【新横浜駅周辺】新横浜ラーメン博物館でおすすめのラーメン6選

出典: hakata-annさん

【新横浜駅周辺】新横浜ラーメン博物館でおすすめのラーメン6選

横浜駅からもアクセス良好な、「新横浜ラーメン博物館」は、国内をはじめ世界各地の名店のラーメンが味わえます。食べ歩きを楽しむためにミニラーメンも用意されているので、レギュラー店や話題性のある期間限定店など、ぜひいろいろな味を食べ比べてみてください!

キーワード
ご当地グルメ
とんこつラーメン
みそラーメン
塩ラーメン
醤油ラーメン
おしゃれ
おすすめ
食べ歩き
食べログまとめ編集部

記事作成日:2017/10/16

19343view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1373の口コミを参考にまとめました。

支那そばや 新横浜ラーメン博物館店

3.71

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

【支那そばや 新横浜ラーメン博物館店】は、「支那そばや」の創業者・佐野実氏が、新横浜にオープンしたラーメン店です。

おすすめのラーメンは、「醤油ラーメン」。ラーメン好きなら一度は食べてみたいと思う、芸術的なラーメンだそうですよ。

スープは、鶏の旨みと香りが凝縮した醤油スープ。あっさりながら、深い味わいを感じるラーメンだそうです。

麺は、北海道産の小麦を使用した、自家製のストレート細麺。ツルツルとした食感で、喉越しもいいとのこと。

全国のラーメンファンが集まる新横浜ラーメン博物館の中で、安定した人気を誇るラーメン店です。

スープはあっさりしつつも、ギュッと旨みが詰まった醤油ラーメン(*^-^*) あぁ~美味しいです~(*´-`) こんなに美味しい醤油ラーメンにはなかなか出会えません。麺は細めのストレート。あっさりスープでもしっかりと融和しています。麺も美味しいなぁ…。

出典: ラーメン☆ゆっかさんの口コミ

さて、ラーメン。美味しいです。スープの加減がちょうどよい。麺の硬さ・太さもワタクシは好みでございます。なるほどの醤油ラーメン。

出典: 大きなやまちゃんさんの口コミ

龍上海 横浜店

3.63

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

【龍上海 横浜店】は、山形県赤湯に本店のある「龍上海」が、新横浜ラーメン博物館に出店したラーメン店です。

おすすめのラーメンは、「赤湯からみそラーメン」。唐辛子入りの味噌を溶かして食べる、看板メニューのラーメンとのこと。

スープは、鶏ガラベースにたっぷりの煮干しを加えたもの。全国各地の様々な味噌をブレンドした、濃厚で深い旨みのあるラーメンなのだとか。

麺は、自家製の平打ち中太麺。一玉一玉丁寧に手揉みされた、モチモチ、シコシコの麺とのこと。

山形で人気のご当地ラーメンを、新横浜ラーメン博物館で味わうことができますよ!

まずはスープを一口飲んでみると油多めで熱々。煮干しの効いた味噌スープは旨みが濃縮されていてとっても旨い。麺は縮れ太麺で平打ちウネウネ感があり。少々軟らかめの茹で加減。濃厚スープとからみついて非常に舌触りが良い。

出典: nabechawanさんの口コミ

自家製平打ち麺は山形っぽいね。手もみの縮じれ麺。この麺はスープと絡みますね。ピロピロとした食感が心地よい。スープの表面の油層を通過するので、麺の表面は油に浸されツルツルになりますね。

出典: 麺’s倶楽部さんの口コミ

利尻らーめん味楽 新横浜ラーメン博物館店

3.68

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

【利尻らーめん味楽 新横浜ラーメン博物館店】は、利尻産の利尻昆布をふんだんに使った、和風スープが自慢のラーメン店です。

人気のラーメンは、「焼き塩ラーメン」。利尻昆布の旨みたっぷりのスープに、焼き塩で風味を付けたラーメンとのこと。

スープは、利尻昆布の旨味が凝縮した極上のスープ。濃厚な昆布ダシと、動物系の旨味が絶妙にマッチしたラーメンだそうです。

麺は、中太の熟成縮れ麺を使用。モチモチとした食感でスープともよくからむとのこと。

「利尻まで行かずに新横浜ラーメン博物館で食べることができます」という口コミが多数見られました。

少しグレー掛かったスープで、塩のにがりで、後味にやや苦味があり、そして焼き塩の香ばしい風味で若干塩辛のですが、昆布だしの旨味が凝縮された美味しいスープです。( ^ω^ )

出典: 純楼【ぢゅんろー】さんの口コミ

今回そのミニサイズの「ミニ焼き塩らーめん」を頂きました。こちらも「利尻昆布」をふんだんに使っているとの事、濃厚な昆布だしのスープになります。具に「針生姜」が入っているところが「焼き醤油らーめん」との違い、ミニサイズですからもちろん今回もスープは完飲です。(^-^)

出典: S・ハンセンさんの口コミ

こむらさき 新横浜ラーメン博物館店

3.53

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

【こむらさき 新横浜ラーメン博物館店】は、新横浜で王道の熊本ラーメンが味わえる、人気のラーメン店です。

自慢のラーメンは、「王様とんこつラーメン」。じっくり炒りあげたニンニクチップと、多彩な具材が特徴のラーメンとのこと。

スープは、とんこつをベースに、鶏ガラをブレンドしたまろやかなスープ。アクと余分な油をカットした、ヘルシーでマイルドなラーメンだそうです。

麺は、少し細目の自家製オリジナル麺。口の中での歯応え・喉越し・スープとの相性など、研究を重ねてでき上がった麺とのこと。

ベジタリアン用に野菜だけで作られたラーメンも人気がある、新横浜ラーメン博物館のお店です。

見た目がもう熊本ラーメン。白濁したスープに薄く切られたチャーシューと木耳、メンマ、もやし、万能葱と元祖焙煎ニンニクがスープ一面にちりばめてある。スープを飲むと脂っこさはなくとんこつ臭、灰汁もなくあっさりとしていて焙煎ニンニクの香がして美味しい。

出典: バオバブさんの口コミ

豚骨スープにチャーシュー、メンマ、もやし、きくらげ、ニンニクチップが乗っています。
麺は細麺ですが、博多ラーメンよりは少し太め。スープは濃厚で美味しいです。ニンニクチップも合っています。チャーシューは、薄めの標準的な感じですが、3枚なのでノーマルラーメンにしては多め。

出典: yofukashiさんの口コミ

無垢 ツヴァイテ

3.61

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

新横浜ラーメン博物館に2号店をオープンした【無垢 ツヴァイテ】は、フランクフルトに本店を構えるラーメン店です。

人気のラーメンは、「無垢ラーメン」。まろやかな魚介と、優しいとんこつ醤油の2層のスープが自慢のラーメンとのこと。

スープは、とんこつと鶏ガラを中心に、3日間かけてブレンドしたスープ。鰹節や昆布の和ダシと、鶏油と魚介を合わせたラーメンだそうです。

麺は、ピザ用の小麦と、パスタ用のデュラム粉を配合した平打ちの極太麺。力強いスープと絶妙なコンビネーションのこと。

新横浜ラーメン博物館の中で、ビストロのようなおしゃれな内装が人気のお店です!

魚介の層が上、豚骨ベースの動物スープが下の層になっています、混ぜる前に上の層のスープを飲んでみて下さいと言われたので、啜ると確かに上品な魚介の味が広がります、但し、ラーメンとしては混ぜ混ぜして食べた方が美味しいです。

出典: さとうみゆけいさんの口コミ

濃厚な動物魚介スープは上層と下層で味が異なる。上層は鶏油と魚介を攪拌させたものだそうで、ふんわりとした柔らかいコクと塩気も穏やか。下層は鶏、豚の動物系白湯の力強いコクと旨味でスープの味わいがグッと深まる。

出典: sanokuniさんの口コミ

琉球新麺 通堂

3.33

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2001年、ご当地ラーメンがない地域に新たなラーメンを提案するラーメン博物館企画「新ご当地ラーメン創生計画」で誕生したのが【通堂】です。

地元沖縄で育まれながら進化を遂げ、新横浜ラーメン博物館に復活しました。

こちらは、沖縄の食材を生かしたあっさりしながらもコクのある「通堂うま塩ラーメンおんな味」です。

麺は細麺ストレート麺なのだとか。スープは豚のげんこつと鶏ガラ、野菜、昆布などで作られているそうです。

飲むとあっさりしていながら、深みがあるそう。スープと麺の食感やバランスもいいそうです。

新横浜駅周辺の新横浜ラーメン博物館で、沖縄で人気のラーメンを味わってみてください。


・ミニ通堂うま塩ラーメン おんな味
豚のげんこつと鶏ガラの動物系に野菜や昆布をあわせています滋味深く柔らかな塩味のスープに玉ねぎのみじん切りがよくあいます麺はくっきりとした歯応えがありしなやかな啜り心地のストレートの細麺でスープの持ち上げは上々

出典: ブヨンさんの口コミ

麺は、細麺ストレートですが、博多ラーメンなどよりもやや幅広というぐらいの細さのものです。スープは公式サイトによると、「豚のげんこつと鶏ガラ、数種類の野菜、そして昆布で作られたスープは最後の一滴まで飲み干したくなる優しい味わいです。」とのこと。

出典: ランチ向上委員会さんの口コミ

※本記事は、2017/10/16に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ