ひと様の動画を元に書くまとめ 第9回「第一回スパイス祭」

ひと様の動画を元に書くまとめ 第9回「第一回スパイス祭」

【注意 このまとめは茶番です】 食べ歩き動画とか結構観るんですよ。んで、ぶただったら、熊本市だったら、とか考えるんですよ。 だったらついでなんで「まとめ」にしたらいいよねって思った次第です。ええ、無断で。 熊本市(上乃裏界隈ひいき)のお店しか出てきません、悪しからずご了承ください。

キーワード
ご当地グルメ
食べ歩き
肉料理
テイクアウト
担々麺

更新日:2020/09/26 (2020/09/19作成)

160view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる479の口コミを参考にまとめました。

目次

目次を開く 目次を閉じる

第一回スパイス祭

https://www.nicovideo.jp/tag/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%9B%9E%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E7%A5%AD

スパイス祭とは、(niconico動画内における)スパイスをテーマにした自由参加型の料理動画企画である。

開催期間
第1回 2020年9月18日(金)~2020年9月27日(日)

レギュレーション
1種類以上のスパイスを使った料理動画にする(もしくは料理でなくてもスパイスが入ったグルメ、レトルト商品、スパイスショップ等の紹介動画でも可)
食べ物を無駄、粗末にしない  他


ぶたは料理も動画も作れない、つまり参加出来ないので、祭りをみる側。
ついでに食べログまとめで熊本市ネタにする。随時追加。

ああ、アニメ風な絵と、voiceroid注意。
苦手な人は動画観ないほうがいいね。

そういえば、9月19日からイベント人数規制が制限緩和され、
祭りなどが開催できるようになったんでしたね、ネットでなくてリアルの話ね。どうなりますかね。

【第一回スパイス祭】本格的っぽいタンドリーチキン https://www.nicovideo.jp/watch/sm37505881

3.27

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

タンドリーチキンもしくはタンドゥーリー チキン(英語:tandoori chicken, ヒンディー語:तंदूरी मुर्ग़, ウルドゥー語: تندوری مرغ‎, tandūri murgh)とは、パンジャーブ地方に伝わるインド料理のひとつ。 タンドーリチキン、チキンタンドーリとも。(Wikipedia)


ぶたは上乃裏界隈をホームにしているので、ルワニさんを紹介するんだよ。

下通の錫熊本を推す熊本市民は多かろうですが、それは前に紹介したんよ(第5回)。錫って何だよって話だけど国の名前ですよ。

勿論お店のは「っぽい」でなくて本格派、シェフが本場の人だからな!

【第一回スパイス祭】~四川麻婆豆腐、労働基準法違反を添えて~ https://www.nicovideo.jp/watch/sm37539607

3.46

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

麻婆豆腐(まーぼーどうふ)は中華料理(四川料理)の1つ。挽肉と赤唐辛子・花椒(ホアジャオ、山椒の同属異種)・豆板醤(トウバンジャン、豆瓣醤)、豆豉(豆豉)などを炒め、鶏がらスープを入れ豆腐を煮た料理。(Wikipedia)


物騒なサブタイトル~もちろんお店は関係ないですぞ。

四川麻婆豆腐といえばね、チャオリー(俏麗)さんでしょうな。上乃裏界隈を贔屓しているのは仕方ない。九龍さんは以前(第5回)紹介しとるし。

そもそも麻婆豆腐が四川のものなので(ry

【第一回スパイス祭】ペ ペ ロ ン チ ー ノ う め ぇ ええええええええええええええええええええええ!!! https://www.nicovideo.jp/watch/sm37541699

3.12

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ(伊: Pasta aglio, olio e peperoncino)は、イタリア料理の一種。日本ではペペロンチーノ、ペペロンチーニの略称で広く知られている。

イタリア語で、アーリオはニンニクを、オーリオは油(特にオリーブ・オイル)を、ペペロンチーノはトウガラシを意味する。これら3つの素材をソースに用いたパスタ料理を指す。(Wikipedia)


第2回ソル・レオーネビオ カップ 九州代表、全国3位。上乃裏でパスタ食うならこちらですぞ。

ちなみにロッカフォルテという店名、「堅固な要塞」って意味のイタリア語だそうな。

【カリーヴルスト】ゆかりさんの簡単料理【#1】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37534869

3.51

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

カリーヴルスト または カレーヴルスト 、 クリーヴルスト ( ドイツ語: Currywurst, カレーソーセージ )は、 ドイツ料理 の1つで、特に発祥地である ベルリン や ルール地方 、 ハンブルク で人気の ソーセージ 料理。. ヴルストとは ドイツ語 で ソーセージ の意。(Wikipedia)


カリーヴルストといえば、「オーデン」さんなんですね熊本市的にね。上乃裏界隈では見たことないね。

【第一回スパイス祭】スパイス・ハーブは入れれば入れるほど美味い ポークヴィンダルー https://www.nicovideo.jp/watch/sm37537464

3.29

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

ヴィンダルー(Vindaloo)はインド各地で親しまれているゴア発祥のカレー料理である。ムンバイでもご当地のヴィンダルーがムンバイ料理としてカテゴライズされる 。ヴィンダルホ(vindalho)、ヴィンダーロ(vindallo)などと表現されることもある。(Wikipedia)


由来はスペイン料理という変わり種。カレーですよ。

これについては、熊本市では1件しか確認できなかった。先日行った、西銀座通りの「寿や(としや)」さん。カレー屋さんではないのだが、興味もっていただけたら。

【第一回スパイス祭】ルーを使わないインドカレー https://www.nicovideo.jp/watch/sm37541003

3.35

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ~¥999

実は、インドにカレーという名の料理はないんだよ。

さておき、スパイスカレーということであれば・・・こちらを紹介したい。天草大王専門焼鳥店、「京町とさか」さん。露骨な上通側贔屓、上乃裏ホームなぶただから当然である。

天草大王スパイスカレーってのがある、〆にいいかんじ。てーか、斜向かいにテイクアウト専門カレー店を出される予定だったんだが、コロナ騒ぎもあって保留中みたいだね。

【第一回スパイス祭】パストラミビーフのカスクート【きりたんの超雑レシピ #2】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37540677

3.37

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

「カスクート(cascroute)」とは、フランス語で軽食やお弁当を意味する言葉。日本ではバゲットを使ったサンドイッチを指すことが多い、そうだ。


サンドイッチならどこでもあるやん、と思ったけど。熊本市を「カスクート」で検索したら、滝川パンさんの名前が出てきたよ。

レビュー自体はカスクートちゃうんちゃう?って内容だったけど、言葉本来の意味なら間違ってないかもわからんね。


余談。パストラミビーフのほうをテーマにすると難しい。上通に興味深いお店はあるが。シャトルキュリー・シャルマンさんっていうんですけど、近々行かなくては・・・

【第一回スパイス祭】肉骨茶(バクテー)【ゆかりさんの夜食はスープです!7杯目】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37522254

3.07

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

肉骨茶(バクテー、パクテー)はマレーシアのスープ料理である。
ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いる生薬と中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供され、白米にスープを掛けながら食べる。刻み生ニンニク・刻み青唐辛子を好みに応じつけたり、スープに入れる。油条(中国式の揚げパン)を切ったものをスープに浸して食べる。Thick Soy Sauⅽeと呼ばれる甘口のどろっとした中国醤油を提供する店が多い。(Wikipedia)


というわけで、「アンディン」(安定小館)さんしか思い出せん。キャッスルの裏っていうか、ぶたが良く行く堤酒店・ナポレオンさんの近くよ。

バクテーで検索してみたら、下通のアントニオさんにもあるんか。ってか毛沢東のやつか。

【第一回スパイス祭】空心菜って美味いよな【空心菜のにんにく炒め】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37512812

3.27

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

ヨウサイは、ヒルガオ科サツマイモ属の野菜。茎が空洞になっており、このため、中国語で空心菜(コンシンツァイ、拼音: kōng xīn cài)や通菜(トンツァイ、拼音: tōng cài)とも呼ばれる。漢名の「空心菜」を日本語読みして俗に「クウシンサイ」ともいうが、同じ読みで「心」を「芯」に変えた登録商標がある ことに注意。(Wikipedia)


アルェー?こちらで空心菜食べたのは食べログ始める前か・・・っていうか1年2か月行ってねえ。今度行きましょう。

そんなわけで、クェンマイさん。藤崎宮駅ちかく。隣に魚雷さん。

【第一回スパイス祭】汁なし担々麵RTA世界1位【お料理RTA】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37536537

3.14

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

担担麺また担々麵(たんたんめん、中国語: ダンダンミェン、成都方言: ダンダルミェン 拼音: dàndār miàn )は、中国四川省発祥の辛みを利かせた挽肉やザーサイの細切りなどをのせた麺料理である 。日本の麺料理の一種としても定着しているが、各地で大きくアレンジされ、風味などが異なっている。(Wikipedia)


車が要る距離ですけども。日赤の先っていうか。釜聖 麺屋さん。移転して数年経ってますな。

上乃裏にもあったんだけどね、担々麺のお店ね。コロナでなくってしまって(焼肉屋さんになっている)。ぐぬぬ。

【第一回スパイス祭】その1「簡単わかめスープ」【コショウ】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37546348

3.47

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

わかめスープ、これこそどこにでもある、簡単極まりないインスタントで済ませられる代物なのだけれど。そこにお店の特徴があったりなかったりですな。


そんなわけで、上通「山水亭」さんのわかめスープ。炒飯についてくるものだね。ラーメンばかり食べてたから意識してなかったですな。

あかりとゆかりの食べ盛りPart5「命がけで食うマトンカレー」【第一回スパイス祭】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37551308

3.40

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

マトンとラムの間の話はたまにするけど、ホゲットっていうんだ。稀に出てくるから知っとくといいね。


ここは下通側だけど、「たごカレー」さんかな~。名店ニューデリーの後継ですな。日によってラムだったりチキンだったりするみたいだが、それはそれであるものを食べたらいいと思うんだよね。

【第一回スパイス祭】今夜は アヒージョ?よ!80飯目 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37548207

3.33

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

アヒージョ(西: ajillo)は、オリーブオイルとニンニクで食材を煮込む料理。カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと提供される。スペイン料理の一種で、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)である。また、マドリード以北でも提供しているバル(飲食店、酒場)は多い。


スペイン料理なので「トレス」さんを推すべきところかもしらんが、まぁ最近上乃裏で食べたからこちら。トラットリアはイタリアだがスタイルはバルでもあるしええんちゃう。

【第一回スパイス祭】【結月ゆかり】食えりゃいいクッキング ー油淋鶏ー https://www.nicovideo.jp/watch/sm37548090

3.44

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

動画のテンポがええなあと思いました。


お店は「金龍美食」さんを紹介しますかねとにっかくボリュームが凄く、コスパがたいへんよいお店ですな。出向くのに車が要るのは立地的に仕方ないところ。

【第一回スパイス祭】料理初心者の雑クッキング「カルボナーラ」 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37552053

3.45

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「だよ」という語尾が印象的な動画だよ。

さて、カルボナーラ。画像はカルボナーラ風、みたいな。「ジャルディーノ」さんにしてみたよ。若いお姉さんやらで賑わう人気店だよ。動画タイトルとは関係なくプロのお店だよ。

【第一回スパイス祭】野菜たっぷりでいいですね!【夏野菜のサブジ】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37507162

3.44

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

サブジ(Sabji, Sabzi, ヒンディー語: सब्ज़ी sabzī )は、インド料理の一種で、野菜の蒸し煮、炒め煮のことである。
ベジタリアンの多い地域で一般的によく食べられている。野菜に香辛料をまぶし、炒め蒸しにして食べる。キーマカレーの付け合わせ等でよく食べられている。ネパールでも同じようなものがある。(Wikipedia)


画像は芋やな芋。それのサブジ。お店は「インド食堂 CHANDNI」、開新高校の裏である。

【第一回スパイス祭】アヒルのパリパリ揚げ【孤独のグルメリスペクト】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37562227

3.14

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

残念ながらアヒル肉の取り扱いは、熊本では確認できなかった。画像はアヒル舌である。余計マニアックな方向だなあ。

そんなわけで「桃色大飯店」さん。下通側。ちなみにウズラ肉だったらスパイス揚げがあるので、まぁウズラもアヒルもそう大きくは違わないのではなかろうか。

【第一回スパイス祭】コスパ良すぎ?!グリーンカレー缶【VOICEROIDグルメ】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37557316

3.38

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

グリーンカレーなら、藤崎宮前の「クェンマイ」さんか並木坂の「カートルアン」さんかと思ったけど

熊本市内じゃないしむしろ産山村(県境)で遠いけど、こちらを紹介しよう、「山水亭」さん。上通の「山水亭」さんとは関係ないっていうね。徹底して上乃裏に絡めようとするぶた。

さておき、こちらのグリーンカレーオムライスは凄いねえ、両方食べられるし。ちな缶詰ではないですぞ勿論。

【第一回スパイス祭】刀削麺風ひっつみ https://www.nicovideo.jp/watch/sm37578137

3.40

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

ひっつみ、とってなげ(旧盛岡藩領の岩手県北地域)、つめり(旧仙台藩領の旧江刺郡地域等)は、小麦粉を用いた汁物の郷土料理。水団の一種。岩手県の北上盆地を中心とした地域で食べられている。(wikipedia)

刀削麺(とうしょうめん、とうさくめん、ダオシャオミエン、拼音: Dāoxiāomiàn)とは、中華人民共和国の山西省発祥の麺の一種。(wikipedia)

釜聖さんは担々麺で出したので、八代市になるけど、丸新さんですな。

郷土料理をスパイスと調理法でアレンジ、面白いな!だご汁やづぼん汁をスパイスでアレンジしたらどうなるかのう。まあ普通かのう。

【第一回スパイス祭】そうめんと言ったら揖保乃糸?【薬味たっぷりそうめん】 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37525469

3.12

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

花椒辣醤ぶっこむとはね~これは秋口にも、にゅうめん風にすれば、冬にすらいけそうな品だな~

まあもう秋なんでな、そうめんはまた来年かなとは思いつつも。

※本記事は、2020/09/26に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ