神戸名物がズラリ!神戸牛から中華・洋食まで人気店15選

出典: 浜田 岳文さん

神戸名物がズラリ!神戸牛から中華・洋食まで人気店15選

港町として栄えてきた神戸には、老若男女に人気のあるおしゃれな観光スポットやグルメスポットがたくさんあります。今回は、そんな神戸の名物である神戸牛や中華料理などが食べられるお店をジャンル別にご紹介。地元の人からも注目されている、おすすめのお店をまとめました。

キーワード
ランチ
おしゃれ
個室
B級グルメ
食べログまとめ編集部
名物
肉料理
お土産
テイクアウト

記事作成日:2020/10/14

403view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる3613の口コミを参考にまとめました。

神戸にある神戸牛のおすすめ店

麤皮

3.92

夜の金額: ¥40,000~¥49,999

昼の金額: ¥30,000~¥39,999

「麤皮」は、JR三ノ宮駅から徒歩10分の場所にあるステーキハウス。レンガ造りの外観が印象的な、レトロなデザインのお店です。

お店は1階と2階に分かれており、1階はホールで17席、2階は個室で10席が完備されているそう。

写真は「サーロインステーキ麤皮」。ステーキは丁寧にカットされていて、美しい焦げ目が印象的ですね。

ジャガイモのソテーやインゲンなどが添えられた、上品な一皿だとか。

こちらの「三田牛フィレ150g」も人気。厚みがあるフィレ肉で、外側はかりっと焼かれ、カットすると鮮やかな赤身が現れるそうです。

麤皮は、希少な名物牛「三田牛」を食べられるお店としても知られているとのこと。

・ヒレ
周りがカリッとして中はジューシーでやわらかくとても美味しく頂きました。最初は胃がもたれるかと思ったのですがペロッと全部平らげてしまいました。

出典: pateknautilus40さんの口コミ

・キングサーモン
入荷が確認出来たらすぐに伺う必要があるという、いわば幻の一品。丁寧な火入れも相まって、サケ科の魚特有の癖が全く感じられない。中まで火は入っているが、パサつくことがなく、ジューシー。

出典: 浜田 岳文さんの口コミ

雄三郎

焼肉WEST百名店2020選出店

3.88

夜の金額: ¥20,000~¥29,999

昼の金額: -

「雄三郎」は、真っ青でおしゃれな外観が特徴のお店で、JR三ノ宮駅より徒歩8分の場所にあります。

12歳以下は入店できず、大人だけで過ごす上質な時間を楽しめるとか。

写真は「雄三郎コース」で食べられる、「前菜5種盛り」です。

前菜には、神戸牛のユッケや握りなどが含まれているのだそう。すべて肉を使って構成された、盛り付けも美しい一品とのこと。

こちらは「雄三郎スペシャルコース」で提供される、シャトーブリアンを使った「大富豪丼」です。

シャトーブリアンのほかに、ウニなどがのっており、その名のとおり贅沢な丼だとか。

ホスピタリティーも素晴らしいですし、ワイワイとお料理を楽しんでると、店主さんも一緒に楽しんでくれて、ほんと面白く、美味しく、素敵なお店でした。

出典: えりりんこさんの口コミ

・雄三郎コース
噛みごたえのある肉が多く、旨味を堪能できる好みの系統。表面はかりっと、中は常温に近い温度でしっとりと焼いてくれる。

出典: おか丼さんの口コミ

みやす

3.71

夜の金額: ¥15,000~¥19,999

昼の金額: -

JR元町駅東口から徒歩5分の場所にあるのが、神戸牛のステーキを提供しているレストラン「みやす」。淡路交通ビルの階段を上がった2階にあります。

店内の座席数は35席で、8名~12名で利用可能な個室も用意されているとのこと。

写真は「特選サーロイン250g」。セットで頼むと、前菜やスープ、ビーフカレー・デザートなどが付いてくるそう。

外側はこんがりと焼かれており、カットすると内側はきれいなピンク色とのこと。

カレーライスも「みやす」の名物のひとつだそう。ステーキを食べた後、追加でカレーを注文する人もいるほどの人気メニューだとか。

シンプルな見た目ですが、とろとろになるまで煮込まれたカレーは絶品とのこと。

・特選サーロイン
外は薄くこんがりと焼かれています。中はふっくらジューシーです。さすが老舗ステーキハウスの絶妙な炭火焼きです。自宅では真似出来ませんね!

出典: 毎日外食グルメ豚さんさんの口コミ

外観はビルの一室といった感じのシンプルな扉ですが、店内に入るとアンティーク調の雰囲気ある高級洋食といった感じで、老舗の貫禄がある良き佇まいです。

出典: natsu-kingさんの口コミ

神戸にあるコロッケのおすすめ店

グリル一平 三宮店

洋食百名店2020選出店

3.72

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

JR三ノ宮駅から徒歩約2分のところにある洋食店。古くから洋食文化が栄えた神戸で、地元の人たちに長年愛されてきたお店です。

店内には、テーブル席とカウンター席を用意。地元の人がひとりでふらりとランチタイムに訪れることも多いようです。

昔ながらの洋食店らしく、ビーフカツレツ、オムライスなど、洋食の定番どころが揃っています。ハイレベルな仕上がりだと評判なのが、「海老クリームコロッケ」。

エビの旨味を凝縮したホワイトソースに、プリッとした食感のエビがたくさん入っているそうです。

写真はクラシカルな「オムライス」。ケチャップライスはハムが入ったシンプルなタイプで、旨味とコクが効いているそう。

薄めの玉子とビターな後味のデミグラスソースの相性も抜群とのこと。

・海老クリームコロッケ
ゴロッと親指の先程もある海老が、沢山入っている。ホワイトソースには、海老の旨味が染み込んでおりいくらでも食べたくなる。

出典: rikuho129さんの口コミ

・ミックスランチ
味は文句なしでした。衣はからっと揚がっており、サクサク感がバッチリです。エビもプリプリで歯ごたえバッチリで、自家製のタルタルソースも濃厚で美味い。貝柱フライは生まれて初めて食べたのですが、肉厚で美味い。ミンチカツも、中に味がついており、デミソースも美味い。

出典: やっぱりカレーかなさんの口コミ

ラミ

3.65

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

JR元町駅から徒歩2分の立地の洋食店。オムライスやカニクリームコロッケなどが名物のお店です。

店内はカウンター15席のみのアットホームな空間。緑に囲まれたおしゃれな外観が目印です。

こちらのお店の名物のひとつが、「カニクリームコロッケ」。ランチタイムにオーダーすると、写真のように味噌汁やご飯も付いてきます。

兵庫県北部の香住から取り寄せているというカニが入ったコロッケで、ソースは濃厚な風味だそう。

ランチタイムには「ビーフシチューオムレツ定食」も人気。洋食の名物を一度に味わえる豪華なメニューですね。

長時間煮込んだソースはコクがあり、お肉もとろけるようなやわらかさだそうです。

・カニクリームコロッケ
カニクリームコロッケは香住から取り寄せたカニを使っているそうです。中はオレンジ色で、確かに本物のカニの味がします。付け合わせは、レタス、ポテトサラダ、キュウリ、トマト、タマネギ。タマネギにかかっているドレッシングがまたおいしいです。大変おいしかったです。

出典: cornkさんの口コミ

・カニクリームコロッケ
ホワイトソースがめちゃくちゃ美味い!ただただ濃厚な塩辛いホワイトソースのお店が多いですがここのホワイトソースは濃厚でいて辛くない、クドくない、旨味がギュっと凝縮されてるようなそんなホワイトソースです。ホントプロの仕事ー!って感じですね♫

出典: ZEDLEONさんの口コミ

神戸にあるそばめしのおすすめ店

美作 神戸北野店

お好み焼き百名店2019選出店

3.67

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: -

市営地下鉄三宮駅から徒歩すぐのところにあるお好み焼き店。ビルの1階に入っている、青いのれんが目印のお店です。

長年地元で親しまれてきたお店で、すじ肉や魚介など、神戸ならではの食材を使った料理を提供しているとのこと。

神戸の長田が発祥といわれる名物「そばめし」は、細かく刻んだそばをご飯と一緒に炒めた料理。

香ばしく焼けたそば・ご飯と、普通、または辛口のソースがよく合うそうです。〆に注文するのもよさそうですね。

写真は「お好み焼き」。トッピングは肉、魚介、チャンポン(ミックス)から選べるそうです。

生地は驚くほどふわふわでジューシーとのこと。ソースは甘口と、辛口の「神戸名物どろソース」から選べるそう。

・お好み焼き
ここ、本気で美味しい。お好み焼きはふわっふわ。家では再現できない美味さ。めちゃくちゃジューシー。ソースが甘めと辛めどちらも出してくれて半分ずつ塗って食べてみましたが、全然味が違う。辛めはマヨとの相性が合いうまい。ソース自体は私は甘めが好みでした。

出典: aboabo28さんの口コミ

・そばめし
そばめしは出てきたものが完成品ではない。薄味で出てくるので、ソースを足すのもよし、辛ソース(どろソース)を足すのもよし。自分で調整したマイベストそばめしをいただくのが真骨頂。

出典: TURNAROUND_Mさんの口コミ

長田タンク筋

3.57

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

JR三宮駅から徒歩3分のところにある、そば焼、そばめし、モダン焼の専門店。どこか昭和レトロな雰囲気の漂うお店です。

牛肉は黒毛和牛をぜいたくに使い、魚介類は漁師さんから直接仕入れるなど、それぞれの食材にこだわっているそう。

神戸・長田の名物「そばめし」は、店の看板メニューのひとつ。製麺所に特注しているというそばと、スパイシーなソース、ご飯のバランスが絶妙だそう。

仕上げにかけられる、国産牛のすじ肉をトロトロになるまで煮込んだ「牛すじ」も美味しいそうです。

こちらはそば焼の「牛すじぼっかけそば焼」に、玉子をトッピングしたメニュー。そばを大盛りにしたり、オムそば焼にしたりするのもOKだそう。

4種類のソースで好みに味付けして食べるスタイルとのこと。そばめしと同様、仕上げに牛すじをかけてもらえます。

・ぼっかけスジそばめし
ノーマルそばめしと共に、鍋の中に入った牛すじ煮こみが運ばれてきて、私たちの目の前でぶっかけ!!これはたまりません!味付けは、ほどほどで、目の前にあるオリジナル含む4種類のソースで自分流に仕上げて頂きます!

出典: ジャイトニオ猪場さんの口コミ

・ぼっかけスジそばめし(玉子入)
ぼっかけをそばめしに和えながら食べるソース味のそばめしと甘辛なぼっかけの掛け合わせは、B級グルメ感たっぷりの濃厚テイスト。4種類のソースを食べ比べるのも楽しい神戸名物のそばめし&牛すじぼっかけは、とっても生ビールが進む濃密な味だった

出典: gomu-gomuさんの口コミ

神戸にある箱寿司のおすすめ店

檜垣

3.58

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

元町駅から徒歩3分ほどの、南京町の路地にある「檜垣」。店内の座席数は8席と小さめのお寿司屋さんで、お持ち帰りができるお店としても人気のよう。

和風の外観で、店名が書かれた看板と暖簾が目印です。

写真は名物の「海老箱寿し」です。色鮮やかな海老を敷き詰めてあり、お店でも人気のメニューだとか。ほかにも、穴子を使った「アナゴ箱寿し」もあるそう。

夏には「はも寿し」や「あじ棒寿し」など、季節ものの寿司も食べられるとのこと。

こちらは「穴子箱寿し」、「海老箱寿し」、「巻き寿し」の「三種盛り」。店内で食べられるメニューです。

箱寿司がそれぞれ2つずつと巻き寿司が4つという、ボリュームのあるメニューだとか。

・三種盛り
とにかく、こちらの穴子は美味しいんですが、海老も大きく、身はプリップリ!巻きも、たまご、かんぴょうが美味しく、海苔もいい物を使っています。

出典: シェルロイさんの口コミ

・三種盛り合わせ
ここの穴子押し寿司は東京ではなかなか味わえぬ、しっかりした食感、味付け。噛んだ時の穴子の旨味がうれしい。エビもよくあるカスカスペラペラではなく、プリプリした食感で美味しかった。

出典: チワワのポンチョさんの口コミ

志らはま鮨

3.54

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「志らはま鮨」は、山陽電鉄須磨寺駅から徒歩1分の場所にあるお店。営業時間は15時までですが、お持ち帰りは18時まで利用できるそう。

お茶屋のような、趣のある外観が特徴です。

写真は、お持ち帰りの名物「焼穴子箱ずし」。お持ち帰りでは、通常メニューのハーフサイズのものもあるようです。

お持ち帰り用のカウンターが用意されていて、気軽に買えるのが嬉しいですね。

こちらは「柚子の香ずし」です。鯖と卯の花が使われていて、お店の名物のひとつとして知られているそう。

木の葉状にかたどられた卯の花がのっていて、見た目にも美味しい逸品とのこと。

・穴子寿司
分厚いです!!焼き加減もよく、香ばしいです◎甘いタレではなく、大人向け?になるのかな・・・おいしく頂きました。

出典: 真由パンダさんの口コミ

・花巻ずし
大量に入った、玉子も美味しいし、アクセントの穴子も良い。全体通して、バランスが秀逸。贅沢巻き寿司です。

出典: にゅん♪♪さんの口コミ

神戸にある明石焼のおすすめ店

たちばな

3.59

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

「たちばな」は、旧居留地・大丸前駅からすぐの場所にある、神戸名物の明石焼きのお店です。

年末年始と10月の第3月曜日以外は営業していて、地元の人からも人気だそう。

「たちばな」では、明石焼きという名前ではなく「たこ焼き」という名前でメニューにのっているのだとか。

ふわふわとしたたこ焼きという感覚で、出汁につける明石焼き定番のスタイルなのだそう。

「たこ焼き」を注文すると特製の出汁が付いてきますが、店内には、ソースも用意してあるそう。

お客さんの中には、ソースと出汁を上手に使い分けながら食べる常連客もいるそうです。

・たこ焼き
三つ葉をアクセントにした『おだし』が用意され卓上には『ソース』が2種類あります ♪それらを色々と味変しながらいただきます (≧ω≦) ‼︎

出典: ぼく、ドラえもんさんの口コミ

・たこ焼き
蛸以外具はなくて、シンプルな生地の卵とお出汁の美味しさが堪能出来る味です。あっという間にふわふわペロリ。ご馳走様でした。大変美味しゅうございました。

出典: イヴォンヌよしみさんの口コミ

明石焼 司

3.54

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: -

神戸市営地下鉄・三宮駅からすぐ、ローズプラザ内にあるのが「明石焼 司」。カウンター9席のみの小さめのお店です。

昔からあるような、レトロなデザインの大きな看板が目印となっています。

名物の「明石焼き」は、10個で1人前だそうです。出汁につけて食べるオーソドックスなタイプとのこと。

駅が近いため、飲み会帰りのビジネスパーソンなどが立ち寄ることも多いとか。

このお店のもうひとつの名物という、「おでん」。こんにゃくやすじ、ねりものなどおなじみの具材が並びます。

「明石焼き」などは、折り代50円を払えば持ち帰りも可能とのこと。

お店の女将さんが非常に優しい接客でして、初見のお店ですが、居心地の悪さは全く感じません。凄く優しいお店でして、常連さんが多いのもよくわかります。

出典: スタープラチナ・ザ・ワールドさんの口コミ

・明石焼き
注文を受けてから焼いてくれます。ふわふわで出汁にくぐらせて食べると美味しい❤︎出汁も焼き上がりをみはからって、アツアツの出汁を提供してくれます。

出典: snack_akemiさんの口コミ

神戸にあるその他名物のおすすめ店

施家菜

3.83

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

「施家菜」は、三宮駅から徒歩10分の場所にあり、中華料理店というよりレストランのような内観のお店です。ランチの時間とディナーの時間が分かれているそう。

2階には別館があり、計52席が用意されています。

「施家菜」では蟹を使った中華料理が食べられて、名物ともいわれているそう。写真は、「渡り蟹 豆豉炒め」。ゴム手袋とハサミを使って食べるのだとか。

殻ごとの蟹を使った、豪快な一皿とのこと。

写真は、ランチセットについている「特製前菜四品盛り」です。

ランチセットは夜に比べ、リーズナブルな価格で中華料理を楽しめるそう。「中華粥セット」や「香港式飲茶セット」など選べるのも嬉しいですね。

旬の食材をふんだんに使った本格中華料理が堪能できると噂の「施家菜」(シーカサイ)さん。香港の調理技術で調理し、贅沢な中華料理に仕上げられています。店内は上海のレストランを彷彿させる、大人の雰囲気。接待にも利用できる落ち着いた空間です。

出典: yuyuyu0147さんの口コミ

・特製前菜四品盛り
イベリコ豚を使ったスペアリブとチャーシューに大根餅や搾菜に海老と低糖質麺に皮蛋豆腐の六品盛りでしたよ。少しずつ前菜が楽しめるのは嬉しい&イベリコ豚が美味しかったなぁ。

出典: Azzurriさんの口コミ

洋食の朝日

洋食百名店2020選出店

3.78

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

JR神戸駅から徒歩10分の場所にある洋食店。ハイレベルな洋食店が揃う神戸でも、昔から根強いファンのいるお店だそうです。

店内には30席を用意。行列ができることも多いので、訪問時間に余裕をもっておくと安心です。

お店の名物は「ビフカツ」。フィレ肉を厚めにカットし、レア感を残して揚げた逸品です。

薄めでサクサク食感の衣と、少し酸味のあるデミグラスソースの相性も抜群だそうです。

「クリームコロッケ」、「カキフライ」など、昔ながらの洋食店らしいメニューもいろいろ。写真は「ハンバーグ」です。

ハンバーグはふっくらとした仕上がりで、噛むたびに肉汁があふれ出してくるそう。デミグラスソースのコクもたまらないそうです。

・ビフカツ
ビフカツは厚めに切り分けて在り、切り口毎に肉の断面が少し覗く感じに隙間を空けて盛付けて在ります。中心に残ったレアな赤身と、皿の窪みから溢れそうな位にたっぷりなソース。の視覚だけでも、食欲が大いにそそられます

出典: TINTIN@呑んだ暮れさんの口コミ

・ビフカツ
ほんまに衣あるのん?って思うくらい薄くまとってるけど、その軽くてサクサクな衣は明らかに中のお肉を美味しくしてくれてる。で、お肉!絶対に歯無くても食べられると思う!それほど柔らかくて、旨味が詰まってておいしい(๑˃̵ᴗ˂̵)デミグラスソースは甘すぎず、しつこくなく、このビフカツに合う❤︎

出典: まおちいこさんの口コミ

元祖豚饅頭 老祥記

3.77

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

JR元町駅から徒歩5分、中華街として名高い「南京町商店街」あるのが、豚まん専門店の「老祥記」です。こちらは、豚まん発祥のお店ともいわれているのだとか。

人気中華料理店が揃う南京町商店街のなかでも、特に人気のお店です。

名物のミニサイズの「豚まん」は、ひとつ100円で購入できるそう。店内飲食の場合は、3つから注文可能とのこと。

持ち帰りもできるので、お土産に購入する人も多く、神戸名物のひとつとなっているそうです。

持ち帰りの「豚まん」は、蒸して食べるだけでなく、フライパンでこんがり焼いても美味しいのだそう。また、フライにして食べる人もいるのだとか。

冷凍庫で保存すれば、1週間ほど持つとのこと。

・豚まん
皮はしっかりと堅めの食感で、中の豚挽肉餡はギュッと味が詰まっているカンジ。小さいので3つペロリと完食。ビール飲みながらだったらもっと楽しかったかも。

出典: aritaku.netさんの口コミ

・豚まん
豚まんは一般的なものより少し小ぶりで中にはギュッと凝縮された餡の肉々しさ、肉汁がたまらん旨さなんよ(≧∇≦)b

出典: い~ちんさんの口コミ

ぎょうざ大学

餃子百名店2019選出店

3.71

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

JR元町駅から徒歩3分の場所にある餃子専門店。インパクトのある店名が書かれた、緑色のひさしが目印です。

神戸名物のひとつ「味噌だれ餃子」のお店で、メニューは「ぎょうざ」や餃子の定食に絞っているそうです。

お店の名物「ぎょうざ」。1人前は7個で、注文は2人前~受け付けています。

カラッとした焼き上がりの皮の中に、野菜多めの餡がたっぷり入っているそう。あまりの美味しさに感動する口コミも多いですが、追加注文はできないシステムなのでご注意を。

写真はランチ限定の「ぎょうざ定食」。餃子12個に、ライス、スープが付く定食です。

餃子はニンニク抜きの注文も可能だそうなので、神戸散策の途中にも立ち寄りやすいお店ですね。

・ぎょうざ
餃子も美味しいが、特筆すべき旨さだったのがタレ。「味噌 小さじ2 + ラー油 小さじ1 + 酢と醤油 少々」を混ぜて作るタレがめちゃくちゃウマい!濃厚な味噌と食べるラー油かのような具沢山のラー油が、優しい味の餃子に合う。味噌をたっぷり付ければ付けるほど旨かった。

出典: しぶちゃん(๑´ڡ`๑)さんの口コミ

・ぎょうざ
餡は野菜と肉のバランス型。野菜の甘みが感じられる餡は、噛み締めるほどに口の中に旨みが広がって、自然と笑みが出る。そのまま食べても十分旨い。パリッとした焼き目で、オイリー感はほぼ皆無。ただ少しカサッとした焼き上がりではある。皮は程良くモッチリしていて良い感じ

出典: Codename 47さんの口コミ

※本記事は、2020/10/14に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ