佐野市の人気ラーメン18選!青竹打ちのご当地ラーメンなど

出典:サプレマシーさん

佐野市の人気ラーメン18選!青竹打ちのご当地ラーメンなど

千葉県佐野市は小麦の生産地としてや、ご当地グルメの「佐野ラーメン」で知られている街。青竹手打ちで作られる独特の麺を食べに、県内外からも訪れる人が後をたちません。今回は、佐野市でおすすめのラーメン屋さんを味のタイプ別にまとめました。地元民も満足できるお店ばかりです、ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事作成日:2020/08/12

4102view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる4315の口コミを参考にまとめました。

佐野市にあるあっさり系のラーメンがおすすめのお店

青竹手打ちラーメン 大和

3.74

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

青竹手打ちラーメン 大和 - お店の外観

佐野市駅から、車で8分ほどの場所にある「青竹手打ちラーメン 大和」。佐野ラーメンの伝統を守りながら、新しい味を提供できるよう趣向を凝らしているお店とのこと。

席数は32席ほど。カウンター席や、座敷席があるそうです。

青竹手打ちラーメン 大和 - ラーメン 630円

「ラーメン」は、歴史ある商店の醤油や鶏油を使用した、塩分が効いた熱々のスープが特徴とのこと。

青竹手打製法で打たれた麺はコシがあり、モチモチでツルツルの食感なのだとか。

佐野ラーメンにかかせないのが「餃子」。大きくふっくらとしています。皮は弾力があり、焼き目はパリッとしているそう。

他にも「チャーシュー麺」を頼む人が多いそうです。

・焼餃子
餃子は肉と野菜がたっぷり、もちもちの皮と皮のパリッとした部分の食感がいい、ニンニクたっぷりで精もつきそう。

出典: サプレマシーさんの口コミ

・ラーメン
鶏油が浮かぶ琥珀色の澄んだスープに 青竹手打ちの平打ち麺が軸となり トッピングはチャーシュー・メンマ・ネギのみと 佐野ラーメンの中でも極めてストイックなルックス。スープは鶏ガラ・豚骨・野菜のダシがしっかりと効いていて 鶏油と醤油ダレ(カエシ)の香りが食欲をそそる。

出典: さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんの口コミ

青竹手打ラーメン 日向屋

ラーメンEAST百名店2021選出店

3.74

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

青竹手打ラーメン 日向屋

富田駅から、車で4分ほどの場所にある「青竹手打ラーメン 日向屋」。創業時から変わらないラーメンの味は、訪れる人がまた食べたいと思う気持ちを大切にしているお店なのだそう。

席数は30席ほど。カウンター席や、座敷があるそうです。

写真は「チャーシュー麺」です。バランスが良い動物系と魚介系の和風スープは、全部飲み干したくなるほどだとか。チャーシューから溶け出すほのかな脂が、スープに溶け出して美味しいとのこと。

青竹手打製法で打った平打ちストレート麺が特徴だそうです。

「餃子」は、口に入れた瞬間に焼き目がサクッと音をたてるくらい香ばしい一品なのだとか。

比較的薄めの皮に、たっぷりのやさいが入っているそうです。毎日食べても飽きない味とのことです。

・チャーシュー麺
嗚呼~!旨い~♪澄んだスープ、なのに、この旨さはどうなっているの?このままではスープを飲みきってしまいかねないので、名残惜しいですが、麺を頂きます!平打ちで、あれ?縮れてない!これって佐野ラーメンでは珍しいですよねコシがあって、自分好みの麺です!

出典: 孤独のグルマン41歳さんの口コミ

・チャーシュー麺
不揃いながらツルッとした喉ごしの平打ち麺は、モチモチした食感が私好み。麺自体の風味もスープと相性が良く、その整ったバランスに感嘆することしきり。全般的にまろやかな味わいが、シンプルなトッピング3種(チャーシュー、メンマ、ネギ)の味をも際立たせる相乗効果を生じていました。

出典: hirary67さんの口コミ

麺屋 ようすけ

ラーメンEAST百名店2021選出店

3.74

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

佐野市田島駅から、徒歩で1分ほどの場所にある「麺屋 ようすけ」。パンチが効いたコクのある透明なスープと、コシの強い麺が特徴のラーメンを提供するお店です。

席数は58席ほど。カウンター席や、座敷があるそうです。

写真は「ラーメン」に「煮玉子」をトッピングしたもの。チャーシューやメンマ、ナルトやほうれん草が入った、具材たっぷりのラーメンです。

こちらのお店は、長めで固茹での麺が特徴だとか。のど越しや歯ごたえが良いのだとか。

サイドメニューの「チャーシュー丼」をラーメンと一緒に注文する人が多いとのこと。お店の名脇役なのだとか。

粒の立ったお米に、豚バラ肉を使用したジューシーなチャーシューと、コクのある醤油ダレがかけられているそうです。

・ラーメン ・煮玉子
さっぱりとした感じで旨味も感じて美味しいです。麺は弱い縮れの平打ち麺でした。食べてみると若干柔らかめではあったものの青竹踏みのようなコシのあるモチモチ感がありました。今でも青竹踏みらしいです。煮玉子は予想以上に美味しいです。玉子自体が旨いと思えました。

出典: macnnさんの口コミ

・ラーメン
麺はやや中太の平打ちちぢれ麺だが、こちらの麺は少し特徴がある。佐野ラーメンと言えば、麺が少し柔らかく短い店が自分的には多く感じるのだが、こちらは麺がかなり長く、しかも固茹で。スルスルと喉越しがよく、美味い。これにチャーシュー、メンマ、ナルト、ホウレン草、刻み葱がトッピング。

出典: tohoi726さんの口コミ

らーめん大金

3.70

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

らーめん大金 - 暖簾が出されたぞ!行けぇ~

JR佐野駅から、車で8分ほどの場所にある「らーめん大金」。古くからある佐野ラーメン屋さんの味を受け継ぎつつ、独自のこだわりを追加したラーメンが特徴のお店です。

席数は74席ほど。席が広めのテーブル席や、カウンター席があるそうです。

写真は「ラーメン」です。国産野菜と鶏ガラを煮込んだ透明感のあるスープは、あっさりとした優しい味なのだとか。自家製麺は中太のちぢれ麺。

他には「チャーシュー麺」もおすすめとのこと。チャーシューは口の中でとろけるくらいやわらかいのだそう。

毎朝仕込む自家製の「餃子」は、豚ひき肉とキャベツ、ニラが入った餡をたっぷり使用したものだそう。

国産野菜のみずみずしさが感じられる一品だとか。お土産用にも販売されているとのこと。

・ラーメン
透き通った醤油スープ。鶏と豚の絶妙なバランス。薄すぎず、濃すぎず、しょっぱすぎない。完璧かも。口の中に動物系が広がる甘味があり、最後にほんのりと生姜が口に広がる。絶品。麺は細麺の森田屋総本店よりは太い。中太手打ち麺。佐野ラーメンにしては若干コシがある。ちょうど良い歯ごたえ。

出典: ぽんたぽんぽこりんさんの口コミ

・餃子
ザク切り野菜が主体で、ニンニクのパンチが効いた庵がギッシリ詰まって、ソレを包む皮は焼き目がパリっと、全体的にはモチモチしており、卓上に置かれた酢、のみで頂きましたので野菜の甘みが解ってイイです。

出典: むんじさんの口コミ

ゐをり

3.66

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

ゐをり

佐野市駅から、徒歩15分ほどの場所にある「ゐをり」。おひとりさまから家族まで、みんなに喜んでもらえるよう、メニューに趣向をこらしたラーメン屋さんです。

席数は28席ほど。カウンター席や、座敷があるそうです。

ゐをり - うま塩ラーメン

写真は「うま塩ラーメン」です。たっぷりの鶏ガラに、豚や魚介を加えた、あっさりとしてコクが深いスープが特徴。

3種の小麦を配合した麺は、モチモチの食感だとか。加えた焦がしネギ油が、さらなる美味しさを引き出すのだそうです。

ゐをり

「しそ餃子」は、淡いグリーンの皮が特徴の一品です。しその香りがふわりと立ち、食欲が進むのだとか。

ニラやニンニクなどは不使用とのこと。女性にも嬉しい、ヘルシーな餃子です。

・ラーメン
厚いチャーシュー1枚、メンマ、ネギトッピング。スープは少な目、表面に油があり、アツアツ。キレのあるスープで、醤油が香ばしい、しっかり目の醤油味です。麺は中太の平打ち麺。これもしっかり目の食感。アルデンテな感じで美味い。

出典: SKB48ROさんの口コミ

・しそ餃子
ニラ、ニンニクを使っていないとの事。噛んだ瞬間、しその味がぷわーっと広がって、しそ好きには、たまらない一品だった。

出典: pijiu511さんの口コミ

森田屋総本店

3.66

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

森田屋総本店 - 森田屋総本店(建物外観)

佐野駅から徒歩約10分ほど、佐野市堀米町にある「森田屋総本店」。麺やチャーシュー、スープにいたるまで、自家製にこだわったラーメン屋さんです。

席数は90席ほど。カウンター席や、座敷があるそうです。

森田屋総本店 - 中華そば

写真は「中華そば」です。わずかに濁りがある素朴なスープが特徴。トッピングはメンマ、チャーシュー、ネギのみの、佐野ラーメンらしい一品だそうです。

麺は青竹手打ちの食感が楽しめるものだそう。店内では、麺を打つ様子を見ることができるそうです。

森田屋総本店 - チャーシューメン

「チャーシュー麺」は、口の中でホロホロと崩れるチャーシューが絶品だとか。

こちらもお店おすすめの一品とのこと。売り切れることもあるので、早めの訪問がおすすめだそうです。

・中華そば
スープは佐野としてはやや色濃い目で多少濁りもある気がします。とは言っても、研ぎ澄まされたかのように洗練された透明なスープと違い、素朴で無骨でそれでいてどことなく柔らかさと優しさをも持ったスープです。

出典: しのきちさんの口コミ

・チャーシュー麺
大量のチャーシューが載ったチャーシューメン到着。スープを一口。美味い。優しいが深みがあるスープ。麺は言うまでもなくモチモチ。手打ちらしく太さカタチが不ぞろいなのが良い。チャーシューはあっさりした中にもバラ肉なのでコクがある。美味しい。

出典: めためた坊さんの口コミ

宝来軒

3.62

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

佐野駅から車で7分ほど、佐野市浅沼町にある「宝来軒」。佐野ラーメン発祥のお店ともいわれる、古くからの味と技を守りぬくラーメン屋さんです。

席数は44席ほど。カウンター席や、座敷があるそうです。

宝来軒 - ワンタンメン

写真は「ワンタン麺」です。鶏ガラベースに魚介や野菜を加えた、出汁のコクが感じられるスープが特徴とのこと。シンプルでやさしい味だとか。

麺はやわらかい口当たりの中に、コシを感じるものだそう。

宝来軒 - チャーシューメン

「チャーシュー麺」は、7枚ほどの大きなチャーシューが麺を覆い隠している、ボリューミーなラーメンです。

ほどよい脂がのった肩ロースのチャーシュー。脂がとろけて美味しいのだそう。

・ワンタンメン
毎日でも食べられるやさしい味。丼全体のバランスが素晴らしいのです。ワンタンは、ちゃんと持ち上げられる程度のほどよい薄さ。中身(あん)もほどよい量で、噛んでいるとおいしいさが口に広がります。

出典: ぎずも355さんの口コミ

・チャーシュー麺
チャーシューが7枚かな?厚切りの端っこの柔かーいところと、薄切りのちょっと硬めのところがはいってました。端っこの方がとろけて美味しい。麺は佐野ラーメンってかんじのペラペラの麺で美味しかったです。

出典: だいばはうすさんの口コミ

ユナイテッド ヌードル アメノオト

3.64

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

ユナイテッド ヌードル アメノオト

堀米駅から徒歩15分ほど、佐野市堀米町にある「ユナイテッド ヌードル アメノオト」。モダンなカフェのような清潔感のある内装が特徴の、先鋭的なラーメン屋さんです。

席数は24席ほど。カウンター席や、テーブル席があるそうです。

ユナイテッド ヌードル アメノオト

写真は「昆布水醤油つけそば」です。細めのストレート麺にレアチャーシュー、レモンや穂紫蘇がトッピングされた一品です。

つけダレは3種の醤油をブレンドした、キレの良いものだそう。雑味がなく、爽やかに食べられるつけそばとのこと。

「醤油そば」は、キレとコクがある醤油ダレに鶏ガラスープを加えた一品とのこと。麺は歯ごたえが楽しめるよう固めに茹でられているそう。

他にも「燻製豚レアチャーシュー丼」がおすすめだそうです。

・昆布水醤油つけそば
透き通った清湯スープは天草大王、那須鶏、背ガラを使用し、低温で旨味を抽出した出汁。醤油ダレは弓削多生醤油をベースに3種類の醤油をブレンド。雑気がなく鶏油の香ばしい味は麺に良く合う。コクのある鶏ダシ感の旨味と、スパッとキレのいいやや強めな醤油ダレとの調和が本当に見事。

出典: moon.yoayさんの口コミ

・醤油そば
濃いめの醤油だれに、少し捻ったガラスープ。硬めに茹であげられる平打ちの中細麺。ニューウェーブとしても、ど定番の訴求で、上質さがしっかり感じられます。

出典: 高くて旨いは当たり前さんの口コミ

おぐら屋

3.59

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

おぐら屋

田沼駅から車で10分ほど、佐野市出流原町にある「おぐら屋」。シンプルさを追求したラーメンが特徴のお店です。

席数は132席ほど。カウンター席や、座敷があるそうです。

おぐら屋 - ラーメン

「ラーメン」は、丼ぶりの底まで見えるくらい透き通ったスープが特徴なのだとか。鶏ガラベースで、ほんのりと醤油の風味が感じられるのだそう。

麺は自家製の中太ちぢれ麺。スープがしっかりと絡むように工夫されているとのこと。

おぐら屋 - 餃子

「餃子」は、野菜がたっぷり入った大きめのもの。皮から手作りしているそう。

キャベツやニラをはじめとした野菜と豚ひき肉の相性が抜群とのこと。こちらのお店では、1人前が5個となっています。

・ラーメン
澄んだ豚の出汁と昆布も入っている感じ、鰹出汁なども入っているのか、優しい旨味がしっかりと入っている。化学調味料の痺れは感じない。美味いスープに、縮れた弾力と喉越しの素晴らしく美味い手打ち麺がいい。

出典: matu4さんの口コミ

・餃子
これがまた美味い。こっちがメインでもいいくらいに美味い。ただニンニク強めなので、そのあたりは配慮必要かな。皮に歯ごたえがあって独特の食感を呈する。また野菜多めなのでヘルシー感もある。

出典: 浜の布袋さんの口コミ

万里

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

佐野市駅から車で7分ほど、佐野市高萩町にある「万里」。世代を問わず愛される、創業から約半世紀のラーメン屋さんです。

席数は35席ほど。カウンター席や、座敷があるそうです。

万里 - 手打ちラーメン 640円

写真は「手打ちラーメン」です。4時間以上炊き上げて作るこだわりの醤油ベーススープが特徴。毎日食べても飽きない味わいだとか。

麺は手打ちの平打ち麺。お土産用の生麺も販売しているそうです。

万里 - 小ぶりな餃子は6個で400円

「餃子」は、薄皮で食べやすいサイズだとか。餡の量も調節されているので、ラーメンと一緒に注文してもペロリと食べられてしまうのだそう。

他には「梅ラーメン」や「ネギラーメン」がおすすめとのこと。

・手打ちラーメン
この麺は「ピロチュル上品麺」と呼ばせていただきます。食べ物に頓着しない相棒も珍しく「美味しい。美味しい。」と高評価です。具は、チャーシュー・シナチク・刻みねぎ、以上!飾らない、誤魔化さない、潔い…。そんな印象です。

出典: それ行けカッちん!さんの口コミ

・餃子
佐野餃子特有の厚い皮ではなく、普通の厚さのものです。餡の量も程よく、一人で一人前をオーダーして問題無しなサイズです。美味しくいただきました。ご馳走さまでした。

出典: nonki1967さんの口コミ

くにや

3.57

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

佐野駅から徒歩15分ほど、佐野市大橋町にある「くにや」。ヘルシーかつ安全安心、化学調味料不使用の「無化調スープ」にこだわりをもつラーメン屋さんです。

席数は17席ほど。カウンター席と、テーブル席があるそうです。

「佐野ラーメン」は、化学調味料不使用のスープは、ベースに鶏ガラと魚介、昆布を使用しているそう。

それぞれの素材が持つ複雑な旨味を、丁寧にスープに活かしていると評判です。

麺は青竹手打ちの中太ちぢれ麺だそうです。

「餃子」は、大ぶりかつ食べやすいサイズなのだとか。皮は厚めでもっちりとしているそう。

焼き加減が絶妙なので、香ばしく火の通った皮の表面が、パリッとして美味しいとのこと。

餡は野菜とニンニクがたっぷり入ったものだそう。

・佐野ラーメン
無化調のスープです。動物系は、おそらく鶏ガラ・もみじ等複数の鳥の部位を使用したタイプかと思います。身も、ある程度使用してるかと思われます。野菜・昆布等も豊富にじっくり煮込んだ感じのスープで、複雑な素材の旨みが絡みあいます♪

出典: ぐるぐるミンさんの口コミ

・餃子
ニンニクボンバーw皮はカリカリで具材はほぼ野菜wしっかしながらニンニクが効いててうんまいなぁこの餃子wあんまお店で餃子うまいと思ったこと無いんだけど、ここのはまた食べたいw

出典: 磯野ウニさんの口コミ

叶屋

3.57

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

叶屋

佐野駅から徒歩5分ほど、佐野市久保町にある「叶屋」。佐野ラーメンの技術を忠実に守った、正統派のラーメンが楽しめるお店だそうです。

席数は33席ほど。カウンター席と、テーブル席があるそうです。

叶屋 - チャーシューメン

写真は「チャーシューメン」です。醤油の味が立つ、あっさりとしたスープが特徴。

青竹手打ち麺は、中太でコシが強いものだそう。噛んだ瞬間に、小麦の風味が口いっぱいに広がるのだとか。

叶屋 - 叶屋(手作り餃子 400円)

「餃子」は、皮から手作りしているそう。皮はモチモチで、噛みごたえがあるのだとか。焼き目がしっかりとついた一品です。

餡はキャベツやニラ、にんにく、豚ひき肉が入っているとのこと。

・チャーシューメン
見た目以上にしっかりとした旨みとコクが感じられます。もちろん後味は文句なしにスッキリ。これはいつまでも飲んでいたくなるスープですね。続いて麺のほうもいただきます。形状はやや平ためで太すぎず細すぎず、多少のバラツキもある佐野独特の青竹手打ち麺。

出典: しのきちさんの口コミ

・餃子
比較的大ぶりなサイズ感で5個。そのまま食べて見ます。肉厚の皮に包まれた餡からこぼれ出る汁?キャベツのざく切り主体の餡はあっさり。野菜のほのかな甘みと皮の小麦感が絶品。うわー すごく美味しいや?ニンニク感弱く、ニラも抑えめ。野菜の素材感が上質でジューシー。これ、タレはいらない感じ。

出典: たりらんさんの口コミ

青竹打ち RA-MEN くりはら

3.46

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

佐野駅から車で11分ほど、佐野市関川町にある「青竹打ち RA-MEN くりはら」。

席数は21席ほど。カウンター席や、オープンテラスがあるそうです。席数は21席ほど。カウンター席や、オープンテラスがあるそうです。

写真は「くりちゃんラーメン」です。チャーシュー3枚とナルト、味付け半熟卵などがトッピングされた一品です。

スープは鶏ガラベースだそう。手打ち麺はほどよくちぢれていて、スープとよく絡むのだとか。

「餃子」は、自家製の皮を使用した大ぶりのもの。弾力があって、食べごたえがあるそうです。

焼き目がしっかりとついていて、一口食べるたびにカリッと良い音がするのだそう。しっとりした餡との相性が抜群だとか。

・くりちゃんラーメン
青竹手打ち中華麺は、硬めに茹でてしっかりした噛み応えがあり、麺そのものの旨さが際立つ。不揃いの断面と撚れが旨いスープをどんどん連れてきて、しかもいつまでもガラの芳香が続きます。

出典: 高くて旨いは当たり前さんの口コミ

・餃子
こいつがまた、デ、デカい!食べてみると、うわぁ~ 美味しいぞ?モチッと厚手の皮は柔らかく、中から出てくる大量の餡は野菜中心。メンマをカットしたような粒も見えます。あっさり上品な味で、サクサクした食感。大きいのに全くしつこさなく、これ絶品。

出典: たりらんさんの口コミ

青竹手打ちラーメン 麺や 大山

3.54

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

青竹手打ちラーメン 麺や 大山 - 青竹手打ちラーメン 麺や 大山(建物外観)

佐野市奈良渕町、堀米駅から徒歩10分ほどの場所にある「青竹手打ちラーメン 麺や 大山」。採れたての新鮮な野菜にもこだわりがあるラーメン屋さんだそうです。

席数は33席ほど。カウンター席や、小上がりがあるそうです。

青竹手打ちラーメン 麺や 大山 - 青竹手打ちラーメン 麺や 大山(ワンタンめん 880円)

写真は「ワンタンメン」です。牛や豚、鶏ガラに、野菜や魚介を加えた香り高いスープが特徴。

もっちりとした中太麺は、小麦の風味を感じるものだそう。スープをよく吸う麺なので、食べすすめるうちにふわりとしたやわらかい食感になるのだとか。

青竹手打ちラーメン 麺や 大山 - 青竹手打ちラーメン 麺や 大山(餃子3個 300円)

「餃子」は、モチモチした弾力のある皮と、ボリュームたっぷりの餡が特徴だそう。

国産ひき肉や、キャベツなどの採れたて新鮮野菜を使用し、肉汁あふれる餃子に仕上げているのだとか。

・ワンタンメン
餡は小ぶりだけど、中華薬味の効いた味わい。上品な質感、ハイクオリティなワンタンです。チャーシューは豚バラ煮豚風の大判2枚。箸でつかむとほろり崩れるしっとりとした仕上り。肉の旨味を引き出すあっさりとした味付け。これがデフォ2枚、なかなか贅沢な感じです。

出典: たりらんさんの口コミ

・餃子
もちもちな皮の野菜がメインの餃子ですが、程よく下味が付いてるので、酢と胡椒で頂きましたが、食べ応えもある美味しい餃子でしたぁ。

出典: METABOOさんの口コミ

手打ち中華蕎麦 麺屋 工藤

3.32

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

手打ち中華蕎麦 麺屋 工藤 - 奥に長~く延びる店舗

堀米駅から車で10分ほど、佐野市犬伏新町にある「手打ち中華蕎麦 麺屋 工藤」。「那須御養卵」などのこだわりの食材を使用した、ラーメンや油そばを提供するお店です。

席数は21席ほど。カウンター席や、座敷があるそうです。

「ラーメン」の透明な鶏ガラ醤油スープは、出汁の旨味が体中に染み渡るような美味しさだとか。

他にも「那須御養卵」がトッピングされた「黄身Wまぜそば」がおすすめだそうです。

「餃子」は、高さがある大ぶりのもの。皮は薄めに打たれていて、餡の食感と相性良く作られているのだそう。

口を大きく開けてかぶりつきたい餃子なのだとか。野菜の甘味が口いっぱいに広がるそうですよ。

・餃子
皮はカリカリと食感が良いです。中身は野菜が沢山入っていてジューシーですよ!下味がシッカリとしているので酢だけで充分美味しいです。

出典: 切り絵のえのちゃんさんの口コミ

・ラーメン
緩く縮れた、典型的なご当地の手打ち中華。澄んだ鶏ガラの醤油スープに、太めのメンマ、葱、バラチャーシューが2枚。しなやかで旨い麺、旨さと塩っぱさのバランスがとれたスープ。これこれ!これが食べたかったのです。よせばいいのに、またスープを全部飲んでしまいました。

出典: 高くて旨いは当たり前さんの口コミ

佐野市にあるこってり系のラーメンがおすすめのお店

麺屋一心

3.46

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

佐野駅から車で8分ほど、佐野市富岡町にある「麺屋一心」。佐野市内でボリューム満点の二郎系ラーメンが楽しめるお店だそう。

席数は30席ほど。カウンター席と、テーブル席があるそうです。

麺屋一心 - 野菜ラーメン

写真は「野菜ラーメン」の並です。高く盛られたモヤシとキャベツに、炙りバラロースチャーシューが添えられていて人気なのだとか。

麺は太麺。スープはトロリとした豚骨魚介とのこと。背脂たっぷりで、ニンニクのパンチが効いた一品だとか。

麺屋一心 - つけ麺

ラーメンはもちろん、「つけ麺」もおすすめとのこと。佐野市で手打ち麺を食べ慣れた人をも唸らせるという、やややわらかめの太麺が特徴だそう。

つけダレは豚骨と魚介の旨味を凝縮したもの。最後はつけ汁をスープで割って飲めるのだそうです。

・つけめん
極太のメンマも素材感を残したセッティングです。魚粉は麺に投入。鰹と鯖や鰯に分けられた魚粉はつけダレに浸透させず麺に振りかけてみました。絶妙な茹で加減の麺と魚粉が絡んでこれはこれで一つの料理になっております。

出典: ジャンキー犬山さんの口コミ

・野菜ラーメン(大盛)
食べづらいのも考慮してか最初からもやしの避難用、お椀も用意してあるのも有り難いですね。もやし表面には、脂やブラックペッパー、魚粉がかかっていました。崩れないように注意しながら、お椀へ退避させて食らいつきます☆

出典: ナツメグさんの口コミ

麺処 はつがい

3.31

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

佐野駅から車で10分ほど、佐野市富岡町にある「麺処 はつがい」。和モダンな空間がおしゃれなつけ麺屋さん。女性にもおすすめのお店とのこと。

席数は16席ほど。カウンター席と、テーブル席があるそうです。

写真は「胡麻坦々つけ麺」に「味玉」をトッピングしたもの。ドロリとしたつけ汁は、豚骨魚介ベースに芝麻醤とお酢を効かせたものだとか。ラー油は自家製だそうです。

麺は全粒粉の入った、極太ストレートなもの。

「鶏そば」は、豚骨ラーメンのように濃厚な、鶏白湯系のスープが特徴とのこと。スープとストレートな細麺の相性は抜群だそうです。

他にも、自家製の皮を使用した「水餃子」を注文する人がおおいのだとか。

・塩つけ麺
鳥パイタンにいりこが入っていてコックリ濃厚なスープ。だし汁もテーブルに置いてあるので最後まで飲めるのがまたいい。鳥つみれも何個か入っているのですが、生姜が効いていて、お肉が粗めなのが凄く美味しい。麺は太麺でスープによく合います。

出典: 恐怖のキョウチャンさんの口コミ

・鶏そば
鶏白湯系、いわゆるドロ系。でもこのドロ系、何か変わってます。骨髄撹拌でも豆乳使用でもなさそう。まさか片栗粉使ってるはずはなく、花粉多目の蕎麦湯の様な感じ。よってあの独特の動物臭無くトロミあるのにサッパリと仕上がってます。

出典: rapport・ラポールさんの口コミ

中国料理 角半

3.33

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

中国料理 角半 - 道路の“かどっこ”に店を構える、老舗・・

佐野駅から徒歩9分ほど、佐野市大和町にある、「中国料理 角半」。創業から100有年余といわれる、長年地元・佐野市の方に愛されているという中華料理屋さんです。

1階はテーブル席、2階が個室になっているそうです。

写真は「四川風タンタン麺」。胡麻が香る茶色のスープは、山椒の辛さを引き立てたものだそう。辛いもの好きにはたまらない一品なのだとか。

麺は細くストレートなもの。ほど良いコシがあり、箸で持ち上げても切れることはないのだとか。

中国料理 角半 - 「フカヒレ入り蒸し餃子 ¥750」

「フカヒレ入り蒸しギョーザ」は、熱々のせいろで蒸し焼きにした一品です。薄い半透明の皮は、中の餡が透けて見えるほどだそう。

フカヒレの他に、海老や野菜もたっぷり入っているそうです。醤油を少し垂らしてたべるのがおすすめとのこと。

・四川風タンタン麺
摺り胡麻ベースで、濃厚なスープ。トッピングは、“ねぎの微塵切り”と“豚挽肉”を豆板醤で炒めた「肉味噌」と、緑は目にも鮮やかな「小松菜」・・・麺は、灌水を含んだストレート麺を使用。

出典: むんじさんの口コミ

・四川風タンタン麺
ゴマの香りが漂うスープは口に含むと痺れというか痛みのような鋭い辛さが、花椒の辛さ?。ラー油ではなく、花椒で辛さを出しているのかもしれない。ピークのある鋭い辛さで、あまり長く後に引かない。

出典: かつ丼食べたいさんの口コミ

※本記事は、2020/08/12に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ