米沢市・好きな米沢中華♬定番醤油#16文キック!

米沢市・好きな米沢中華♬定番醤油#16文キック!

米沢中華と言えば細打ち強縮れ麺とあっさりとした醤油味のスープが特徴。野菜や鶏ガラ、豚骨、煮干しなどスープのダシは店の個性の発揮しどころ。モーパパの好みはどうやら動物系が強いかな?只今16店舗♪ジャイアント馬場なみの破壊力で増殖現在進行中♡

更新日:2016/10/08 (2015/02/12作成)

13529view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる812の口コミを参考にまとめました。

平成27年10月、福留軒を追加、かど久を除外、三男坊米工高前店を除外(閉店)
平成27年11月、福原屋を追加、ラーメン仁を追加
平成28年1月、川井食堂を追加、山大前やまとやを追加
平成28年5月、マハロを追加
平成28年7月、鈴よしを追加
平成28年8月、中華料理日の出を追加
平成28年10月、味処すずきを追加

可祝屋支店

3.41

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

モーパパにとって米沢中華といえばこのお店。結婚後すぐに嫁さんに食べさせた米沢中華もこの店。観光客用の店ではないが地元人に聞いてもやはりこの店が伝統米沢中華の正統派らしい。東北ならではの濃いめのスープの味付けは歳と共にややきつくなりましたが、この米沢ラーメンの麺の味わいは子供の頃から慣れ親しんでますので、なかなかやめられません。最近の進化系のような衝撃はないが、伝統の味に敬意を表して星四つでも悪くはないと思います。

中華そば

かわにし食堂

3.56

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

米沢の完全な郊外ですが、間違いなく米沢中華の名店、講釈無用の店です。ひとすすりして驚くスープは、いままで食べたどの米沢中華とも違う。米沢中華・奥が深い!絶妙なニンニク使いによるコクと深みはまさにマジック♪米沢中華の代名詞たる極細縮れ麺はやや硬めにコキコキの名店ひらまのブランド米沢麺。

中華そば

やまとや本店

3.29

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

創業者やまとや三兄弟の長兄店。スープはとびきり熱々でたっぷり、油感は強くコクもあり、色は濃いが見てくれ程にしょっぱくなく食べやすい。ダシは魚系より肉系の風味が強い。普通盛りでもスープ・麺ともにたっぷりでお腹いっぱい。モーパパには絶妙にド・ストライクな秀作。一般的に人気のある山大前やまとやさんよりは間違いなくこちらの店のほうがモーパパは好きです。しかも麺・スープ・トッピングすべてにおいて市内他店舗よりも増量傾向にあり、コスパは比較的良い方です。

中華そば

熊文

3.67

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

米沢ラーメンを代表する名店。13号から南下し米沢市街に入ってすぐの米沢四中の向かいですぐわかります。米沢中華として基本の醤油ベースのスープに極細縮れ麺。スープは結構あっさりで熱々、醤油の風味もいい。米沢中華はちょっと脂多めだが、あっさり度合は山形市のつるつるかめやとの間くらい。地元にはここのファンも多いようで、合間の時間でも結構なお客様がいて入れ代わりに入って来ます。ちなみに、モーパパの画像は古いようで出てきませんでしたので、直近の味噌ラーメンしか使えませんでした。

中華そば

そばの店 ひらま

3.68

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

製麺所として有名なだけでなく、自分で作った麺を中華として出してくれる中華の名店。地元で知らぬ人はいない。中華そばは紛れも無い米沢中華で、麺・スープともに文句のつけようのない完成度の高い中華。あっさりめのスープはとても美味しく、脂気や醤油気の強い市内の他の米沢中華に比べとても洗練されて上品。麺を口に運び入れるのも小気味良い。ただ、客に出す直前に振りかける胡椒はなしにして、テーブルに置いて好みに任せてくれたら良いような気もします。もうひとつ、ひらま麺の特徴は、実家でよりも嫁いだ先でより美味しい中華に化けるアゲマン麺としても有名です。

中華そば

桂町 さっぽろ

3.55

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

これぞ『THE・米沢ラーメン!』といえる米沢市の地元の定番名店のひとつです。店の見た目も年季が入っています。中華そばの値段もリーズナブルで良心的です。麺は期待通りの極細の縮れ麺。地元ファンも多い米沢中華の老舗です。ちなみに、こちらの画像もモーパパのは古くて拾えませんでした。positionさん、お借りします。メンゴ<(_ _)>

中華そば

さつき食堂

3.55

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

こちらの評判はネギラーメン。スープはあっさりすぎず鶏の甘いコクもあり、といって油っこくなく柔らかでスイスイと飲め、カツオ節の風味も豊かで美味しい。麺は米沢らしい細縮れだが固めにあげた麺はコシもしっかりして喉越しよくスルスル入る。具は白髪葱を半円に美しく配し、残る半円にメンマ・蒲鉾・チャーシューを等分に配し、中心に刻み青葱を据え、見た目にも配色のコントラストが美しい。シャキシャキ白髪葱を麺に絡ませズルズルと食すと食感も心地好い。

ネギラーメン

福留軒

3.47

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

ワンタンメンという形で提供される米沢中華の名店。麺、スープともに米沢中華の形式を踏襲しつつ、絶品のワンタンとともにいただくという米沢では希有のスタイルで人気を博している名店です。

ワンタンメン

福原屋

3.35

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

米沢南部に長く根付いた米沢中華の地元の名店です。透明感のあるスープは節系の甘味さえも感じます。麺の茹で感は絶妙で、硬さの残し加減はモーパパの好みにド・ストライクです。チャーシューは脂身のないところをあっさりで普通に美味いです。とにかく、このスープには魅入られてしまいました。

中華そば600円

ラーメン仁

3.36

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

コインランドリー併設の洗濯物持参必須のラーメン店、美しき伝説の美人店員さんがお迎えしてくれるラーメン店、…色んな意味で美味しい名店です。塩ラーメンのような透明琥珀のきれいなスープ、あっさり優しい味です。洗練さを感じさせるクリアーな琥珀色のスープ。…で、ありながらも塩分濃度は高めで味わいはしっかりしています。麺も好きです。細く、硬さを残した茹で加減、モーパパの好みにド・ストライクです。美人店員と洗濯屋さんとの色物疑惑に見事に騙されました。このラーメン、美味いじゃないですか。まじにラーメンだけで十分な美味さを誇るラーメンです♡

しょう油ラーメン

川井食堂

3.18

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

到着した途端に驚きます。なにしろ、香りがいい、とてもいい♪節系ですか、煮干しですか、とにかく魚介のモーパパ好みの香りが食べる前からふわぁっとして、思わずクラッとしそうです。飽くまで優しく、わざとらしくない香りが素敵です。麺は細縮れ、一般的な米沢中華よりちょっと控え目な縮れですが、風味もよく好きです。チャーシューも肉がほろほろ、脂とろとろで美味しいです。あまり世間的に評価度・露出度は高くはないというか、むしろ無名に近いと思いますが、毎日でも食べ飽きない地元食的な米沢中華です。

中華そば

山大前 やまとや

3.55

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

若い頃はこちらのパワフルな中華が好きでしたが、寄る歳波で脂と濃さとニンニクの三段攻撃に耐えられる身体ではなくなりました。そこで、目に留まったのが野菜中華。これが意外に美味い♪想定外の美味さ。たっぷりの野菜の甘みが、いい案配に味の濃さや脂のきつさを中和してくれて、とっても食べやすく仕上がっています。ニンニク臭いのは相変わらずですが、野菜がニンニクのきつさも和らげてくれたように感じます。モーパパの歳ではこちらの中華はなかなかに厳しいのですが、この野菜中華であればまだまだモーパパ爺さんでも美味しくいただけそうです。

野菜いため中華

マハロ

3.08

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

スープは透明感があって美味しいです。脂質もあってコクがあり、塩味より甘味さえ感じるスープです。麺も美味いです。幟を見ると伍麺会の麺のようです。チャーシューは薄めのが二枚、肉っていう味わいのはっきりした個人的に好きな味のチャーシューです。味玉はかなり上手です。なかなかお目にかかれないほどに良くできた半熟とろとろの最高の味玉です。モーパパの好みでは米沢でもトップクラスの味玉の出来です。トータルでひとつだけ残念なのが茹で加減…もう少し芯を残してくれて食感が強い方が好みなんだけどなぁ。でも、美味しかったです。

米沢醤油ラーメン味玉トッピング

鈴よし

3.42

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

スープはふくよかな節の豊かな風味。安定したこの麺にこの滋味深いスープはなかなか。最初に食べた時、美味しいとは思いつつも感動にはもう少しかなと思いましたが、時間を挟んで何度か食べる内、じわじわとこのスープの虜になってくるのが分かります。また、麺の風味が一般的な米沢中華の麺と微妙に違って面白い。茹で加減もモーパパの好きなコシをしっかり残してくれて好き。チャーシューは脂身のないところ二枚ですが、かなり厚めに切って提供してくれますので、しっかり噛んで肉の旨味を味わわせてくれますし食べ応えあり。

中華そば

中華料理 日の出

3.26

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

スープはほんのり生姜の香り、煮干しの柔らかい風味、優しい味わい。麺は茹で加減やや長め、柔らかいという程ではないが、もうちょっと硬めでも良い。湯切りは完璧、大盛でもダマにならず麺が綺麗にほぐれ、美味しくいただける。チャーシューは二枚、ちょっと肉臭いが肉らしいチャーシューで、柔らかく美味い。メンマは丁寧に処理されていて食感も最高、変な筋のような硬さがなく均一な柔らかく心地良い食感。米沢中華の有名店でもなく、すべてに地味だが、ひとつひとつが丁寧な作りです。

中華そば

味処すゞき

3.05

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

着丼の瞬間から節の香りがほんわかと。ひとくちすすると動物系のダシのコクの深さもあり、何より熱々なのが嬉しい。麺は米沢中華の中でも私のすきなタイプ。全体に万遍ない縮れではなく、ところどころに節のような形になっている。モーパパは実はこの麺が好き、これぞ米沢のスラブコキコキ麺。この店の茹では通常加減でコキコキしないがやわい程ではなくモーパパ的に好きな美味しい麺。トッピングでは、メンマが丁寧に処理された質感の均一な食感の良いメンマ。チャーシューは地味だが山形特有のあっさり味付けの茹で豚的チャーシューで、肉の旨み・脂の甘さ・歯が肉に刺さる食感の心地よさ、全部にモーパパ好みのチャーシュー。完全ノーマークの店でしたがモーパパ的に驚きの相性の良さです。

ラーメン

※本記事は、2016/10/08に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ