やっぱり地元は違うかも。全国で食べ歩いた【ご当地ラーメン】まとめ

出典: サプレマシーさん

やっぱり地元は違うかも。全国で食べ歩いた【ご当地ラーメン】まとめ

大都市にも進出している「ご当地ラーメン」ですが、地元で食べるとまた違う味わいがある気がします。このまとめでは、現地で食べた現地の「ご当地ラーメン」を紹介します。

キーワード
ご当地グルメ
とんこつラーメン
塩ラーメン
おしゃれ
B級グルメ
名物
駅前・駅近

記事作成日:2019/09/16

1267view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おらが街のラーメンは違う!のかも。

「東京一極集中」なんて言われ、全国のグルメが東京にも一極集中するこのご時世。様々なグルメが東京で食べられても、やっぱり現地で食べる地元のソウルフードは、何となく味が違う気がします。
その中でも、スープ、タレ、麺、トッピングと様々なバリエーションが生み出せるラーメンを今回はご紹介します。全国各地でいただいた「ご当地ラーメン」を北から南まで紹介します。

※ 本まとめでは他のレビュアー様が撮影された写真も拝借しております。使用についてクレーム等がございましたら、メッセージまたはコメントをいただければ、こちらにて削除等の対応をいたします。

【北海道・函館塩ラーメン】あじさい

鮮やかな丼が映える透き通ったスープ。函館らしいオシャレな塩ラーメンです。

【山形・米沢らーめん】まつかわや

あっさり鶏ガラ醤油スープに、細め縮れ麺が絡む、妙に懐かしい米沢らーめんです。

【栃木・佐野ラーメン】麺家らっかせい

米沢らーめんに近いですが、醤油濃いめにも関わらずスープが更にアッサリ。太い縮れ麺で罪悪感ゼロのラーメンでした。

【埼玉・豆腐ラーメン】幸楊

醤油ベースのラーメンの上に、もっと醤油ベースのお豆腐あんかけが乗ったB級グルメの「豆腐ラーメン」。新しいのに懐かしい味がします。

【神奈川・横浜家系ラーメン】吉村家

濃い濃い豚骨醤油のスープに卵入りの太麺。海苔とほうれん草とチャーシューがデフォルト。更にライスがあれば尚良し。

そんな全国の家系ラーメンの総本山です。

【神奈川・サンマーメン】玉泉亭

醤油ベースのスープに塩味のあんかけが被さり、終始アツアツのサンマーメン。美味しいけど食べるのに一苦労。

【富山ブラック】西町大喜

黒い。濃い味好きの自分がおののくくらいに濃い。ラーメンだけどご飯が進みます。

【愛知・台湾ラーメン】味仙

最近は全国区にもなっている名古屋の台湾ラーメン。辛いスープと肉味噌と共に汗をかきながら麺をすすります。

【京都ラーメン】天下一品

薄味のイメージの強い京都に対するアンチテーゼなのか、濃厚スープが特徴だという京都ラーメン。その中でも知名度抜群な「こってり」です。

【広島風つけ麺】つけ麺本舗 辛部

写真だとお鍋のようですが、ネギや野菜や海苔がたっぷりの乗った麺をいただきます。

そして広島風つけ麺といえば、このつけダレ。醤油ベースに唐辛子や山椒が効いた「シビから」なつけダレです。

【福岡・博多ラーメン】博多 一幸舎

全国区になった博多ラーメン。色々と現地ではいただきましたが、泡が立つくらいに濃い、クセのある豚骨ラーメンがいただけます。

【福岡・長浜ラーメン】元祖長浜屋

同じ福岡市内でも、海沿いの「長浜」エリアでは、澄んだ豚骨ラーメンがいただけます。

【長崎ちゃんぽん】思案橋ラーメン

ラーメンの定義のアウトコースいっぱいに入る「長崎ちゃんぽん」。海鮮出汁と具材の旨味がたっぷりと効いた一杯です。

【熊本ラーメン】ラーメン 赤組

黒い「マー油」が特徴的な熊本ラーメン。同じ九州でも博多とはまた違う旨さです。

【鹿児島ラーメン】豚とろ

最後は鹿児島ラーメン。九州らしい白濁スープをいただきます。

全国のラーメンのほんの一握りですが…

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

※本記事は、2019/09/16に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ