【一度は食べたい!!】 醤油ラーメン17選 ☆東京23区編☆

【一度は食べたい!!】 醤油ラーメン17選 ☆東京23区編☆

都内のラーメン屋さんで一番多い『醤油』ダレの拉麺。豚や鶏、牛などの動物系、煮干や鰹節などの魚介系、そして野菜などのそれぞれの出汁と組み合わせてスープができています。そんな醤油ベースで『ぜひ一度食べてみて!』と人にオススメしたい一杯をまとめていきます。なお、まとめ随時更新し増えていくと思います。

キーワード
とんこつラーメン
醤油ラーメン
おしゃれ
おすすめ
肉料理
新店

更新日:2015/05/05 (2014/12/14作成)

61339view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひ、皆さんの参考になればうれしいです。

東京・23区内のタレで醤油を使っているラーメンで
「食べて美味しかった!」「あの店、いいかも!」「オススメ!」
と聞いたお店を、実際にお店に伺ってきたので、ココにまとめます。

掲載は(私が伺った時の)お値段順です。

日清ラ王 袋麺屋

Clear

JR山手線渋谷駅内回り4両目下車5秒のところにお店があります。

こうかいぼう

Clear

オープンから10年以上たっても客足が絶えず、常連客も多い東京メトロ門前仲町駅が最寄りのお店。
『みそ汁の如く、栄養になりながらくせになる。』らーめんを提供。

らーめん 650円

魚介のダシで旨味を出しており、豚ゲンコツや鶏ガラ、煮干し、カツオ節、サバ節、昆布などの素材や大島の自然岩塩などを使用。
麺は丸富製麺の特製たまご麺。
啜り心地、喉ごしが良く、モッチリ食感もあり!

中華そば屋 伊藤

Clear

都内では決して便利な場所にあると言えない。
そしてお店の外観に看板と暖簾もない...
メニューはそばと肉そばのみ。

肉そば 700円

高級な煮干を使用しはらわたを取らずに煮込んでもえぐみがでないスープに自家製麺。
肉の旨味を引き出しているバラ肉の煮豚と葱のトッピング。
『これ以上何もいらない!』と主張しているような、すげぇーシンプルな一杯!

大木

Clear

店主の大木茂氏は山形氏で豚骨ラーメン店を約10年経営し上京。醤油や麺、そして素材に故郷山形のものを使用しています。
化学調味料は使用せず、素材の旨味を引き出しています。

米沢らーめん 700円

高級黒毛和牛・山形牛のゲンコツのみを12時間かけて炊き出した牛骨スープに煮干を加えている。
山形県米沢市にある相田製麺所の極細麺。
チャー牛は山形産の牛モモ肉を低温ロースとしたもの。
メンマ、なると、青菜のトッピング。

北大塚ラーメン

Clear

2014年3月。昔の店舗(右)の隣りに移転。

店主夫婦はモンゴル出身。
長年中華料理店を経営していたという飲食経験者です。

激辛チャーシュー麺 800円

豚骨・牛骨・魚介系出汁にまろやかな醤油ダレ。
チャーシューから滲みだした油がコクをプラス。
肉そぼろのラー油・黒胡椒のピリ辛さを演出。
麺は中太ストレートでつるつるながらコシもあります。
バラ肉の煮豚は厚さがありトロトロ!

煮干しそば 暁

Clear

JR山手線大塚駅徒歩5分。
東京メトロ丸ノ内線新大塚駅徒歩7分のところにあります。

無鉄砲 中野店

Clear

『無鉄砲』は宮崎県・風来軒で修行した赤迫重之氏が、1998年奈良県奈良市で開業したお店です。

その後、本店を京都府木津川市に本店を移し、大阪などで地盤を固めた後、2010年8月に無鉄砲東京中野店をオープンしました。

とんこつラーメン(半熟味玉つき) 880円

豚骨と水のみでつくられる背脂が丼を覆う箸が立つほどの粘度を誇るドロ系スープ。
九州から取り寄せている中太縮れ麺。
替え玉は細麺のカタ麺で。
薄切り柔らかチャーシュー。
お口直しにも活躍する半熟味玉。

麺屋 吉左右

Clear

東京メトロ木場駅の近くにある『こだわり』が突き抜けているラーメン屋さん。

営業時間は11:30〜15:00の昼営業のみ。そして水曜、日曜お休みとラーメン屋さんでは珍しい週休二日。もちろんスープ無くなり次第営業終了です。

メニューはらーめん、つけ麺の2種類でそれぞれに味玉がついたメニューがあります。

味玉らーめん 890円

少しトロミのある豚骨魚介のスープ。
鶏ガラや豚骨、野菜などを煮込んだ出汁に、節が効いた魚介系を合わせるダブルスープ。
自家製の中太ストレート麺。小麦の香りも強く感じる事ができモチモチ、シコシコしておりスープに良く絡む。
箸で突っついただけでほぐれるほど柔らかな、脂身とのバランスが絶妙な国産豚の肩ロースを使用したチャーシュー!

Japanese Soba Noodles 蔦

Clear

思い出すだけで興奮。
店長の大西祐貴さんのこだわりを感じる、無駄のない動きから作られる一杯に感銘。

味玉醤油そば 900円

イタリア産の高級黒トリュフオイルを添加し仕上げるスープ。トリュフオイルに負けない醤油の香り、オイルに負けないダシの厚み。北海道産強力粉・栃木県産中力粉に長野県産石臼挽き全粒粉を独自ブレンド。
全卵・天然内モンゴルかんすいを使用した自家製麺。
岩塩・胡椒・ハーブなどでマリネしたロースト焼豚。
丸鶏スープに醤油や赤ワインで味付けした極太メンマ。
醤油などの調味料と和ダシ汁に漬け込み、隠し味に赤ワインを使用した味玉。

はやし

Clear

東京・渋谷に1日営業時間4時間でスープが無くなり次第終了のお店があるので行ってきました。

店主の林真剛氏は独学で開業。
食品添加物を一切使わない、天然の素材の風味を生かした優しい一杯を提供し女性のお客様にも人気な一杯を提供しています。

味玉らーめん 900円

食品添加物を一切使わない、天然の素材の風味を生かした優しい一杯。
粘度の高い濃厚なスープは鶏ガラ、豚骨、魚介出汁のトリプルスープ。三河屋製麺の低加水の中太ストレート麺。
肉厚のチャーシューは薄味に調理され全体のバランスを考えた仕上がり。
メンマ、ネギ、柚子の皮で香りを演出。
奥久慈産の卵を使用した味玉はちょうど良い半熟加減!

志奈そば 田なか

Clear

店主の田中友樹さんは、高校卒業後、イタリアンレストランに勤め、その後千葉の創作料理店へ、そこからラーメンに目覚めて「俺の空」「牙」「増田家」などでラーメンの修行後、千葉県いすみ市に本店を構える「らぁ麺三軒屋」のグループ総料理長を務めた方です。

お店に入ると、女子高生の2人組や、OLの方、これから出勤なのかなぁ…と想像できる夜のお仕事されているであろう方など女性客が多い人気のお店です。
ちなみに、田中さんイケメンで話しもノリが良いです。(笑)

得のせ田なか 鯵ニボそば醤油 950円

とろみがあり雑味はない魚介スープはアジ干しと九十九里産のセグロ・片口・シロクチイワシの3種の煮干を使用。
日本酒や生姜などと一緒に弱火で炊く事でエグミを出さずに甘味を抽出。
店主の奥様の実家「フジキン光来」の平打ちストレート細麺は喉越し抜群。
薄切りの豚肩ロースのチャーシューは醤油ベースの味付けで柔らかくお肉の旨みが引き出している。
絶妙なゼリー状の黄身は味が染み込み納得!

東京いまむら

Clear

店主のblogを読むとわかるのですが、ラオタ入店禁止のお店なんです。。。

『私はラーメンが好きなだけで…』と心の中で何度も言い聞かせ、少し構えて伺ってきましたが、
実際に伺うと、店主の方はとても気さくに声をかけてくださる方で、優しく対応して下さいました。

雲呑ソバ 950円

鶏で出汁をとっていると思われるスープは甘味があるあっさり味。
歯切れ良くプツプツ切れる九州とんこつラーメンのようなストレート細麺。
手間がかかっている雲呑は茹でる直前に餡を皮に包み熱湯に投入、氷水で冷やし完成。
豪快なバラ肉のチャーシューは柔らかく旨みたっぷり。
太めのメンマとカイワレは良いアクセント。

維新

Clear

故 佐野実氏の一門。
神奈川の淡麗系を代表する横浜の名店「麺や 維新」が昨年の10月に激戦区・目黒へ移転しました。

山水地鶏や薩摩赤鶏などの高級素材をふんだんに使った黄金スープに自家製麺が自慢のお店です。

特醤油らぁ麺 950円

岡山・山水地鶏の丸鶏や薩摩赤鶏のガラ、モチ豚ゲンコツなどに魚介を加えた奥深いスープに、吉備地鶏の鶏油でコクと香り高さもプラス。
5種類ブレンドしたプライベートブランド小麦を使用した自家製麺。小麦の香りが高く、蕎麦のようななめらかな喉越し。
肉自体の旨みを噛みしめられるタイプの豚チャーシュー。
しっとりした食感の真空低温調理された鶏チャーシュー
餡はふわっと、皮のトゥルンと肉のジューシーさを感じるワンタン。
半熟のとろぉ〜りの味玉!

多賀野

Clear

懐かしの味『中華そば』で都内ナンバー1との声も上がるお店に行ってきました。

ご主人の高野さん、店長は奥様の多賀子さんの夫婦を中心にお店は切盛りされています。

特製中華そば 950円

熟成国産豚のゲンコツ、秋田比内地鶏、大山の地鶏。季節で産地を変える煮干しにかつぶし焼きぶしなどなど。タレは二年もの極上天然醸造醤油。その日最も良い産地の煮干を使用する事で日々味が少しずつ事なり、これが飽きさせない理由に。
『麺に添加物が入っているとスープが汚れる。』という理由で自家製に変更。
バラ肉チャーシューは脂身がついている部位とついてない部位が2枚ずつ。ほろほろ食感で脂身の甘さが口の中で広がります。
半熟、トロットロな仕上がりの煮玉子。
これぞ純東京風のさっぱり醤油ラーメン!

らぁ麺やまぐち

Clear

激戦区の東京・高田馬場にある、数々のメディアから高い評価を受けるお店に行ってきました。
ラーメンWalker東京23区2015で新店部門1位に輝いたお店。

店主の山口裕史さんは立川のラーメンスクエアの「ラーメントライアウト」で準優勝など数々の実績を残し、2013年1月「鶏オンリー」をテーマにお店をオープン。ラーメンの重鎮の心を掴み、多くのメディアに取り上げられ、また口コミでファンを増やし瞬く間に人気店になりました。

特製 鶏そば 1,000円

比内地鶏、吉備黄金鶏、いわて清流若どりを独自にブレンド。
朝引きの生の鶏ガラを味の要とし、素材の鮮度にとことん拘り風味豊かな鶏100%のスープ。
タレは島根県奥出雲仁多にある『森田醤油』の『三年熟成再仕込み生揚げ醤油』と『丸大豆生揚げ醤油』をブレンド。
京都の老舗製麺所『麺屋 棣鄂』と共同開発のオリジナル麺。
特製の調理液に漬け込み、葛仕立てしっとりやわらかく上質な仕上がり。
香味野菜で下味を付け一晩熟成させた豚の肩ロースを低温でじっくりとロティし生揚げ醤油に漬け込み仕上げたもの。

紫 くろ喜

Clear

「饗 くろ㐂」のセカンドブランドとして醤油ラーメン専門店として営業しています。

店主は、赤坂の料亭で料理の基礎を学び、イタリアンで料理の幅を広げ、外食企業で人材育成・マーケティング・店作りを学んだ後、2011年に「饗 くろ㐂」を開店しました。

味玉鴨そば 1,000円

杉樽で作る昔ながらの製法を守る小豆島の醤油を使用。
鴨出汁は首ガラ・胴ガラ・もみじ・香味野菜を、温度・時間を徹底的に管理し、鴨の旨味、香りを抽出し熟成している。
小麦香るパン用粉をメインにブレンドした自家製麺。
香ばしい焼き目をつけて、生揚げ醤油・味醂・酒を合わせた特製のたれで低温で調理。
完全発行の極太乾燥メンマを五日間かけてじっくり戻したっぷりの鰹だしを二日間かけて含ませた太メンマ。
淡路島の玉葱を綿実油・にんにくでコンフィに。甘味、食感がたまらない。
醤油、動物性の脂に合う春菊の葉がそえられ、スダチは絞ると爽やかな味わい。

ラーメン燈郎

Clear

ラーメン燈郎のコンセプトは『野菜ガッツリ二郎系のおしゃれなラーメン店』なんです。

ちなみに、二郎とはラーメン二郎の事で、東京の三田・慶大前にある三田本店を総本山として関東に展開するラーメン屋さん。濃厚な豚骨醤油味とボリュームが多いことがお店の特徴です。

らーめん 800円 + 牛ステーキ100g 1,100円

牛と豚の究極のコラボレーション!

適度に刺しが入ったお肉はミディアムに焼かれスパイスが効いている牛ステーキ。
肉厚ジューシーでトロっとした豚バラチャーシュー。
シャキシャキ食感のもやしとキャベツ。
大量のゲンコツ、モミジを20時間煮込んだスープ。追いガラを足すことで豚の旨味を抽出し乳化。カエシは、さば、かつお節などと漬け込むことにより醤油にコクと深みを出している。
モチモチした食感が楽しめる平打ちの中太麺。

ガッツリ二郎系でここまでクオリティに驚き!

今後も随時更新して数を増やしていきたいと思います。。。

※本記事は、2015/05/05に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ