ラーメンから佐賀名物まで!佐賀県のおすすめランチ14選

ラーメンから佐賀名物まで!佐賀県のおすすめランチ14選

玄界灘と有明海で水揚げされた海の幸が美味しい佐賀県。伊万里焼や有田焼の生産が盛んな佐賀県においては、料理の器にも注目したくなりますね。また、お隣の福岡県「久留米ラーメン」のように、ラーメン人気も高く多くのラーメン店が出店しています。今回は佐賀県でランチを食べるならココ!というお店をご紹介します。

キーワード
ランチ
とんこつラーメン
醤油ラーメン
子連れ
おすすめ
人気
食べログまとめ編集部
名物
肉料理

更新日:2017/02/13 (2015/10/26作成)

14781view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丸幸ラーメンセンター 基山本店

Clear

濃厚な豚骨ラーメンでありながら、スッキリとした味わいという【丸幸ラーメンセンター 基山本店】です。

生たまごやワンタンなどトッピングの種類が豊富であり、オリジナルの麺が使われているそうです。

テーブルには紅生姜やハリハリ漬けが置かれています。

最初からラーメンに投入するのもアリですし、替玉から味に変化をもたせる人もいました。

店内は気取ることもなく、大きなドライブインといった感じ。スープは豚骨ですが、臭みがほとんどありません。スープを高温で一気に取ると臭いが出ないとか。

出典: K58さんの口コミ

スープは程よくコッテリしており、タレとのバランスもよく、オーソドックスで最後まで食べやすいラーメンになっていました。

出典: こうたん。さんの口コミ

幸陽閣

美味しくて、どこか懐かしい気持ちになれるという【幸陽閣】です。

スープがあまりにも美味しくて、トッピングはおろか麺ですらオマケとしかないと思えない、というレビューもありました。

テーブルを見ると焼肉屋で見かけるような造りとなっています。

レビュアーさんの情報によれば、ラーメン屋から焼き肉屋に転業して再スタートをしたのですが、ラーメンに対する要望が多くラーメンを再開した結果、いつの間にか焼き肉は無くなったとのことでした。

出汁スープもしっかりしていて、タレも濃い目なんだけど濃すぎず、それでいて油の味もしっかりあるという…。本当に、分厚い、分厚い旨味のラーメンです。

出典: 麺也さんの口コミ

濃厚スープに中細ストレート麺の佐賀らしいスタイル 佐賀ラーメンはレベルが高いし行く価値有りですね(^^)

出典: T.D.TETUさんの口コミ

大砲ラーメン 吉野ヶ里店

店名からも美味しさの破壊力が伝わってくる【大砲ラーメン 吉野ヶ里店】です。

昭和28年創業という久留米ラーメンのお店は、大分県や佐賀県にも支店を構えています。「呼び戻しスープ」という技術の発祥の店だそうです。

卓上にはオリジナルの調味料がたくさん並んでいます。ニンニクをたっぷり入れることもできますし、辛さをプラスすることも可能ですね。

豚脂の揚玉である「カリカリ」など、独特なトッピングにも注目して下さい。

チャーシュー麺はスープも臭みがなく先程の獣臭もほとんどなくまろやか。麺も私好みの細麺。これ美味しいじゃないですか!

出典: syemeさんの口コミ

普段あまり最後までスープを飲まない私でも、この味ならスープまで全部飲み干せる。

出典: ryu5papaさんの口コミ

麺家ぶらっくぴっぐ

Clear

丼ぶりの底には、砂のような豚骨の粉が溜まっているという本格派な【麺家ぶらっくぴっぐ】のラーメンです。

「玉子入ラーメン」は、生卵の黄身が使われており、潰して溶かしてみるとコーンスープのようなマイルドさになるのだとか。

「ぶらっくぴっぐ」と黒い太文字で書かれていると、威厳がありますね。

さらに「とんこつの旨みここに極まる」とあれば、これは立ち寄ってみるしかありません。

喉越しはツルツルしていますね。他店で良く出会う自家製麺と似ていますが、スープとの相性なのか、ぶらっくぴっぐの麺は意外に美味しく頂けました。

出典: 麺也さんの口コミ

スープがマジで美味い。個人的には理想に近い。玉子入りの方が2種類の味覚を味わえるので、オススメです。

出典: dtdeさんの口コミ

いちげん

「これぞ佐賀ラーメン」というレビューが寄せられた佐賀市の【いちげん】です。

スープ・麺・バランス・サービス、全てにおいて満足する一杯だったそうです。ソウルフルな味わいと捉える人も。

スープを完飲すると、丼ぶりによって異なる文字が出てくるようです。

なぜか「結婚式&披露宴」と書かれた丼ぶりも…。

麺は佐賀ならではの畑瀬食品。パツンとした歯ごたえがありながらもわやらかさがある中細麺で、硬麺にすると少しもったいない感じです。スープの力強さと麺のやさしさが佐賀ラーメンの結晶。

出典: ROMA CHUさんの口コミ

玉子&海苔で3度楽しめる♪これが佐賀ラーメンの楽しみ特製なので、チャーシューがタップリ!脂控えめで、ガッシリとした昔ながらのタイプ。この感じが、スープにピッタリです。

出典: めんむすびさんの口コミ

らーめん もとむら

Clear

「佐賀とんこつを象徴する伝説の一杯」と絶賛する声が上がった【らーめん もとむら】です。

ポッタリそしてムニムニとした食感が印象的な、太めのストレート麺が豚骨スープにマッチしています。

お酢がしっかりと効いている「いなり」は、小ぶりなサイズなのでラーメンと一緒に注文しやすいですね。

酸味のおかげで、食欲も湧いてきます。

豚骨のダシと香りがありながらもやさしい味わいで佐賀らしいラーメンですね。個人的には毎日食べられそうな豚骨ラーメンという印象ですね。

出典: たけひこ@ブロガーさんの口コミ

これぞ長きに渡って、佐賀で愛され続けてきた味わいなのですね。出会えてよかった!

出典: めんむすびさんの口コミ

牛船

「佐賀牛の炭火焼きハンバーグ」そう聞くだけで間違いなく美味しい!と声を上げてしまいそうな【牛船】のハンバーグです。

表面をしっかりと炭火で焼いているので、香ばしさたっぷりですし、中がレアなので柔らかく脂が甘いのにしつこくないという、佐賀牛の美味しさを存分に味わえます。

中のレア具合は、肉の赤さが分かるほどです。

鉄板はアツアツですので、表面を押し付けて好みの焼き加減に仕上げていきます。

肉汁たっぷりのハンバーグはライスとの相性が良さそうですが、パンともマッチしたそうです。

佐賀牛が全てを美味しくしてくれますね。

なんて私好みの理想のハンバーグなんだろうと感激しました。遠方からでもわざわざ食べに行きたいくらい美味しいハンバーグでした。

出典: Lady hanaさんの口コミ

レアはトロに近いマッタリ感 ウェルダンは粗挽きの歯ごたえ この形状のハンバーグならでは楽しみ方が素晴らしい

出典: UKOTさんの口コミ

恵比須

Clear

【恵比須】の特徴は、何と言っても濃厚なスープ。「地域で一番!」「超高濃度」「ディープインパクト」と、スープの強烈さを表現するレビューが並びました。

豚骨の味と香りをトコトン楽しめるスープであり、ストレート麺との相性もバツグンです。

「満腹!焼き飯セット」や「あのラーメン」そして「とりあえず玉子」など、メニューの書き方が面白いお店です。

何となく色々と頼んでみたくなりますね。実際に焼き飯や餃子を注文しているレビュアーさんが多かったです。

最近はとんこつのくさみと共に、”らしさ”まで削ぎ落としたスープも多いなか、何とも男前な一杯!良さは残し、くさみやエグ味だけをキッチリ取り去ったイメージです。

出典: めんむすびさんの口コミ

とろりと乳化した濃厚なスープに甘味や旨みもあり、ポタージュの様なクリーミーな滑らかさのあるスープです。

出典: R・ZOROさんの口コミ

川島豆腐店

Clear

12時と14時のランチタイムだけでなく、朝8時もしくは10時から豆腐のコース料理を頂ける【川島豆腐店】です。

唐津焼の器で繊細な豆腐を食べる、これは幸せなひと時ですね。完全予約制となっているそうです。豆腐のみのヘルシーコースなら、朝一番でもお腹に優しいですね。

佐賀県産の「ふくゆたか」という大豆を使って仕上げた「豆乳ソフトクリーム」です。

日本でも屈指のソフトクリームというレビューもありまして、上品な甘さと舌触りがたまらないのだとか。

「豆腐料理かわしま」で食事を楽しんだあとは、自宅用に絹豆腐やざる豆腐を購入して帰りたいですね。

オンラインショップで販売もしているそうですよ。

味噌汁は、生まれたての白き妖精のような、この究極の川島豆腐の「やわらかさと優しさと甘み」を堪能出来ます。

出典: ここだ!さんの口コミ

佐賀と熊本の契約農家から厳選された「ふくゆたか」という豆を使って作っているそう。にがりは瀬戸内の海水からとれたもの

出典: ゆめゆめさんの口コミ

大臣閣

Clear

雑味のない豚骨の旨みを凝縮したクリーミーなスープは、店名に相応しい仕上がりとなっている【大臣閣】です。

佐賀県の、知る人ぞ知る実力派ラーメン店ということで、大満足の一杯が食べられます。

ラーメン屋で、ホルモンや焼肉というと夜にお酒を呑みながらというイメージですが、こちらのお店ではランチタイムでも一人前から提供してもらえるので、もう少し食べたいなという時にピッタリのメニューです。

これは、焼き肉屋として使いたいお店です。やっぱり焼き肉屋が本業じゃないの?ラーメン旨い、ホルモン&焼き肉旨いとワイワイ言いながら完食。

出典: とんちゃんさんの口コミ

全体的にはほぼ満足する美味しさ♪レンゲが止まらず、飲み干してしまいました♪期待を裏切らないお店で、食べに行って良かったです。

出典: 麺也さんの口コミ

フルーツガーデン シン・サン

フルーツがたっぷりと使われているパフェを堪能できる【フルーツガーデン シン・サン】です。

1階はフルーツショップになっていますので、美味しそうな果物をチェックして2階へ進み、パフェを注文するというレビュアーさんが多いようです。

パフェ専門のフルーツパーラーかと思いきや、実はランチタイムにカレーライスやパスタを注文することも可能です。冬季限定となる「煮込みハンバーグ」にも注目です。

食事をしたあとに豪華なパフェ、幸せなひと時を過ごせそうですね。

パフェはコーンフレークなしで、アイスクリームも美味しい♪柿、リンゴ、オレンジがのってました~。柿のパフェはめずらしい~。固さもちょうどいい感じで美味でした。

出典: ぷれせあさんの口コミ

カレーはフルーツっぽさはなく、甘くなくピリリと辛いくらい。挽肉とフルーツのカレーでした。

出典: akiiさんの口コミ

ふくの家

Clear

激安の久留米ラーメンが食べられるとあって、人気を博している【ふくの家】です。

高菜と紅生姜はサービスとなっており、特に高菜は独特な香りが控えめなのに濃い目の味付けであるため、ラーメンにもご飯にも良く合うとのことです。

今どき、美味しいラーメンを330円で食べられるお店というのは貴重ですよね。

お店の外観に大きく「330円」と書かれていれば、立ち寄りたくなるのも分かります。

久留米ラーメンと書いてありますが、久留米・筑豊系と博多・長浜系の中間的な感じで、麺は細めんストレート、さすがに製麺所直営というだけあって、ラーメン用の小麦「ラー麦」を使用した麺は風味があり美味いです。

出典: kogosaraさんの口コミ

スープの味もしっかりしております。濃いの苦手、薄いのもちょっとという方には丁度良いと思われます。かなり、頑張っておられるのではないでしょうか。

出典: シルシルミシルさんの口コミ

※こちらのお店は下記へ移転致しました。口コミなどの情報は移転前のものです。

らぁ麺むらまさ

佐賀県の食材がたっぷりと使われている【らぁ麺むらまさ】の「らぁ麺」です。

玄海灘の塩に、佐賀県産豚そして地元で製造されているダシや醤油などが用いられており、佐賀県を訪れたらぜひ訪れたいラーメン屋です。

刻みチャーシューご飯も見逃せません。

色鮮やかな錦糸卵で覆われており、味の染みたチャーシューがたっぷりと乗っています。

2015年の2月にリニューアルし、夏からは土日祝日に限り夜8時まで営業していますので、ランチタイムだけでなく夜にも利用してみたいですね。

醤油ラーメンもいけます。九州でうまい醤油ラーメンに巡り合いませんがここのは私に合ってます。穂先メンマ(やわらかくいやな臭みもない)、よくあるメンマはクスリ臭くてあまり得意ではないがここのメンマは食感、味、いいです。

出典: 蘭陵王さんの口コミ

餃子の焼き具合や、ご飯を用意するタイミングなど完璧です。すべてのセットが同時にテーブルに来ました。このオペレーションの完璧さにまず頭が下がります。

出典: Gatchanさんの口コミ

テリーヌ食堂

テリーヌがメインというちょっと珍しいフレンチレストラン。

予約制ですが子供連れも歓迎とのこと。宝石箱のように美しいテリーヌを見ていると、大人も子供も楽しい気分になれそう。

見た目、味、コスパのどれをとっても大満足だそうです。

まさに宝石箱!と言いたくなるような美しさですね。味だけでなく見た目でもお客様を楽しませたいというシェフの心意気を感じます。

「宝石のテリーヌ」こと冷たいアスピックテリーヌを注文。これはお肉と魚が一度に楽しめるテリーヌです。まさに宝石の名にふさわしく、色とりどりの海鮮とグリーンのソースが目にも美しいテリーヌでした。崩して食べるのが惜しくなるくらい。そして予想を裏切るボリューム!テリーヌって、十分主食になりますね(笑)

出典: よーつーさんの口コミ

しかしこのテリーヌのボリュームがスゴイ。厚さ4cmほどもある。お肉、ソーセージ、ウズラ、ベーコン等がミックスされ、塩と胡椒のみで味付けされ、型に入れ、プレスし、蒸し、寝かせ1日がかりで作り上げた渾身の一品。これこそ専門店で味わうべき料理!

出典: mamesukeさんの口コミ

昭和レトロな温かみのある雰囲気の店内。子供が楽しめるようにか、ジブリのキャラクター人形なども飾られていて、ゆったりとした気持ちで食事ができそうです。

ご紹介したお店の選定方法について

佐賀県で飲食店に関する口コミを多く書いているレビュアーの方へアンケートを実施。その中で多くのレビュアーの方が推薦されたお店から食べログまとめ編集部が厳選してご紹介しています。

※本記事は、2017/02/13に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ