ミシュランガイド2024年4月先行公開レストラン

ミシュランガイド2024年4月先行公開レストラン

日本ミシュランタイヤは、2024年4月27日にミシュランガイドの新たな星やビブグルマンになる可能性のあるおすすめの飲食店・レストランを先行発表しました。先行公開されたセレクションには、料理の評価は付きません。

記事作成日:2024/04/28

296view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる809の口コミを参考にまとめました。

セレクションの先行公開により、常に調査を続ける調査員おすすめの飲食店・レストランをタイムリーに知る事が出来るようになりました。

東京セレクション

CYCLE

コースは根、葉、花、果のテーマから成る“循環型ガストロノミー”。自然の美しさとサイクルを表現する。

le bistrot des bleus

le bistrot des bleus

「青きものたちのビストロ」を意味する店名。若い料理人とソムリエが生き生きとフランス料理に情熱を注ぐ。

124. KAGURAZAKA

124. KAGURAZAKA - サビ

屋号の数字は番地とスタッフの生まれ月。鶏ささみの海苔巻などを挟みコースに抑揚を付ける。

Fry家

Fry家

好みの食材を選び、オリジナルのミックスフライが出来上がる。昼は定食。夜はコースで一種ずつ味わえる。

apothéose

apothéose

視覚や香り、味わいに加え、ダイニングに流れる音響が五感に響く。新たな試みで食の喜びを伝える。

Orchestra

音楽院の生徒と交流しクラシックに惹かれた。楽器をモチーフにした皿など音楽にちなむ演出が楽しい。

Jfree

Jfree

自由な発想で創造するという思いを込めた「Jfree」。和食を学んだシェフが日仏を掛け合わせる。

DepTH brianza

DepTH brianza - うなぎ

イタリア料理の枠にとどまらない食体験を試みる。伝統を根底に置きながらも、和の食材で再構築する。

鮨処 やまと

鮨処 やまと

握りに力を入れ、すし屋の本分を果たす。酢飯に赤酢と米酢を混ぜるのは、種類豊富な種に合わすため。

鮓家一

鮓家一 - 赤貝

魚は締める、煮るなど古来の仕事を追う。おまかせは品数が多く、種の質も惜しまない心意気にも満足。

※本記事は、2024/04/28に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ