札幌でイタリアン~イタリアと北海道は緯度が近い~ver.2

札幌でイタリアン~イタリアと北海道は緯度が近い~ver.2

フェラーリ,ランボルギーニ,マセラティ.グッチ,プラダ,D&G,アルマーニ.果ては日独伊三国同盟.日本人はイタリアが好きですね.イタリアンの基本は地産地消であり北海道とも相性が良い.斯く言う私の嫁も,どれだけフレンチを食ってもイタリアンの方が好きだと言ってはばかりません.2018/1/8更新

キーワード
ランチ
おしゃれ
隠れ家
深夜営業

更新日:2018/01/08 (2017/03/27作成)

2142view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レヴァーロ

レヴァーロ

場所:円山北
予算:安い
時間:ランチ

ランチでパスタだけ食べたいならココ
自家製パスタはマジで旨い
パスタならリストランテに負けない

トラットリア カルマ

トラットリア カルマ - 静岡産桜エビとアスパラのピリ辛リングイネ

場所:北34条駅
予算:安い
時間:ランチ,ご近所ディナー

北区で行くならココ
パスタだけでもいいけど
軽めのコースも秀逸です

トラットリア オッティモ

トラットリア オッティモ - タコのラグーのパッパルデッレ

場所:星置
予算:安い
時間:ランチ,ご近所ディナー

西のスターです
グランドメニューでは無いけど
タコのショートパスタがマジ絶品だった

ツィオ ビットーリオ

ツィオ ヴィットリオ - 前菜

場所:北海道神宮
予算:普通
時間:ランチもディナーも

南イタリアの風を感じたいならココ
AQI(Adesivo di Qualità Italiana)
イタリアンレストラン品質認証マーク
そんなの知らなくても
食べて感じたものが南イタリア
かもしれない

コースも高くないので上級にしよう

タベルナ・ラ・ピアッツア

タベルナ・ラ・ピアッツア - ギンポウのソテー 甘エビソース

場所:円山南
予算:普通
時間:ランチもディナーも

イタリア中部の風を感じたいならココ
イタリア旅行の記憶が蘇りました

ピアッツアはピザと全然関係ないし
ピザよりはパスタの方が良いけど
それだけでなくメインも追加して食べるべき


Osteria YOSHIE

Osteria YOSHIE

場所:バスセンター
予算:普通
時間:ディナー

道南出身の店主が作る海鮮料理が旨い店
ワインもグラスで十分美味しいので
ディナーと合わせてしっかり味わってほしい

ジェノベーゼ

ジェノベーゼ - マルゲリータ

場所:狸小路西
価格:普通
時間:1次会でも2次会でも

札幌在住のイタリア人が作るイタリアン
北大留学生や外国人旅行客も来るお店
シェフは勿論日本語ペラペラ

CANTINETTA SALUS

CANTINETTA SALUS - 夏のスペシャリテ 利尻産海水うにの冷製パスタ

場所:狸小路南
予算:普通
時間:1次会でも2次会でも

ダイニングバースタイル
軽めの食事がたくさんあるが
後述のマガーリとも関連があるようで
中には素晴らしい料理も隠れている

イタリアワインの品ぞろえは言わずもがな

ファイ

ファイ - タラバガニとポロネギのタリオリーニ

場所:狸小路北
予算:高い
時間:1次会でも2次会でも

まずは店を探すところから面白い秘密の店
ワインはボトルで頼もう
ヴィンテージものも数多くある
料理もリストランテクラス

テアトロ ディ マッサ

テアトロ ディ マッサ - 真鯛、ほうれん草、芋

場所:狸小路西
予算:高め
時間:ランチ,ディナー

今風な店内だけでなく
料理もオシャレ
オシャレ具合で言ったら
横浜・東京のサローネグループみたい
味もイイです,かなり好きになりました

マガーリ

マガーリ - 江別産豚のソテー
たまご茸、ポルチーニ、九条ネギ、銀杏

場所:円山→大通西
予算:高い
時間:ディナー

札幌が誇る一流シェフが
海外で確かな修業を踏まえた上で作る
創作イタリアンは食材も腕も一級品

高級感があり
喧騒から離れた隠れ家レストランは
客もが一流になった気分(まさに気分)

道外から食べに来る人もいる程

ristorante ANDREA

ristorante ANDREA

場所:円山
価格:高い
時間:ディナーから深夜に及ぶ飲み会へ

札幌イタリアンの生き字引の様なシェフ
作られる料理は「本物」の古典イタリアン
豪快さ故に合わない人もいるかも

一軒家の中に一組だけ入店というスタイル
食事の後はシェフとスタッフとの
楽しい飲み会(サービス)が待っている

食と酒が本当に好きな人限定の店

リストランテ 薫 - 鴨

場所:江別→東京に出店予定
価格:高い
時間:ディナー

正確には札幌では無いが異常にレベルが高い

某芸能人が鮨でよく使う「変態」は
この店にピッタリ
鮨屋張りに熟成の技術を使った魚・肉は絶品

食材を昇華させる技術は
札幌からわざわざ足を運ぶ価値がある

だったのですが
東京移転に向けて旅立ってしまいました
札幌に来てほしかったよ

※本記事は、2018/01/08に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ