福岡で世界一周グルメを楽しもう

福岡で世界一周グルメを楽しもう

福岡には、エスニック料理を中心に、いろんな国の料理を扱うお店があります。 今回、僕が食べ歩いた中から、各国料理の国ごとのベストワンを紹介いたします。 ※写真は、インド料理代表の、KALAのビリヤニ(ビリンジ)です。

キーワード
パンケーキ
ケーキ
肉料理

更新日:2015/01/05 (2014/11/25作成)

10139view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡市とその近辺のエスニック料理などのお店

「東南アジア→南アジア→西アジア→アフリカ→中南米→アメリカ、その他」というルートで並べました。
1軒を除いて、すべて福岡市内のお店です。
例外の1軒は、中間市のKALAで、これはインド料理の別格で、南インド料理好きにはマストです。
皆さんの訪問のご参考になれば幸いです。

[タイ料理]ドゥワン ディー

福岡市にはタイ料理屋が数十件ほどありますが、その中で一番がこちらだと思われます。タイ現地の味に近いと評判です。

[ベトナム料理]南十字星

福岡市にはゴンゴンやサイゴンなど、いくつかのベトナム料理屋があり、そちらも迷ったのですが、本場ベトナムの味に一番近いのがここです。ベトナムの家庭料理の趣があり、かなり特徴的です。

[カンボジア料理]シェムリアップ

福岡市内には2つのカンボジア料理屋があり、もう一つは別府の「さばいな」です。
さばいながカンボジアを愛する日本人がやっていますが、こちらはカンボジア人がやっています。
どちらも優劣つけがたいのですが、こちらにしました。

[フィリピン料理]デルガドス

フィリピンと言えばパブを思い浮かべる人が多いようですが、料理の方も素朴で、日本人の味にマッチしています。
醤油を使った「アドボ」やピーナッツと牛すじを使った「カレカレ」など、かなり特徴的な料理を味わうことが出来ます。
福岡市内のフィリピン料理屋はもう一軒、中洲に「ブルーラグーン」というお店もあり、こちらはフィリピン以外の居酒屋料理も多く、宴会に最適なようです。

[マレーシア料理]カフェレストラン ROTI

地下鉄三号線の、次郎丸駅の近くにあるお店です。
メインは洋食ですが、マレーシアに滞在していたご主人の作るロティやナシゴレンなど、マレーシアの味が楽しめます。
洋食と一緒にいただくのがいいかもしれません。

[インドネシア料理]アユウルディ

「福岡にただ一軒のインドネシア料理屋」と謳っています。
インドネシアと言っても広く、バリ島やジャワ島、スマトラ島などで食文化が異なりますが、こちらはかなり幅広くカバーしています。

[インド料理]KALA

インド料理と言って思い浮かぶのはカレーにナンを一緒に、といったイメージでしょう。それは北インド料理であり、南インド料理は、かなり趣を異にします。
こちらは北九州市から少し離れた、中間市にある南インド料理のお店です。
大変特徴的で、通好みなのですが、こだわりをすごく感じるため、皆さんに味わってもらい、南インド料理の魅力を感じてもらいたいです。

[パキスタン料理]ザエカ

パキスタン人の作るビリヤニはうまいと評判ですが、ここではインドカレーの他に、様々なパキスタン料理が不定期で味わえます。
特にビリヤニは特筆ものですが、置いてある日とそうでない日があるため、数日前までに予約を入れておくと確実です。
なお、箱崎に「ハラールフードマルハバ」という、ハラールフードのお店が提供するハラルのパキスタン料理もあり、こちらも凄いのですが、僕の行きつけのこちらにしました。

[バングラデシュ料理]ハイダル

バングラデシュのカレーを出してくれるお店ですが、こちらのカレーは薬膳と言っていいほどスパイスの使い方が絶妙で、このカレーを食べた後、身体が軽くなった、という人が多いそうです。
ちょっと裏道にあるため見つけにくいですが、足を運ぶ価値があります。

[ネパール料理]マイティガル

ネパールの定食、ダルバートが味わえるお店です。
ネパール人は、日本に来てインド料理屋をやっている人が多いのですが、こちらは本格的なネパール料理です。
他にも本格的なネパール料理のお店はいくつかあるのですが(赤坂のエベレストキッチンや、六本松のチチル&シシリなど)、このお店は、あやしげなたたずまいもプラスして一押しとしました。

[スリランカ料理]ヘラ味屋

福岡でスリランカカレーというと、ツナパハとヌワラエリヤが有名で、この2店のおかげで、福岡でスリランカ料理が根付いているともいえます。
優秀なお店が多い中で迷ったのですが、現地味に近いということで、ヘラ味屋を一番にしました。
こちらのシェフも、近くの有名なスリランカ料理屋で働いていた人がいるということもあり、違いは分からない部分もありますが、本当に福岡のスリランカ料理はレベル高いです。

[トルコ料理]AngorA

福岡では大名あたりに、いろんなトルコ料理を出すお店があります。大抵はケバブがメインです。
そんな中、現地の味を一番重視しているのがこのお店です。独特のスパイシーなケバブの他にも、ファラフェルやサバサンドなど、他のトルコ料理屋があまりやっていないメニューもあり、一押しです。

[エジプト料理]ナビさん

「エジプトとインドの味」を売りにしたお店で、かつては九州大学構内に、イスラム教徒のために移動店舗で商売をしていたそうです。
インドカレーやビリヤニも味わえるのですが、エジプトの味だというケバブも捨てがたいです。
欲を言えばコシャリやタアメイヤなど、エジプトっぽいメニューもあれば、と思います。

[モロッコ料理]ゼリージュ

モロッコの雑貨の販売とともに、レストランとしてモロッコのカレーを出してくれるお店です。
他にも福岡市の西側、周船寺に「クレセント」というお店もあり、クレセントではタジンやクスクスなど本格的なものがいただけるそうですが未訪問です。

[スーダン料理]ケバブーズ

アフリカのスーダンの料理のお店です。トルコ料理にあるケバブもあるのですが、フムス、ターミヤ(ソラマメのサンド)など、聞きなれない名前が並びますが、ハラルやヴィーガン(完全菜食主義)のメニューなどがあり、こだわりを感じます。

[セネガル料理]バー サディダカール

Clear

アフリカ料理を出すバーで、アフリカのお酒や料理が味わえます。
料理はセネガル料理が中心ですが、エチオピア料理のカレー「ドロ・ワット」もメニューにあります。

[メキシコ料理]エルボラーチョ

福岡のメキシコ料理といえば、エルボラーチョが突出しています。5店舗ほどあるのですが、お店ごとにオリジナルのメニューも準備しているようです。
他にもテクスメクス(テキサス風メキシコ料理)のチリ・ジョーなど、福岡のメキシカンはどれも優秀なお店ばかりなのですが、あえて選ぶなら、やはりこのお店です。

[ブラジル料理]ナトレーザ

2014年のワールドカップの影響もあり、福岡でもブラジル料理が盛り上がっておりました。ブラジル風バーベキューのシュラスコも、博多駅にも「バッカーナジョイア」が誕生するなど、福岡で静かなブームになっているのですが、ベストワンはナトレーザです。
こちらはお肉を食べてダイエット、「糖質制限ダイエット」というのを推奨しており、かなり目新しいです。

[ペルー料理]8cho

Clear

ペルー料理とスペイン料理のお店で、実際ペルー料理はスペイン料理の影響を受けているようです。
「魚介のセビーチェ」などのペルー料理と一緒に、スペインのアヒージョやパエリアを味わうことが出来ます。

[アルゼンチン料理]ポルテーニョ

アルゼンチン料理は、スペインとイタリアの影響を受け、先住民の文化と融合して、独自に発展した料理なんだそうです。
豆料理や、ミートパイ、牛肉のミラノ風カツレツがあり、クミンを利かせるなど、アルゼンチン特有の味付けになっています。
ご主人がマリオさん(故人)という名前で、「スーパーマリオコース」なんてしゃれた名前のコースもあります。

[アメリカ料理]ハードロックカフェ 福岡

Clear

全世界に支店のあるお店ですが、福岡市内のハンバーガーを食べ歩いてきた僕が、一番感銘を受けたのが、こちらのハンバーガーでした。
バーガーだけで二千円以上するなど、かなり値段は高いですが、それに見合ったボリュームと味わいがあります。

[オーストラリア料理]Manly

Clear

パンケーキなどのデザートや、イギリス料理のフィッシュアンドチップスもいただけるのですが、もう一つの特徴として、珍しいお肉がいただけるというのがあります。
カンガルーのお肉や、ワニ、ダチョウ、ラクダのお肉を味わうことが出来ます。

[ロシア料理]ロシア家庭料理ニーナ

Clear

福岡市でロシア料理と言えば、ツンドラが大変有名で、そちらは高級なイメージですが、こちらのお店、ニーナは家庭料理と銘打っているように、家庭の本場の味が味わえます。
特にビーツを使ったボルシチ、ニシンの塩漬けなど、相当こだわりのある料理に圧倒されています。

探せばまだまだ見つかるかも!

最後までご覧いただきありがとうございました!
以上、それぞれの国の料理で福岡の個人的ベストワンを紹介しましたが、
異論もあると思います(こちらの方がいい、など)そこは僕の感性ということで、なにとぞお許しください。

※本記事は、2015/01/05に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ