細の強縮れの麺でなく、中程度の太さで縮れ具合も普通。でもそのモッチリした味わいは大変美味しい。スープも米沢ラーメンはちょいしょっぱめの醤油ですが、このスープは琥珀色に透明でしょっぱさ控え目でだしの旨味がよくわかる美味さ。しかも、ラードを張ってコクもあるし熱を逃がさず熱々。チャーシューに海苔・葱・メンマ・ナルトとシンプルですがとても美しい出来、美しいのは美味い。メニューは基本、中華・味噌中華の二種類で、チャーシュー麺に相当する肉中華を加えて四種類。米沢ラーメンに新しい名店の誕生の予感。

肉中華麺

心心

3.46

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

つけ麺 心心 - 魚介豚骨濃厚つけ麺大盛730円(平成24年11月)

ライトウォーク基調の明るい感じのお店ですがメニューはワイルド。つけ汁はドロ系でネギやナルトの下には刻みチャーシューやメンマが沈殿。かなりの甘く魚粉が多すぎてバランス加減に課題はあるものの熱々とした熱気は嬉しい。全粒粉をうたう麺は意外に上品な風味でコシもしっかりした食べごたえのある美味しい麺。課題も散見されるが、コスパもまずまずで、何より米沢でこのタイプのつけ麺を頂けるのは嬉しい。

魚介豚骨濃厚つけ麺

つけ麺 心心 - チャーシュー煮干し中華850円大盛100円増/平成28年6月

スープは心心ブラックと言える真っ黒さ。味は濃いがしょっぱくない。煮干しの風味が深い。スープ表面は脂膜がうっすら付いているが、くどくならないギリギリの薄さ、脂感はそんなにない。背脂は綺麗なとろける極上背脂。麺はなかなかのガシガシ、食べ応えがあり。ガシガシながらツルツルプルンプルンとして小麦の味わいも十分な美味さに野趣溢れる美味さが加味され個性的麺。大盛でもスルッといける美味い麺。チャーシューは控え目あっさり味付け。スープに浸すと深みが増す。メンマは食感よく均一な噛み応えで丁寧に処理されているのが分かる。

チャーシュー煮干し中華

孫悟空

3.44

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

孫悟空

伝統の米沢系中華に赤湯系をコラボしたような意欲的逸品。ラーメンを見てまず驚くのがスープ表面にびっしりの葱!麺が見えないどころか葱でチャーシューも溺れている。たっぷりの葱風味はいやでも食欲増進。コクのある味噌スープにはバッチリ。スープ、麺ともに水準点の悪くない味、特にスープの味噌はマイルドでとても優しい味。別出しの辛味噌は、赤湯系とも違う別の旨味があるように感じる。赤湯系の方が独特の風味が強いかもしれないが、こちらは逆に食べやすい感じがする。全体的には見た目の最初の衝撃に比べると優しい上品な味に纏まっている。

辛みそラーメン

塩結び

3.50

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

塩結び - 鯛中華大盛780円/平成27年9月

米沢市郊外の新進気鋭の新ラーメン店舗♪店名にもある通りの絶妙な塩加減のお店。山形県下でも稀有な塩梅の美味いお店です。

塩結び - 昼15食限定鶏白湯750円大盛100円増/27年12月

鶏パイタンもなかなかです。少し獣臭がありますが、それも込みでの旨さです。sleepさんからもお聞きしていましたが、お店オススメのクリーム投入はびっくりです。こんなお店は初めてです。でも、これが以外に美味いのです。不思議な甘みとコクが出て、想定外の旨さに切り替わります。それに、鯛中華の細麺と違って、こちらはコシのある中太のもっちり麺でこれがまた鶏白湯にぴったりあって美味しいです。

鯛中華・鶏白湯

とんとんラーメン

3.33

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

とんとんラーメン - 煮干醤油ラーメン650円/平成27年10月

龍上海とは別の米沢に棲息している赤湯系のラーメン店。山形市小白川にあった名店・赤湯とんとんらーめんの伝統を引き継いでる?お店。風間の名店・赤湯とんとんとの関係は分からないが、赤湯系醤油の好きなモーパパには好みの味です。

煮干醤油ラーメン650円

龍上海 米沢支店

3.52

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

龍上海 米沢支店 - 赤湯からみそラーメン830円/27年10月

今更説明の必要もないコテコテの名店です。ですが、風邪を引いて、改めてこちらの辛味噌ラーメンのパワーを思い知りました。こんな有名すぎるお店を載せるのは不本意ながら、実はむしろそれほどの名店であったと再認識です。

赤湯ラーメン・赤湯辛味噌・醤油チャーシュー・辛味噌チャーシュー

山喜

3.57

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

山喜 - もやしみそラーメン850円/27年12月

限定15食の「もやしみそラーメン850円」です。「クリーミー、シャキシャキもやし、まろやかスープ、会津地鶏」メニューには様々な魅力的なキーワードが並んでいます。ひとくちすすり、これが味噌である事が驚きです。モーパパの思う味噌の概念を覆す味噌ラーメン。クリームみたいな素敵な味噌。驚きの味噌スープ。雑味がなく動物系の臭みがまったくない、この炒め方やスープの取り方は絶妙♪

山喜 - 会津山塩ラーメン大盛820円/27年12月

大塩裏磐梯温泉水使用の会津山塩と解説にあります。福島のマイレビさんからよく聞かされていたSio-YAのあの山塩です。会津山塩の特長や普通の塩との味の違いはよく知りませんが、確かに塩の旨味がしっかりしている美味しいスープです。モチモチ手打ちのピロピロした中太縮れ麺で、スープもよく絡んで美味しくいただけます。雑味が全然ないスープで、あくまでも塩が主役である事をしっかり主張しています。塩分濃度は高そうですが、同時に旨味もしっかりしています。

もやしみそラーメン・会津山塩ラーメン

マハロ

3.08

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

置賜ラーメン マハロ - 担担麺750円/27年11月

スープは、ゴマだれのコクなあるまろやかなスープです。辛さは食べる内にジンジンとやってきました。麺は中太縮れ、赤湯系に近い感じもしますが、ピロピロのひしゃげ感はあまりありません。トッピングには鶏チャーシューが三枚ついています。これからの健闘に期待したい気になるお店です。

担々麺

中華麺 ごとう

3.14

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

中華麺 ごとう - 特製坦々麺1000円大盛無料クーポン使用/27年12月

スープ自体は担々麺らしくない程にシャバ系でとろみも全くないのでちょっと個性的な感じのする担々麺です。ゴマの風味は勿論ですが、隠し風味に柚子の爽やかさの演出もあり、麺匠時代の風味もどこか思い出されます。麺は、麺匠時代の風味を思い出させてくれたフラットで好きな麺です。麺匠時代は大盛でも物足りなかったですが、今はちょうど良い感じです。トッピングの味玉もチャーシューも美味しくいただきました。ほんのりニンニクの香りがしたのはスープかと思っていましたら、後で見たラーメンウォーカーの記事によると味玉を煮た時の香り付けだとの事でした。細かいところまで気配りもこまやかです。上品に柔らかいチャーシューも絶品でした。

特製担々麺

味噌屋 三男坊

3.28

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

味噌屋 三男坊 - やまがた辛味噌らーめん(海老風味)830円大盛100円増/28年1月

市役所近くの本店とは麺もスープもまるで違います。何度か通って、ようやく認識を新たにいたしました。きっとここは美味しい…と、思う。

しばらくは、検証作業を続けていきたいお店です。

やまがた辛味噌らーめん(海老風味)

阿波家 米沢店

3.20

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

阿波家 米沢店 - いそ塩ラーメン750円/28年3月

麺は自家製麺で、製麺室にて厳選した小麦に赤ワインと地玉子を加水つなぎに使用して、毎日、その日の分だけ作るのだそうです。まず、この塩スープ、間違いなく美味いです。麺は、極細まではいかない細ストレート麺です。塩ラーに細ストレートはどうだろうかと、聞いただけなら私も心配になる組み合わせですが、この麺がまた細いくせに質感、重量感があり、食べた感がある麺だから驚きます。トッピングのメンマも美味いし、チャーシューもほろほろほどけてとろり柔らか♪最高です。

塩ラーメン/いそ塩ラーメン

ひまわりラーメン 本店

3.14

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

ひまわりラーメン 本店 - ねぎバカラーメン800円/28年3月

スープは、脂質がやや多め、醤油風味がネギと合わさってなかなかうまいです。それも、ただのネギの微塵切りじゃないような…中華でいう油通しみたいな風味?もっともそんな事はしていなくとも、これだけ脂分の多い熱々スープに入れたら結果的に近い効果になるか?香ばしさを加えたネギの風味がなかなかにナイスです。米沢近郊にありながら麺は細いストレート麺。米沢にも赤湯にも媚びない姿勢は立派なものの、これでまずかったら最悪…ですが、これがまた美味い。スープが意外にからんで美味。トッピングの玉子は半熟で嬉しい。メンマも程よい美味い仕上がり。チャーシューは薄めで、柔らかいもののちょっと食べた気がしません。

ねぎバカラーメン

一期一会

3.10

夜の金額: ~¥999

昼の金額: -

一期一会

東京で豚骨修行をしてきた店主があえて米沢で選んだ背脂醤油ラーメンです。いつの日か店主渾身の豚骨ラーメンをいただきたい♪

黒太郎

※本記事は、2017/11/10に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ