東京の絶品お寿司!安くて美味しいコスパ抜群のお店20選

出典: ほねつきかるべさん

東京の絶品お寿司!安くて美味しいコスパ抜群のお店20選

東京にはさまざまなジャンルの飲食店がたくさんあり、寿司店も数多く営業しています。あまりにも多すぎて選べないと頭を悩ませている方のために、ここではコスパに優れた寿司店をピックアップして予算別にまとめました。安くて絶品の美味しい寿司店をぜひ見つけてください。

キーワード
ランチ
個室
食べログまとめ編集部
名物

記事作成日:2020/03/25

29view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる3540の口コミを参考にまとめました。

~3,000円のおすすめ寿司店

栄寿司

3.75

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「栄寿司」は、京成立石駅の目の前にある寿司店。1958年に創業した50年以上の歴史を持つお店です。

こちらのお店はウンターのみで、板前さんと向き合って食べる立ち食いスタイルなのだとか。

握り寿司は一貫から注文できます。110円から注文できる寿司も多く、味とコスパに優れたお店として評判。

豊富なネタを揃えており、中トロや鮪、ヒラメ、海老などさまざまな寿司が味わえるそう。

写真は、あんきも握り。とろけるような食感が人気なのだそう。

口に入れると旨味がふわっと広がるのだとか。あんきも独特の臭みなどもほとんど感じず、濃厚な旨味と風味を感じられると評判です。

ここはいつ行っても並んでいるところしか見たことがなく、この日も約1時間待ち。店内は歴史を感じますが各種取り揃えているネタはリーズナブルです。

出典: かみ~さんの口コミ

どれも新鮮なネタばかり。この辺では圧倒的な味とコスパでしょう!煮いかとあんきもは2回頼んじゃいました!どちらも大ぶりで銀座とかで食べたら倍の値段しそう。

出典: 海上保安官 仙崎さんの口コミ

乃池

3.72

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

「乃池」は、千駄木駅から徒歩1分の好立地にあるお店。東京名物の穴子寿司が美味しいと評判のお店です。

1階には8つのカウンター席が、2階にはテーブル席と座敷があります。

名物の名代穴子寿司。創業以来守り続けてきたこだわりの味を楽しめるのだとか。

穴子本来の甘みと、タレの甘みが見事に融合した1品と評判。ふわふわとした食感の穴子が口の中でとろけるそうです。

穴子寿司のほかにもさまざまなメニューがあるそう。握りやちらし、巻きもののほか、おつまみメニューも揃っているのだとか。

名物の穴子寿司はテイクアウトも可能。自宅でゆっくり味わいたいときはテイクアウトがおすすめ。

・名代穴子寿司
これが噂の穴子寿司か!!行儀よく並んぶ光景は見ててうっとり…。とろりとしたタレ、テリツヤがあります。穴子は事前に仕込んだネタ、少し温かい程度。口に入れるととろける味わい…、あ?、これは幸せだ…。タレは甘く、穴子本来の甘みとよくマッチしてます。パクパク食べられる、これは美味しい。

出典: milan1110さんの口コミ

・名代穴子寿司
立派な穴子だー!タレは、見た目ほど濃くなく、上品。そして、穴子はやっぱりふわっとしているし、脂もちゃんとあります。

出典: Hajimaxさんの口コミ

神田志乃多寿司

3.66

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「神田志乃多寿司」は、淡路町駅から徒歩1分の場所にあるお店。1902年創業の歴史あるお店です。

高級感のある上品な外観が印象的。店内には10のカウンター席と12のテーブル席があり、お持ち帰りもできるそう。

のり巻き・稲荷や押し寿司などのセットがあります。押し寿司のシャリはしっとりと適度なやわらかさで美味しいのだとか。

酢飯は米と酢のバランスがよく、ほどよい酸味なのだとか。ふわっとやわらかいネタも人気の理由だそう。

画像は茶巾寿司。ふっくらと焼かれた卵焼きで包まれています。

酢飯にはたっぷりの香ばしいすりごまや海苔、レンコン、かんぴょうなどを使用。見た目も美しく、目でも楽しめる1品だそう。

・押し寿司 桐
穴子は普通のお寿司みたいに肉厚では無いけれど、押し寿司の品質に合わせた適度な厚みです。穴子の味付けは、普通の寿司屋よりずっといい。とても美味しい!!

出典: 田中茂雄さんの口コミ

・押し寿司
お味の方はかなり上品。しかも押し寿司では珍しくぎゅうぎゅうに酢飯が押されていない。これは美味い!鯖棒も昆布が良い感じ。小鯛や海老、穴子もなかなか。

出典: ヴェイダーさんの口コミ

八竹 四谷店

3.66

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「八竹 四谷店」は、四谷三丁目駅から徒歩1分の場所にあるお店。大阪鮓と茶巾ずしの専門店として知られています。

東京で本格的な大阪鮓が食べられると人気のお店。完全禁煙の店内には10席ほどの席があるそう。

穴子の押し寿司は、焼いた穴子に甘辛いタレを使用。穴子は厚みがあり、やわらかくてとても美味しいのだとか。

写真は人気の茶巾ずし。ふんわりとした卵に包まれており、美しい見た目も人気なのだとか。

底にはレンコンの酢漬けが敷かれており、上部にはでんぶを仕込んでいるのが特徴だそう。

・小鯛雀のばってら
小鯛雀はお約束の美味しさ。酢飯の味、小鯛と昆布のうま味とも申し分なし。パラリとかけられた木の芽も嬉しい。上品な美味しさ。

出典: Schnitzelさんの口コミ

お味はどれも美味しいです。流石!評価が高いだけありますね!アナゴ、バッテラ、エビと玉子の押し寿司が特に美味しかったです。巾着寿司はお腹いっぱいでちょっと休憩しながら頂きました!盛り合わせだけで十分ですね!ボリューム感はすごいです。

出典: nnckjpさんの口コミ

おかめ

3.64

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

東京で寿司を食べたい、という時に築地を思い浮かべる方も多いのでは?

「おかめ」は、築地駅から徒歩4分ほどの場所にあるお店。鮪問屋が母体なので、希少な部位を使った寿司もあるのだとか。

5席ほどで、基本的には立ち食いスタイルだそう。

特選にぎりやおかめにぎり、まぐろづくしなどセットメニューのほか、単品で一貫ずつ注文することも可能だそう。

シャリはほどよいやわらかさで握られており、口の中でほろけるのだとか。ネタには最初から醤油が塗られているのだそう。

鮪希少部位は、脳天やあご肉、ほほ肉などを使った寿司をセットで味わえるメニューだそう。写真は、ほほ肉の寿司。

脳天はふわふわとした食感が特徴だとか。あご肉は馬肉に近く、それぞれ違った食感を味わえると評判です。

全部美味しかったけど、なかでもマグロがとても美味しかった。特に赤身。カウンターには四人までしか入れないけれど、専属状態で握ってくれるので回転ははやい。まぐろづくしがたぶんめちゃめちゃお得。

出典: chefyutaspさんの口コミ

・鮪希少部位
珍しくて注文。脳天・あご肉・ほほ肉の3種もり。脳天はとろける~。あご肉とほほ肉は歯ごたえがある部位。面白いですね。

出典: 扇風機太郎さんの口コミ

ひなと丸 雷門柳小路店

3.58

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「ひなと丸 雷門柳小路店」は、浅草駅から徒歩5分、東京の名物観光名所雷門から徒歩1分の場所にあります。

店内は清潔感がありこぢんまりとした雰囲気だそう。カウンター席のみで12席あるそう。

写真は本鮪5貫。超がつくほど希少な部位の頭肉や、大トロ、中トロ、赤身、漬けをネタにした寿司を味わえるそう。

頭肉は人気ナンバーワンのメニューで、濃厚な旨味が味わえるのだとか。

活貝3貫や白身3貫など、板前おすすめの3種盛り、5種盛りなどのメニューもあるそう。

もちろん、いわしやあじ、サーモンなど単品での注文できるとか。上うにや活あわびなどの高級なネタも用意されているそう。

私はお寿司やさんに言っても、サイドメニューの方を好んで頼んでしまうのですが、こちらはお寿司が美味しいので、マグロ尽しも美味しく頂きました。赤身や中トロも美味しいですが人気のあるのは、頭身だそうです。大トロも脂がのっていてネタが分厚くて美味しかったです。

出典: bishinbariさんの口コミ

・本マグロ5貫にぎり
ありふれた言い方しかできないのですが…このマグロ、めっちゃ美味しい!!!立ち食いでこんなに美味しいお寿司が食べれるとは...このギャップが人気を博するのも納得。そこらの回らない寿司よりハイクオリティだしネタ超新鮮?

出典: ムーニー愛さんの口コミ

もり一 神保町店

3.56

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「もり一 神保町店」は、神保町駅から徒歩2分の場所にある回転寿司店だそう。

寿司のイラストを施した外観が特徴。店内には40ほどのカウンター席があり、店内は完全禁煙とのこと。

一皿が基本150円と、リーズナブルでコスパに優れてるのだとか。ほとんどのネタが均一な価格なのも嬉しいポイント。

値段を気にせずさまざまな寿司を味わえるのが人気の理由なのだそう。

豊富なネタを用意されており、穴子やサーモン、鮪、ネギトロなどさまざまな寿司を味わえるお店だそう。

江戸前寿司の伝統的な赤酢を使ったシャリが特徴で、普通の酢飯よりも酢が効いているのだとか。

値段はリーズナブルです。ここのお寿司の特徴は赤酢を使った赤しゃり一筋!やっぱり人気な寿司屋はしゃりを大事に想ってますね!

出典: 右のツーフーさんの口コミ

こちら回転寿司ですが、シャリは赤酢を使用したこだわり様。一皿ほぼ均一料金なんで、安心です。定番のオススメは一皿で三貫握っていただけるシメサバだと思います。脂ののったサバを深めにしめてあり、なかなか美味しいです。

出典: muchosさんの口コミ

3,000円~6,000円のおすすめ寿司店

鮨國

3.68

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

「鮨國」は、築地市場駅から徒歩4分、築地場外にあるお店です。築地ならではの新鮮な魚介を使った寿司で評判だそう。

店内には10のカウンター席と4人掛けのテーブルが4卓あり、貸切も可能とのこと。有名人も訪れる人気店なのだとか。

メニューは、赤身や中トロ、アジなどのほか、おまかせで握ってもらうこともできるそう。

握りだけでなく、元祖こぼれイクラ丼や天然本マグロ鉄火丼などの海鮮丼もあります。

写真は元祖こぼれウニ丼。ご飯を覆い隠すほどたくさんのバフンウニとムラサキウニがのっています。

ややあっさりしたムラサキウニと濃厚なバフンウニを食べ比べできる人気のメニューだそう。

・こぼれウニ丼
丼から溢れんばかりの大量のウニが乗っています。この日はバフン雲丹とムラサキ雲丹とのこと。ミョウバン臭や生臭さはまったくなく、とろ~りした食感と口に広がる甘みがめっちゃ美味!

出典: KA-NAさんの口コミ

・煮穴子の炙り
岩をイメージしたお皿で出てきました。ふっくらと煮えていて、炙った部分が芳ばしいです。穴子の下には千切りきゅうりが隠れていて、穴子と好対照のしゃきっとした食感。

出典: 黄色のたぬきさんの口コミ

まぐろ人 御徒町出張所

3.68

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: -

「まぐろ人 御徒町出張所」は、御徒町駅から徒歩2分の場所にあるお店。立ち食いスタイルの寿司店だそう。

こぢんまりとした店内はカウンター席のみで10席ほどで、外国人観光客も多数訪れる人気店だとか。

新鮮なネタを使った寿司を東京で手軽に楽しめるお店として評判です。

握りは大ぶりではなく、ちょうどよいくらいの食べやすいサイズだとか。いろいろな種類の寿司を思う存分楽しめるそう。

写真は赤身の握り。鮮やかな色合いのネタが口の中でじんわりととろけるのだとか。

店名に「まぐろ」と冠してあるだけあり、中トロや漬けなどまぐろを使った寿司がおすすめなのだそう。

大とろ、中とろは脂が乗っていて、づけまぐろの味付けも丁度良い、とろタクも予想以上に美味かったです。流石に、どれを取っても満足度は高かった?。御馳走様でした(??????)

出典: デジ・アナさんの口コミ

店名にまぐろを冠するくらいだから、まぐろを一通り注文したが、印象に残ったのは、づけ、コハダやヒラメ縁側昆布〆など、仕事をしてあるネタだった。提供された寿司を食べながらお品書きを見ると、本当にこの値段は安いと感じる

出典: の子ティーさんの口コミ

銀座寿司処 まる伊 銀座総本店

3.61

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「銀座寿司処 まる伊 銀座総本店」は、銀座駅から徒歩3分の場所にあるお店。ランチにも人気の寿司店だそう。

白木を重ねた美しい外観が特徴。1階にはカウンターとテーブル席、2階には座敷とテーブル席があります。

魚本来の旨味を活かし、自由な発想で作られたさまざまな寿司を楽しめるお店と評判です。

単品だけでなく、づけづくしや光づくし、塩づくしなどのセットメニューも揃えています。

写真は「元祖づけあなちらし」です。まぐろの漬けとふんわりした食感の穴子が両方味わえる、贅沢なメニュー。

寿司飯にはサーモンや海老、タコ、玉子などを使い具だくさんの仕上がりだとか。

ほかに特上ちらしや穴子ちらしなどもあり、メニューも充実しているそうです。

・づけあなちらし
づけあなちらしはマグロがたっぷり?穴子もほぼ一本がドドンっと乗っている贅沢な一品でうずらの卵がいいビジュアルを演出しています☆づけマグロはしっかり味が染み込んていてねっとりした食感?うずらの玉子と絡めると濃厚さもプラスオン♪

出典: ぬまっしゅさんの口コミ

・にぎり
ほどなくして運ばれてきたお鮨。さっそく中トロからいただきました。おいしい~!これが食べたかった!シャリのお酢加減も丁度いいです。次々と口に運び、あっという間に完食です。

出典: きみプリオさんの口コミ

かわなみ鮨

3.60

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

「かわなみ鮨」は、十条駅から徒歩3分の場所にあるお店。本格江戸前鮨のお店として評判だそう。

こぢんまりとした店内はカウンター席のみで7席だそう。週末には地元の常連さんで賑わう人気のお店なんだとか。

新潟の農家から直送された米をシャリに使用しています。自家製の玉子焼きやインド鮪白身活〆など、厳選した素材にもこだわっているそう。

100円台のメニューも豊富で、リーズナブルに寿司を味わえるのが人気の理由なのだとか。

写真は大トロの握り。口に入れるとほろりと溶けるような感覚を味わえるのだそう。

脂がたっぷりのった大トロですが、意外に重くないそう。しつこさも少なく、ペロリと食べられるのだとか。

ここはやっぱりなんといっても大とろヽ(=´▽`=)ノヽ(=´▽`=)ノインドマグロだけど、あぶらのりよく濃厚な旨味がびしびしくるいい大とろ??これだけの大とろをこんなお値段で食べさせてくれるところってあんまりないと思います。

出典: ありす。。さんの口コミ

トロもマグロもイカもいくらもエビも巻物もどれも美味い。回転寿司との違いは何なんだろう、魚の新鮮さなのかな。その辺のうまさの違いは他のレビュアーさんに任せるとして、ただ1つ言えることは、CP良すぎるということ。

出典: はむてる(酒と旅と漫画と日ハム)さんの口コミ

つきじ鈴富 すし富

3.63

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「つきじ鈴富 すし富」は、築地駅や築地市場駅から徒歩8分ほどの場所にあるお店。豊洲市場まぐろ専門仲卸、鈴富直営の本格江戸前鮨店です。

1階にはカウンター席、2階にはテーブル席があります。木の温もりと清潔感が感じられる内装が評判だそう。

旬の天然魚にこだわったお店で、食材本来の味を楽しめる旬の食材のみを厳選して提供しているそう。

どのネタも抜群の鮮度で美味しいのだとか。仲卸直営だからこそ可能な価格で味わえると人気なのだそう。

お好みの握りを1貫ずつ注文できるほか、お通しや小鉢、握りがセットになったメニューもあります。

ランチメニューもあるので、東京で昼間から本格的な寿司を味わえると人気のお店。

寿司はシャリ小さめで酒を飲みながらつまむアタシが好きな江戸前の寿司。鮪目当てってところで伺ったのですが鮪は赤身、とろ共にもちろん美味しい。口の中で鮪の上質な脂が溶けていく。世の中の寿司ネタランキング1位は鮭らしいですが「日本人なら鮪食っとけ!」他のネタもそれぞれ美味しい。

出典: メタボ熊さんの口コミ

中トロは脂が有り口の中でトロける旨さ(^O^)v赤貝はコリコリの食感でコレまた旨い!!寿司ネタで好きなネタを一品、注文出来るとの事で大トロを注文!しっかりとした食感ですが上質の脂がトロけて旨すぎです!!!

出典: 切り絵のえのちゃんさんの口コミ

築地虎杖 魚河岸千両

3.65

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

「築地虎杖 魚河岸千両」は、築地駅や築地市場駅から徒歩5分ほどの場所にあるお店。

店内にはカウンター席とテーブル席を用意。日々多くの外国人観光客で賑わいを見せるお店だそう。

写真は、極まぐろ握り寿司です。大トロや中トロ、赤身、ネギトロの軍艦、トロタクなどまぐろ好きには堪らないメニューだとか。

品質がよいので、まぐろばかりなのに飽きがこないそうです。

写真は「元祖!海鮮ひつまぶし」。12種類以上の魚介を贅沢に使った人気の高いメニュー。

一膳目は海鮮ちらしで、ニ膳目はうに飯で、三膳目は海鮮茶漬け風と、三段階の味わいを楽しめるのだそう。

・極まぐろ握り寿司
そんなに食べて飽きないかと思いきや、魚河岸千両さんのマグロ寿司はどれだけ食べても飽きないんですよねぇ。今日のは大トロが凄く脂の乗りが良く、舌触りも抜群でした。赤身も甘味が強くて美味しい。

出典: 腹ペコほくとさんの口コミ

・海鮮ひつまぶし
海鮮ひつまぶしの、ごはんの上には色とりどりのネタがたっぷり。1膳めは、桶に盛られたちらし寿司にわさび醤油をかけて。2膳目は、ウニを混ぜ込んで風味を楽しみます。さいごの仕上げは、だし汁を注ぎ、お茶漬け風。たのしみいっぱいのひつまぶしでした。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13039201/dtlrvwlst/B421806584/

IKKYU 寿司幸別館

3.62

夜の金額: ¥20,000~¥29,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

「IKKYU 寿司幸別館」は、銀座駅から徒歩3分の場所にあるお店。東京銀座の名店といわれる、「寿司幸本店」プロデュースのお店です。

店内には10のカウンター席と8席のテーブル席があり、パーティションで区切って半個室にもできるそう。

職人が自ら仕入れを行っており、長年の経験で培われた目利きによって素材を厳選しているのだとか。

握りのほかにもおまかせ料理や、おつまみ5品、赤白シャンパンが各1杯ずつついてくるワインコースなどもあります。

ランチメニューには、握り8貫や11貫、とびきりばらちらし、おまかせ握り、コース料理などが用意されれいるそう。

クオリティの高い寿司を東京で手軽に味わえるお店として人気なのだとか。

10巻のランチメニューもあって、最初8巻じゃ足りないかな?と思ったけど意外とお腹いっぱいになりました?美味しかったですー!!ランチだから値段もお得感ありました!

出典: くまさん(´・ω・`)さんの口コミ

握りはどれも美味しいのですが、印象に残ったのがカニです。この味付けが何とも言えなくお代わりお願いしちゃいました。

出典: juunさんの口コミ

6,000円~10,000円のおすすめ寿司店

まんてん鮨 丸の内

3.79

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

「まんてん鮨 丸の内」は、東京駅や有楽町駅から徒歩5分の場所にあるお店です。

木調でおしゃれな雰囲気の外観が印象的。こぢんまりとした店内にはカウンター席とテーブル席があります。

ランチでは、昼のおまかせとバラちらしを選べます。おまかせでは職人がタイミングを見計らって一貫ずつ寿司を提供してくれるのだそう。

ネタもシャリも冷たすぎずちょうどよいくらいだとか。赤酢を使ったシャリはまろやかな味わいだと人気です。

夜はおまかせコースのみとなります。嫌いなものを聞かれた後、その日のおすすめの先付が出てきます。

お造りや玉子焼きのあと、一貫ずつ握りを提供。最後には巻きものと味噌汁が出されるそう。

お寿司のシャリは赤酢を使っているようで、そんな色味。酸味が程よい。シャリの量は比較的しっかり目。ネタもちゃんとボリュームがあって、口いっぱいに広がる美味しさ。。。幸せ…!!!

出典: 47kさんの口コミ

握り寿司には味つけがしてあるので、テーブルにお醤油はありません。お酒に合うお寿司でつまみも美味しく、ガリもたくさんいただきました。いくら、ウニ美味。また行きたいですね。

出典: ランママリンバさんの口コミ

築地すし大 本館

3.76

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

「築地すし大 本館」は、築地駅から徒歩5分の場所にあるお店。月から土曜日は早朝4時まで営業しています。

B1階と1階にはカウンター席、2階にはテーブル席が用意されています。

旬の食材にこだわった、本格的な江戸前握りを味わえると人気のお店です。

厳選した鮮度の高いネタに、煮きり醤油や塩で魚の旨味を最大限引き出す味付けをしているのも特徴だとか。

人気のメニューは店長おまかせ握り。10貫の握りと1本の巻きもの、お好みの握り1貫がセットになっています。

旬で新鮮なネタばかりを使用しており、上質な炙りトロも味わえるのだそう。

どれもこれも美味い。特にうにと赤貝は、今まで食べた中で一番だった。一人前2万コースの店のより美味いうにって・・・。

出典: OGパンダさんの口コミ

おいしい。なかなかの頻度でお寿司を食べていますがシンプルにおいしい。の一言。エビが特にお気に入りです。

出典: 旅モクテキ飯ガールさんの口コミ

秀徳 2号店

3.74

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

「秀徳 2号店」は、築地駅から徒歩5分の場所にあるお店。秘伝の赤酢を使ったシャリが評判のお店です。

店内にはカウンター席を16、テーブルが3つと個室があります。

社長が自ら仕入れた新鮮な食材を使った寿司を味わえると人気のお店です。

全国から集まった極上の白身魚や、朝一番に入手した天然本マグロなども味わえるとか。門外不出の秘伝の赤酢を使ったシャリで握った寿司は絶品と評判です。

前菜・おまかせ握り10貫やお椀もセットになった、おまかせ握りコースなどが人気のメニューだそう。

ほかにも、特上ウニや本まぐろのトロなどを使った握りを味わえる、ランチメニューもおすすめだとか。

特徴としてはお寿司に醤油をつけないところ。基本的にお塩が多めに載っており、魚介類の味がお塩によって引き立つようになっています。今回頂いた中ではホタテを中心に、貝類はその甘みとお塩がマッチして美味。

出典: letsgoswallowsさんの口コミ

ネタは甘みと旨みが素晴らしく、赤酢のほんのりした柔らかな風味のシャリによく合っていて、とても美味しかったです。色んな薬味を用いた調和も楽しめますね。のどぐろ、炙りトロ、穴子…まだ口の中に余韻が残っています?

出典: おおちゃん880さんの口コミ

鮨大前

3.70

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: -

「鮨大前」は、銀座駅や有楽町駅から徒歩2分、新橋のガード下にあるお店だそう。

こぢんまりとした店内には、9つほどのカウンター席があり、家族経営のアットホームな雰囲気のお店だとか。

店内には鯖が旨いと書かれた絵が飾られています。実際その絵の通り、鯖など青魚を中心に取り扱っているそう。

コース料理では刺身の盛り合わせや焼き物、握り、青魚などを存分に味わえると評判だとか。

写真は、アジやイワシ、サンマ、コハダなど光り物の握り。大ぶりのネタを使用し、脂もたっぷりのっているのだそう。

ネタの上にのったショウガがよいアクセントになっていて、醤油をちょっとだけ垂らして食べるのがおすすめなのだとか。

握りは鯵、鰯、秋刀魚、小肌、鯖の巻物。どれもネタが大ぶりで嬉しい!これまでにつまみを相当食べているのでこの量で十分です。イワシと秋刀魚が特に好み、脂が乗りに乗ってこの季節ならではの美味しさですね!穴子の握りは、カリッと香ばしく表面を炙ってます。

出典: ゆめゆめさんの口コミ

あじ、いわし、さんま、さば、こはだと光り物のオンパレード!?かなり大振りなネタですが、シャリはネタを邪魔しないように主張控えめでしょうか。脂ののりも抜群、しっかりと活かった食感、噛みしめると口の中いっぱいに青魚らしい風味が広がります。

出典: ぱたぱたぱたごにあさんの口コミ

鮨松波

3.69

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

「鮨松波」は、東京メトロ・都営浅草駅から徒歩5分ほどの場所にあるお店。東京都内でも人気の高い鮨処です。

店内はカウンター席のみ15席ほどで、カウンター越しに店主と会話しながらお寿司を楽しめるのだとか。

近海産の厳選した魚だけをネタとして使用しているため、同じネタでも季節ごとに産地が変わるのだとか。

シャリは南部鉄の釜で炊いており、ふっくらかつしっかりした食感を楽しめるそう。

玉子焼きは、芝海老を約2時間かけてすり身にし、卵に混ぜて焼き上げた江戸前らしい味わいが特徴だとか。

ふんわりモチモチとした食感のようで、東京でもここでしか食べられないと評判です。

大将のお仕事は塩や酢は効かせ過ぎず、シメやツメは甘めの優しい味。穴子のツメもサラサラしてます。煮詰めてしまうと、穴子の香りや味がなくなってしまうとのことです。崩れそうな位フワフワに煮あがった穴子でも、ギリギリのところで崩れず、口の中で崩れていく。美味しい。

出典: dainoutさんの口コミ

松波さんで印象的なのはなんと言ってもシャリ!固めに炊かれた、酢は控えめ、甘みのあるシャリを流れるような本手返しで絶妙な握り具合。口に入れれば解け具合は最高です。

出典: johnbull2009さんの口コミ

志げる

3.69

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥8,000~¥9,999

「志げる」は、曙橋駅から徒歩2分の場所にあるお店。東京都内でも有数のコスパのよい寿司店として人気なのだそう。

店内は木目調で清潔感のある雰囲気だとか。L字型のカウンターが設置され、7席ほどが用意されているそう。

メニューは、おまかせコースとにぎりセットがあるそう。

おまかせコースにはお造りや蒸し物、あん肝などのおつまみがつくのだそう。お酒を楽しみながら寿司も味わえる人気のお店です。

写真はクエの蒸し鮨です。白身の優しい味わいと温かいシャリがよくマッチしているのだとか。

クエの出汁を合わせた酢飯も、独特の旨味と風味を感じられて美味しいと評判です。

握りの一貫目は烏賊から。この烏賊には細かい切り目を入れてくれており、それがねっとり舌に絡みます。抜群に美味しかったですね。

出典: RyoJoGoさんの口コミ

・おまかせコース
ノドグロのお寿司は生まれて初めて食べましたが、つけダレが焼肉みたい味で変わった味だった。雲丹も最高の顔色で、ラストを飾るに相応しすぎるし、もう1貫食べたかった。

出典: モンチッチさんの口コミ

※本記事は、2020/03/25に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ