大分でおすすめの冷麺10選!韓国風から別府冷麺まで

出典:PRIDE.さん

大分でおすすめの冷麺10選!韓国風から別府冷麺まで

食の名物が多いことで知られる大分県。とり天やだんご汁のほか、別府冷麺が有名です。なかでも別府冷麺は、旧満州から引きあげた料理人が作った冷麺が始まりと言われています。今回は大分県で食べられる冷麺を、韓国風から別府冷麺まで、おすすめのお店をまとめました。

記事作成日:2020/08/07

3386view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる654の口コミを参考にまとめました。

東別府駅周辺のお店

六盛 松原店

3.59

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

六盛 松原店

東別府駅から徒歩10分の「六盛 松原店」は、冷麺と温麺を扱っているお店です。

赤い提灯と赤い看板、瓦屋根が印象的な外観です。順番待ちの間は向かいの公園で過ごせるそうです。

もちもちの麺と、国産牛のすね肉で作ったチャーシューが特徴なのだとか。

琥珀色のスープが印象的な「冷麺」。スープは、国産牛の牛骨と昆布を使用した冷たいスープとのこと。

注文を受けてから茹で上げる自家製手延べ麺は、小麦粉とそば粉を配合した中太ストレート麺で、しっかり〆られてコシが感じられるそう。

写真は「中華ソバ」です。焼あご・昆布・煮干しの和風だしに鶏・鶏ガラのスープを合わせた醤油ラーメンとのこと。

麺は細麺であっさりとしたスープだそうです。

具はチャーシューと卵、ネギがのっています。冷麺とともに人気です。

・冷麺
小麦粉とそば粉のかなりコシのある麺ですが喉越しが非常に滑らか。昆布出汁の効いた清涼で澄んだスープは牛出汁のコクもあります。牛スネのチャーシューは麺やスープを引き立てつつ、肉の旨味を感じられる味と歯ごたえ。キャベツの甘さが感じられるキムチ。いづれも計算し尽くされた味とバランスを堪能できます。

出典: ℃℃℃さんの口コミ

・温麺
わたしは寒かったので温麺、実は温麺は初めて。温かい冷麺ってどうなの?と不安だったが、違和感なく美味しい。温麺アリ!冷麺専門店の特徴そのままの太めのモチモチ麺。珍しいキャベツのキムチ。白菜に比べて、かみしめる食感が楽しい。

出典: 東京クラシック東京さんの口コミ

別府大学駅周辺のお店

胡月

3.62

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

胡月

別府大学駅から車で6分ほど、バス利用の場合はJR別府駅から10分ほど乗車、さらに徒歩4分ほどの場所にあります。

和風な建物と看板、白と紫の暖簾が目印です。駐車場は向かって左側にあるそうです。

胡月 - 2019年8月 冷麺(並盛) 750円

「冷麺」のスープは澄み切っていて、天然水を使った昆布中心の出汁に、醤油、塩で味付けされています。お吸い物のような上品な味わいだそう。

麺はそば粉を使った自家製麺で、太くて弾力がかなり強いとのこと。具材の牛チャーシューが美味しいと評判です。

写真は「ビビン温麺」。

3種類の唐辛子と11種類のスパイスを配合した辛いスープ。麺はそば粉が使われていて中太で長く、一般的なチャンポン麺よりも太めだそう。

具材は牛のチャーシューとモヤシ、茹で卵1/4コ、青ネギ。

・冷麺
麺が太い!!そして、ねぎ、たまご、キムチ、チャーシューと具がシンプル!食べてびっくりするのが、麺がめちゃくちゃモチモチ?の度合いを超えて硬い☆でも、モチモチ感はある!という不思議な麺。あごの力が半端なくいる。スープは冷たいながらにガツンとくる感じですが、すっと飲めます。

出典: ocan0201さんの口コミ

・ビビン温麺
具は冷麺とほぼ同じで牛チャーシュー、ゆで卵、ねぎ、もやしとシンプルで、スープは赤いです!麺は弾力が残っていてしっかりしています!普通のものはピリ辛ぐらいですが、僕は汗びっしょりになりました(笑)辛さを選ぶこともできますので、辛いのが大好きな人には辛さをあげることをオススメします☆

出典: ロイ(別府)さんの口コミ

一休の泪

3.52

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

国道500号線沿いにあるお店で、別府大学駅から車で6分ほどの場所にあります。

白っぽいビルの1階にあるお店で、紺と白の看板が特徴です。外観はカフェを思わせるような印象です。

メインメニューは冷麺・温麺です。

写真は「別府冷麺」です。枕崎かつお・ラウス昆布・牛骨が使われた無添加スープ。

添えられた「かぼすこしょう」を加えることで、爽やかな香りと酸味、辛みが口いっぱいに広がるそう。

麺は太めでコシがあるのだとか。

一休の泪 - 2017/8 鶏ねぎ温麺 850円

「鶏ねぎ温麺」の澄んだスープは、あっさりしていてネギの香りがするそう。

麺はコシが強く、太めでツルツルしていて喉越しが良いとのこと。

別皿で「かぼすこしょう」が添えられています。少量ずつ入れるのがおすすめなのだとか。

・冷麺
牛のすっきりスープでしっかりしたチャーシュー。ものすごく弾力があって噛み応えのある麺も存在感ばっちり。これに別添えの柚子胡椒ソース?を入れるとまたまた味が変わって、爽やかな辛さがいい感じ。

出典:https://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44009262/dtlrvwlst/B331005038/

・鶏ねぎ温麺
名前の通り、鶏肉、ねぎ、そしてゴボウが入った温麺でした^ ^麺はしっかり弾力があり、別府冷麺ならではの特徴もしっかり。スープも美味しいですが、一緒についてくる柚子を使った調味料を加えると、また違った風味になり楽しめます。温麺の場合はキムチが別になります。

出典: ロイ(別府)さんの口コミ

焼肉元相 本店

3.44

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

焼肉元相 本店 - 車を係に預けるのは嫌

別府大学駅より車で6分ほどの場所にある、大分で人気の焼肉店です。

熟成肉(ドライエイジングビーフ)を売りにしています。

駐車場は係員にキーを渡して運転・駐車を任せるシステムだそうです。

写真は「冷麺」。鰹やイリコなどの澄んだスープで、あっさりながらコクがあり後を引く味わいだそう。

麺は中太麺で、トッピングは牛スネ肉のチャーシューと白菜キムチなど。

そば粉の入っていない麺は、プチプチと切れる食感で、喉ごしが良いそうです。

焼肉元相 本店

予約がおすすめな数量限定の「熟成肉」。塊肉で出てきて、店長自ら切って提供されるそう。

その日に出せる熟成肉の部位はまちまちらしいので、気になる部位がある人は確認してから行きましょう。

・冷麺
麺は中太麺で トッピングは牛スネ肉のチャーシューと白菜キムチなど。そば粉の入っていない麺はツルツル プチプチ切れる食感で喉ごしが良い。スープはあっさりながらコクがあり後を引く味わい。

出典: さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんの口コミ

なんと、最初からびっくり!お店の駐車場に人がいて、この人が車を出し入れしてくれるのだとか。なかなか高級感ある演出( ^∀^)店内はとっても活気があって、人気店なんだなあと実感。お店の人の声も元気が良くて気持ちいい。

出典: Hiro&Yukiさんの口コミ

別府駅周辺のお店

アリラン

3.51

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

アリラン - 外観

別府駅東口から徒歩6分の場所にある、国道500号線沿いの焼肉店です。大分で有名な焼肉店のひとつです。

焼肉のメニューだけでなく冷麺も人気で、冷麺だけを食べにくる人も少なくありません。

アリラン - 名物冷麺

こちらの「冷麺」は、魚介ベースの透き通った出汁です。

麺は小麦粉、そば粉、でんぷんを独自に配合した中太自家製麺。コシがあり、ツルツルとして口当たりがいいそう。

特にキムチが美味しいと評判。飲んだ後の〆にもぴったりだそう。

アリラン - 豊後牛シャトーブリアン

こちらは筑後牛シャトーブリアン。希少部位のため、数量限定とのこと。厚切りできれいにサシが入っています。

シャトーブリアンは、ヒレ肉の中心部のことですが、やわらかくて、美味しい肉汁が出てくるそう。

・冷麺
キンキンに冷えた出汁で、麺もしまって、うまさ倍増!他店と違うのは、キムチがかなり辛めって事もあるな。あじにコクがある。それが出汁とあうねん。やっぱ、美味いわ〜

出典: 麺喰い のっぽさんさんの口コミ

マクミ=ハラミかと思ったら、ちょっと違うようで、大分県では牛の横隔膜をマクミとハラミとサガリに分けて扱っているそうです。他県では全部をハラミ。知らずにマクミを食べていることもあるってことですね。分けている場合、マクミの方が美味しい部分だそうです。

出典: じゃんくさんの口コミ

天心軒

3.51

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

天心軒

お店は、別府駅からバスまたはタクシーで8分ほどの住宅街にあります。

昔ながらの中華屋さんという印象で、赤い看板と赤い暖簾が目印です。

冷麺のほかには、ラーメンやチャーハン、野菜炒めもあります。

天心軒 - 冷麺

「冷麺」の麺は、普通180g、大盛り280g、特盛り400gから選択。手打ちの中太麺で、コシが強くつるつるしているそう。

白色の麺でスープは冷たすぎず、魚介系の和風出汁の繊細な味も感じられるとのこと。

こちらは「とり天定食」。

ゴツゴツした大きめのとり天はとてもジューシーで、厚い衣はサクサクとした食感だそう。

衣にしっかり味がついていて、少し甘味が感じられるとのこと。

酢醤油系のタレとからしがついています。

・中華そば
具材は、煮玉子にモヤシ、メンマ、海苔、チャーシュー、ネギと具沢山。デフォでゴマが投入されています。清湯系の醤油ベースで魚介の風味も感じられる円やかなスープ。加水率低めの中細ストレート麺との絡みも良好。アッサリしてますが、コクと旨み充分で飽きが来ないラーメンです。

出典: t.y.sさんの口コミ

・冷麺・ミニとり天セット
玉子、キムチ、その下に鳥むねのチャーシューが乗ってます。麺もたっぷり良い感じ。まずは麺からツルっと。おぉ、かなりぶりっとした食感の麺。かなり美味しいです。出汁は和風、カツオ?な風味がありますね。これもかなり旨い!!

出典: ぱたぱたぱたごにあさんの口コミ

きりん亭

3.41

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

お店は別府駅から車で8分の場所にあります。

白い壁に黄色い文字で書かれた店名と、黄色の暖簾が目印のお店です。昔懐かしい、庶民的な食堂のようですね。

冷麺・温麺のほか、ラーメンやみそラーメンなどがあります。

きりん亭

こちらの「冷麺」はラーメン鉢に入っています。

麺の色は茶褐色。コシがよく、食べ応えがあるそう。

スープは澄んでいて、かなりサッパリした和風出汁だそう。飲み干す人もいるとか。

写真は「ラーメン」。

澄んだ豚骨ベースのスープが一番の特徴で、脂がほとんどなく、あっさりしていて食べやすいとのこと。

具材は豚バラチャーシューともやし、ネギ、紅ショウガ、ゴマ。昔ながらのラーメン店という印象を持つ人も。

・冷麺
キャベツキムチを使った冷麺で、キムチはちょっぴり酸味があります。そば粉入りの麺はグニグニと弾力があり、これも別府冷麺の特徴です♪牛肉の燻製を使ったチャーシューも別府冷麺ならでは☆スープは透き通った黄金色☆少し薄めと感じましたが、飲み干す時はトウガラシがきいてピリッと辛いです☆

出典: ロイ(別府)さんの口コミ

どちらかというと観光客の方よりもむしろ地元の方々から昔から親しまれているという感じのお店ですよね。とはいっても決して他所者や一見客にとって入りにくいお店というわけでもなく、どこか懐かしく、ほっとさせてくれる、そんな昔ながらのラーメン屋さんといった感じのなかなか味のあるお店です。

出典: しのきちさんの口コミ

モランボン

3.31

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

別府駅から車で約7分の場所にある、冷麺も食べられる焼肉店です。

白い外装に白い店名が書かれています。

入り口は階段とスロープになっており、車いすの人でもスムーズに入店可能とのこと。

韓国風の「冷麺」。麺は手で伸ばしているので不規則性が最大の魅力。そばと小麦粉両方の香りがしっかりと感じられ、出汁のきいたスープはコクが深い味わいだそう。

キムチはかなり辛口で、生姜がきいているとのこと。

モランボン - 炭火焼セットのライス・サラダ他

こちらは炭火焼セット。お肉、キムチ、ごはん、スープ、サラダがセットになっています。

「+50円」でコーヒー(ホット・アイス)を付けることもできるとのこと。

単品を追加していろいろな種類の焼肉を楽しむ人もいるのだとか。

・冷麺
太さがまばらな手打ちの細麺は、もちもちと粘りのある弾力が楽しい。スープは絶妙の塩加減で舌に優しく、最後まで飲み干せる。チャーシューはねっとりと柔らかく、独特の風味。キムチも辛味と酸味が絡み合う複雑な旨味。いわゆる別府冷麺ではないが、断然美味しい。本物の韓国冷麺。

出典: ゆらすたさんの口コミ

・石焼ビビンバ
石焼ビビンバは注文すると少し時間がかかるイメージなので覚悟して待っていましたが、思いのほかあっというまに到着。熱々の器にはいったご飯と具をしっかりコチュジャンにからめてかき混ぜるとあちこちにおこげができます♪このおこげがおいしいですね。

出典: mejipyさんの口コミ

大分駅周辺のお店

ラーメン亭一番

3.44

夜の金額: ~¥999

昼の金額: -

JR大分駅から徒歩11分の場所にある、冷麺・ラーメン専門店。茶色の壁に赤の屋根が特徴です。夜間は屋根の下に提灯が灯り、暖簾と屋根を照らしています。

夜のみオープンしています。

ラーメン亭一番 - 別府冷麺…550円

写真は「別府冷メン」。麺は甘さと香りが感じられ、モチモチとして硬めだそう。

スープはうっすら出汁を感じる程度で、醤油が立っており、色が濃いめ。塩気は強めで、飲みの〆用にもいいのだとか。

ラーメン亭一番

「とんこつラーメン」は、醤油元ダレと豚骨を合わせた真っ白なクリーミーなスープが特徴です。豚骨と野菜の「甘み」と煮干しの香りを感じることができるそう。

飲み会の〆でも、スープを最後まで飲み干してしまう人も。

・冷麺
注文後に製麺されています。緑色の製麺機にいれて作られます。頼んでから少し時間がかかります。ご注意下さいね。きました、別府冷麺の登場!丸みがあって、噛みごたえのある麺です。製麺したてだからなのか?凄い噛みごたえです。スープはあっさりしています。飲んだ後にあっさりを希望の時には良いかも。

出典: ryo.k529さんの口コミ

カウンターだけで、無駄を省いた内装。古いが手入れされている。かと言って、磨きこまれたような硬い雰囲気ではなく、寛げる庶民感。なかなかのお店だと思う。

出典: Fisher.Lionさんの口コミ

牧駅周辺のお店

やまと

3.43

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

やまと

JR日豊本線牧駅より徒歩10分の場所にある、冷麺とうどんのお店、「やまと」。

近隣でのお買い物ついでに立ち寄る人が多いそう。冷麺、温麺、丼ものが人気です。

やまと

「冷麺」は、そば粉がたっぷり入った固麺。

他の別府冷麺よりも少し細めとのこと。出汁は昆布べ―スで、とても優しい味だそう。

キムチは辛さよりもやや酸っぱさを感じ、良いアクセントになっているとのこと。

こちらの「親子丼」は、子供も食べやすい、優しい味だそう。

鶏肉の他にレタスも入っていて、卵の火の通り加減もちょうど良い加減だそう。

通常サイズのほか、麺類とのセットでミニも注文できます。写真はセットの「ミニ親子丼」。

・冷麺
茹でた鶏肉のスライスとキムチ・ゆで卵・きゅうりなど入ってます。スープはお出汁がしっかり感じられ、冷たくても美味しく仕上がってます。麺は太く感じます。噛みごたえ十分。すごいコシの強さを感じました。好きですね、これ。

出典: たっちんJr.さんの口コミ

・温麺
冷麺の暖かいバージョン。違いは温度差による風味と麺の柔らかさ。それと、温麺にはキムチが乗っていない。風味は、魚介だけではなく、椎茸や昆布までガツーンと香る。香りを楽しみたいなら、温麺の方が良い。麺はもちろん、温面の方が柔らかい。だから、優しい食べ物になっている。

出典: Fisher.Lionさんの口コミ

※本記事は、2020/08/07に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ