築地観光で立ち寄りたい!美味しい食事処18選

出典:さくらママだよさん

築地観光で立ち寄りたい!美味しい食事処18選

場内は豊洲に場所を移したものの、未だ場外では飲食店の活気が根強い築地。全国から集まる美味しい食材を使った、実力派の人気店が集まっているエリアです。そんな築地を観光で訪れたなら、美味しい食事を楽しみましょう。お寿司、海鮮丼、その他に分けておすすめの食事処をまとめました。

更新日:2021/06/11 (2019/07/12作成)

63571view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる6067の口コミを参考にまとめました。

築地でお食事!お寿司を食べられるお店

鮨桂太

寿司TOKYO百名店2021選出店

3.81

夜の金額: ¥20,000~¥29,999

昼の金額: ¥10,000~¥14,999

鮨桂太

落ち着いた雰囲気が感じられる「鮨桂太」。店内は、カウンター8席のみのコンパクトな造りだそう。

ネタに向かいながらゆっくりと食事ができるので、接待にも利用しやすいお店なんだとか。

厚切りの「まぐろ」は、素材本来の美味しさが分かると評判。

包丁の入れ方も絶妙で、見た目の美しさだけでなく、口に入れたときの旨味の広がり方がたまらないそうです。

鮨桂太

綺麗に光る写真のネタは「コハダ」。

シャリは、赤酢を使っていてさっぱりと仕上がっているそうです。口の中にパクリと頬張れば、一気に目が覚めるような美味しさを堪能できる、と絶賛する口コミも。

お昼にお伺いしても、しっとりした雰囲気が漂っているので、ランチ鮨デートにピッタリなお店です。実際にお昼はカップルのお客さんが多い印象です。鮨桂太のシャリと仕事桂太さんのシャリは赤酢のシャリです。旨味と酸味が強い赤酢のシャリとしては完成度が高いと思います。

出典: 辣油は飲み物さんの口コミ

・カワハキ
恥ずかしながら、肝入りのカワハキを食したのが初めてで。口に入れた瞬間、引き締まって旨味が増した身と肝の濃厚なマリアージュに感動して脳内ハレーションを起こしてしまい、その後に提供されたお鮨の味が記憶に残らず、なんなら後日、カワハギの味が夢に出てくる位でした~~~。

出典: ikanoriさんの口コミ

築地すし大 本館

寿司TOKYO百名店2021選出店

3.55

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

築地すし大 本館

「築地すし大 本館」は、築地にある美味しいお寿司のお店。趣のある外観が目印の食事処です。

緑色の暖簾をくぐれば、コンパクトな店内ながら、地下と2階にも客席が並んでいるそう。

築地すし大 本館 - カツオ・ワラサ

旬の食材を使ったお寿司は、どれを食べても美味しいのだとか。

本場、魚河岸の江戸前にぎりは、どれを選んでも絶品だそう。季節ごとに変わる旬のメニューを楽しめるお店です。

築地すし大 本館 - ・うに

高級ネタの雲丹は、軍艦にたっぷりとのっています。

新鮮な雲丹は、全国から築地に直送される、その季節の美味しいものを仕入れているそう。甘くとろける食感を楽しめるのだとか。

・ホタテ
ホタテからは煮きり醤油で味付けがされています。煮きり醤油には、鰹節が使われているようで、すっきりしていて上品な味わいです♪ネタの美味しさを引き立てていました。

出典: natsushunさんの口コミ

・おまかせ
ウニまたはイクラが選べるのですが、この日は生イクラがあるとの事で、そちらをお願いしたところ、しっかりと卵の濃厚な味がして、とても美味しかったです。

出典: dancing star.さんの口コミ

秀徳 2号店

寿司TOKYO百名店2021選出店

3.66

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

秀徳 2号店

築地にある「秀徳 2号店」は、美味しい江戸前寿司が食べられると人気のお店です。

店内には、気軽に利用できるカウンターが16席。テーブルが3つに、個室の用意もあるので、接待や特別な日の食事にもおすすめなのだとか。

秀徳 2号店 - 中トロ

豊洲に集まる美味しい魚を使ったお寿司は、どれも新鮮で美味しいのだとか。

秘伝配合の赤酢のシャリは、絶妙な味付けでネタとの相性もばっちりとのこと。ファンが多いのも頷ける美味しさだそうです。

秀徳 2号店

お寿司だけではなく、写真の「自家製生からすみ」も人気メニューのひとつとのこと。

外側はカリッとしていながら、口の中に入れると、中はとろりととろけるようにやわらかいのだそう。持ち帰りでも人気です。

一個一個説明すると、レビューが途方もなく長くなってしまいそうなので割愛させて頂きますが、本当に一品一品の存在感が凄く、そしてすぐ口の中で消えてしまうので儚く(笑)、噛み締めて食べるような美味しさでした。全部美味しかったです╰(*´︶`*)╯♡

出典: エイさんさんの口コミ

ネタは甘みと旨みが素晴らしく、赤酢のほんのりした柔らかな風味のシャリによく合っていて、とても美味しかったです。色んな薬味を用いた調和も楽しめますね。のどぐろ、炙りトロ、穴子…まだ口の中に余韻が残っています♫

出典: おおちゃん880さんの口コミ

おかめ

3.49

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

おかめ

手軽に美味しいお寿司を食べたいときは、立ち食い寿司の「おかめ」がおすすめだそう。

マグロ問屋が営むお店というだけあり、マグロの希少部位を使ったお寿司など、珍しいメニューも多く並んでいる様です。

おかめ - マグロの赤身

写真は定番人気の「マグロの赤身」。旨味がしっかりと詰まったマグロは、思わずもう1貫食べたくなる美味しさなのだとか。

1貫からでも注文できるので、色々な部位を少しずつ楽しむのもおすすめだそう。

こちらのお店に来たからこそ挑戦したい、写真の「鮪希少部位」。

写真は、マグロの脳天、あご肉、ほほ肉の3種類です。部位によって異なる、マグロの触感や味の違いを楽しめるメニューだそう。

・エンガワ
肉厚でコリコリの食感。 見た目はネタが小さく感じましたが、 十分の存在感。 食べている間も、すぐ後ろは歩道で通行者が歩きます。 大将との話も面白く、日本酒4合・・・ 食べ歩きの最中なのに飲みすぎてしまいました(*^_^*)

出典: 扇風機太郎さんの口コミ

特に、中トロ、うにが旨かったですね。大トロは脂のりは良いのですが、チョット筋張っててイマイチ。一方、中トロは口の中でスーッと蕩けて最高に旨い。ホタテは甘くて美味しい。雲丹も濃厚で良いね。さすがは築地の寿司屋と思える高CPのお店でした。ごちそうさまでした。

出典: tmgfc347さんの口コミ

築地青空三代目 本店

3.53

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

築地青空三代目 本店

独自ブレンドの合わせ酢で作ったシャリと、新鮮な魚が織りなす「本格派江戸前鮨」が楽しめる食事処。

日本酒を中心にお酒も揃っているので、お寿司だけではなく、旬の築地の逸品料理を楽しむのがおすすめだそう。

築地青空三代目 本店

「築地青空三代目 本店」では、お得に楽しめるセットメニューが揃っているそう。

「築地最強の10貫」では、厳選した豊洲市場の美味しいお寿司を楽しめるのだとか。迷ったらオーダーしたいメニューとのこと。

築地青空三代目 本店

生で食べても美味しい魚を、からりと揚げた「天ぷら」。

車海老やあわびは、水槽から生きているものをとり出して揚げてくれるのだとか。2種類の塩で食べる天ぷらは、どれも絶品だそう。

・穴子
穴子!塩!ほろほろな江戸前穴子!ゆずと塩でさっぱりと消えていきますな!〆には最高の握りです!

出典: アシカの親分。さんの口コミ

・鮪赤身
いい香りがお口に広がります。鯵も身がふっくら。柔らかく生姜の香りがアクセントに。赤貝は包丁技がキラリ。本鮪大トロは山葵をのせて。儚くシューっと消えていきます(●^o^●)

出典: kureaさんの口コミ

すしざんまい 本店

3.47

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

築地のお店と言えばこちら、という方も多い人気店のひとつ「すしざんまい 本店」。

テレビでも取り上げられるお店だけに、食事時には行列ができることも珍しくないのだとか。常に150種類以上のメニューが揃っているのも、人気が高いポイントでしょう。

「すしざんまい」では、極上の本マグロが一番人気だそう。

世界中の海で獲れたものから、厳選した本マグロだけを使用しているのだとか。どの部位を食べても、新鮮で間違いのない美味しさを堪能できるそう。

すしざんまい 本店

お寿司はもちろん、おつまみメニューの種類も豊富だそう。

写真は、お酒との相性がばっちりだという「あん肝ポン酢」。新鮮なあん肝を使っているので、臭みがなく美味しいと評判なのだとか。

・ふぐ白子の天ぷら
正直、この天ぷらはもう天ぷらではなく、生です! もちろんちゃんと外はさくっと揚がってますが、中はトロットロのクリーミーな味わい。 しかも揚げたてがアツアツで至高極まりない! 食べた瞬間「今日いちばんのやつだこれ」と確信した逸品でした。

出典: ぐるめんたいさんの口コミ

・炙りトロ
炙られた旨みと塩味がおいしさを膨らませる贅沢な一貫!これは単品でも食べた方がいいおすすめのネタです。王道すぎる"すしざんまい"ですが、改めてチェーン店ならではの安定感のある握りとコスパの良さが魅力です。

出典: 中目のやっこさんさんの口コミ

築地でお食事!海鮮丼を食べられるお店

又こい家 総本店

3.49

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

又こい家 総本店

「又こい家 総本店」は、マグロ専門の食事処。

中トロや大トロといった定番のネタはもちろん、マグロの希少部位も取り扱っているのだとか。丼は、だいぶお得な価格帯で楽しめるそう。

写真は限定の「希少丼」。丼にのるのは、マグロの頭肉、頰肉、あご肉、中落ち、ネギトロと豪華。

弾力のある頭肉やほほ肉、とろけるようなねぎとろなど、同じマグロでも違った食感を楽しめる丼なのだとか。

又こい家 総本店

写真はマグロがたっぷりと入った「ブツ丼」です。

ゴロゴロとマグロのブツがたくさん。食べても食べてもなくならないほどで、コストパフォーマンスがとにかく高いと評判だそう。

・ブツ
あー、やっぱりマグロおいしー!!ご飯よりむしろマグロの方が多い?食べ応えある。なんだろなぁ、やっぱり全然違うんだよねぇ、築地で食べるマグロ。でもこれでかなりお腹いっぱいになってしまって、食べ歩くのは厳しいか…笑。

出典: chokochitcさんの口コミ

・又こい丼
2種類のまぐろとうずらの卵の乗ったネギトロ。1000円で気軽に食べられるまぐろ丼。美味しいしリーズナブルで大好きです(∩´∀`∩)

出典: らんらんchanさんの口コミ

つきじ かんの 本店・仲店

3.48

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

築地だからこそ食べられる最高級な品質の海鮮を、リーズナブルに味わえると人気の「つきじ かんの 本店・仲店」。

丼にのるのは、旬の魚や毎朝セリ落としたまぐろ、うに、イクラなど。シャリにもこだわっていて、贅沢に楽しめるのだとか。

つきじ かんの 本店・仲店

写真はたっぷりのネギトロ、いくら、うにがのった「ネギトロ入り三種盛丼」です。

見るからに贅沢な海鮮丼は、どこを食べても新鮮なネタを味わえるそう。ランチタイムはシャリの大盛が無料なのだとか。

つきじ かんの 本店・仲店 - 201130月 東京 つきじかんの本店・仲店 上うに入り中とろ三種盛丼2,100円

写真は中トロの中落ちが入った「三色丼」だそう。自分が食べたいネタを選んで丼にできるので、満足度が高い様子。

ネタは、目の前で板前さんが調理をしてくれるので、新鮮そのものなのだとか。包丁の入れ方も丁寧で、素材の良さが引き立っているようです。

・サーモン3種盛り丼
こちらでは前払い制なので 先にお会計をして待ちます しばし待っていると 丼着です!! 中落ちとく丼はご飯が見えないくらい具沢山!! 丼ぶりも大きい!! それに比べるとサーモン丼は地味かな 卓上にあった自家製醤油で頂きます!!

出典: kenken111111111さんの口コミ

・ネギトロ入り三種盛丼(ネギトロ、うに、いくら)
わわわ~~キラキラしてますね~~✨海鮮のダシをふんだんに感じるあおさのお味噌汁付きです!さてさて、肝心の海鮮丼を食らいますよ~~~。

出典: mk7_0さんの口コミ

彦兵衛

3.41

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

彦兵衛

「彦兵衛」は、メディアでもよく取り上げられる人気の食事処。

場外市場の角にあるお店なので、初めて訪れた際は、どこにあるのか分からないような隠れ家風なお店だそう。美味しい丼やお寿司が並んでいます。

写真は定番の「マグロ丼」。値段がお手軽で人気が高いメニューとのこと。

たっぷりのマグロに、玉子、がりなどが添えられているそう。「彦兵衛」の丼物は、細目の刻みノリもたっぷりです。

彦兵衛

写真は、煮穴子とまぐろタタキの2種類を贅沢に楽しめる「自慢丼」という、少し珍しい組み合わせの丼。

ふっくらと煮られた煮穴子は、とろけるような口当たりで美味しいのだとか。

・彦兵衛スペシャル
穴子はふわふわな仕上がりで口の中に入れるとトロけるようです。確かに今まで食べてきた中でもかなりレベルの高い穴子の握りです。赤身の上にのっているトロのたたきはお店のサービスだそうです。いや~これを食べるのも贅沢です。海老もプリプリで甘いしトロも正しくとろける食感で美味しい。

出典: 湘南かずやさんの口コミ

・自慢丼
提供されたお重にはネギトロがどーんと乗せられていて、メニューにあった赤身刺が替えられたのだとガッカリしていたのですが、そのネギトロの下に赤身刺が隠されるというサプライズがありました。

出典: koutagawaさんの口コミ

ハレの日食堂

3.42

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

築地場外市場の中心にある「ハレの日食堂」。

店内は広々としていて、大人数で食事をしたいときにもピッタリ。清潔感のあるお店なので、女性や子供の食事にもおすすめなのだとか。

ハレの日食堂 - あおさ汁(別売)

名前に違わず、豪華なネタがたっぷりのっているという「上海鮮丼」。

ご飯の上には、えび、中トロ、サーモン、白身のほか、いくらやうに、ホタテなどがのっています。青さのみそ汁も付いた、豪華な一品です。

仕入れ状況によって中身は変わるものの、その日の美味しいものを詰め込んでいるという「おまかせ産直丼」。

この日は、サーモン、鰹、いくらなど。豪華でボリューム満点な丼はおすすめです。

・サーモン丼
それではいざ実食ですm(._.)mイタダキマスまずは見ためご飯の上にサーモン・ガリ・ワサビ・紫蘇がのってます(^ー^)そしてサービスであら汁が付いてきましたっ(*´∀`)♪それではサーモンから(^o^)パクリサーモンは脂も程よくのっておりいいです(*´∀`)

出典: dragonfly8810さんの口コミ

数あるお店の中から、選択は難しかったがここに決めて正解だったと思える海鮮丼でした。味の割に比較的安く食べることができるのが嬉しい。

出典: たひ ちさんの口コミ

うに虎喰

3.40

夜の金額: -

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

うに虎喰

「うに虎喰」は、うに好きにはたまらない!と絶賛の口コミも寄せられた、うにの専門店なのだ。

築地や直接産地から仕入れた、美味しいうにを常時5~8種類とりそろえているそう。好みのうにに出会えるはずです。

うに虎喰

写真は「雅-miyabi- 厳選5種」。5種類のうにを食べ比べできるのだとか。

この日は、厚岸、青森、洞爺、宮城、根室のうにとのこと。卵黄がひとつ添えられ、濃厚な味を楽しめる豪華な丼だそうです。

うに虎喰

うにだけではなく、美味しいマグロとうにの2種類のコンビネーションも人気だそう。

写真は「本マグロ二色丼」。国産のうにと厚切りのマグロの両方を楽しめる、贅沢な丼とのこと。

・雅-miyabi- 厳選5種
最初は何も付けず卵黄も割らずに、うにだけを5種類順番にいただきます。 お友達は青森のはクセがあるね。 って言ってましたが私は好きです! どれも美味しかったです‼ お醤油にわさびを溶いて少しつけて食べたり、添えてある塩昆布と一緒にいただきました。

出典: cyonta♪さんの口コミ

・雅-miyabi- 厳選5種
洋風の丼はうにと更にいくらも乗ったビジュアルが素敵(〃ω〃)周りのクリームソースは昆布だしがポイント♡昆布が和と洋を繋いでくれるんです♡♡これまたんまい!!こにらも混ぜ混ぜしてうにクリームリゾット風に。私…混ぜるの好きなのかもしれません。

出典: 痩せたいけど食べたいのさんの口コミ

海鮮丼 まるきた 2号店

3.35

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

海鮮丼 まるきた 2号店

さくっと美味しく、安く。コストパフォーマンスが高い海鮮丼なら「海鮮丼 まるきた 2号店」がおすすめです。

マグロ、サーモン、いくらなど、人気のネタを使った丼の種類が豊富。どれを選んでも間違いなく美味しいのだとか。

海鮮丼 まるきた 2号店 - 贅沢四種盛り丼

築地で美味しいものを贅沢に食べたいというときは、写真の「贅沢四種盛り丼」がおすすめ。

希少部位のカマトロ、かんぱち、うに、いくらと、贅を尽くしたメニューとなっています。

海鮮丼 まるきた 2号店 - ねぎとろ・いくら丼

女性、子供に人気の「ネギトロ・いくら丼」。卵焼きと大葉、ガリも添えられています。

具が余ってしまうくらいたっぷりのネギトロといくらが盛り付けされていて、幸せな気持ちになれるのだとか。

・贅沢四種盛り丼
贅沢四種盛り丼は、カマトロ・かんぱち・うに・イクラの豪華なキャストたちがてんこ盛り。いいかんぱちが入ったってことで、この日のおススメだそうな。かんぱちも美味しかったけど、カマトロのとろとろさ加減がまたステキ♡いやぁ…なかなか豪勢な丼でした。

出典: なおかりさんの口コミ

・海鮮丼
海鮮丼(2000円)を注文。サービスで大盛り、特盛が無料で味噌汁もついて非常にお得でした。味はプリプリのエビや、厚めの白身魚やタレがいいアクセントになっている穴子など激ウマでした。

出典: naaaaaaaokiさんの口コミ

その他築地での食事におすすめのお店

東京チャイニーズ 一凛

2022年Bronze受賞店
中国料理TOKYO百名店2021選出店

3.79

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

食べログを始め、数々の雑誌やテレビでも人気が高い、築地の本格中華料理「東京チャイニーズ 一凛」。

四川風のピリ辛料理を始め、幅広い中華メニューを取りそろえているそう。

「東京チャイニーズ 一凛」で、特に人気が高いのが写真の「よだれ鶏」。

やわらかい鶏肉は、口の中でしっとりととろけるような食感なのだとか。ピリ辛のタレはご飯との相性もばっちり。白ゴマ、ナッツ、パクチーの風味が効いているのだとか。

写真はランチでも人気の「麻婆豆腐」です。

冬の季節には、麻婆豆腐に白子が入ったメニューが登場するそう。あっさりとした辛さに、とろりと濃厚な白子の組み合わせは、必食のメニューなのだとか。

・よだれ鶏
まずは、ここの看板メニュー、よだれ鶏から!頂きます。パクリ。うめえええ!なんだこれ。しっとり柔らかい。そして、タレがうまい。タレだけでご飯食えるw。

出典: ノンアル男のグルメ放浪記~ウーロンティーありますか?~さんの口コミ

・回鍋肉
この豚肉がめちゃくちゃ柔らかくて、肉の旨味とピリ辛なタレが合わさって絶妙な味わいを生んでいます。たぶん豚肉の皮だと思いますが、ちょっと焦げた感じの部分の食感もまた良いアクセントになっていて、今まで食べた回鍋肉の中で一番美味しかったです。

出典: こげ茶さんの口コミ

にし邑

とんかつ百名店2021選出店

3.67

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

にし邑

「にし邑」は、「食べログ とんかつ 百名店」にも選出されたこともある、築地で人気のとんかつ店です。

店内はカウンター席のみ14席とコンパクト。食事の時間には、行列ができていることも少なくないのだとか。

写真は定番人気の「上ロースカツ膳」です。厚切りのロースかつは、肉汁があふれでる美味しい揚げ上がりなのだとか。

シャキシャキのキャベツも美味しく、ごはんがどんどんと進んでしまうそうです。

どれにしようか迷ったときにおすすめのミックス膳。冬の季節には「かきミックス膳」が人気だそう。

カキフライ2個、ヒレかつ1枚、海老かつ1枚のミックスフライ。少しずつ食べられるのでおすすめです。

・ご飯と豚汁
ガス釜からおひつに移されたご飯はバランス抜群な水分量でお米の旨味がかなり引き出されていて秀逸。豚汁は粕汁で具沢山、最後まで冷めない旨味たっぷりで言うことなし。東銀座の老舗とんかつ店「百名店」に選ばれるに相応しい店であった。美味しく頂きました。ご馳走様でした。

出典: 想夫恋さんの口コミ

・上ロースかつ膳
とんかつを縦半分に切って 重ねておくので断面が見えて綺麗。 すごくボリュームが多そうに見えて 食欲をすごく刺激します! しかも一口ずつ食べられるから この切り方結構食べやすいかも。

出典: may+さんの口コミ

つきじ宮川本廛

3.66

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

1893年オープン、築地の中でも歴史のある食事処「つきじ宮川本廛」。鰻のお店です。

趣のある建物と、重厚感ある雰囲気が漂う店舗。本格的な鰻を食べたいときにピッタリでしょう。

お重にぎっしりと詰められた鰻は、見るからにふっくらとしていてやわらかく仕上がっているのだとか。

あっさりとして甘さは控えめ。関東風のタレで、さっぱりと食べられるうな重とのこと。

つきじ宮川本廛

うな重はもちろん、逸品メニューも美味しいと評判だそう。

鮮やかな黄色がまぶしい写真の「うまき」は、優しい味付けが絶品なのだとか。味噌と生姜が添えられていて、好みで付けながら食べると美味しいそう。

ムラなく均等に蒸されたうなぎは、どこを食べてもふっくらと柔らかい仕上がり。こういった丁寧な仕事はさすが老舗ですね。余分な脂が落ちてスッキリした身と甘さ控えめのさっぱりしたタレがほどよくマッチ。うなぎ本来の旨味と風味を感じます。

出典: あるぱかーんさんの口コミ

蓋を開けるとその香ばしさが最後の最後に食欲を刺激、お重いっぱいに綺麗に輝いている鰻が敷き詰められています。※食べなくてもここで美味しいのが確定します。鰻は肉厚で箸でギリギリ持つことができるぐらいのほくほく感、一度ほぐすとふんわり柔らかな身が印象的です。

出典: 中目のやっこさんさんの口コミ

トラットリア・築地パラディーゾ

イタリアンTOKYO百名店2021選出店

3.57

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

築地の新鮮な食材で作った、美味しいイタリアンが食べられる「トラットリア・築地パラディーゾ」。

「食べログ イタリアン TOKYO 百名店」に選ばれたこともある、人気のイタリアン。明るく開けた、おしゃれな雰囲気の良い食事処で、築地デートで利用される方も多いようです。

トラットリア・築地パラディーゾ

南イタリア・アマルフィ海岸を感じる料理の数々は、どれも具だくさんだそう。

写真の「本日入荷の季節の魚介類のフリット3種盛り合わせ、アマルフィスタイルで」は、おつまみにもピッタリな人気メニューとのこと。

写真は名物メニューのひとつ「ペスカトーレ」です。とにかく貝をたっぷりと使ったメニューとのこと。

ムール貝、白貝、ハマグリ、アサリなど、貝類特有の芳醇な磯の香が、口の中に広がるパスタなのだとか。たっぷりのイタリアンパセリもいいアクセントだそう。

・ペスカトーレ
名物でもあるペスカトーレは変わらぬ美味しさ。貝の種類も数も水族館クラスです。どうしても手を使って貝を取り上げた方が食べやすいし、それがまたいいんだ。リングイネの浜で潮干狩りしてる気分。

出典: 東京コロボックルさんの口コミ

どれを食べても美味しく、来れて良かったと思えました。個人的に好きなイタリアンのお店!の1つになりました。ありがとうございます!ごちそうさまでした_(._.)_

出典: くそったれの人生さんの口コミ

銀之塔

洋食百名店2022選出店

3.53

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

築地にある「銀之塔」は、1955年オープンの洋食店。

創業当初からお店に並ぶメニューは、シチューとグラタンのみなのだとか。変わらぬ味で、昔から愛されている食事を楽しめます。

銀之塔 - ビーフシチューミックス

「シチュー」はぐつぐつと煮え立って熱々。トロトロに煮込まれた牛肉と、野菜がたっぷりと入っているのだとか。

小鉢2品と漬物、ご飯が付いたセットは、ランチでもディナーでも人気だそう。

さらっとしていながら、うまみがたっぷりと詰まったペシャメルソースが美味しいと人気の「グラタン」。

オーブンでしっかりと焼かれていて、スプーンを入れるとチーズのサクサク食感を楽しめるそう。

・シチュー
以前から気にかけていたシチューをやっと味わうことができました♪じっくり時間をかけて作ったシチューに肉厚のビーフ♪素朴な味で心も温まります。グラタンのホワイトソースも飾り気のない素朴な味ですが、丁寧に心を込めて作られている事を感じる味です。

出典: 榎園敏彦さんの口コミ

・シチュー
ビーフやタンはとても柔らかく、かなりの量が入っています!デミグラスソースはもちろん激ウマ!ご飯1杯目は箸で肉や野菜と一緒に、おかわりの2杯目はデミグラスをぶっかけてレンゲでガツガツ行きました!

出典: コショラーさんの口コミ

築地 布恒更科

3.64

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

築地 布恒更科 - 東銀座駅の近く

築地駅から徒歩3分の場所にある「築地 布恒更科」。

そばはもちろん、刺身や板わさと言ったおつまみメニューのクオリティも高く、季節を通じて旬の食材を使った料理を楽しみに訪れたいという口コミもありました。

築地 布恒更科 - 冷やしすだちそば

夏の季節になると登場する「冷やしすだち蕎麦」は、人気の食事メニューのひとつだそう。

あっさりとしたすだちの酸味が、夏の暑さにピッタリなんだとか。食べ進めるごとにすだちの濃さが増し、味の変化を楽しめるとのこと。

築地 布恒更科 - 「厚切り鴨南ばん」:豪華!

厚切りの鴨肉が贅沢な「鴨南ばん」。鴨肉はたっぷりと盛り付けがされています。

つみれ、焼き目を付けたねぎも食べ応えがあって、美味しいのだとか。しっかりと歯ごたえのあるそばは、熱いつゆの中でも存在感があるとのこと。

・たぬきそば
冷たいたぬき蕎麦をぶっかけでいただくことにした。そして出てきたのを見て、おっ!通常のたぬきではない!天ぷら蕎麦といってもいいのではないかというぐらい立派なかき揚げが載っている。それと細切り玉子焼きに岩のりか。これは美味い。

出典: mnogutiさんの口コミ

・鴨つけ汁
かなりしっかりした蕎麦に負けないつゆに仕上がっています。鴨もかなり厚切りで、嬉しかったです。また、ネギが程よい大きさにカットされていて美味しかったです。途中で山椒を振ると、また美味しさがアップしました。

出典: Torio009さんの口コミ

※本記事は、2021/06/11に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ