三軒茶屋のラーメン20選!こってり派もあっさり派も必見

出典: ふぇーさんさん

三軒茶屋のラーメン20選!こってり派もあっさり派も必見

三軒茶屋は東京都世田谷区にあるラーメン激戦区。質の高いラーメン屋さんが軒を連ねるエリアとして知られています。この記事では、三軒茶屋駅周辺にあるおすすめのラーメンをまとめました。家系ラーメンの激戦区としても知られる三軒茶屋ならではの人気店のほか、あっさり淡麗系の有名店など幅広くご紹介します。

キーワード
ランチ
とんこつラーメン
みそラーメン
塩ラーメン
醤油ラーメン
おしゃれ
隠れ家
個室
深夜営業
食べログまとめ編集部

更新日:2020/10/22 (2020/10/21作成)

299view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる2521の口コミを参考にまとめました。

三軒茶屋駅周辺でこってり系のラーメンが美味しいお店

ラーメン茂木

3.65

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩2分ほどの場所にある「ラーメン茂木」。ラーメンを中心とした中華料理が楽しめるお店です。

席数は17席ほど。テーブル席とカウンター席を完備とのこと。

写真は「雲呑麺」。大きな器に自家製ワンタンやチャーシュー、ネギや海苔などが盛られた一杯だそうです。

動物系ベースのスープは、濃厚ながらごくごくと飲めてしまうのだとか。細めでやわらかめの麺が、スープによく絡むそう。

「又焼麺」は、ビッグサイズのチャーシューがたっぷり盛り付けられた一杯だそうです。ガッツリ食べたい人におすすめとのこと。

「角煮料理」や「皿雲呑」などの一品料理とあわせて楽しみたいラーメンとのこと。

店内は厨房を囲むL字カウンターにテーブル席も何席かありますね。券売機はなくお店の方に注文&後払い方式になってるよ。

出典: Azzurriさんの口コミ

・雲呑麺
雲呑は大振りのものが5個。皮が厚めで、ワンタンと言うより水餃子に近いかな。ニラの味がするたっぷりの餡も餃子みたい。ボリュームたっぷりでこれは食べ応えありますね。ラーメンでもいいけど、この雲呑はつまみで醤油をつけて食べてみたい。

出典: buff-buffさんの口コミ

サンチャ フカミ

3.52

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

「サンチャ フカミ」は、三軒茶屋駅から徒歩5分ほどの場所にあります。阿波尾鶏を使用した徳島料理の数々が楽しめる居酒屋です。

席数は20席ほど。個室も完備しているそう。

写真は「徳島ラーメン」。チャーシューの代わりに豚バラを盛り付けた、徳島ならではの一杯だそうです。

甘みが感じられる濃厚な豚骨醤油スープと、細麺の相性が抜群とのこと。本場に倣って、ご飯と一緒に食べて欲しいそう。

「鶏塩ラーメン」は、徳島県の地鶏である阿波尾鶏を使用した一杯だそうです。香ばしく焼き上げた鶏チャーシューと、しっかり味がついたメンマが盛り付けられています。

徳島の地酒を楽しんだ後の、〆の一杯に最適だそう。

店頭に着くとまぁ洒落乙な外観でびっくり。外から見るとカウンターバーなんですけど奥に個室的な隠れ家がありましてそちらにお邪魔いたしました。気になるメニューがたくさんあったので色々頼みまして、店員さんおすすめの揚げメンマとか衣がサクッとしていて美味しかったなぁ。

出典: あまおじさんさんの口コミ

・徳島ラーメン
少し濃厚な生卵の入った徳島らーめんは飲みの〆に合うんですよ。硬めな麺に濃厚でとろっとしたスープが案外するっと入るほどしつこくなく優しい甘さのスープが合う。

出典: MARIN5656さんの口コミ

藤しろ 三軒茶屋店

3.49

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩2分ほどの場所にある「藤しろ 三軒茶屋店」。フレンチ・イタリアンのシェフを勤め上げた店主が手がける、化学調味料不使用の白湯ラーメンが楽しめるお店です。

店内は、カウンターが10席ほど。

写真の「芳醇鶏白湯味玉ラーメン」は、味玉やチャーシュー、ナルトなどがトッピングされた一杯。

スープは大山地鶏と仔牛、牛バラのローストを使用したコクが深いものなのだとか。人気製麺所のストレート細麺を使っているそう。

「芳醇鶏白湯味玉つけ麺」は、スープの深みを際立たせる、無化調ストレート太麺の旨みまで楽しめる一品だそうです。

スープは、煮干しやかつお節といった出汁の美味しさも感じられるとか。

・芳醇鶏白湯つけ麺
大山地鶏の丸鶏とガラと仔牛の骨スジ肉に牛バラ肉のローストを使ったつけ汁。鶏白湯よりも肉の香りの方が強く感じる酸味のあるスープでしたが卓上にあるレモン生姜を投入するとバランスいいかも。無化調にこだわり・ラーメンとつけ麺ではスープも麺も違うものを使ってるんだね。

出典: Azzurriさんの口コミ

このお店はサービスがとても良く、女性には紙エプロンをすすめて持ってきてくださったり、他のお客さんの人数の関係で席をずらさなければならない方にはサービスをしたり、私の麺少なめリクエストにも応えてくださったりととても良心的な印象だった。

出典: la_la_lasagna*さんの口コミ

節骨麺 たいぞう 三軒茶屋店

3.49

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩3分ほどの場所にある「節骨麺 たいぞう 三軒茶屋店」。産地にこだわった厳選素材を使用したラーメンが楽しめるお店です。

席数は13席ほど。店内は、活気あふれるアットホームな空間とのこと。

写真は「筋骨こってりたいぞうらーめん」。魚介・豚骨・鶏骨の自家製黄金ブレンドスープと、名高い製麺所と共同開発した極上麺が楽しめる一杯だそうです。

トッピングはチャーシューや味玉、ネギや海苔など。

「台湾まぜそば」は、ひき肉や卵黄、ニラや魚粉などが盛り付けられた、パンチが効いた一皿なのだとか。

つけ麺専用の風味豊かな太麺に、ピリ辛のタレがよく絡むとか。最後は追い飯を入れて、具材と混ぜて食べるのがおすすめとのこと。

・中華そば
スープは、鶏ガラが強めの煮干し系醤油清湯のような感じで、若干塩味が強いもののしっかりとした旨みが感じられるので丸みのある味に仕上がっています。麺は、今はやりの冷や麦のようなストレート麺にしっかりとした腰を持たせたような、美味しい麺です。

出典: shimp75さんの口コミ

・節骨こってりたいぞうらーめん
麺は中太ちぢれ麺でもちもちしていて美味しいし、濃厚な魚介豚骨ラーメンですが嫌なしつこさはありません。案外すんなり体の中に入っていきました。コクもあり、美味しいです。

出典: 前田前田さんの口コミ

瀧井

3.44

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩3分ほどの場所にある「瀧井」。豊富な種類の中華そばが楽しめるお店です。

店内には、カウンターが9席ほど。白を基調とした清潔感がある空間とのこと。

「とんそば」は、とろけるような食感のチャーシューが盛り付けられた一杯とのこと。

スープは動物系の醤油ベースで、熟成感があるコク深いそう。ストレートの中細麺は、歯ごたえと喉越しが楽しめるのだとか。

ラーメンと一緒に、「黒やきめし」も楽しむのがおすすめのようです。チャーシューとネギのみのシンプルな炒飯に、プルプルの目玉焼きがトッピングされた一品だそう。

卵を崩して楽しんだり、スープに浸して食べるのもおすすめとのこと。

・黒焼きめし
絶妙な半熟の状態を崩すときの程よい緊張感たまりません。黒チャーハンはしっかり目の味でどんどん食べ進めらちゃいます。具材も大きくゴロゴロしていて何口目もすべてが美味しい。たまごと合わせてもまろやかで美味。たまらんです。

出典: 洋一風さんの口コミ

・中華そば
スープ、出汁がきいてて美味い。サラッとしてあっさりしてるけど、味は少し濃いめかな。麺は細いストレートの卵麺。少し硬めに茹でてあって、細麺ながら噛みごたえある感じ。スープと麺の相性がぴったりで、味わって食べようと思ってもツルツルっといってしまう。

出典: マクイーワンさんの口コミ

らーめん こうすけ

3.42

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

「らーめん こうすけ」は、化学調味料不使用のグルテンフリーラーメンも楽しめるお店だそうです。三軒茶屋駅から徒歩3分ほど。

席数は16席ほど。テーブル席とカウンター席を完備とのこと。

写真は「魚介醤油ら~めん」。厚切りのチャーシューに刻み玉ねぎ、メンマや海苔がトッピングされた一杯です。

海老とホタテの風味が効いた魚介醤油スープは、濃い口で美味しいとのこと。歯ごたえ抜群の中細麺と一緒に楽しむラーメンだそうです。

「たまり醤油らーめん」は、無化調の濃い口醤油をたっぷり使用一杯だそうです。トロリとしたスープは、風味高く濃厚とのこと。

麺は玄米麺に変更できるので、食べ比べるのもおすすめだそう。

・柚子ラーメン
このラーメンに柚子抜群に合います。しかも柚子さほどの量ではないので 前に主張しなさすぎくらい。少し柚子みたいな 控えめ 私は丁度そのくらいの柚子主張でよかったです。

出典: じゅんじゅん3010さんの口コミ

・魚介醤油らーめん
スープはとてもあっさりめな魚介系ですね。ぺろっと食べてれしまいます◎麺はしっかりとした細めで全体的にヘルシーな印象になります。女性向けのメニューですかね。野菜とも良い相性で二日酔いでも食べれそうです^^

出典: ninji_nさんの口コミ

らーめん佐とう 三軒茶屋店

3.29

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩2分ほどの場所にある「らーめん佐とう 三軒茶屋店」。駅チカで抜群のロケーションかつ、深夜まで営業しているラーメン屋さんです。

席数は22席ほど。連日、〆のラーメンを求めて多くの人で賑わっているそう。

写真は「らーめん」に、海苔を追加でトッピングしたもの。大きな厚切りチャーシューがドンとのった、横浜家系ならではの一杯だそうです。

豚骨醤油スープは、濃厚かつ口当たりまろやか。背脂の量や麺の硬さは、お好みで選べるとのこと。

「黒マー油らーめん」は、焦がし油入りの一杯だそうです。歯ごたえがあるモチモチの太麺と一緒に楽しめるラーメンとのこと。

他には、たっぷりチャーシューの「ネギチャーシューめん」や、真っ赤なスープの「辛めん」もおすすめだそう。

・らーめん
具は大きな叉焼1枚と支那竹、海苔と葱だ。スープは見た目よりはあっさりとしていて飲みやすい。若干しつこさを感じるのは化調かもしれない。麺は家系らしく太麺で微妙に縮れている。スープに絡まない分、小麦粉の味が感じられる。悪くない。叉焼はホロホロと柔らかくて味がしみている。

出典: 耶馬英彦さんの口コミ

・チャーシュー麺
めちゃめちゃ柔らかくて、箸でつつくとすぐほぐれてしまうのですが、このほぐれたチャーシューが絶品。ほぐれたチャーシューを麺に絡めて食べたり、ほぐれたチャーシューごとスープをレンゲに入れて飲んだり、とにかくこのチャーシューをほろほろと味わうのが素晴らしかったです。

出典: sellarmさんの口コミ

らーめん 高はし

3.27

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

すずらん通りに店舗を構える、家系ラーメンが楽しめる「らーめん 高はし」です。三軒茶屋駅から徒歩1分ほどの場所にあります。

席数は19席ほど。カウンター席とテーブル席を完備とのこと。

写真は「味玉味噌らーめん」。味玉やチャーシュー、白髪ネギなどをたっぷりトッピングした一杯です。スープは、味噌のコクとバター風味が楽しめるのだとか。

麺の硬さや油の量などは、好みに応じて調整できるそう。

こちらのお店は、家系と呼ばれるラーメンをバリエーション豊かに取り揃えているそうです。

コクが深い醤油豚骨スープが楽しめる「味玉らーめん」や「チャーシューめん」、「つけめん」などもおすすめとのこと。

・味玉ラーメン
円やかな豚骨醤油で飲みやすい。味玉は、程よい味加減。ほうれん草に、ブロックチャーシューは食べ応えバッチリ。麺は平打ちの中太麺で弾力感のある食感とツルッと入る喉越しがGOOD。サービスの半ライスもスープと一緒に一気に完食しました。

出典: ガイヴさんの口コミ

適度に生ガラの炊き出し感のあるスープは濃厚さとマイルドさが合わさり美味しい!程よく獣臭がするのが良さだと感じてます!麺はオーソドックスな平打ちストレートだけど、これが食べたくて来てます^ ^基本に忠実ながら、炊き出しならではの日々の味の違いを楽しめます!

出典: yuta86さんの口コミ

横浜らーめん 大塚家

3.22

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩1分ほどの場所にある「横浜らーめん 大塚家」。ラーメンの有名店で修業を重ねたという店主が作り上げる、こだわりのラーメンが楽しめるお店です。

連日多くの人で込み合うそうなので、時間に余裕を持っての訪問がおすすめとのこと。

写真は基本の「ラーメン」に、海苔を追加トッピングしたもの。トロリとしたまろやかな豚骨スープと、中太麺が楽しめる一杯とのこと。

チャーシューは、味がしっかり染みた一枚だとか。

「特選ラーメン」は、味玉やチャーシュー、ほうれん草や海苔がトッピングされたボリューム満点の一杯だそうです。

卓上の調味料で、味の変化を楽しんで食べる人が多いそう。特にチーズと豆板醤をかけて、ピリ辛マイルドにするのがおすすめだとか。

・ラーメン
女性にすんなり受け入れられそうです。豚骨感はコクがあり、わずかにクリーミーさも感じられました。醤油感は強めだがまろやか。鶏油は適量、風味は弱め。スープ温度はしっかり熱めでした。

出典: kingtakaさんの口コミ

・ラーメン
スープはコッテリなんだけど、胃がもたれる感じはなく、また生姜とあいまって美味しいね。麺は表面がツルツルでいい感じ。最後はご飯をレンゲにすくってラーメンスープで頂きました。

出典: butakomaさんの口コミ

らーめん蓮 三軒茶屋店

3.11

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩3分ほどの場所にある「らーめん蓮 三軒茶屋店」。国内で評価が高い、味噌ラーメンの数々が楽しめるお店とのこと。

席数は10席ほど。清潔感がある店内で、女性も訪れやすい雰囲気だとか。

写真の「トマト味噌らーめん」は、三軒茶屋店限定の一杯だそうです。とろみがある濃厚な味噌ベースのスープに、トマトを加えた新感覚ラーメンとのこと。

具材は水菜やチャーシュー、もやしなど。〆にご飯とチーズを入れて楽しむそうです。

「辛味噌らーめん」は、山盛りの野菜にチャーシューを盛り付けた一杯だそうです。味噌スープと辛味が相まって美味しいのだとか。

中太縮れ麺は、濃厚な味噌と相性が良いそう。

・トマト味噌ラーメン
具は炒めたモヤシと水菜、角切りのチャーシュー。チャーシューを角切りにしたのはいいアイデアですね。途中で味変にタバスコを投入。パスタ感覚で合っています。最後の方に遊びで魚粉を投入。合わないと思っていたら、意外に美味しい。イタリアンから和風になった感じ。

出典: あばれない君さんの口コミ

・担々つけ麺
食感重視という感じの太麺に、つけダレには大量の水菜。担々のつけダレは濃厚で、麺に絡んで美味しい。

出典: BLANYさんの口コミ

味噌一 三軒茶屋店

3.14

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩4分ほどの場所にある「味噌一 三軒茶屋店」。味噌を「身礎」と説く、店主の独自の哲学が感じられ、こだわりの味噌ラーメンが楽しめるお店です。

店内は、カウンター席が中心とのこと。

写真は「味噌一ラーメン」。コーンやワカメ、バターなどがトッピングされたお店スタンダードの一杯だそうです。

スープは、コクがある濃厚味噌とのこと。麺は、太麺か細麺のいずれかを選べるそうです。

辛さの段階に応じて、「ピリ辛」、「火吹」、「爆発」の3種類がラインナップされているそうです。「唐元」という、お店秘伝のタレを使用しているとか。

白味噌に52種類ものスパイスと食材をまぜた、独自のブレンドスープが特徴とのこと。

・味噌一ラーメン
スープは味噌がやや強めの良い感じ。これに刻みニンニク入れたら旨いんだろ~な、なんて妄想しながら麺に進む。太麺は多加水モチモチ麺。大盛りでもペロッとイケちゃう。

出典: butakomaさんの口コミ

・爆発
味噌には油と辛さが良く合う、そのスープに細麺を絡めて食べればこの上ない幸せが待っている。油が浮いているので当然ラーメンは熱々。つまみにしていたメンマもスープに潜らせて食べるのも楽しい。後半はにんにくとすりゴマを投入して、更にジャンク感を増して食べるのが好み。

出典: 15年目の猫さんの口コミ

せい家 三軒茶屋店

3.07

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩1分ほどの場所にある「せい家 三軒茶屋店」。素材からこだわった、シンプルかつ完成度が高い家系ラーメンが楽しめるそうですよ。

店内は、清潔感があるとのこと。カウンターとテーブル席を完備。

写真は「らーめん」。チャーシューやほうれん草、海苔がトッピングされた一杯です。

スープは、豚骨と鶏ガラをじっくり煮込んだもの。濃厚かつ爽やかな味わいで、全体的にバランスがとれた味だとか。

「ネギらーめん」は基本の「らーめん」に、特製のタレで和えた白髪ネギをたっぷりとのせた一杯だそうです。

モチモチで歯ごたえ抜群の太麺と、シャキシャキのネギとの相性が抜群だとか。

・味噌ラーメン
太麺もスープと絶妙に絡み、味噌の主張も程よく出汁の動物系スープとの調和も抜群!三茶で味噌ラーメンを食べたくなったらせい家に行くのあり!個人的に家系の中で好きな部類です!

出典: sunao_dayo1019さんの口コミ

・ラーメン
頂いてみると見た目の通りコク深いちゃんとしたスープだ。胡椒とニンニクを加える。なかなかいける。馬鹿にできない。途中から酢を加え、ピリッとさせる。結局、スープも殆ど飲み干した。

出典: 味覚人肥行物体さんの口コミ

三軒茶屋駅周辺であっさり系のラーメンが美味しいお店

めん和正

3.76

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

「めん和正」は、三軒茶屋駅から徒歩5分ほどの場所にあります。連日多くの人で列を作るラーメン屋さんなのだとか。

お店の方が、永福町にある中華そばの有名店「永福大勝軒」と、松陰神社前の「ふくろう」で修業されたということでも注目を集めているとのこと。

席数は10席ほど。テーブル席とカウンター席があるそうです。

写真は「中華麺」の味玉トッピング。チャーシューとメンマ、海苔がトッピングされたシンプル故に完成度が高い一杯だそうです。

スープは煮干しの魚介醤油風味で、旨みとほのかな苦味が楽しめるものだそう。中太の縮れ麺との相性抜群とのこと。

こちらのラーメン屋さんは、「中華麺」と「つけ麺」の2種がおすすめだそう。写真の「つけ麺」は、甘みと酸味が感じられるスープが特徴だそうです。

トッピングとして、味玉を追加するのがここでの通の食べ方だとか。

・中華麺
スープは魚介系のしっかりとコクのある出汁。魚介系の出汁がしっかり効いている!永福町、梅が丘でも味わったことのない香りに感動しました。丁寧に出汁を出している。そんな感じでした。

出典: tarfafroさんの口コミ

・つけ麺
甘みと酸味が強いアマウマ系魚介つけ麺でした。つけ麺なので、当然味濃いめでしたが、グビグビ飲んでしまいました。かなり好みのつけ汁!

出典: ラーメソマンさんの口コミ

臥龍

3.70

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

和風ラーメンを手がける名立たるお店で修行を重ねた店主が作る、こだわりの一杯が楽しめるお店「臥龍」。三軒茶屋駅から歩4分ほどの場所にあります。

席数は、カウンターが10席ほど。店内は、和食店の佇まいだそう。

写真は「鶏チャーシュー麺」。乳白色の軍鶏白湯スープに、鶏のももとむねのチャーシュー、ネギとメンマがトッピングされた一杯だそうです。

さらりとした白湯スープは、身体の芯に染み渡る美味しさだとか。

「肉麺」は、炙り豚のチャーシューや味玉がトッピングされた一杯だそうです。蓮根を練り込んだ麺は、喉越し爽やかな食感だとか。

白湯を初めて食べる人も、食べ慣れた人も楽しめる一杯に仕上がっているそう。

・冷やしのわさび風味
トロッとした白湯スープは、冷たくても全くくどくない。わさびの刺激が鼻にぬけていくのも心地よい。そしてチャーシュー(デフォは胸肉2枚)は、2種類とも素晴らしい。特に追加したもも肉はロールされていて、中まで味がよく染みている。

出典: うっちっちさんの口コミ

・鶏チャーシュー麺
少しとろみがあり濃厚なんだけど、味がキレイというか、あの鶏白湯独特の後味の悪さが全く感じられません。なんてまろやかな優しい旨み♪たぶん塩分もギリギリのところで抑えてるんだろうな。

出典: 北沢2丁目さんの口コミ

らーめんラブル

3.43

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩4分ほどの場所にある「らーめんラブル」。都内にいながら千葉県発祥の竹岡式ラーメンが楽しめるお店です。

席数は20席ほど。店内は、古き良き時代が感じられるレトロチックな空間だそう。

写真は「黒ラーメン」。色が濃いスープに刻んだ玉ねぎ、チャーシューやメンマをトッピングしたシンプルな一杯だそうです。

お肉の旨みが感じられるスープは、醤油と麺茹湯で味を整えているそう。麺は、乾麺か生麺から選べるとのこと。

「鶏だし中華そば」は、鶏と香味野菜をじっくりと煮込んだスープが特徴の、昔ながらの一杯だそうです。

他にも、輪切りのレモンがのった「レモンラーメン」や「勝浦風タンタンメン」もおすすめとのこと。

・黒ラーメン
ブラック! レンゲにはもうスープの黒が染み付いている。そんな黒いスープには、玉ねぎの角切り、チャーシュー、メンマ、海苔が浮く。味は、しょっは?めの醤油ラーメンて?、結構クセになる。

出典: アダログさんの口コミ

・レモンラーメン
スープもさっぱりしていてそれがとても好みだった。最初の一口が美味しいのはあるけどさっぱりが続くので、食べ続けて飽きないという意見。色の濃い醤油ベースなので家系を食べ慣れた私には「黒い!」と印象をもったけからこそこのさっぱり感がたまらなかった。

出典: 三茶散歩さんの口コミ

AFURI 三軒茶屋

3.39

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩2分ほどの場所にある「AFURI 三軒茶屋」。神奈川県の阿夫利山から湧き出る天然水を使用した、ラーメンが楽しめるお店です。

席数は19席ほど。店内は、おしゃれな和モダンの空間だそう。

写真は「柚子塩らーめん」。黄金色のスープに柚子や水菜、味玉やチャーシューをトッピングした一杯だそうです。

国産鶏や魚介、香味野菜をじっくり煮込んだスープは、体中に染み渡るような繊細な味わいだとか。

「彩り野菜のヴィーガンラーメン」は、こだわりの植物性素材を使用した、野菜の旨みが楽しめる一杯だそうです。

麺は全粒粉や平打ち、蒟蒻麺から選べるとのこと。健康に気を使いたい人からも、熱い支持を受けるラーメンだそう。

・柚子塩ラーメン
黄金色に輝くスープに柚子の香りが爽やかです。まずはスープをひと口飲むと、ダシが効いてて美味しい。麺は細めのストレート。オーダー後に炙り焼きされたチャーシューは、トロッと柔らかくて豚の旨味が最高!ゆで卵は半熟で黄身トロトロ?海苔も美味しいです。

出典: れっどチェダーさんの口コミ

・醤油らーめん
一番の特徴は美味しいチャーシュー。炙られているチャーシューですが、味も食感も素晴らしかったです。スープも上品な味なので、私にしては珍しく、ほぼ飲み干しました。

出典: あさんてさんの口コミ

その他三軒茶屋駅周辺にあるおすすめラーメン店

來來來

3.75

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩3分ほどの場所にある「來來來」。古くから地元民から愛されてきた、味わい深い麺料理が楽しめるお店です。

席数は13席ほど。カウンター席とテーブル席があります。

写真は「ちゃんぽん」。もやしやキャベツなどの野菜を、山盛りにトッピングした一杯。

麺は、中太ストレートです。塩がピリッと効いた濃厚なスープが、野菜の甘みと相まって美味しいのだとか。

こちらのお店では、一品メニューも充実しているそうです。写真の「一口餃子」は、餡がぎっしり詰まったジューシーな一品とのこと。

ビールや紹興酒と一緒に楽しみたいメニューばかりだそうです。

・ちゃんぽん
スープですがやや茶色が強いスープですが一口飲めば正体が解ります。煮干しがかなり効いていて動物系は豚骨ベースでやや乳化していて後は香味野菜です。

出典: 基本的には麺類さんの口コミ

土曜日の14時頃訪問。昼食時から少し遅いから空いてるか。と思うも、店内はカウンター1席空いてるのみ。そこに潜り込みます。その後も空いては埋まり…人気さが窺い知れます!

出典: ASCE1012さんの口コミ

炎麻堂 三軒茶屋店

3.47

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩2分ほどの場所にある「炎麻堂 三軒茶屋店」。スパイスにこだわった、痺れる中華料理が楽しめるお店です。

席数は45席ほど。店内は、落ち着いた大人の空間だそうです。

写真は「担々麺」。角煮やチンゲン菜などをトッピングした、定番の一杯なのだとか。

胡麻の旨みが凝縮されたクリーミーなスープは、程よい辛さとスパイスの深みが感じられるものだそう。

「海老そば」は、プリプリの海老や白髪ねぎが盛り付けられた一杯です。醤油ベースのスープは、あっさりとした味わいだとか。

セットの麻婆豆腐は、ラー油と山椒のバランスが絶妙で、痺れる一品とのこと。

・炎麻堂式麻婆豆腐
ラー油とスパイス効いた四川風の 麻婆豆腐。ちょっとスパイスのシャリシャリ感があり、挽肉と豆腐にマッチしていて3辛だとそこまで辛くなく後からスパイスのじんわり感。5辛まであるから1度試してみたいですね。

出典: MARIN5656さんの口コミ

・担々麺
スープは結構とろとろですね。クリーミーで胡麻の風味がたくさんあります。程よい辛さがありますが、これは熱いからと言うのもあるかな。あまり後には引かない辛さ。角煮が旨い。

出典: Inner_circleさんの口コミ

麺処 禅

3.38

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「麺処 禅」は、三軒茶屋駅から徒歩2分ほどの場所にあります。素材と仕込みにこだわった、優しい味わいの白湯ラーメンが楽しめるお店です。

席数は22席ほど。カウンター席とテーブル席を完備しているそう。

「鶏そば」は、鶏チャーシューや香味野菜などをトッピングした一杯だそうです。

ローストした国産鶏と香味野菜で煮出したスープは、一晩寝かせることで素材の旨みを最大限に引き出しているのだとか。

「禅そば」は、クリーミーな白湯に鮮やかな野菜をトッピングした一杯だそうです。スープには、鎌倉野菜と有機野菜を使用しているとか。

細麺がまろやかなスープに絡んで美味しいとのこと。

・淡麗焼煮干しそば
スープは煮干しの香りがふわっと。鶏チャーシューとネギ、煮干しの風味はしますがスープ自体は醤油あっさりスープ。こちらも全粒粉麺で美味しかったです。

出典: MARIN5656さんの口コミ

・禅そば
とてもクリーミーな感じのスープです。トッピングにはネギや煮たまごの他、三つ葉や鶏チャーシュー、カボチャや大根までのっています。見た目も綺麗です。麺の量もたっぷりです!!席に置いてある乾燥した磯のりを途中で入れると磯の香りが漂い、さらに美味しくなります!!

出典: アボカドさん。さんの口コミ

油坊主

3.29

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

三軒茶屋駅から徒歩5分ほどの場所にある「油坊主」。三軒茶屋近辺では珍しい、油そばが楽しめるお店です。

店内には、カウンターが7席ほど。歴史情緒が感じられる佇まいだとか。

写真は、「しお」の肉増し。魚介類と昆布をあわせた塩ダレが効いた一品だそうです。柚子や胡椒をかけ、よく混ぜて楽しむとか。

卓上にはラー油や豆板醤、ニンニクなどが置かれているので、さまざまな味の変化を堪能できるそう。

「トマト」は、爽やかでさっぱりとした風味が楽しめる一品だそうです。トマトダレを混ぜてそのまま食べるも良し、ラー油やお酢を加えるのも良しとのこと。

おすすめの食べ方は、店内の「指南書」にも書かれているので、初めての人はぜひ参考にしてみましょう。

・しお
入れると和風カルボナーラになるという半熟玉子ももちろん美味。味変はもちろん楽しいけれど、もはや味変しなくていいんじゃないってくらいタレが感動的に美味しい。やや太めでもっちりとした麺も私の好みドンピシャ。

出典: la_la_lasagna*さんの口コミ

・醤油
指南書では、酢とラー油を各2周回し入れるとのことでしたが、自分は半分くらいまでそのまま食べました。美味しかったです、麺とタレと角煮の甘さと野菜とマッチしてました!

出典: POLOログさんの口コミ

※本記事は、2020/10/22に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ