京都の洋食店10選!老舗洋食店や特製ハンバーグのお店

出典: おでんおかずさん

京都の洋食店10選!老舗洋食店や特製ハンバーグのお店

実は京都には、和食のお店だけでなく、創業100年を超えるレトロな洋食店もたくさん。今回は、定番の洋食が味わえるお店はもちろん、ボリュームたっぷりの洋食店、高級感のある上質な洋食が味わえる洋食店までを厳選してまとめました。京都で洋食店を選ぶ際には、ぜひ参考にしてみてください。

キーワード
ランチ
個室
食べログまとめ編集部
肉料理
テイクアウト

記事作成日:2020/02/14

38view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1108の口コミを参考にまとめました。

長く愛された定番の洋食が味わえるお店

ぼんじゅーる

3.56

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

京都市内の地下鉄烏丸線、または東西線の烏丸御池駅より徒歩5分。創業約65年の洋食店「ぼんじゅーる」です。

外観はひっそりとした佇まい、店内はカジュアルながらも落ち着いた雰囲気だそう。

こちらは「特製ビーフカレー」。ドライカレーに信州産黒毛和牛のステーキと、カレーソースが添えられています。

ドライカレーはライスをカレーソースで炒めてあり、具はベーコンと玉葱。ライスはしっとりとした仕上がりだそうです。

こちらは「黒毛和牛のハンバーグカレー」。

果物や野菜が煮込まれているためか、非常に酸味の強い、さっぱりとしたルーのようです。口当たりも軽く非常に美味しいとのこと。

やわらかく、肉汁たっぷりのハンバーグとのコラボも、相性が良いようです。

・特製ビーフカレー
ドライカレーに信州産黒毛和牛のステーキを添えたもの。カレーソース付き。ドライカレーとしてライスの仕上がりは、しっとり。カレーの辛さは控えめですが、野菜の甘みとスパイスが効いた洋食屋さんらしい、上品な味。ステーキは赤身肉。塩・胡椒でレアに仕上げてあり、旨みがありました。

出典: 黄色のたぬきさんの口コミ

・黒毛和牛のハンバーグカレー
やっぱり美味しいー。ボンジュールのカレーが一番好きかも。果物や野菜が煮込まれているからでしょうか。非常に酸味の強いさっぱりとしたルーです。口当たりも軽く非常に美味しい。柔らかく肉汁たっぷりのハンバーグとのコラボは最強ですな。

出典: yama-logさんの口コミ

菊水

3.47

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

京都市内、京阪電鉄の祇園四条駅7番出入口より出て右側すぐ。大正5年創業、京都の洋食レストランの老舗「レストラン菊水」です。

鴨川のすぐそばにあり、店内はモダンでハイカラな空間だそう。

洋食の定番「オムライス」です。

皿の上にたっぷりとデミグラスソースがかかっていながら、さらに、小型のグレイビーボートにはトマトソースが添えられています。

酸味の効いたトマトソースで、二種類の味わいを楽しめるそう。

レア感たっぷりのビジュアルの「ビフカツ」。肉厚でありながら、肉はとてもやわらかいのだとか。

衣とソースが肉に馴染んでとても美味しく、「昔ながらの洋食屋さんの味」が楽しめるそう。

・オムライス。
快い驚きが2つ。まず、お皿の上にはたっぷりとデミグラスソースがあるのに、さらに小型のグレイビーボートに赤色の別のソースが。これトマトソースでした。洋食のこと詳しくない私にとっては初めてのプレゼン。そして、この酸味の効いたトマトソース、おそるおそるかけてみたら実に爽やか。

出典: kasuganomichiさんの口コミ

・ビフカツ
とても美味しい。分厚くてレアー感満載のビジュアルが食欲をそそる。とてもやわらかい。衣とソースが肉に馴染んでとても美味しい。昔ながらの美味しい。洋食屋さんの味という感じだ。ソースの酸味もちょうどええ。付け合せも今風に気取ったしつらえではなくてオーソドックスな感じに好感を持つ。

出典: あじあんじゃんくしょん2さんの口コミ

グリル富久屋

3.47

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

京都市内、京阪電車の祇園四条駅より徒歩約10分。「グリル富久屋」は川端通り沿い、松原大橋の袂に位置し、約100年の歴史がある老舗です。

店内は広めのテーブル席と、キッチンを向いたカウンター席。著名人のサイン色紙が並べられているそうです。

こちらは、店名を冠した「フクヤライス」。舞妓さんのリクエストから誕生したという、いわれのある一品です。

表面は半熟卵と生の白身で、ぱらっと炒めたケチャップライスには、ダイスカットにしたハムと玉ねぎが混ざっているそう。

独特な正方形カットの「ビフカツサンド」。テイクアウトの紙箱に収まるように、この形状になっているようです。

肉はヘレ(ヒレ)を使用。カツは中までしっかり揚がっていて、デミグラスソースとマスタードで味付けられているのだとか。

・フクヤライス
舞妓さんのリクエストがら誕生したこちらのスペシャリテの一つ。色とりどりの野菜を散りばめた進化系オムライス。表面は半熟卵と生の白身。ぱらっと炒めたケチャップライスはダイスカットにしたハムと玉ねぎ。塩コショウとケチャップのシンプルながらもしっかりした味わい。

出典: angelsさんの口コミ

・ビフカツサンド
お肉はヘレ(ヒレ)。京都人はヘレが大好きなんだそうですね。カツは中までしっかり揚がってデミグラスソースとマスタードが塗られて懐かしい味わい。ひとりでこんなに食べれるかしらー?と残ったらテイクアウトをお願いしようと思ったけどのんびりゆっくり寛げたのでついつい完食してしまった。

出典: 春よ恋さんの口コミ

欧風料理 開陽亭

3.42

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

京都の京阪祇園四条駅、阪急四条河原町より徒歩5分。鴨川に面しているため、夏場は川床もあって風情を感じるとのこと。

店内は、落ち着いて食事をできる雰囲気のようです。

こちらはメインデッシュの「ビーフシチュー」。じゃがいも、人参グラッセなどが添えられています。

ソースは、鳥ガラ、牛筋、香味野菜を香ばしく炒め、トマト、ブラウンルーとともに10日間以上煮込むなど、手間がかけられているのだとか。

こちらは「ハンバーグ」です。自家挽きの国産牛ミンチを使用し、ナイフを入れると肉汁がたっぷりでジューシーとのこと。ドミグラソースと、半熟目玉焼きの相性も良いようです。

盛り付けも洗練されていると高評価。

・シチュー&フィレビーフカツコース
メインデッシュはビーフシチュー、じゃがいも、人参グラッセ、インゲン。大きな肉の塊が2個のうえに、たっぷりのデミソース。ソースの基本は鳥ガラ、牛筋、香味野菜を香ばしく炒め、トマト、ブラウンルーとともに10日間以上煮込み、何度も裏ごしをして手間暇がかかっています。

出典: fujimo123さんの口コミ

・ハンバーグ
盛り付けも洗練されていて料理の味に期待感がわいてきます。自家挽きの国産牛ミンチを使用し、ナイフを入れると肉汁がたっぷりのハンバーグはジューシーさはもちろんのこと、ドゥミグラソースと半熟目玉焼きの共演は最高ですね。

出典: tanuki747さんの口コミ

高級感のある料理を味わえる洋食店

グリルフレンチ

2020年Bronze受賞店

4.10

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

「グリルフレンチ」は、地下鉄東西線の二条城前のより徒歩3分。落ち着きのある外観の洋食店です。

店内はウッディで明るく、2階はカウンター12席とテーブルが1卓。1階には個室があるようです。清潔感のある厨房が好評。

こちらは「牛肉の照り焼きステーキ」。表面はほのかに焼き目が付き、中はピンク色の絶妙な焼き加減という仕上がりです。

食べてみると、ちょうどいいバランスのソースの味とも相性が良いそうで、付け合せも含めて評価されている一品です。

カットされた大きな海老が、3本盛られた「海老フライ」です。

油気は軽く、薄い衣で軽やかだそう。中心部が半生に調理されており、海老の甘みが引き出されていてとても美味しいとのこと。

タルタルソースとケチャップで味わえます。

・牛肉の照り焼きステーキ
見た目も表面はほのかに焼き目が付き中はピンク色の絶妙な焼き加減。食べてもちょうど良いバランスのソースの味とも良く合っていて付け合せも含めてとても気に入りました。

出典: カメさん7さんの口コミ

・海老フライ
カットされた大きな海老が3本。油は軽く、薄い衣で軽やか。中心部が半生に仕上げられており、海老の甘みが引き出されていてとても美味しい。粗めに仕上げたタルタルは軽やかな味わい。

出典: くろぶた通信さんの口コミ

洋食 おがた

3.84

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

地下鉄東西線の京都市役所前駅より徒歩6分の場所にある、「洋食 おがた」。店内は明るく、BGMにジャズが流れているのだとか。

また、細かな配慮が行き届いたサービスが評価されています。

こちらは、独特な俵形フォルムの「ハンバーグ」と、「エビフライ」のトッピング。

肉の密度が高く、とても肉々しいハンバーグに仕上がっているようです。デミグラスソースは、甘さ控え目のビターなタイプだそう。

エビフライは3尾盛られています。

こちらは、宮崎の全国的に著名な「尾崎牛」。「おがた」のさまざまな肉料理に使用されています。

この尾崎牛に、雲丹、カラスミ、わさびをたっぷりとかけて食べるのが、とにかく美味しいと好評です。

・特製ハンバーグ
独特な俵形フォルムのハンバーグ、ナイフを入れると、かなり手応えがあります。肉の密度が高い、とても肉肉しいハンバーグ!デミグラスソースは、甘さ控え目のビターなタイプ。ハンバーグの断面にもソースをたっぷりつけて、いただきました(^^)美味しいなぁ!

出典: おでんおかずさんの口コミ

おススメメニューは、まずは、牛肉。宮崎の全国的に著名な尾崎牛が充実。また、仕入れがいいときには京都の平井牛があるときもありますよ。この牛肉に、雲丹、カラスミ、わさびをてんこ盛りかけて食べるのが、背徳的でたまらん!!!美味い!!!

出典: 山岸久朗さんの口コミ

洋食の店 みしな

3.69

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

京都市内、京阪電鉄の祇園四条駅より徒歩12分の「洋食の店 みしな」です。

二年坂を一本奥に入ったところにある洋食店で、周囲は賑やかな立地にかかわらず、落ち着きのある佇まいの外観だそう。店内もまた高級感が漂います。

「ビーフシチュー」は熱々で、
目の前に置かれた瞬間から良い香りが漂ってくるのだとか。5切れほど牛バラ肉が入っており、繊維がほろりと崩れるほどにやわらかいのだそう。

ほかに、ニンジン、ジャガイモ、きぬさやなどの野菜も入っています。

こちらは「カニクリームコロッケと海老フライ」。フライは、衣がきめ細かく、サクっとした食感だそうです。

カニクリームコロッケは、中のベシャメルソースが熱々でトロりとしていて、カニの風味が口の中に広がるのだとか。

・ビーフシチュー
目の前に置かれた瞬間にふわわ~っと良い香りが漂ってくる。5切れほど、たっぷりと入った牛バラ肉は繊維がほろりと崩れる程に柔らかく、その繊維がシチューをがっちりとキャッチする。ニンジン、ジャガイモ、きぬさやという定番のお野菜のほか、歯触りがいい変化球になるたけのこが入っている。

出典: ピュイフォルカさんの口コミ

・カニクリームコロッケと海老フライ
カニクリームコロッケ1つに大ぶりの海老フライが2つ。衣がきめ細かくサクっとした食感のフライはこれぞ洋食屋のフライ。カニクリームコロッケは中のベシャメルソースが熱々トロリとカニの風味を口の中に広げて美味しい。海老フライもブリんとした食感で火の入り方がとてもいい。

出典: くろねこの晩酌さんの口コミ

京洋食 まつもと

3.45

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

京都市内の阪急電鉄の烏丸駅、地下鉄四条駅より徒歩8分。「京洋食 まつもと」は、蛸薬師通りと西洞院通りの交差点を東に入った位置にあります。

店内は1階にカウンター席が8席。白木のテーブルが美しく、どことなく高級感が醸し出されているのだとか。

こちらは京都の和牛を使った「サーロインステーキ」(150g)。盛り付けが凝っています。

火入れは完璧で、鉄板焼レストランで出されるステーキにも劣らないほどの仕上がりなのだとか。油がほどよく甘いとのこと。

こちらは「特製デミグラスオムライス」。

チキンライスの上に、スクランブルエッグ状の玉子がかぶせられており、周りにデミグラスソースが広がっています。

玉子はトロトロ感がムラなく全面に感じられ、その上で生っぽさを感じさせない仕上がりなのだとか。

料理は京都の和牛を使ったフィレーステーキ、サーロインステーキをそれぞれ150グラムオーダー。火入れは完璧で鉄板焼レストランで出されるステーキを凌駕する。表面はクリスピーに焼かれたミディアム・レア。フィレの肉質が素晴らしく、ステーキだけ食べに来たいところ。サーロインは油が程よく甘い。

出典: conishikiさんの口コミ

・特製デミグラスオムライス
チキンライスの上にスクランブルエッグ状の玉子が覆い被さっていて、そのまわりにデミグラスソースが広がっており、海に浮かぶ島のようなビジュアルです。玉子は京都産の赤玉匠というものを使用されています。トロトロ感がムラなく全面に感じられ、それでいて生っぽい仕上げではありません。

出典: 大哉心乎さんの口コミ

ボリュームたっぷりのハンバーグが味わえる洋食店

グリル&コーヒー はせがわ

3.63

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

京都市営地下鉄烏丸線の北大路駅より徒歩5分の「グリル&コーヒー はせがわ 」。北大路通りを西へ行き、 鴨川の手前にあるひときわレトロな洋食店です。

開店前には行列ができることもあるそう。

写真は「Bセット」。大きな皿に、エビ、ハンバーグ、ヘレカツがどっさりと盛られています。

エビフライは独特な形で太く、ハンバーグもセットの大きさとは思えないほどだとか。ヘレカツは二枚と、こちらもボリュームたっぷりです。

カレーライスにハンバーグがのったシンプルな「バーグカレー」。

カレーはプレーンで、具は何も入っていないルーのみのもの。非常にコクが深く、また辛さもらうのだとか。

ハンバーグへはとてもジューシーで味わい深いとのこと。

・Bセット(エビ、バーグ、ヘレカツ)
量を見てビックリ!お皿も大きいですが、料理のボリュームもすごいです。エビフライはぶっとい独特な形、ハンバーグもセットの大きさとは思えません。ヘレカツは二枚。おススメのハンバーグ、こちらもトマトソースがかかっています。ふんわり系で、美味しいですね。

出典: Junzaburoさんの口コミ

・バーグカレー
カレーライスにハンバーグが乗った非常にシンプルなもの。カレーはプレーンで具は何も入っていない、ルーのみ。これが非常にコク深く、また辛い。寒いこの日でしたが、結構汗も出てきました。非常にジューシーで手抜きがないハンバーグ。味わい深い。

出典: mamocchiさんの口コミ

キャピタル東洋亭 本店

3.54

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

京都市営地下鉄烏丸線、北山駅より徒歩3分の「キャピタル東洋亭 本店」です。

外観は、昔ながらのレトロな佇まいで、店内はカジュアルながらも落ち着いた雰囲気だそう。

こちらは「百年洋食ハンバーグステーキ」。

アルミホイルの中には、ボリューミーなハンバーグが包まれています。肉質がしっかりとしていて焼き加減も絶妙なのだとか。

デミグラスソースもまた、赤ワインの風味で美味しいと好評です。

こちらは「百年洋食ハンバーグステーキ」。

アルミホイルの中には、ボリューミーなハンバーグが包まれています。肉質がしっかりとしていて焼き加減も絶妙なのだとか。

デミグラスソースもまた、赤ワインの風味で美味しいと好評です。

・百年洋食ハンバーグステーキのAランチ
丸ごとトマトサラダとパンかライスがついてきます。アルミホイルをナイフとフォークで破ると、中からビッグなハンバーグが登場。一口。美味い!そりゃ美味いでしょう。肉質がしっかりしていて焼き加減も絶妙。そしてデミグラスソースが何とも言えない抜群の味。

出典: Takahashi0611さんの口コミ

・グラタンライス
熱々でホワイトソース、チーズ大盤振る舞い!ご飯と同量ぐらいのソース。ほぐしたシャケが沢山入って、ホーレン草も沢山。美味しかった。

出典: 千本桜はんひちさんの口コミ

※本記事は、2020/02/14に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ