飯田橋駅徒歩圏 個性派立ち食いそば店 ほぼ完全カタログ

飯田橋駅徒歩圏 個性派立ち食いそば店 ほぼ完全カタログ

日本の誇るファストフード立ち食いそば。どこでも均質なそばが食べられる大手チェーンは便利ですが、それだけではやっぱり面白くない。飯田橋界隈の大手三大チェーン・JR系以外の特徴ある立ち食いそば屋さんを紹介します

キーワード
名物

記事作成日:2016/05/21

11342view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる803の口コミを参考にまとめました。

個性派全8店を総力取材

飯田橋界隈には大手とは一味もふた味も違った個性派の立ち食いそば屋さんが多い気がします。JR飯田橋駅からほぼ10分以内で歩いていける中小・ローカルチェーンや個人経営の蕎麦屋さん全8店を網羅しました。一応自分の評価の高い順に並べましたが、特徴がそれぞれ違うため、同じ一つの尺度での評価は困難。多分に好みが反映せざるを得ないので、あくまでも一つの参考にして頂ければと思います。

天かめ

3.52

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

飯田橋交差点を渡り目白通りを200mくらい北上した左側にあるお店です。

生めんを注文を受けてからゆで始めるので、時間はかかりますが、しゃっきりしたソバはクォリティーNo.1。かけ、もり240円の価格もリーズナブルです。以前は天ぷらが課題でしたが、最近はそれも改善している感じ。

一番のおすすめはもりそば。温かいそばも最後に入れる鰹節粉が効いています。

箱が紙に覆われていて確認できませんが、麺は自家製かもしれません

とんがらし

3.66

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

JR水道橋駅西口から神保町方向に数分歩いたところにあるお店です。注文を受けてから揚げる天ぷらがてんこ盛りというのがウリ。

お母さん担当の麺は清水製麺所の茹で麺。天ぷらははもっぱら親父さんの担当です。親父さんとお母さんが声を掛け合って蕎麦と天ぷらの同期をとっているところが好印象。

おすすめは盛り合わせの茄子抜き550円。伺った時はイカ天2本、小海老天7尾で覆われて下の蕎麦はほぼ見えない状態でした。

東口10分、揚げたて天ぷらのボリュームNo.1



嵯峨谷 水道橋店

3.48

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

東京にだけ8店のローカルチェーンの水道橋駅西口にあるお店です。注文を受けてから製麺する自家製粉石臼挽の十割蕎麦は立ち食い蕎麦としては最強スペック。つなぎが無いので麺が柔らかくなりがちな温よりも冷の方が良いと思います。

天ぷらも注文受けてから揚げますが、ピーク時は蕎麦との同期が課題です。

おすすめは朝セット390円で「もり」と「あじごはん」を選択すること。こちらのご飯ものでは山形のだしご飯も美味しいですが、こちらは朝セットでの選択の対象にはなりません。

豊しま 飯田橋店

3.54

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

飯田橋交差点を渡って目白通りの左側すぐのところにあるお店です。「是はうまい」関東風の肉そばが名物。

つゆの濃さに関しては自分が今まで食べた中では一番。関西出身の方にはあまりおススメできませんが、このスープと脂身の入ったバラ肉、ゆで麺のそばが妙に合います。

冷たい蕎麦も試してみましたが、やはりことらは温かいそばの方が美味しいようです。

因みに麺は㈱むらめんの茹で麺です。

神楽坂そば

3.50

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

西口から神楽坂下の交差点を渡ってすぐ右側。キタナシュラン系のお店が並ぶ中の一軒です。

つゆは濃いめですが出しがしっかり効いています。茹で麺の蕎麦はやや太め、やや固ゆでしっかりとした食感。天ぷらは揚げ置きです。

おすすめはメニューの1番目に載っているコロッケ蕎麦380円。コロッケと蕎麦の相性がいいことを再確認できる一杯です。

むさしの

3.51

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

飯田橋と九段下の間の目白通りから一本東に入ったところにあるお店です。利尻昆布と宗田ガツオを使った無化調のダシがウリ。

冷たいぶっかけタイプよりも温かい蕎麦の方がダシの香りが立っていいようです。丸山製麺のゆで麺と揚げおきの天ぷらは普通です。

東口10分、つゆへのこだわりNo.1

器庵

3.22

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

文京区の牛天神交差点近くにある陶器屋さん経営の立ち食い蕎麦屋さんです。昼だけの営業。

蕎麦もつゆも普通ですが陶器屋さんの経営だけに不規則な楕円の器が凝っています。

東口10分、器へのこだわりNo.1

稲浪

3.51

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

目白通りを300mくらい北上して左折。新小川町交差点近くにあるお店です。

そばは茹で麺、天ぷらは揚げ置きでいたって普通の印象です。あしたば天とかパクチー天とか変わった天ぷらのバリエーションがあるようですがあいにく遭遇したことがありません。

かんぴょう巻きも名物ですが、海苔が茶色っぽいのがやや残念です。

東口10分

※本記事は、2016/05/21に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ