【あべの・天王寺】味わい深い天丼が楽しめるお店【和製ファストフード】

【あべの・天王寺】味わい深い天丼が楽しめるお店【和製ファストフード】

丼鉢に盛った白飯の上に、魚介や野菜の天ぷらを載せた天丼は、江戸の庶民に古くから親しまれてきた日本流のファストフード。あべの・天王寺周辺で、味わい深い天丼のお店を集めました。各店工夫を凝らした天丼を楽しんでみませんか?

更新日:2024/04/19 (2018/07/01作成)

5808view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる331の口コミを参考にまとめました。

日本流のファストフード

 丼鉢に盛った白飯の上に、江戸前で揚がった魚介の天ぷらを載せた天丼は、江戸の庶民に古くから親しまれてきた日本流のファストフード。
 その出自から、特に首都圏で人気の丼で、東京では天ぷら専門店や蕎麦屋、また割烹料理店や大衆食堂など和食を扱う飲食店全般で盛んに提供される他、メニューは天丼だけといった天丼専門店も多く見られます。
 ここ大阪でも、うどん屋や大衆食堂等で提供されるほか、天丼専門店が少しずつ増えてきており、江戸前とはひと味違った天丼が味わえます。
 あべの・天王寺周辺で、味わい深い天丼のお店を集めました。各店工夫を凝らした天丼を楽しんでみませんか?

天丼てんや あべのキューズモール店

天丼てんや あべのキューズモール店

 各線・天王寺駅、および近鉄南大阪線・大阪阿部野橋駅の直近。あべのキューズモールの地下の一角にある、天丼と天ぷらをメインにしたロイヤルフードサービスが運営するファストフード店です。
 店内はテーブル席と対面式の大カウンター席からなる40席程度。新しいだけあって明るくクリーンです。注文カウンターで支払いをして呼び出しベルが渡されるセルフサービス方式となっています。

おすすめ天ぷらが勢揃いの「オールスター天丼」

天丼てんや あべのキューズモール店

 天ぷらが6種の「オールスター天丼」(720円)は、トレイの上に天丼とお味噌汁、お漬物が並びます。
 天ぷらは海老1尾のほか、いか、ほたて、れんこん、まいたけ、いんげん。各天ぷらはサクッと揚がっています。エビの身は太いとは言えないが、ぷりっとした食感はいいですね。

天丼てんや あべのキューズモール店

 丼つゆは濃い味付けで、しかもたっぷり掛けられているので全体に塩辛くなってしまっています。卓上の丼つゆの出番はありません。

丼丼亭 近鉄あべのハルカス店

丼丼亭 近鉄あべのハルカス店

 あべのハルカス近鉄本店のデパ地下には、上層階のレストラン街とは別に「あべの市場食堂」と称する軽食堂街があり、会社帰りに簡単に食事を摂るにも便利です。
 店内は複雑に入り組んだカウンター席と少しばかりのテーブル席、合わせて40席足らず。まだ新しいお店だけあって美しく清潔です。

夏限定メニューの「夏の上天丼」

丼丼亭 近鉄あべのハルカス店

 夏限定メニューの「夏の上天丼」(赤だし付・990円)は、トレイの上に天丼と赤だし、刻み沢庵、そして追い足し用の天たれの容器が並びます。
 具は海老天・穴子天・焼きトウモロコシ・ナス・かぼちゃという具合。天タレはやや控えめに掛かっていて、薄味好みにはちょうどいい。濃い味が好きならカウンターにある天タレを掛ければいいだけです。

丼丼亭 近鉄あべのハルカス店

 海老の天ぷらをいただくと、熱々サクサクでエビの身はプリッとしています。
 穴子もほっくり揚がっていて、穴子らしい淡泊な旨味が溢れます。野菜も夏らしくていいですね。

えび頼み あべちか店

えび頼み あべちか店

 各線・天王寺駅に直結する「あべちか」の一角にある天丼専門店です。
 お店はほぼカウンターのみ。こういったファストフードっぽい天丼店は他にもあるが、ここはその店名の通り海老天に力を入れているようで、

安くて良質な「上天丼」

えび頼み あべちか店

 基本は海老が3本入った「えび天丼」(390円税別)なのだが、これは海老天だけなのであまりにも侘しい。「上えび天丼」なら野菜天も入って540円税別。それでも安いですね。
 プリプリした海老はこの値段で提供されていることを感じさせない味わいです。

えび頼み あべちか店

 ここでは天丼のつゆが別皿に入っていて自分で掛けるスタイルなので、濃い味が苦手な人でも安心です 。

えび頼み あべちか店

 この天丼にはぜひとも赤だし(90円税別)をつけたいところ。えびの頭が丸ごと入っていて、出汁が浸みだしています。
 コストパフォーマンスが抜群で、気軽に天丼が味わえるお店ですね。

銀座 ハゲ天 あべのハルカス近鉄本店

銀座 ハゲ天 あべのハルカス近鉄本店

 あべのハルカス近鉄本店のウイング館B2F、近鉄線からは東コンコースの改札からハルカスに入ってまっすぐのところ、いわゆるデパ地下・総菜売り場にある天ぷらのお店です。
 こちらのお店はテイクアウト専門。ショーケースの中には各種天ぷらが盛られているとともに、一角の棚には天丼のお弁当が並んでいます。

天ぷら再大手のテイクアウト天丼

銀座 ハゲ天 あべのハルカス近鉄本店

 季節商品の「文月天丼」(891円)は、蓋を取って1分から2分ほど電子レンジで加熱せよとのことなので、間を取って1分半加熱しました。
 天ぷらは、海老2尾、かき揚げ(南瓜・枝豆・パプリカ・小エビ)、太刀魚、蓮根、玉蜀黍という夏らしいラインナップ。別添の天ダレを掛けていただきます。

銀座 ハゲ天 あべのハルカス近鉄本店

 天ぷらはご飯に蒸されてしまって、サクサク感が失われているのは仕方のないところだが、さすがハゲ天。素材の旨み を充分に引き出した揚げ上がりで、海老の身がプリプリしています。また、天ダレも上々。
 胡麻油で揚げる関東風の天ぷらだけあって、衣はやや色黒で見た目は重苦しいが、反面、天ぷらにコクがある。この内容にしてこの価格ならCPも良好といえます。

銀座 ハゲ天 あべのハルカス近鉄本店

 創業者が若ハゲで、客から「ハゲの天ぷら屋」とか「ハゲ天」と呼ばれ悩んでいたところ、常連客の文人に「覚悟を決めていっそ屋号にすれば?」との助言で、自らハゲ天を名乗るようになったとのこと。
 名前の通り銀座の本店はじめ、日本の各都市にレストランやショップを展開する天ぷらの最大手です。

すえひろ

すえひろ

 大阪市営地下鉄・四天王寺前夕陽ヶ丘駅の4番出口を出たところ。四天王寺の参道にある「丼」を主力商品にした食堂です。
 店内はテーブル席が20席程、こ上がりの座敷が12席程のやや小さめの造り。店の内外ともに昭和でストップしたような趣きのお店です。

とんかつ店から天丼店へ華麗に変身

すえひろ

 「海老・穴子天丼」(980円)は、メインの天丼とともに、お漬物、お味噌汁がセットされています。丼から大きくはみ出している穴子が目を引きます。
 丼は徳利に入った丼汁をかけていただきます。穴子は衣がサックリ、身はフワフワ。穴子特有の微妙な甘みを感じさせる上質の風合い。

すえひろ

 海老も大ぶりなもので、プリプリとした揚げ上がり。尻尾もカリカリで美味しいですね。野菜は南京、蓮根、オクラ です。丼汁は甘みを抑えた上品な仕上がりとなっています。
 お味噌汁は赤だしです。揚げ物には赤だしがさっぱりしていいですね。この内容で1,000円をちょっと切るぐらいなので、CPも良好といえます。

美々卯 あべのハルカスダイニング店

美々卯 あべのハルカスダイニング店

 「あべのハルカス」のレストラン街の13階にある、淀屋橋に本店がある大阪の有名料理店です。 
 店内はテーブル席が並ぶ全60席ほど。少人数の宴会に使える様な個室もあるようです。老舗らしい落ちついた和のインテリアとなっています。

関西の夏は鱧の天丼

美々卯 あべのハルカスダイニング店

 季節限定メニューの鱧天丼セット(1,400円)は、メインの鱧天丼とともに、温かいお蕎麦、お漬物、デザートがセットされています。
 丼は徳利に入った丼汁をかけていただきます。鱧は衣がサックリ、身はフワフワ。鱧特有の微妙な甘みを感じさせる上質の風合い。丼汁は甘みを抑えた上品な仕上がりです。野菜はなんきん、茄子、しし唐など。

美々卯 あべのハルカスダイニング店

 セットのおそばは…美々卯といえばうどんのイメージがあるが、実は蕎麦が本業なんですね。大阪らしい昆布がメインのお出汁に、淡白で 艶やかなおそばが泳いでいます。

※本記事は、2024/04/19に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ