函館朝市で旨い海鮮丼の食べ歩き!各エリアで人気の店15選

出典:食いしんこのは嬢さん

函館朝市で旨い海鮮丼の食べ歩き!各エリアで人気の店15選

飲食店の関係者だけでなく、観光客や地元の人も多く訪れるという「函館朝市」。函館駅のすぐ近くでアクセスが良いため、函館旅行中のスケジュールに組み込みやすいスポットです。今回は函館朝市内外で、海鮮丼が人気のお店をまとめました。「どんぶり横丁市場」など3エリアを中心に、おすすめの海鮮丼店を厳選しています。

記事作成日:2022/11/01

743view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる2976の口コミを参考にまとめました。

函館朝市の【どんぶり横丁市場】で海鮮丼を食べる!

朝市の味処 茶夢

3.54

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

元漁師の店主が料理を手掛けているという「朝市の味処 茶夢」。海鮮丼を食べるのに相応しいネーミングの「どんぶり横丁市場」内にあるお店です。

店内にはカウンター席のほか、数席分の小上がり席も。JR函館駅から徒歩約3分です。

朝市の味処 茶夢

10種類以上の海鮮丼を扱っており、こちらは函館ならではの「函館丼」です。うに・かに・いくらといった高級食材が勢揃い。

函館朝市の「朝市丼」、北海道の「北海丼」と、観光で訪れたら注文したくなる丼ぶり名ばかりです。松前藩にちなんだ「松前丼」も。

お店の特徴といえば、ズラッと並んだ小鉢たち。これだけの量がサービスで付いてくるそうで、海鮮丼と交互にゆっくり味わいたいものです。

こちらの丼ぶりは「いさりび丼」と呼ばれているとのこと。刺身を単品で注文することも可能なようです。

・大漁丼
なんとも欲張りで贅沢な丼。鮪中トロ、鮪赤身、サーモン、タコ、イクラ、蟹、うに、イカ、甘エビ、ホタテ…一つ一つが絶品。食べているうちに混乱する程美味い。印象的だったのは、イカそうめんの新鮮な舌触りとウニのコク。小皿には魚の肝や卵、茎若布、イカ煮込などなど。なんと10品。

出典: key-keyさんの口コミ

つぎつぎに運ばれた小鉢は、海鮮まみれの私の口を救うようやった。箸休め、最高。あとおつゆも優しいお味で最高。お値段も、味も、サービスも、雰囲気も、パーフェクト◎ 朝市、お店も多くて選ぶの困っちゃうけど、ここは胸はっておすすめできます!!!!!!!!!

出典: グルメになりたいりょこさんの口コミ

いくら亭

3.48

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ダイレクトなネーミングの「いくら亭」。プチプチ食感のいくらを食べさせてくれるというお店です。

1階にはカウンターとテーブル席、2階は要予約ではあるものの団体専用の座敷が設けられているのだとか。JR函館駅より徒歩約3分です。

こちらが名物のいくらをのせた「うにいくら丼」。かにやほたてとのコンビも用意されているそうです。

いくらを存分に堪能したいなら、シンプルな「いくら丼」も。すべての海鮮丼に味噌汁と漬物が付いており、追加料金にて岩海苔の味噌汁へ変更可能なようです。

いくら亭 - 函館大漁丼・ボタン海老スペシャル

写真は「函館大漁丼ボタンエビスペシャル」という、何だか迫力たっぷりな名前の海鮮丼。

イカやサーモンがのった「北海丼」もおすすめだそうです。他店を渡り歩くなら、比較的リーズナブルな価格の「海鮮小ぶりどんぶり」を注文する手も。

・いくら丼
函館の朝市を巡り、こちらいくら亭さんへ団体で来店。卒業旅行でした。店名の通りいくらが売りとのこと、北海道だし、いくら丼を選びました。大粒、プチプチ!旨味もあって美味しかった~。北海道最高。

出典: beaut8038551さんの口コミ

息子がいくらが食べたい!と言うので遅めの朝食利用( ̄ー ̄) 1階はカウンターとテーブルがあり、2階もあるよう。ベビーカー有りの家族連れでしたが、快く迎え入れてくれ、テーブル席の椅子を1脚移動してベビーカーのスペースを作ってくれました(^^)

出典: ゆんぱんださんの口コミ

一花亭たびじ

3.49

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

一花亭たびじ

海産物専門の「すがわらグループ」が手掛ける海鮮料理店「一花亭たびじ」。気に入った食材があれば、帰りがけに函館朝市内の「すがわら本店」に立ち寄り購入することも可能。

2階にもテーブル席が設けられているとのこと。JR函館駅から徒歩2分です。

インパクト大なビジュアルの「活いか踊り丼」。店内に水槽が備え付けられており、新鮮ないかを食べさせてくれるそうです。

活あわびが躍る、数量限定の「蓮華丼」や、色々な海鮮がのった「七色丼」もおすすめです。

こちらの小さめな丼ぶりを「一膳丼」と呼ぶようです。味噌汁の椀と比べると、一膳サイズなのが分かりますね。それでも具材が多めでボリューム感があります。

うに・ほたて・ぼたんえびなどから、3種類を自由にトッピングできる海鮮丼なのだとか。

・七色丼
丼一杯にこれでもか、と新鮮な魚介が詰め込まれています。単純な丼なのですが、やはり新鮮な魚介は美味しい。ベタなメニューですが間違いはなく、安定感がありますね。

出典: Noriakiさんの口コミ

人気なのが分かるほど、本当に素敵なお店でした!丼以外にも、刺身・定食・一品物など料理のバリエーションも豊富のようです。新鮮な魚介料理をいろいろ楽しみたい方やイカを最高の鮮度で堪能しでしたい方にオススメです。

出典: 新店ハンターさんの口コミ

馬子とやすべ

3.48

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

馬子とやすべ

昭和60年に創業したという「馬子とやすべ」。味と中身に自信ありというのが信条で、新鮮な魚介類を提供しているとのこと。

店内には有名人によるサイン色紙が飾られており、人気の高さがうかがえます。JR函館駅より徒歩2分。

メニュー表を見ると具材の種類に応じて、「一種ノ丼」から「四種以上ノ丼」まで様々な海鮮丼が用意されているそうです。

こちらは「朝市五色丼」で、いくらやサーモンがのった豪華な一品。ほたて・かにのどちらかを主役にできるようです。

馬子とやすべ - ミニ5点丼 1540円

「ミニ丼」を選ぶと、自動的に「ミニサラダ」が付いてくるのだとか。味噌汁やお新香もセットになっていました。

朝いかを用いる「いかソーメン」といった、単品料理や各種定食も揃っていて、海鮮丼も含め様々なニーズを満たしてくれるのだとか。

・漁火丼
イカの上に、結構多めないくら。両方とも薄く醤油味がついておりそのまま食べられます。イカは透明で、イクラもプチプチ。新鮮さ、美味しさ、やはり函館に来たらこれだろうという感じ。味噌汁も美味しく満足。店員さんの接客も丁寧でまた次があれば、来てみたいと思いました。

出典: なかじ@みっこさんの口コミ

芸能人もよくこられている有名店なので、ここに入ってみました。函館朝市の中では内装もキレイで店内も明るい雰囲気です。新鮮だけによいお値段ですが、値段にあった味で納得です。どんぶりについてる生のりのお味噌汁がすごくおいしかったです。

出典: michiko15さんの口コミ

朝市食堂 函館ぶっかけ

3.35

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

朝市食堂 函館ぶっかけ

自家製のいくらが好評を博している「朝市食堂 函館ぶっかけ」。店名通り、具材をぶっかけた海鮮丼が食べられるお店です。

各地の催事場にブースを構えることが多いものの、せっかくなら函館朝市内の本店で味わってみたいところ。JR函館駅から徒歩約2分です。

朝市食堂 函館ぶっかけ - うに、いくら、甘エビ、カニ、ホタテの貝柱がのってるよ。
特に貝柱が甘くて美味しかったです。

定番メニューとして挙がっている「大名盛」。北海道の言葉を借りれば、「なまらお得」だそうです。量が多いかも…と心配なら、写真の「大名盛レディースサイズ」がおすすめ。

「いくら・サーモンぶっかけ」などの丼ぶりも用意されています。

こちらが「自家製いくら醤油漬」。羅臼昆布の出汁が使われており、旨みたっぷりなようです。

「弥生ぶっかけ」や「松風ぶっかけ」といった新海鮮丼には、この醤油漬けしたいくらが入っているとのこと。函館産真いか入りの「東雲ぶっかけ」もあります。

・いくら・サーモンぶっかけ
海鮮食堂として人気のあるお店です。鮭イクラ丼は贅沢すぎる海の親子丼としては有名です。イクラの赤と鮭のオレンジのコントラストが何とも素敵です。見た目だけでなく味もよかったですよ。

出典: 【NEMO】さんの口コミ

お店の大将がとっても威勢のいい人で「ほたても美味しいよ」と言うので【ほたて】も。本当に美味しい♪当初の予定通り一人大名盛を頼んだ私の海鮮丼も見た目どおりの美味しさでした。こんな新鮮な魚介がこのお値段、そして大将のキャラが個性的でとても印象深い旅の思い出になりました。

出典: にゃじさんの口コミ

鮨処 はこだて

3.31

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

シャリに、昔ながらのまろやかな赤酢を用いた「鮨処 はこだて」。北海道近海で水揚げされた、その日一番のネタを出すようにしているそうです。

店内はカウンター10席と、テーブル席&小上がり席が2卓ずつ。JR函館駅より徒歩1分です。

11種類の具材から3種類チョイス可能な「選べる3色海鮮」が主力メニューとのこと。サーモンや甘えびなどが具材の候補に挙がっていました。

シャリは北海道産のブランド「ななつぼし」。赤酢によって、ほんのり桜色に染まっているそうです。

鮨処 はこだて

追加料金にて、うに・あわびといったハイグレード具材も「選べる3色海鮮」に加えることができるそうです。

色々食べたい!ということなら、「色どり5色海鮮」もしくは8色の「海の花」、または写真の「たっぷり10色海鮮」を選ぶのもおすすめとのこと。

酢飯うれしー。このあたりの海鮮丼って普通の白飯なのです。少し海苔がかかっていて、いい香り。ご飯の硬さもお酢感もばっちりです。ちょこっとのいくらがぶりんぶりんで美味しかった。ほたては肉厚。

出典: ayuay53さんの口コミ

函館のお寿司屋さんですが、丼や定食もありました。カウンター席とテーブル席があります。こじんまりとしていますが、中は清潔です。頼んだメニューは小どんぶりの「いくら・ほたて・まぐろ」にしました。お味噌汁も付いていました。新鮮で、美味しかったです。

出典: MIYURIさんの口コミ

櫻桂

3.10

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

櫻桂 - 店内

具材の組み合わせが自由な「お好み丼」が大人気を博している「櫻桂」。

店内には北海道に本拠地を置く、プロサッカーチームのタオルマフラーやユニフォームが飾られており、サッカーファンが訪れてみたくなるお店なのだとか。JR函館駅から徒歩約2分。

「お好み丼」の中でもお茶碗サイズの「ミニ丼」なら、リーズナブルにピンポイントで好物が食べられそうです。何と一色・二色・三色の丼ぶりが同一価格なのだとか。

うにやホッキ貝など9種類の具材から、自由に組み合わせて海鮮丼を作れるのだそう。

櫻桂

どれも美味しそうで選べない!ということなら「函館開港丼」がおすすめ。うに・かに・いくらといった主力メンバーが揃った海鮮丼です。

「紅はらす定食」といった定食メニューも好評なので、お刺身を単品で付けて注文するのも良いですね。

・三色丼(ミニ丼)
三色丼は10種類ぐらいの具材からチョイスできるので、子供は大喜びでした。ホッキ貝、大好きなのですが、ホント美味しかった。とにかく新鮮、甘い。1分ぐらいで食べてしまいました。訪問した際、是非食べてみてくださいね!!

出典: おひとりBooさんの口コミ

イクラは、自家製だそうです。味がついていておいしかったです。ミニ丼は、ちょっと大きなお茶碗で好きなネタを選べます。たくさんお店があるので選ぶのは、迷いますがサンプルを見ながら選ぶのも楽しめるので、たまにはいいかもね。

出典: かず4295さんの口コミ

味鮮まえかわ

3.43

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

味鮮まえかわ - 店内

海鮮丼や定食に単品のお刺身と、料理のラインアップが充実している「味鮮まえかわ」です。グルメな著名人が命名した丼ぶりもあるのだとか。

カウンタ―やテーブル席のほか、6名用の小上がり席が設けられています。JR函館駅より徒歩1分。

味鮮まえかわ - 味鮮丼

人気の具材が一堂に会した「味鮮丼」。生うにとほたて、ズワイガニの組み合わせなのだそう。

とびっこやサーモンなどが並ぶ「五稜の花丼」や、かにのほぐし身を添えた「開港丼」などバラエティ豊か。それぞれ味噌汁と漬物が付いています。

いくつかの海鮮丼はミニサイズが注文できるため、程よくお腹を満たしてくれそうです。

「ミニ丼」では、具材が選べる2色・3色バージョンも頼めますよ。4色丼付きの「お子様定食」があるので、家族連れの旅行にもぜひ。

・海鮮あられ丼
テレビでは観たことありましたが、実際に本当に出てきてみて感動しました。しかも、胴体と耳(?)、ゲソに肝まであるのが嬉しかったですね。食べてみると、本当に甘い。そしてこりこり。味も食感も食べたことないやつでした。

出典: りきお0505さんの口コミ

期待を遥かに超える味わいで、とっても満足しました。旅先とは言え、お昼からこんなに贅沢な食事をしていいのだろうか…そんなある種の罪意識すらもってしまうほど素敵なランチタイムになりました!函館…サイコー♪

出典: BLUE NOAHさんの口コミ

朝市お食事処 山三 道下商店

3.40

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

朝市お食事処 山三 道下商店

豪華な海鮮丼や定食が並ぶ「朝市お食事処 山三 道下商店」。

小上がり席でゆっくり海鮮丼を味わうのも良いですし、カウンター席があるのでおひとり様も利用しやすい環境です。2階にも客席スペースがあるのだとか。JR函館駅から徒歩1分です。

お店の一番人気メニューが「道下丼」で、うに・ほたて・いくら・かにが隙間なく盛り付けられています。

「がごめイカ刺し丼」や「イクラとサーモンの親子丼」など、相性が良い具材を組み合わせた丼ぶりも。選択肢が豊富なようです。

朝市お食事処 山三 道下商店

4種類の「道下丼」を具材の数で上回る「5種お好み丼」。マグロやサーモンなど8種類から好きなものを選べるシステムです。

奮発するなら「生うに重」や「かに重」と、重箱入りの海鮮丼を食べるのも良いですね。単品の函館名物「活いか刺し」も好評。

・海鮮丼特上
これは「刺身オールスター」と言うべきか、沢山の美味しそうな魚介類が一つのどんぶりに詰め込まれてますやん。めちゃめちゃ絵になる盛り付けやし、普段出くわさないクオリティのおかげで見ただけで満足できるくらい。そしてお味も期待通り。

出典: Japanese Massholeさんの口コミ

やっぱり函館で食べるのは一味も二味も旨いって感じるんだよねぇ。。いくらの粒も大きく、輝いてる。カニのほぐし身も上にド~~ン!!出たうに!

出典: もりりん。さんの口コミ

函館朝市の【えきに市場】で海鮮丼を食べる!

朝市食堂二番館

3.48

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

100名以上のキャパシティを誇る「朝市食堂二番館」。このお店がある「えきに市場」は、「駅二函館朝市」とも呼ばれています。

テーブル席のほか、ゆっくり過ごせる小上がり席も完備しているとのこと。JR函館駅より徒歩約2分です。

リーズナブルな価格にて、数種類提供されている各種丼ぶり。こちらは「五目丼」で、甘えびなどがのっているようです。

これに味噌汁が付いていて、わずかな追加料金で大盛りも可能とのこと。朝食や小腹を満たすのにちょうど良いですね。

朝市食堂二番館

このサイズなら2杯3杯といけてしまう、それでもトータル価格は安いという海鮮丼。かにやイカ刺し、鮭&いくらや「イカ三升漬」というご飯との相性が抜群な具材も揃っているそう。

焼き魚をメインにした定食に、こちらの丼ぶりを付けることもできるそうです。

・五目丼
特に海老が甘みを感じて美味しかったです♪温かいお味噌汁に箸休めの漬物もついてワンコインは、まさに破格!朝からお得な海鮮丼を食べられて良かったです、ご馳走さまでした^_^

出典: konayuki#さんの口コミ

激安丼のほかにも活イカ刺や定食やお子様ランチもあり、お店も広々してて座敷もあるので、家族連れや学生さん等など、幅広く受け入れてくれる感じが気兼ねない雰囲気あっていいーーー!そしてそして、接客もとっても丁寧で居心地もいい!!!!気持ち良い接客でしたーー!

出典: ニャーイチさんの口コミ

函館朝市の【函館朝市ひろば】で海鮮丼を食べる!

あずまし亭

3.20

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

あずまし亭

「函館朝市ひろば」にお店を構える「あずまし亭」は、40種類以上の海鮮丼をリーズナブルな均一価格で提供しているというお店です。

フードコートのようなスタイルなので、気軽に立ち寄れそうな雰囲気。JR函館駅から徒歩約2分。

あずまし亭 - あずまし丼

メニューボードに「おすすめ」と書かれている、店名を冠した「あずまし丼」。

No.1は「朝市丼」でNo.2は「北海丼」だそうです。値段が安いのにも関わらず対し色々な具材がのっているため、函館海鮮丼の食べ歩き第一弾として良いかもしれません。

店頭に飾られた短冊やメニューを見ると、「イカ刺し」といった単品料理も注文できるようです。

肉系の丼ぶりも扱っていることから、魚料理が苦手な人との旅行であっても、それぞれの好みをしっかりと満たせます。麺料理も選べるのだとか。

・三色丼
蟹のほぐし身は蟹の旨味が感じられて良かったです。量も多くてその点も良かったと思いました。大粒のイクラは文句なく美味しかったと思いました。

出典: macnnさんの口コミ

フードコートになっていて数店舗が営業していました。 そんな中から色々なメニューを取り揃えていたこちらのお店で注文。丼物やラーメン、蕎麦などはお腹が一杯になってしまうので、北寄貝とツブ貝の刺身と生ビールにしました。

出典: yokohama_isezakiさんの口コミ

【函館朝市内】で海鮮丼を食べる!

きくよ食堂 本店

3.49

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

函館朝市内に2店舗を構えるお店で、40席分のテーブル席を設けた「きくよ食堂 本店」。支店がすぐ近くにあるとか。

昭和31年創業のお店で、平成時代に全面リニューアルしたそうで、一部座席はスタイリッシュな感じなのだとか。JR函館駅より徒歩3分です。

きくよ食堂 本店

数ある海鮮丼の中で、人気No.1を誇るのが「元祖函館巴丼」です。いくら・うに・ほたてが揃い踏み。ほたてにだけ醤油をかけて食べるようです。

三種・四種・五種それぞれ選べる「お好み丼」もありますし、7種類もの具材が入った「大漁丼」もおすすめ。

綺麗に色分けされた「紅鮭親子丼」。ご飯がまったく見えないほど、紅鮭が敷き詰められていますね。ミニサイズでの注文も可能。

英語のchild(チャイルド)にひっかけた、小学生以下が対象の「チャイル丼」もあるため、家族連れで訪れるのも良いでしょう。

・四種お好み丼
ウニとカニにはわさび醤油がかかっており、いくらは醤油漬けされているので、ほたてに醤油をかけていただきます。いくらは比較的大粒で、素朴な美味しい味わい。カニはわさび醤油が効いています。ウニは臭みなく、美味しかったです。ホタテが新鮮でみずみずしく、旨味もたっぷりでした。

出典: chocosaraさんの口コミ

休日ともなれば、かなりの確率で行列ができるとは思いますが、機転の利いた接客のおかげで、行列が速く流れるので躊躇は無用。どこに行こうか迷われている方は「きくよ食堂」を強くおススメします。

出典: 鈴木ファンドさんの口コミ

すずや食堂

3.44

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

すずや食堂

海産物問屋直営店の「すずや食堂」。直営だからこそ新鮮素材が毎日届くのだそうです。

店内には水槽が設けられ、その場で捌いてもらえる料理もあるとのこと。予約推奨で、ペット同伴OKな専用個室もありますよ。JR函館駅から徒歩3分。

こちらはシンプルな「いくら丼」。いくら&サーモンや、いくら&うにといった組み合わせもできます。

丼ぶりによっては、こぶり丼もしくは中丼サイズでも注文可能なため、お腹と相談しつつ頼みましょう。いずれも味噌汁と漬物が付いていますよ。

自分流の海鮮丼が完成する「選べる海鮮五色丼」は、真いかや鮭ほぐしなど9種類の中から、5種類を選ぶシステムです。

追加料金にて生うに入りバージョンを指定することもOK。「海鮮ちらし」では、何と10種類もの具材が入っているそうです。

・選べる海鮮五色丼
甘海老も甘くて美味しいです。頭の部分はみそ汁に投入しました。雲丹も旨味はがっつりとありました。岩海苔入りの味噌汁も香りも味も良かったです。このお店にして良かったと思いました。

出典: macnnさんの口コミ

函館に何回も訪問しているがここが一番だと個人的には思う。イカ刺しは相場と同じくらい。相場以上の時はイカのサイズが他の倍ほどある。丼ものは価格以上に良いものであると感じた。今後も函館に来た際には訪問したいと思うし他の人にもオススメしたい。

出典: ryoga114さんの口コミ

【函館朝市周辺】で海鮮丼を食べる!

うに むらかみ 函館本店

3.71

夜の金額: -

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

函館朝市の場外にも多くの海鮮丼店があります。そのうちの一軒が「うに むらかみ 函館本店」で、うにがメインのお店。

時期により生うにの提供は入荷状況次第なので、事前に確認してから訪れた方が良いかもしれません。JR函館駅より徒歩3分です。

うに むらかみ 函館本店

ミョウバンを使うことなく無添加というのが特徴で、うに本来の甘みが感じられるのだとか。

レギュラーサイズの「無添加生うに丼」は、ドドンと80gも生うにが使われています。半量のSサイズとしても注文できますよ。いずれも味噌汁付き。

無添加うにを、他の具材と合わせた「むらかみ豪華海鮮丼」。生うには、特盛になっているとのこと。

いくらやサーモンが主役の「うになし二色丼」も扱っているため、うにだけにこだわる必要はないようです。こちらもSサイズが注文可能です。

・無添加生うに丼(Sサイズ)
美しいうにが40g乗っています。フレッシュなうにはもちろん香りが良くて美味しいのですが、ご飯も、タレも美味しかったです。とくにタレはまろやかでトガリがなくてうにを引き立ててくれました。

出典: つな1007さんの口コミ

一人旅の最中にふらっと訪問(o^^o) 1人なのに入りやすいお店の雰囲気に感謝。そしてお店のおばちゃん達が色々な観光スポットを教えてくれて、心もあったかくなりました!

出典: masaco.masakoさんの口コミ

くいしんぼう函館

3.37

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

穴場との声が食べログレビュアーさんから聞かれた「くいしんぼう函館」。函館朝市場外で、これぞ!という海鮮丼店を探すのは面白そうですね。

観光客だけでなく地元の人たちも、よく訪れているのだとか。函館市電・函館駅前停留所から徒歩約2分です。

10種類前後の具材から3種類選べる「お好み三色丼」。入荷状況によるものの、うに・ほたて・サーモンなどからチョイスできるようです。

2種類選ぶ「お好み二色丼」も候補のひとつ。「かに丼」といったシンプルな丼ぶりもあるそう。

くいしんぼう函館

写真は「おすすめ丼」。お店からおすすめと言われたら、一度は注文してみたくなりますね。高級食材のアワビがのっており、とても豪華な一品なのだとか。

グレードが高めで、具材が6種類の「夜景丼」もメニューラインアップに挙がっていました。

・三色丼
今回、ガイドブックなど何も見ず、フラッと入ったこの店!なかなかの辺り当たりでした\(^o^)/ お味噌汁にたち、いわゆる白子が入ってたのも嬉しかった(^^) いくら、ホタテ、サーモンの三色丼!問題なく美味しかったです!

出典: mimi1211さんの口コミ

お店は女性の方がお一人で切り盛りされてました。お客さんは入店時は一組でしたが、後から三組。みなさん観光の方ですね。ホタテなんて注文が入ると生簀から取り出すんですね^^ 面白い光景でした(^ω^) ふらっと入ったお店ですが、予想以上に良かったですね♪

出典: みぃーちゃん。さんの口コミ

※本記事は、2022/11/01に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ