徳島名物のご当地グルメといえばコレ!おすすめ18選

出典: ma2_takeさん

徳島名物のご当地グルメといえばコレ!おすすめ18選

四国の徳島県は、八十八ヶ所お遍路や阿波踊り、アニメイベント・マチ★アソビの開催地として知られています。現地を訪れたら、やはりその土地の逸品を食べたいもの。今回は徳島の名物グルメをたっぷりとご紹介します。うどんや徳島ラーメン、阿波尾鶏まで様々なジャンルをピックアップ!徳島県観光の参考にして下さい。

キーワード
ご当地グルメ
おしゃれ
個室
カキ氷
食べ歩き
食べログまとめ編集部
名物
肉料理
駅前・駅近
お土産

記事作成日:2019/06/19

208view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【徳島ラーメン】支那そば 王王軒 本店

Clear

味が濃いめで甘みのあるスープが特徴の徳島ラーメンですが、これを味わえるのが【支那そば 王王軒(わんわんけん) 本店】。

カウンター席のほか小上がり席も設けられていますが、時間帯によっては混雑することも。板野郡藍住町にあるラーメン店です。

「支那そば」が定番で、麺が1玉の小と1.5玉の大が用意されています。濃厚なので、最後まで麺にしっかりとスープが絡みますよ。

また、肉入りをチョイスすれば、さらに豪華な一杯に。すき焼き風ラーメンと言われることもありますが、ビジュアル的に納得です。

トッピングメニューに「生卵」があります。これを投入すれば、すき焼き感アップ!

1個ではなく2個注文した食べログレビュアーもいました。

ご飯と一緒に食べても美味しそうですね。ご飯=「めし」は極小・小・大の3サイズあるので、お腹の空き具合と相談しましょう。

豚骨に醤油だ。とっても濃い味だな。しかもトロミがあるので麺によく絡む。旨いラーメンの表現として、濃い味なのにサッパリしている、なんてのがありますが、このラーメンにはサッパリ感が皆無です。とにかく濃い。ひたすら濃い。

出典: tmgfc347さんの口コミ

コテコテの徳島ラーメンで濃厚な豚骨スープ うまっ!!麺もかた麺で丁度良いです!めし小です。ラーメンにのっているバラ肉をご飯と食べると めちゃうまー!お口直しにたくわんもいい感じです。このお店変わらず美味しいです!

出典: ハリァーさんの口コミ

【徳島ラーメン】いのたに 本店

Clear

徳島ラーメンの代表格的なお店【いのたに 本店】。店内に飾られている色紙の数が、その人気の高さを表していますね。

JR徳島駅から歩いて15分と少し距離はありますが、それでもお客さんの足が絶えません。売り切れ次第終了とのことですので、訪れる際はお早めに。

生卵は別売りですが、ヨード卵を使用するというこだわりよう。これはぜひ一緒に頼みたいですね。

肉入りの中華そばを注文して、この生卵を絡めて食べると美味!これは病みつきになる食べ方です。大盛りにもできますよ。

ライスをラーメンのお供にすると、濃いスープの味をしっかりと受け止めてくれるので、さらに食欲が増すのです。

麺のかたさを調整してくれますし、ネギ・もやし抜きにも対応してもらえます。テイクアウト用の中華そばもご用意!

生玉子はスープに良く合い麺や肉と絡ませると旨旨。この一杯には欠かせない。ライスは小さめな丼に一杯。途中で箸休め的に食べると間違いなく旨い。麺を食べ終わった時点で半分ほど残ったので、バラ肉を乗せてスープをかけ、肉雑炊でフィニッシュ。

出典: mac5さんの口コミ

食券買って並んでましたがすぐに呼び出されまして、肉入り中華そばに卵50円が乗ってきました!卵ピンピンに輝いており、食欲が増してきます。麺は黄色、徳島ラーメンの王道ストレート。スープをひとくちすすると、豚骨醤油の風味がスッと入ってきて、クセがない

出典: mac5さんの口コミ

【うどん】丸池製麺所

うどんと言えば、お隣の香川県が有名ですが、徳島にも美味しいうどん店があります。それが【丸池製麺所】。

香川で有名な、るみばあちゃんの店で修業したという店主のお店です。場所は徳島県板野郡、最寄りの鉄道駅からは1km弱。

コシのあるうどんが讃岐うどんの特長とされていますが、コシと麺のかたさは別物だそうです。ツルツルと食べられる、喉ごしの良い麺が理想的。

これを体現してくれる店主のうどんを、ぜひ一度食べてみてください。

シンプルな「釜あげうどん」が人気とのことですが、トッピングやサイドメニューが充実しているので、ぜひご一緒に。

おにぎり・いなり寿司・釜飯に加えて、鳴門わかめや徳島産の青のりを使用した竹輪の磯部揚げなどがあります。

丸池製麺所さんが好きすぎてうどん屋は開拓出来ません。丸池さんが美味しいとわかっているので、無理して他店に行かなくてもと思うくらいLOVEです!めちゃウマです!香川の有名な、るみこばあちゃんのお弟子さんらしくて腕は確かです。

出典: きなプーさんの口コミ

コシが強いのならば、一歳半児の我が子が、ペッとしてしまうのではないかと心配しておりました。こちら丸池製麺所さんのうどんは、もっと頂戴、頂戴の繰り返しで、半玉以上食べたのは、凄く驚きました。

出典: cpa77さんの口コミ

【鳴門鯛】とゝ喝

【とゝ喝(ととかつ)】は、鳴門鯛を食べさせてくれる和食店。

カウンター席で職人の腕前を鑑賞するのも良いですし、掘りごたつ式の個室でゆっくりと味わうのも幸せ。

JR阿波富田駅から、徒歩10分ほどの場所にあります。

鯛が丸々一尾入った「鯛めし」は圧巻!見た目もさることながら、その味も感動モノです。

シメとして食べるのですが、既にお腹いっぱいになっていれば、おにぎりを握り持たせてくれます。ありがたいサービスですね。

鳴門鯛だけでなく、徳島県近海で水揚げされた地魚は刺身の盛合せで。いずれも食感が良く、さすが天然!と声を上げたくなる美味しさです。

「とと喝コース」もしくは「鯛めしコース」もどうぞ。どちらも鯛めしが付いていますよ。

鯛めしは、鯛丸ごと一匹で、旨味が骨からも出て、おこげと共にいただくと、悶絶寸前です。酔ってない旧友ふたりは食べるのが早い早い。食べきれずに残った鯛めしは、お願いして持ち帰り用におむすびにしてもらいました。

出典: 車谷さんの口コミ

徳島沿岸で獲られる海産物を色んな料理で頂けました。刺身、煮付け、焼き物、酢の物などお酒が進みます。最後の〆は勿論、この店名物鯛めし!丸ごと鯛一品をご飯にほぐして土鍋から頂きます。見た目は地味ですが、しっかり白飯に鯛の旨味が染み込んで美味しいです。

出典: 神楽坂しげさんの口コミ

【鳴門わかめ】びんび家

【びんび家】の名前の由来は、ぴんぴん跳ねる新鮮な魚=びんびだそうです。海辺の食堂ということで、新鮮な魚介類を提供しています。

店頭では海産物の販売も行っていますので、鳴門観光のお土産にいかがですか。JR鳴門駅から車で25分ほど。

刺身も良いですが、鳴門わかめが絶品。これがたっぷりと味噌汁に入っています。

鳴門海峡の荒波で育ったわかめなので、コリコリとした歯触りが素晴らしく、磯の香りが鼻腔をくすぐります。

比較的リーズナブルな「はまち刺身定食」や、天ぷらや創作料理がセットになった「おまかせ定食」、そして伊勢えび汁付きの豪華な「びんび定食」などがあります。

観光で訪れたのなら、色々な海の幸を味わってみたいものですね。

四国で、うどんやら、大福やら、ラーメンやら、親鶏やら、いろいろ食っても、ワカメの味噌汁ひとつに敵わないのです。ワカメがそんなにうまいなんて、もうわけワカメですね。ありがとうございます。とにかくワカメの味が濃い!鳴門といえばワカメですからね。

出典: リック ソルソルさんの口コミ

烏賊も美味しい!海老天は身がぷりぷり食べごたえあり!ハマチの刺身も口の中で、ずーと噛んでたい美味しさ。歯ごたえすごいし、脂が美味しい。ワカメの味噌汁は本当に美味しい。なるとのワカメの歯ごたえと、味噌汁がめっちゃ美味しい。癖になります。

出典: ★+MtDrK+★さんの口コミ

【阿波尾鶏】炭火焼鳥 鳥ぼん

徳島の一大イベントと言えば阿波踊り。この名前にひっかけて「阿波尾鶏」というブランド鶏が存在します。

そのお肉を食べられるのが【炭火焼鳥 鳥ぼん】。

JR徳島駅から徒歩4分ほどなので、徳島観光のラストディナーに立ち寄るというのも良いのでは。

全ての串焼きが阿波尾鶏ではないため、メニュー表の「阿波尾鶏」マークを確認して注文しましょう。

とろ皮やハラミ、肩ロースなどが該当します。

もちろん、それ以外の鶏料理も美味しいので、えり好みせず注文しても大丈夫です。

お食事メニューの一部にも阿波尾鶏が使用されており、鶏肉を使用した「冷しゃぶサラダ」などが用意されています。

肩ロースのバター焼きや、手羽元ピリ唐揚などもおすすめ。

お目当ての阿波尾鳥、これが旨い!! かなり強めの噛みごたえですが、噛めば噛むほど素材の味が滲み出できます。かといって噛みきれない訳ではなく、次第に溶けるようになくなっていきます。味の深みも感じられ、いくらでも食べられそうです。

出典: オタン・食ログさんの口コミ

鶏肉のしゃぶしゃぶに出会い悶絶。良い意味で。本当に美味しいものに出会った時には、笑っちゃうんです。あとにもさきにも、美味しい鶏でした。また、徳島にいった際には行きたいと思います。今度は、予約しないと。

出典: kuma-980さんの口コミ

【徳島ラーメン】岡本中華 小松島本店

Clear

徳島ラーメンは、濃い醤油の茶系と黄系そして【岡本中華 小松島本店】などの白系に分かれます。白系はとんこつスープに近い感じ。

お昼時にはカウンター・テーブル席の大半が埋まってしまう、1951年創業の老舗店。小松島市中田町にあります。

中華そばはシンプルなものから、肉入り(阿波ポーク)もしくは生卵入りなど。生卵は少し苦手…という方は、味付けの茹で卵をチョイスするという手も。

ネギ・もやし・メンマも有料で増量が可能です。ラーメンは小・大とありますので、小を選べば徳島ラーメンの食べ歩きもできそうですね。

驚く方も多いかと思いますが、サイドメニューとして寿司が用意されています。

しかも巻物や稲荷寿司そしてバッテラなど、様々な組み合わせがあり、ショーケースから選べるシステム。

ラーメンが届くまでの時間、こちらをつまんでおきましょう。寿司は売り切れてしまうことも多いそうですよ。

円やか且つクリーミー。そして、キレがある強めの塩気が全体見事に引き締める。シンプルだが飽きが来ない、旨味と塩気のバランスが素晴しい極上のスープだ。麺は中細ストレート。驚いた事にコキコキのかなり固めな茹で加減。しかし此れがスープと良く合い旨い。

出典: mac5さんの口コミ

お昼時で店外に入店待ちのお客様で若干の列ができていましたが昼時でも客の回転は早そうです。甘目醤油の徳島ラーメンしか知らなかった中で、初めて頂いた白系の老舗中華そばのキレのある豚骨スープの余韻に浸りながらの御馳走様でした。

出典: 7Mary3and4さんの口コミ

【うどん】セルフうどん やま 徳島駅前店

Clear

ササっと食事を済ませたい時にピッタリな【セルフうどん やま 徳島駅前店】。朝7時から営業していますし、JR徳島駅から歩いて2分という立地なので、とても利用しやすいです。

カウンターで注文してサイドメニューを選び、トレイを自らテーブルへ運ぶセルフ式。

セルフであっても、うどんにはかなりのこだわりが感じられます。各地から小麦を集めブレンドすることで、つるっ・もちっとした麺に仕上げているのです。

店内には麺打ち場を設けていますが、セルフ店では珍しいとの声も。

トッピングやサイドメニューも充実。徳島と言えば鳴門わかめということで、わかめの天ぷらも用意されていますよ。

米油で揚げた天ぷらやコロッケなど、お好きなものをチョイスしてください。薬味や揚げ玉は無料です。

暖簾をくぐると、麺打ちをしている仕事場が目に入ります。こういう演出は良いですね。駅には立ち食いそばやうどんはありますが、こちらは着席なので、少しホッとできますので、おススメ。また、席に区切りがあるので、他の方の目が気にならないのがかなり良い。

出典: yanojさんの口コミ

今回もわかめ盛り盛りのうどんをチョイスしました。うどんはミネラル豊富な天然水とこだわりのあるブレンドされた小麦粉で作られていて、喉越しがやわもちです。ネギを沢山のせてわかめとネギの食感が心地よく、お出汁に朝から癒されました!

出典: mihou719さんの口コミ

【鳴ちゅるうどん】舩本うどん

鳴門+ちゅるちゅる=「鳴ちゅるうどん」が食べられる【舩本うどん】。鳴門市のご当地グルメで、ちゅるちゅる食べられるよう、やわらかめに茹で上げられているのが特長。

鳴門市鳴門町の住宅街にある一軒家なので、マップで位置をしっかり確認してから訪れましょう。

麺がヤワヤワとしているのが伝わってきますね。やわらかいだけでなく、太さが不揃いであるのもポイント。

食べている時に、細い部分と太い部分が交互に訪れ、食感の違いを楽しむことができるのです。

ちくわ天ぷらやコロッケなど、うどんの店定番のサイドメニューもありますが、珍しいのは「おでん」。大きな鍋で調理されています。

好きなものを選び、自分の席へ持っていくスタイルを取っています。うどんが届くまで、これを食べてつなぎましょう。

鳴門うどん最大の特徴が「ふぞろい」の太さの麺!モチモチした食感の太い平打麺のところとは逆に、細うどんのような喉越しの良いところ、切れそうなくらいに縮れてるところなんかもあって楽しい、美味しい!

出典: うえちまちゃんさんの口コミ

噂通りに細く平たく不揃いの麺でして、口にすると全くコシのない食感に驚きましたが、いやいや不思議な美味しさです♪♪更には出汁が実に好みの味で、麺以上に気に入りました!!食べると大人気になる理由が解ると思います

出典: 上杉謙珍さんの口コミ

【和三盆】和田乃屋 本店

Clear

ラーメンや焼き鳥など、濃い味の料理が続くと甘いものが欲しくなります。そこで、特産の和三盆糖を使う和カフェ【和田乃屋 本店】を訪れてみましょう。

店内からはステキな日本庭園を眺めることができ、さらに優しい味の和スイーツを食べることで、心も体も癒されます。JR徳島駅からは徒歩13分ほど。

徳島名物のひとつとなっている「滝の焼餅」。良質な水と小豆、米を用いて平べったく焼いています。菊の御紋が押印されていて、程よい焼き加減とその厚さが職人技なのだとか。

暑い季節なら、冷たい抹茶と一緒に味わうのがおすすめです。

和三盆等は、寒い季節に食べたい「ぜんざい」(冬季限定)に使われています。ホッコリとする甘さに魅了されることでしょう。

夏季限定の「かき氷」にも和三盆等が用いられ、すだち味・やまもも味などがあります。

焼餅専用と思われるフォークのような楊枝のような形の食器を巧みに操り、白からいただきましょう。ぱりっと香ばしいけれども若干のもちっとさも残した皮に、やわらかい餡が絶妙にマッチした、いいお味です。

出典: いつまでも好奇心さんの口コミ

かき氷和三盆は器の中にシャリシャリしたカキ氷がたくさん入っています。甘い小豆もたっぷりで、モチモチの白玉の上にはアイスものっていました。シロップは2種類で和三盆糖と抹茶糖でした。和三盆糖は上質な阿波和三盆糖のコクがあり抹茶糖は香りが濃厚でした。

出典: miyu0713さんの口コミ

【竹ちくわ】谷ちくわ商店

徳島県小松島市出身の方にとっては、思い出のお店となっている【谷ちくわ商店】。

名物の「竹ちくわ」は、かの源義経が所望して食べたと言われる歴史ある食べ物です。テイクアウト専門で、JR南小松島駅から徒歩圏内です。

「竹ちくわ」はその名の通り、竹にちくわが刺さっています。竹輪と書くこともあるので、それに適したビジュアルですね。

とてもリーズナブルな価格なので、観光途中のおやつに一本いかがでしょうか。

もうひとつの名物が「かつ天」。徳島ではフィッシュカツとも呼ばれています。

ピリッとした辛さが感じられるカレー味に仕上がっているため、お酒のおつまみによく合います。中身は魚のすり身なので食べやすいですよ。

晩ごはんで頂きまーす!ちくわは竹に刺さっており、このままガブリ♪程よい弾力の食感で、噛めば口の中に旨味が広がり美味しい!子供の頃、帰りのフェリーで食べた事を思い出すわ

出典: フル・フロンタルさんの口コミ

かつ天は魚のすり身を、丸い形に薄く伸ばして、パン粉を付けて揚げています。カレー粉を混ぜているので、カレーの風味がして美味しいです。そのまま食べるも良し。ご飯のおかずとして食べるも良し。酒の肴として食べるも良し。と万能な食べ物です。

出典: カマタマーレさんの口コミ

【南阿波丼】味政

Clear

徳島県に面する、浅川湾近くの食堂【味政】。「南阿波丼」として提供される海鮮丼が美味しいと評判のお店です。

よく見れば天井付近を大きな魚が泳いでいますね。初めて訪れたらビックリするかもしれません。徳島県海部郡海陽町にあります。

ご覧ください、勢いが感じられる豪華な海鮮丼!海老が今にも逃げ出しそうです。すまし汁を口にしながら、一気に食べ進めましょう。

並・大とありますが、せっかく訪れたのなら「大」をチョイスしたくなるかも。

海鮮丼以外にも、様々な定食メニューが揃っています。新鮮な海の幸をそのまま味わいたいなら「さしみ定食」がおすすめ。焼き魚やフライも美味しいと評判です。

さしみ盛り合わせを追加注文し、シェアして食べるのも良いですね。

お澄ましで口の中をリセットしながら、ガツガツと完食した。ここ味政の海鮮丼は、捌きたての新鮮な魚介を豪快に乗せたというものではなく、タタキや漬けなどの仕事がされた食材と地元で取れる季節の魚介を組み合わせたものである。

出典: 美食忍者さんの口コミ

海老やサザエの殻を外すワクワク感も、ムッチリした目鯛や鮪の漬けをご飯といっしょに頬張る欲張り感も、青い空と海のあるこの場所でいただく開放感も、素材の美味しさをますます盛り上げて満足度をグイグイ上げてくれます。

出典: miconosさんの口コミ

【フィッシュカツ】津久司蒲鉾

徳島のソウルフードとされる「フィッシュカツ」。【津久司蒲鉾】が元祖と言われており、昭和30年代に考案されたそうです。

テイクアウト専門で、お店の奥が工場となっています。JR南小松島駅から徒歩5分ほど、海のすぐ近くです。

フィッシュカツは薄いですが、なかなかの大判。魚のすり身が使われており、カレー味に仕上がっています。

そのまま食べても美味しいですし、少し温め直すと旨さアップ。ソースやマヨネーズをかけたりと、オリジナルアレンジが可能です。

「フィッシュカツ」が複数枚入ったパック入りも販売しています。食べログレビュアーの口コミによると、早い時間帯なら揚げたてが食べられるそう。

じゃこ天やハモカツ、ごま天・ごぼうスティックなど様々な練り物が店頭に並びます。

オーブンで加熱して頂きました。かなり薄いのですがサイズはでかい。まずはそのまま。それ程強くカレーは感じないですね。薄いけどしっかり魚肉の味はしています。ソースをかけても美味しい。揚げたてをおやつ代わりに歩きながら食べるパターンが良いな。

出典: hiro355さんの口コミ

練り物の会社はあちこちにあります。半田そうめんがそうであるように地元民は馴染みの食べ慣れたお店がある、そんなカンジです。フィッシュカツが大好きな私にとって津久司蒲鉾のフィッシュカツが、私のフィッシュカツ。他のブランドに目もくれません。

出典: fullenergy365さんの口コミ

【たらいうどん】たらいうどん 新見屋

【たらいうどん 新見屋】のすぐ隣は川辺。涼し気な川の流れを見ながら、うどんを食べることができます。

何と釣り竿の貸し出しもおこなっており、うどんが完成するまでの間、釣りをして待っている人も。ちょっと驚きですね。阿波市土成町にお店があります。

うどんがたらいに入って登場。茹で上がるまでにおおよそ20分ほどかかります。

溶き卵の入ったつゆへくぐらせるのですが、このつゆが秘伝となっており十数種類のだし素材が使われているそうです。

釣りをして待っているのも良いですが、徳島県阿波市産の原木しいたけもおすすめですよ。焼いたものをすだちで食べるので、さっぱりとしています。

甘辛い自家製ダレをかけた「とりのからあげ」も人気メニューの一つ。注ぜひ文してみてくださいね。

釜揚げうどんなのに しっかりとしたコシがあり うどんとダシが絶妙に絡むではありませんか!新見屋のダシ汁は イリコ・昆布・カツオなど十数種類の素材をふんだんに使った 味わい深い秘伝のツユ 溶き卵が入っているのでとてもまろやかさも感じる

出典: さすらいの旅人・全国各地孤独のグルメさんの口コミ

鳥からあげ、アメゴ塩焼きを注文。たらいうどんは出来上がりまで20分少々かかるので、その間にサイドメニューで食べるのがいいだろう。アメゴととりからあげを注文し他がアメゴはホクホク、唐揚げはサクサクして辛みソースがかかっており大変おいしい。

出典: kerokemさんの口コミ

【阿波尾鶏】一鴻

Clear

おしゃれな雰囲気の居酒屋【一鴻】。骨付きの阿波尾鶏が食べられるお店です。

座敷に掘りごたつ席、テーブル席と60席用意されています。こちらはJR阿波富田駅から少し距離はありますが、JR徳島駅前にも支店を構えています。

テーブルへ届いたら、皆が「おおっ!」と声を上げそうなダイナミック料理。名物の「骨付き阿波尾鶏ひな」です。皮はパリッ、中はジューシーです。

カットして提供してもらうことも可能なので、解体が難しそうだと思ったらスタッフに依頼してください。

手羽先やネック・テールなど各部位を食べることもできますし、塩・醤油・ワサビ・すだちなどで味わう「ササミのお刺身」も絶品です。

釜揚げちりめんや竹ちくわ、フィッシュカツに鳴門ワカメ酢など、徳島グルメが大集合していますよ。

最後に大きな阿波尾鶏登場!皮がパリッパリでジューシー酒が進みそうな塩加減。自分でカットするのは大変みたいなのでカットして出してもらった。それで正解!自分でカットするにはコツかいるわ。

出典: のび太335さんの口コミ

お互い鶏好きなだけに鶏ばっかり頼みました。特に美味しかったのは鶏のお刺身とももの鉄板焼き!お刺身は生で出てくるので、それを出汁塩につけて食べるのがとても美味しかったです。出汁塩がポイントです。

出典: surfrider22さんの口コミ

【祖谷そば】祖谷そば もみじ亭

Clear

絶景ブームに感化されSNS映えする写真を撮ろうと、多くの観光客が訪れる徳島の名所・大歩危/小歩危。ここに【祖谷そば もみじ亭】があります。

お店自体は築200年以上という古民家を活用しており、こちらも美しい写真が撮れそうです。場所は三好市山城町。

伝統料理である「祖谷そば」は、素朴な雰囲気の田舎麺。モソモソとした印象を受けますが、つなぎが少ないので、そば本来の甘みを楽しめますよ。

徳島県産のすだちを使った「すだちそば」や、「冷やし山かけぶっかけそば」など、10種類ほどの祖谷そばメニューが用意されています。

セットメニューや一品料理もあり、中でも注目すべきは「岩豆腐」。岩とまではさすがにいきませんが、普通の冷奴よりも堅めで食べ応えがあります。

アメゴの塩焼きや地野菜天ぷら、秋・冬期限定のおでんも見逃せません。

太めで柔らかくボロッと切れやすい、秘境ならではの原始的さが特徴の祖谷そば。もっちりしつつ重すぎない口当たりに、蕎麦の香りをそこそこ感じさせる味わい。上品で体の温まる透明なダシは煮干しベースでしょうか。ほのかな渋さと旨み。全般的に素朴な印象。

出典: セシモテレビさんの口コミ

紅葉の時期には入口付近の庭が紅葉で染まり、とても綺麗になる姿は圧巻。建物内も屋根の高い古民家の落ち着きに綺麗な照明と木材テーブルのリノベートが見事な空間。窓側席からは渓谷の川と崖の列車を見渡すことができる景色の良さも売りで、畳の座敷席もあります。

出典: セシモテレビさんの口コミ

【でこまわし】いこい食堂

Clear

「でこまわし」という食べ物をご存知ですか?

いわゆる田楽焼きのことであり、特製の甘みそを付けて食べるそう。【いこい食堂】では「でこまわし」だけでなく、そば・うどんも取り扱っていますよ。

場所は三好市西祖谷山村、祖谷のかずら橋・琵琶の滝の近くです。

「でこまわし」は、じゃがいも・豆腐・こんにゃくが3つで1本となっています。甘いみそが、それぞれの食材の旨さを引き上げているのだとか。

この串を回しながら、全体に火が当たるよう焼いていきます。素朴で優しい味がきっと忘れられなくなるでしょう。

そばは地元の名物である「祖谷そば」ということで、モソモソとした感じ。食べ進めていくと次第に慣れて、そば本来の美味しさが口の中一杯に広がります。

お店で手打ちしているとのこと。「でこまわし」と一緒に注文してみましょう。

甘味のある味噌焼きになってます。そばだんごは若干の苦味を感じつつ、食感はもっちり。ジャガイモはほどほどにホクホク。豆腐は絹豆腐かな。柔らかすぎない程度に柔らかかったです。こんにゃくは成形されてない感じが手作り感じあっていいです。

出典: tomokichi1980さんの口コミ

他の地方の蕎麦と違って短いため、すすって食べるのが難しく、お茶漬けのようにかきこんで食べるもののようです。いかにも山間部の村だけで食べられてきた郷土食という感じの料理で、蕎麦好きの方には特にオススメです。

出典: 不明(ふめい)さんの口コミ

【半田そうめん】道の駅 貞光ゆうゆう館

Clear

地上23メートルの展望台がシンボルタワーとなっている【道の駅 貞光ゆうゆう館】。最寄りのインターチェンジは「美馬IC」です。

レストランを併設しており、徳島グルメを味わえるので、ドライブの際に立ち寄ってみてください。

おすすめは「半田そうめん」。贈答品としても重宝されているため、聞いたことがあるという人も多いのでは。

通常のそうめんよりも太めで、その分コシの強さが感じられます。

道の駅で釜揚げそうめんを食べられるのは嬉しいですね。気に入ったら物産センターで購入して帰りましょう。

メニューの種類はかなり充実しており、徳島グルメとして有名な「阿波尾鶏」の鉄板焼きも食べることができます。

その他に、オーストラリア産ではありますがクロコダイルの唐揚げやカツも用意されているのだとか。チャレンジャーな道の駅ですね。

"半田素麺" というのは、ここのすぐ近くのつるぎ町半田地区で製造される四国山脈から吹き下ろす冷風と吉野川の良質な地下水で作られた300余年の伝統がある素麺です。他の産地の素麺と比べて麺線が太く、その甘味とこしの強さに特徴があります。

出典: kinako-ankoさんの口コミ

鉄板焼き定食です。「阿波尾鶏」とは徳島県の地鶏と白色プリマスロック種を交雑させて作り出した肉用種。80日以上飼育することで、甘みとコク、適度な歯ごたえが特徴の鶏肉になるようです。シンプルな鉄板焼きでいただくと、鶏肉の味わいがストレートに伝わります。

出典: M・N・ドラッカーさんの口コミ

ご紹介したお店の選定方法について

「徳島の名物」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

※本記事は、2019/06/19に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ