京都で行きたいおしゃれカフェ!京町家やレトロまでおすすめ24選

出典:senac253さん

京都で行きたいおしゃれカフェ!京町家やレトロまでおすすめ24選

観光名所がたくさんある京都。歴史を巡る散策もいいですが、京都には古くからある喫茶店から新しいカフェまであり、京都ならではのカフェ文化を巡る旅もできます。京都らしい町家で味わう甘味、おしゃれな空間で飲むこだわりのコーヒーなど、人気のお店をまとめました。京都カフェ巡り旅の参考にしてください。

更新日:2022/07/27 (2017/07/12作成)

8796view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる6847の口コミを参考にまとめました。

<京都>京都らしいおしゃれな京町屋・古民家カフェ

マリベル 京都本店

スイーツWEST百名店2020選出店

3.74

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

目で見る楽しさ、味わう美味しさや喜びなど、様々な意味が込められたチョコレートを楽しめると人気のお店です。

烏丸御池駅から徒歩6分ほど。水色の看板と扉が目印のカフェは、柳馬場通りの町家が並ぶ場所にあります。店内はアンティーク調で、ヨーロピアンな雰囲気だとか。

マリベル 京都本店

「マリベルオリジナルジェラート」が人気で、10種類あるフレーバーから2種類を選べるそう。チョコレートベースのフレーバーが豊富なのだとか。

「ミルクチョコレート」も、カカオの苦みをほんのりと感じるとか。焼き菓子もセットで味わえるようです。

ケーキ類もあり、季節限定メニューもあるそう。夏にはマンゴーとチョコレートを合わせたパイが登場したこともあるようです。

チョコレートドリンクもあって、スイーツと一緒に味わえます。お土産になる商品も多数販売されています。

このお店、オシャレな雰囲気がすごくいいですね。今回、チョコレート&チェリーパルフェを頂きました。スイーツは、やっぱりお店で食べた方が美味しいですね。部分的に微妙に凍らせてあったり、ほんと異なる食感、味わいが多彩で嬉しくなりますね。すごく美味しかったです。

出典: ニノ0203さんの口コミ

・ジェラート
ミルクチョコレートは期待以上にカカオが濃厚で、ビターな苦味もあって高級感ある上品な味わい。これはもう一つのチョコレートジェラートも食べてみたかったかも…。でも組み合わせとしてフルーティな酸味のあるアンジェリーナにしたのは大正解。セットの焼き菓子やチョコレートも美味しかったです。

出典: ぴーたんたんさんの口コミ

カフェ ラインベック

スイーツWEST百名店2020選出店

3.70

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

200年ほど前に建てられた京町家のクラシカルな雰囲気の中で、パンケーキなどを味わえるカフェです。

石薬師寺町、大宮通り沿いにあります。外観は京都らしく、店内はテーブルやソファが置かれ、くつろげるようになっているとのこと。

注文が入ってから焼き始めるパンケーキはふわっとしていて、生地そのものは甘さひかえめのようです。

「フルーツガーデンパンケーキ」は、4~5種類のカットしたフルーツが盛り付けられ、見た目も華やか。ホイップクリームもシロップも美味しいと評判です。

カフェ ラインベック

ランチメニューとして、プレーンのパンケーキにソーセージなどを添えたメニューもあります。

甘いものが苦手な人でも、ふんわりとしたパンケーキを味わえる楽しい食事ができそうですね。

生クリームの苦手な私でも、美味しく食べられました。パンケーキも上のクリームも甘くなく、特製シロップの甘さが良くて、パクパク進みました。スコーンとマフィンをテイクアウトで購入したので、明日の朝が楽しみです。あのクリームとシロップも持ち帰って、一緒に食べたいくらい美味しかったです。

出典: おつうさんさんの口コミ

フカフカで美味しいです。噛むたびにホロリホロリと崩れていきます。それほど甘くないので、皿の脇に添えてあるシロップをかけるとより美味しくなります。パンケーキの上にはいちごやバナナ、パイナップル、キウイなど色とりどりのフルーツが並んでいます。どれもフレッシュで、各々の味を楽しむことができました。

出典: 花月 桃さんの口コミ

カフェ 火裏蓮花

カフェ百名店2021選出店

3.70

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

カフェ 火裏蓮花

京都市役所前駅から歩いて5分ほど、柳馬場通りから細い路地に入った隠れ家のようなカフェ。

京町家を使っており、時代を感じさせるレトロな家具やソファが並んでいるのだそう。中庭から自然光がさしこむ、ゆったりとした時間が過ごせるお店なのだとか。

カフェ 火裏蓮花

夏季限定のかき氷、こちらでは「けづり氷」が名物になっています。自家製シロップをたっぷりかけてあるそう。

「今様あまづらの白きに」は、甘糀みつをかけ、豆が散らされています。深い甘みがあって、黒糖の生姜みつをかけて味変も楽しめるそうです。

カフェ 火裏蓮花

ケーキは数種あり、珍しいのが「大人のブルーチーズケーキ」。独特な風味のブルーチーズに、オレンジの酸味を合わせているようです。

キャラメリゼしたナッツの食感も面白く、美味しく味わえるとか。コーヒーや自家製ドリンクと合わせて楽しめます。

・今様あまづらの白きに
甘糀の蜜にとら豆、練乳がかかっています。生姜の蜜をかけて食べられます。横には梅干しも添えられていました。生姜の香りが強く感じられます。想像以上に濃厚な甘さがあり、豆のホクっとした食感が心地よいです。

出典: 花月 桃さんの口コミ

カフェ巡りしていてもたまにしか見かけないブルーチーズを使ったケーキ。こちらのお店では冷凍状態で提供されるので、口の中で溶かしながらいただく。ケーキにはいちじくやオレンジなども入っていて、ブルーチーズの濃厚さに甘味や酸味をアクセントとして与えている。ピースを食べても飽きのこない工夫がされたケーキ。

出典: nil_crownさんの口コミ

市川屋珈琲

喫茶店百名店2021選出店

3.67

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

市川屋珈琲

店主の祖父が陶芸工房として使っていた築200年にもなる町家を、コーヒー専門店として改装したお店です。

京都国立博物館と清水五条駅の間辺りにある、2階建ての町家カフェの店内には焙煎機もあるのだとか。

市川屋珈琲 - フルーツサンド ¥1130

名物は「季節のフルーツサンド」。その時期に旬を迎えた果実を使っているそうで、夏にはスイカをサンドしてあることも。

大きめにカットされていますが、パンがやわらかく、フルーツの食感も楽しめるそうです。

市川屋珈琲

食事にもなるサンドイッチは、玉子や京都らしいみぶ菜の漬物を、コッペパンにはさんだものがあるのだそう。

コーヒー好きをも満足させるというオリジナブレンド、「市川屋ブレンド」と一緒に味わうのも良さそうです。

素晴らしく美味しい。ベーコンとみぶ菜のサンドのパンが、めちゃめちゃ美味しかったです❗️なんのパンなんだろう、、、絶対いいパンだwフルーツサンドは、スイカですよー!(◎_◎;)スイカ!?!?っなったけど、みずみずしさが美味しすぎました。

出典: まみち0921さんの口コミ

初めての市川屋珈琲へ。駅からはやや離れているのでタクシーで訪問。この日は市川屋ブレンドと青磁ブレンド、タマゴサンドを注文。市川屋ブレンド、しっかりした味で好み。青磁ブレンドは名の通りシャープで上品さがある。タマゴサンドは評判通り美味しかった

出典: 箱根中毒さんの口コミ

カフェ ビブリオティック ハロー!

カフェ百名店2021選出店

3.66

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

丸太町駅から歩いて7分ほど、二条通りと柳馬場通りの交差点近くにあるブックカフェ。

築120年ほどという町家を改装したお店で、店内の壁一面には古書や旅行本などがたくさん並んでいるのだとか。落ち着いた空間で、ゆったりとした時間が過ごせるそう。

サンドイッチやシチューなどのメニューがあり、食事を目的に訪ねてもお腹を満たしてくれるそう。

「サラダカプレーゼ」は、数種の野菜とゆで卵などの組み合わせで、ボリュームある一品なのだとか。ヘルシーなランチにもぴったりです。

カフェ ビブリオティック ハロー!

スイーツメニューでは「オリジナルモンブラン」が人気の様子。シンプルな外観のモンブランです。

サクサクっとした生地の上に、洋酒を効かせたマロンクリームを合わせていて、甘さ控えめな大人の味わいとのこと。

植物と本が立ち並ぶお洒落なカフェ。カフェビブリオティックハロー さん。店内は吹き抜けで大きな本棚がおしゃれ(*^^*)。ゆっくり出来るから回転も遅めで、だいたい満席なイメージ。フードのレベルも高いしおすすめ^^

出典: せいらんこさんの口コミ

これはとろけるモンブランです。栗だけじゃなくクリームをほどよくブレンドしたウネウネ部分がめっちゃうまい(^^)dウネウネ下には生クリーム、土台には焼いたメレンゲかなぁ?これも口に入れるとカリっとしてシュッと溶ける。アイスコーヒーはちょっと酸味のあるタイプでモンブランの甘さをスッキリさせてくれます。

出典: 食べみんみんさんの口コミ

然花抄院 京都室町本店

3.63

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

然花抄院 京都室町本店

烏丸御池駅から歩いて4分ほど、室町通り沿いにある和菓子店です。京都にしては間口が広く、時代を感じさせる建物なのだそう。

おもてなしの想いを店名に表しているそう。中庭を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

然花抄院 京都室町本店

お店おすすめは「茶庭(さてい)ノ膳」。お土産でも人気の、「かすてら」などのお菓子を少しずつ食べ比べができるのだそう。

厳選した卵を使った「然かすてら」は生カステラとも呼ばれ、とろけてしまうような食感だそう。

季節限定のパフェはその時期の食材を使い、見た目の可愛らしさも特徴的なのだとか。

春には桜の寒天やクリーム、カステラなどを組み合わせ、ほんのり桜色の綿菓子で覆われて提供されるそう。蜜をかけて綿菓子を溶かして味わう、楽しい体験付きです。

・茶庭ノ膳
右端のやつは表面はふわふわ、中はカスタード?ってくらいトロトロで、卵黄のコクが濃厚です。甘さも程よいくらいです。左端のはそれの抹茶版って感じです。真ん中のは、ポロポロとしたそぼろ状のカステラです。こちらも卵の風味が濃厚で、優しい甘さでした。どれもかなり美味しかったです!

出典: 殴られ兎さんの口コミ

頂いた、桜パフェなんだけど、ほんまに、桜モードなパフェで、桜カステラ、桜寒天、桜クリームからの、ほんのりと、桜色の綿菓子っ!桜ソースを上からかけて、とっても、桜を満喫したパフェでした。((o( ̄ー ̄)o))桜パフェは、期間限定なので、次は、どんなスペシャルなスイーツが、出るのか、気になるところっ!

出典: けいちゃん39960さんの口コミ

和栗専門 紗織

3.61

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

和栗専門 紗織

細さ1mmという糸のような栗のクリームで作られた、モンブランが人気のカフェ。予約制ではなく整理券が配られ、指定された時間に入店できるようです。

河原町駅から徒歩5分ほど、鴨川沿いにある京町家。幅広いカウンター席や、鴨川を眺められる席などがあります。

専用器具で絞り出される「錦糸モンブラン」。数量限定の「紗(しゃ)」は、丹波産の栗を使っているそうです。

錦糸のように細いクリームなので、口に含むと栗の香りがしてさらっと溶けてしまうのだとか。

「和栗と季節の果物タルト」は、和栗のペーストを花びらのように薄く削り、フルーツタルトにたっぷりとかけているのだとか。

フレッシュなフルーツの味わいと、栗の深みのある甘みが合うそうです。

数量限定の高級和栗を使った「紗」をいただくことができました。あぁ、ほんとに嬉しい。メレンゲはかなりサクサクしてた!モンブランの中身はふわふわ派なんだよなぁ笑。まぁでも主役は栗だから!!クリームとか美味しすぎたし、モンブランに3,000円って高いけど、その価値は十分にありました!!

出典: おくれ兄さんさんの口コミ

・和栗と季節の果物タルト
カンナくずみないな削りだしでタルトにかけてくれました。出来上がりは栗の香りが鼻をくすぐるほど良い香りです。食べても口の中は固形でない栗が踊ります❗️食レポが下手くそなのでうまく表現が出来ませんが……とにかく「美味しい~❤️」の一言

出典: トンボ1024さんの口コミ

祇をん ひつじカフェ

3.57

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

祇をん ひつじカフェ - 店内

京都祇園のメイン通りから、少し入った所にある隠れ家のようなカフェです。

ジャズが流れる優雅な空間で、ダークな色調のインテリアからは落ち着いた雰囲気もよいとのこと。

祇をん ひつじカフェ

名物の「和三盆シュー」は、一口サイズの小さなシュークリーム。専属パテシェが作っているそう。

サクサクとした生地に、注文が入ってからカスタードクリームを詰めているそうで、口どけも良いと評判です。

祇をん ひつじカフェ

アイスクリームを4種類から選べるチョコレートパフェにも、「和三盆シュー」がトッピングされているそう。

パフェの中にもシュー生地が入っていて、食感が楽しいのだとか。フレンチプレスのこだわりコーヒーも人気です。

コーヒーはフレンチプレスで砂時計が落ちてからカップに注ぎます。飲んでみると深い焙煎、後口にも余韻が残る感じ。和三盆シューは小さ目で各2つ ショコラは甘さ控えめながらカカオが香る風味。プレーンカスタードも濃厚な味わい。添えられたクリームとシュー生地も美味しい。

出典: ramynotoraさんの口コミ

・チョコレートパフェwithほうじ茶アイス
シュークリーム。可愛くてサクサクで美味しかったです。勿体無いけど、ひと口でいってしまいました。中のフレークも、シュー皮を砕いたもので、コーンフレークとは全然違う食感でした。サクサクが軽くて、和三盆のほのかな甘さが上品で、美味しさを引き立ててました

出典: Nyan-Logさんの口コミ

<京都>ゆっくり楽しむおしゃれな和カフェ

かしや

カフェ百名店2021選出店

3.81

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

三条京阪駅から歩いて5分ほど、二条大橋から二条通りを歩いて行くと、町家をそのまま店舗にしたようなカフェがそこにあります。

和の床の間や障子に、テーブルセットという組み合わせが可愛らしいこぢんまりとした店内です。

かしや

アート作品のような盛り付けで、目でも楽しめる一皿に仕立てているのがこちらのカフェの特徴です。

季節のフルーツをメインにし、香りや食感、後味までも楽しめる、和と洋が融合したスイーツが味わえるそう。

かしや - ◎季節のういろうは、和菓子と洋菓子のコラボレーション。
藤田パティシエが作る唯一無二のデセールは素晴らしい!

京都名物のういろうも、「季節のういろう」というメニューでおしゃれに味わえるとか。

席の予約はできないようですが、観光の途中に立ち寄り、食べられるアートに出会ってみては。

★ピンクグレープフルーツとハイビスカス ¥1200を注文。まるでアートのよう美しいビジュ!!グレープフルーツで酸味が強いかと思いきや甘味とのバランスが絶妙でまとまりのある一皿。和と洋の融合はさっぱりと食べられます。甘いのが苦手な方でも軽くいけてしまうのでは?。美味しかったです!

出典: エンリケ(小川えり)さんの口コミ

白いお皿に描かれた絵画のように美しい。柿がとても薄くスライスされています。こんな柿は初めて見ました。スライスされた柿の下にはほうじ茶のアイスやメレンゲ?のお菓子、そして中央に和菓子のような見た目のお菓子が隠れていました。柿とお菓子を一緒に食べると絶妙のバランス。

出典: 凛響さんの口コミ

鍵善良房 四条本店

スイーツWEST百名店2020選出店

3.77

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

祇園四条駅から歩いて3分ほど、花見小路近くにあります。

江戸時代に創業し、祇園の町で京都らしいお菓子を作り続けている和菓子店は、大きな暖簾が目印なのだそう。ドームのような天井がやわらかな雰囲気の和の空間です。

和三盆で作る「菊寿糖」と、「くずきり」がカフェの名物なのだそう。干菓子はお土産にもぴったりです。

「くずきり」は蜜をからめて味わえます。つるりとしたのどごしで、噛めばわずかなコシも感じられるとか。

鍵善良房 四条本店

こちらの市場本店だけで味わえるのが「わらびもち」。作りたての「わらびもち」は、ふわっとした食感が楽しめるようです。

きな粉だけでも素材の美味しさが分かるのだそう。濃厚な黒みつをかけてもまた一段と美味しくなるのだとか。

受付器のボタンを押し受付番号チケットをとり、少し待って店内へ。店内の雰囲気がすごくいいですね。今回、くずきりを黒蜜(白蜜より甘み強い)で頂きました。氷水で冷やされた くず と黒蜜のコラボが最高!ほんと美味しかった!ありがとうございました。

出典: ニノ0203さんの口コミ

京都の最高峰の象徴と言っていい。物産なんかに絶対出ない究極の京都の一流の和の空間で味わう珠玉の美味。黒蜜のくずきりと和菓子付きおうすを賞味。和菓子も6つから選べて細工も美しくつぶ餡と外側の黄色い模様も豊かな餅風味の最高品質。イートインの時間も珠玉だが土産に黒板を薦める。最高峰の黒砂糖。

出典: mozart86さんの口コミ

ゼンカフェ

カフェ百名店2021選出店

3.71

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ゼンカフェ

300年近く歴史のある京菓子のお店が、2012年にオープンさせた和菓子をモダンに味わえるカフェ。

外観も店内もアートな作品がさりげなく置いてあり、静かな雰囲気。テーブル席とカウンター席を合わせても16席ほどです。

ゼンカフェ - 特製くずもち お飲み物のセットは煎茶で。

本店名物のくずきりも味わえますが、こちらでは「特製くずもち」を味わう人が多いようです。

半透明なくずもちはプルプルしていて、口に入れるととろけてしまうような食感だとか。きな粉と黒みつで、好みの甘さにして味わえます。

ゼンカフェ

季節に合わせた、上品な生菓子とお茶のセットもありますが、「フルーツサンド」も美味しいと評判です。

フルーツは季節によって変わり、旬ならではの旨みとみずみずしさが味わえるそう。食べやすいサイズにカットしてあるのも嬉しいポイントです。

フルーツサンドには桃。これが美味しくて、、心の中で叫びました笑。ふんわりと優しい生地に、これまた甘さ控えめのふわふわクリーム。そこに桃の瑞々しい甘さが軽やかに主張!とんでもなく美味しいフルーツサンドでした。素敵な空間で頂く大人のおやつ。贅沢な時間を過ごしてしまいました。

出典: greeeensanさんの口コミ

お店限定の特製くずもちとお飲み物セットをお願いしました。黒い器に映える白濁したくずもちはたっぷりのきな粉と黒蜜で、冷たい煎茶をいただきながら儚げな淡い口溶けを楽しむ。これほど静かで洗練されたカフェって体験したことがないかもしれない。癒しの中に身を置いて心を無にする禅の心を体感できるカフェ

出典: cocoro4040さんの口コミ

カフェ・ドン バイ スフェラ

カフェ百名店2021選出店

3.68

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

祇園四条駅、三条駅の中間辺りに建つ、パンチングメタルで覆われた4階建てのビル。ここの半地下にカフェがあります。

インテリアブランドが運営しているそうで、店内はショールームのようなのだとか。ハイセンスな店内でゆっくりと時間を楽しめそうです。

スイーツは、京都にある人気のお店から数量限定で仕入れているそうで、希少な和菓子もあるようです。

週末に数量限定で提供される上生菓子は、季節を表現した上品で繊細な味わいだそう。作っている本店でも、入手困難なお菓子を口にできる穴場でもあります。

洋菓子もあり、こちらもセレクトしたお店からの取り寄せなのだそう。

「本日のタルト」は、オーガニックな素材にこだわるお店のもの。抹茶やほうじ茶などと合わせると、ゆったりとした気持ちで味わえそうです。

祇園に数あるカフェの中でも飛び抜けて開放的なカフェだと感じている。店内の空間を贅沢に使いそれぞれのテーブルを設えてある様には、他のカフェでは真似できないくらいのこだわりが示されている。このカフェの空間にいれば何時間でも落ち着きのある時間を手に入れられそう。

出典: enurinriさんの口コミ

・嘯月セット
上生菓子は5種類から選択可定番のもの、季節のものがあって悩みますねー。今回は冬の和菓子 雪餅一度しか食べた事ないですが、ここの和菓子は上品な甘さそして繊細。合わせたドリンクは煎茶最初は甘味を、2杯目は渋味を楽しめました

出典: えりりんこさんの口コミ

<京都>昔懐かしいおしゃれなレトロカフェ

スマート珈琲店

喫茶店百名店2021選出店

3.72

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

京都市役所前駅から寺町通りを歩いて3分ほど。商店が並ぶ通りにある、昔ながらの喫茶店です。

店内はレトロな空間で、低めのソファ席が並び、ランチ時は2階での食事もできます。

スマート珈琲店

メニューも懐かしさを感じさせてくれるものが多く、ホットケーキは、シンプルにバターとシロップで味わえるそう。

「自家製プリン」はボリュームがあり、かためなのだとか。舌ざわりはなめらかで、ほろ苦いカラメルソースとの相性が良いとのことです。

小腹を満たしたいなら「フレンチトースト」もおすすめ。卵液が染みこみ、焼かれた表面はバターの香ばしい風味も美味しいとのこと。

また、自家焙煎のコーヒーも美味しいと評判です。フレンチトーストやプリンと合わせても風味を邪魔することなく、どちらの味も引き立つそう。

・自家製プリンセット
プリンは私好みの少し固めだけれど滑らかで、カラメルソースがほんのり苦くて、卵の甘い香りに包まれながら美味しく頂きました。結構大きめなので食べごたえも有ります❤️アイスカフェオレとともに贅沢なおやつ時間になりました

出典: kattaさんの口コミ

フレンチトーストは見た目、本当にオーソドックス。一口そのまま食べてみるとしっかり焼かれている表面としっとりした内側、噛むと卵・ミルク・バターをしっかりと味わう事ができました。シロップをかけていただきます。シロップ自体は甘すぎないので、かけてもフレンチトーストの味が負けることなく美味しくいただけました

出典: カフェモカ男さんの口コミ

フランソア喫茶室

喫茶店百名店2021選出店

3.71

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

フランソア喫茶室

オープンしたのは1934年という、カフェ文化を築いてきた歴史のある喫茶店。白い外壁の2階建ての洋館のような造りです。

テーブルセットもアンティークな装いで、ステンドグラスや美術品が、上質で落ち着いた空間にしています。

フランソア喫茶室

コーヒーか紅茶が選べる「ケーキセット」で、くつろぎの時間を過ごすお客さんも多いようです。

シンプルな見た目の「レアチーズケーキ」は、味も食感も良いと評判なのだそう。ブルーベリーソースのほんのりとした酸味が、より美味しさを引き立てているとか。

ふんわりとした玉子焼きをサンドした「玉子サンドイッチ」が人気ですが、ここのお店ならではの「チーズトースト」もおすすめなのだとか。

厚めにカットされた食パンに、分厚いチーズをのせて焼いているそうで、深みのあるチーズの味を堪能できるそうです。

ゆっくりとくつろぐことができました!レアチーズケーキ目当てで行って、たしかに感動するほどに美味しかったです!口に入れる瞬間にチーズケーキが溶けてたのようで、なんだか幸せな味でした!チーズケーキ好きな人には絶対おすすめしたいです。

出典: punpurineさんの口コミ

・チーズトースト
食べログで写真見てましたけど、やっぱり予想と違うチーズの厚さでした 。切り餅みたいで、意外とあっさり目。冷えてくるとチーズ感↑。分厚いトーストもサクサクふわふわでチーズに負けてない シンプルで美味しいです。タバスコ付いてきます

出典: takatakata1218さんの口コミ

喫茶 マドラグ

喫茶店百名店2021選出店

3.69

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

喫茶 マドラグ

1961年から50年続いた喫茶店が閉店し、そのお店の雰囲気を継承し2011年に開店したお店です。

烏丸御池駅から歩いて9分ほど、ブルーのテントが目印。店内はレトロな家具に、珍しい本や絵葉書、ポスターが飾られたアンティークな空間になっています。

喫茶 マドラグ - 2つしか食えなかった

名物は「コロナの玉子サンド」。京都にあった、コロナという洋食店の人気メニューの味を継承した一品なのだそう。

とにかく分厚い玉子焼きがサンドされ、一切れでもずっしりとした重さがあるそうです。ホワッとした焼き上がりで出汁の旨みも感じられるそう。

喫茶 マドラグ

「鉄板ナポリタン ケチャップ味」も人気。ケチャップ味が懐かしいスパゲッティだそうです。

熱々の鉄板に薄焼きの玉子があり、その上に玉ねぎたっぷりのナポリタンをのせています。こちらもサンドイッチ同様、ボリュームのある一品です。

ノスタルジックな店内、優しい店員さん。名物「コロナのサンドイッチ」たまごサンドを1人分を2人でシェアしましたが、それで十分な量。サンドに使われている食パンがモチモチでまた美味しいこと。ドリンクは「マドラグブレンド」をオーダー。コーヒーも濃厚でとても美味しい。地元にあれば間違いなく通います。

出典: ema3026さんの口コミ

・鉄板ナポリタン ケチャップ味
なかなかのボリューム感!玉子が敷いてあるのがポイントですよね。麺は細麺だけどコシがあります。ケチャップ感はあるのですが、マイルドな味わいでシンプルさがあるんですよね。具はハム・ピーマン・玉ねぎ・にんじんでした。突出した何かがある訳ではないのですがとても美味しいです

出典: 江戸っ子嫁ちょこ子さんの口コミ

無碍山房 サロン・ド・ムゲ

3.66

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

全国的にも知られる京都の料亭が、多くのお客様に気軽に和食を味わってもらいたいとオープンさせた和カフェ。

お昼時なら予約をして食事ができ、喫茶では甘味を楽しめます。円山公園の近くにあり、緑に囲まれた離れのようなお店です。

人気スイーツは「無碍山房濃い抹茶パフェ」。濃い抹茶色のゼリーなどの上に抹茶アイスがのっています。

宇治抹茶をたっぷりと使っているそうで、抹茶の味が濃いそう。甘さも控えめで、大人な味わいのようです。

無碍山房 サロン・ド・ムゲ

作り立てを大切にしている、料理店ならではのこだわりはわらびもちにも。「無碍山房できたて本わらび餅」を味わえば、驚く人も多いのだとか。

注文が入った分だけを練って、作り立てでしか味わえない弾力を楽しめるそうです。

・無碍山房濃い抹茶パフェ
甘さは控えめで抹茶の上品な苦味がとにかく濃厚。まるで抹茶そのものを口にしているかのような、いや、抹茶そのもの以上に抹茶が濃厚と言っても全然過言ではない。寒天はアイスには及ばないものの、抹茶の風味がしっかり乗っていて、ねっとり弾力ある食感が堪らない。流石の美味しさだった!

出典: 殴られ兎さんの口コミ

わらび餅のが食べる価値ありです。わらび餅が柔らかくみずみずしくて本当に美味しいです。店員さんの説明によると、男性の職人さんが注文を受けてから練るそうです。力がとてもいるようで、かなり大変な作業だそうです。抹茶パフェも抹茶寒天が美味でした。

出典: てぃあんださんの口コミ

うめぞの カフェアンドギャラリー

3.67

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

うめぞの カフェアンドギャラリー

みたらし団子が有名な、和菓子店が手掛けるカフェ。烏丸駅から歩いて7分ほどの、蛸薬師通り沿いにあります。

京都の街並みにとけこむノスタルジックな建物の中は明るく、1階が喫茶スペースで、2階にはギャラリースペースもあります。

うめぞの カフェアンドギャラリー

京都産の宇治抹茶を使った「抹茶のホットケーキ」が人気です。ナイフで切る必要がないくらい、しっとりとやわらかく、お箸で食べられる焼き上がりだそう。

あんこと黒糖を加えたバターがトッピングされているのも、和菓子店ならではの味わいのよう。

うめぞの カフェアンドギャラリー

名物の「みたらし団子」は、焦げ目がつくくらいに焼かれ、醤油の香ばしさも感じられるそうです。

これに「黒糖わらび餅」をあわせたセットメニューもあり、お得に食感の違う甘味を楽しめます。

・抹茶のホットケーキ
箸がついてきたので少し戸惑いましたが、実際食べてみて納得。ナイフなんていらないです、むしろスプーンでもいいんじゃないかってくらいの柔らかさです。生地は驚くほどふわっふわです。抹茶の風味がすごく濃厚です。こし餡と黒糖バターが載っていますが、黒糖バターが特に美味しかったですね。

出典: 殴られ兎さんの口コミ

みたらし団子は、昭和2年の創業から変わらない食材と製法で作られています。香ばしい焦げ目がついていて甘辛いタレにコーティングされてツヤツヤ。上品さもあって甘くてもっちりと、しっかりした弾力。一口でいけるサイズです。黒糖わらび餅は黒糖のほんのり甘くて上品な風味が広がって、きな粉であっさりといただけます。

出典: q.taroさんの口コミ

六曜社 地下店

3.65

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

六曜社 地下店  - ◎創業当時から使われている革張りソファー。照明は暗めで昭和の香りが漂う店内。

1950年にオープンした喫茶店。1階が当時から引き継がれる自家焙煎コーヒーの喫茶、地下はカフェで、夜にはバーとしても利用できます。

京阪三条駅から河原町方面へ歩いて2分ほど、市役所前駅からなら3分ほどの場所にあります。

六曜社 地下店

コーヒーと合わせて注文できるお菓子は、「ドーナツ」「パウンドケーキ」「ロールケーキ」。

「ドーナツ」が人気で、自家製で素朴な味だそう。甘いものが苦手でも、このドーナツなら軽く食べられてしまうようです。

コーヒーは中深煎りの「ハウスブレンドコーヒー」と、中煎りの「マイルドブレンドコーヒー」があり、アイスでも味わえます。

夏季限定の「コーヒーフロート」は、深みのあるコーヒーをベースにしているので、香りや苦みも感じられるそうです。

噂のドーナツは,甘さ控えめでさっくりした食感。なんだか50年ほど前にはじめてドーナツを食し感動したことを思い出させてくれる味でした。何気なく置いてあるオーディオに心安らぎます。マスターに尋ねたところ,オーラトーン製とのこと。ドーナツ・音・空間(雰囲気)全てにごちそうさまでした

出典: しまたか.さんの口コミ

ブレンドコーヒー。あーこういうのが京都の喫茶店の珈琲なんだろうなと感じます。ペーパードリップのお手本のよう。懐かしくもあり古さをかんじない。お供のロールケーキはレトロな味わいで、このブレンドに合いますね。持ち帰り用にタンザニアのシングルの豆も頂きました。

出典: そんじょそこらさんの口コミ

築地

喫茶店百名店2021選出店

3.62

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

築地

四条河原町駅から徒歩1~2分。河原町通りから脇道に入ったところにある、レトロな洋館のようなお店。

1934年に開店し、その当時から変わらぬ調度品や器を使い続けているそう。アンティーク家具に囲まれた、重厚な空間です。

築地

ホットコーヒーというと、ここでは「ウインナー珈琲」のことだそう。戦後の京都で初めて、本当の生クリームを使った「ウインナー珈琲」を出したという歴史があるようです。

苦みのあるコーヒーにホイップクリームが入り、甘さは角砂糖で加減ができるそう。

築地

真っ白なプリンのような形の「ムースケーキ」も名物なのだそう。甘すぎないクリームのケーキなのだとか。

中にはフルーツが入り、ブルーベリーソースの酸味が良いアクセントになっているそうです。

・ウインナー珈琲
ブラックコーヒーにホイップクリームをのせたもの。レトロなカップに昔懐かしい角砂糖付き。では、いただきます!下層のコーヒーは熱々。コクがあり、すっきりした苦味。ホイップクリームは多くないけれど、この苦味と好相性でした。

出典: 黄色のたぬきさんの口コミ

雰囲気抜群♪ムースケーキはムースの舌触りが最高なのはもちろん、中にパイナップルが入っていて酸味がプラスされることで重たくなくペロリと食べられちゃうくらい美味しかったです。静かな空間でのんびり過ごしたい、観光して疲れたからちょっと休憩、どんな時でもお邪魔できそうなとても素敵なお店でした。

出典: NaChiさんの口コミ

喫茶 ソワレ

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

終戦直後の1948年に開店した、フランス語で素敵な夜という意味が店名の喫茶店です。

京都河原町駅から歩いて2分ほどの場所にあり、店内の幻想的なブルーの照明は、昭和の時代に女性がきれいに見える灯りとアドバイスを受け、そのまま残しているのだとか。

1975年に2代目店主の妻が考案した、ゼリーを使ったメニューが現在にも引き継がれ、写真映えもすると人気です。

「ゼリーポンチ」は、カラフルなゼリーがソーダの中に入った涼し気な一品。アイスをのせた「ゼリーポンチフロート」もあります。

喫茶 ソワレ - 私のヨーグルトゼリー(*´ω`*)カワイイ!!!!

「ヨーグルトポンチ」もカラフルなゼリーを使った一品。飲むヨーグルトに、クリームやフルーツ、ゼリーがトッピングされているそう。

「ゼリーワイン」や「ゼリーミルク」もあり、ゼリーの入ったグラスを並べて眺めるのも、素敵な時間になりそうです。

今回は人気メニューのゼリーポンチフロートを注文。1889年に販売されて以来100年以上変わらない製法で作られているサイダーと、カラフルなゼリーを組み合わせたゼリーポンチ。ゼリー自体に甘味はありませんが、サイダーやバニラアイスと一緒にいただくことで、清涼感のあるツルッとした食感が楽しめました!

出典: S.Y Nのグルメ日記さんの口コミ

・ゼリーヨーグルト
カルピスみたいな、優しい甘酸っぱさのヨーグルトドリンクの中に浮かぶのは、カラフルな透き通ったゼリー!さらにその上にホイップクリームがちょこんとトッピング♡足付きグラスがレトロでかわいすぎる♡(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾。もう、語彙力崩壊で「かわいいぃぃぃ」しか出てこない!!

出典: yuyuyu0147さんの口コミ

<京都>目も味も楽しめるおしゃれなフォトジェニックカフェ

ELEPHANT FACTORY COFFEE

カフェ百名店2021選出店

3.71

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ELEPHANT FACTORY COFFEE

河原町通りと木屋町通をつないでいる、蛸薬師通の小路にあるお店。外階段を上って入る隠れ家のようなカフェです。

温かみがあり、こぢんまりとした店内には本がたくさん積まれていて、読書とコーヒを楽しむひと時を過ごせます。

ELEPHANT FACTORY COFFEE - 深煎りブレンド(EFブレンド7)

北海道から送ってもらうというコーヒー豆は、深煎りが特徴なのだとか。

「EFブレンド7」がおすすめだそうで、苦みとコクの両方を感じられる味わいとのこと。添えられる、レーズンチョコとの組み合わせを楽しむのもよさそうです。

ELEPHANT FACTORY COFFEE

コーヒーに合うように作っているという「自家製ミニチーズケーキ」「自家製ミニチョコレートケーキ」も人気です。

サイズこそ小さいそうですが、コーヒーの酸味や苦みを邪魔しない、美味しいケーキだそう。

・EFブレンド7
数字の回数だけブレンド内容を変更してきたという意味でした。Ver.ナンバーということですね。ここ暫くは変動なく安定しているとのことでした。深煎りだけあって、深みのある味わいが広がります。苦味が前面に出ているとは言え、程良いと酸味も感じられるローストとブレンドです。

出典: M+Kさんの口コミ

・自家製ミニチーズケーキ
チーズケーキは本当にミニサイズ。渋い感じのコーヒー専門店によくあるほとんどクリームチーズみたいな固くて酸味の強いチーズケーキかと思いきや、酸味はほとんどないまろやかな甘さで食感もほろほろとしていて口溶けがいい。コーヒーにはめちゃくちゃ合ってると思う。

出典: 殴られ兎さんの口コミ

菓子・茶房 チェカ

3.67

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

京都市動物園近く、二条通り沿いにある白い外壁の2階建てのお店。

1階ではケーキや焼き菓子などの販売をしていて、選んだスイーツを、2階のカフェスペースで味わえます。畳の席やカウンター席などがあり、ほっこりとする空間なのだとか。

菓子・茶房 チェカ

「チェカのティラミス」は、珍しいドーナツ型。チョコタルトの上にマスカルポーネのクリームを、ホワイトチョコでコーティングしているという独特な形です。

エスプレッソをゼリー状にしたものもひとつの層になっていて、苦みと甘さのバランスが良いそう。

夏季限定で提供されるかき氷も人気。「宇治抹茶」「苺ミルク」という定番に加えて「プリン」があります。

削った氷にたっぷりのカスタードクリームとカラメルソースがかけられ、中には本物のプリンも入っているそうです。

・チェカのティラミス
マスカルポーネクリームがホワイトチョコでコーティングされている。真ん中にエスプレッソソースを入れ周りにはカカオニブをあしらっている。タルトとティラミスのハイブリッドって感じで、かなり個性的なティラミスだったけど全体としてちゃんとバランス良くまとまってて、これはかなり美味しい!

出典: 殴られ兎さんの口コミ

・プリン
「プリンそんなに好きってわけでもないけど」くらいで行ったので、美味しさにびっくりしました!カスタードソースのしつこくない甘さ!カラメルソースの量バランス!そして中のプリンの大人っぽい味!

出典: 佳麗さんの口コミ

CLAMP COFFEE SARASA

カフェ百名店2021選出店

3.64

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

コーヒー豆の焙煎所としてオープンし、豆の販売とカフェの営業をしているお店です。

二条駅から徒歩5分ほど、古い工場のような建物をたくさんの鉢植えのグリーンが覆っています。店内は作業台をテーブルにしたような、味わいのあるカフェスペースです。

生豆から焙煎をしているというコーヒー豆は、産地の異なる6~8種ほどが常時ある様子。

好みの味をスタッフに伝えて選んでもらうこともできるとか。「アイスコーヒー」や「コーヒーフロート」にしても美味しいのだそうです。

CLAMP COFFEE SARASA - チーズトースト、ミルクコーヒー

トーストやケーキもあり、ドリンクと合わせて味わう人も多いそう。

「チーズトースト」が人気のようで、もっちりとした食感の食パンは丁寧に焼かれ、とろけたチーズの塩気がほどよく美味しいのだとか。

・アイスコーヒー ブラジル中煎
焙煎した香りがいい。店内の機械で自家製焙煎をしています。味のトップはかなりあっさりした風味。酸味や苦味はほとんどなく、とても飲みやすいです。後味に少し甘みが感じられます。まいう〜です♡♡♡

出典: ☆食べるくん☆さんの口コミ

注文したのはホットミルクコーヒー(600円)とチーズトースト(500円)の2点。「トーストに+100円で蜂蜜トッピングもできますよ」と言われたので、お願いしました。結果、蜂蜜トッピングは大正解でした!胡椒も結構効いていて蜂蜜との甘じょっぱさが絶妙で美味しすぎる…。

出典: sakura52943さんの口コミ

Walden Woods Kyoto

3.50

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

白を基調とした、スタジオのようなカフェスペースのあるお店。1階で注文して2階に上がり、階段のようになったベンチシートでくつろげます。

五条駅から徒歩5分ほど、花屋町通り沿い。外観も白く、カカオの色が映えるようなおしゃれな空間です。

Walden Woods Kyoto - One cup of our coffee is enough

カヌレの形をしたケーキが人気で、カヌレよりもふわっとしていて、食べやすいサイズのようです。

チョコレート、バニラ、抹茶など数種類の味があって、コーヒーのお供にちょうど良い味わいだとか。

「ソフトクリーム」も人気で、カップに入って提供されます。下にはプリンが隠れているそう。

フレーバーの表記は、「ホワイト」がバニラ、「グレイ」がミックス、「ブラック」が抹茶なのだとか。それぞれ、ソフトクリームの下に隠れているスイーツが違うそう。

カヌレに見えるのですがケーキです!レモンケーキはアイシングがかかっていて、レモンの酸味とアイシングの甘さが本当に合いました♡気になるビーガンブリスボールは、美容と健康を考えられたスイーツで、デーツ、アーモンド、ココナッツが使われているみたいです!ケーキの周りにココナッツパウダーがかかっていました!

出典: NICO09さんの口コミ

・ソフトクリーム
ソフトクリームの下にはプリン。見えないのがもどかしい。バニラ、ミックス、抹茶の3種類あって全部下のスイーツが違ってた。自分的にはバニラ&プリンが最高の組合せ。ソフトクリームはミルキーで美味しかった〜♡

出典: めろんちーずさんの口コミ

※本記事は、2022/07/27に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ