名古屋名物ひつまぶしの名店

名古屋名物ひつまぶしの名店

名古屋めしとして、全国にじまんできるのがひつまぶし、1膳目そのまま食べて、2膳目薬味、3膳目はお茶漬けで、最後のお茶漬けの美味しさに感動した人もいるだろう。ひつまぶしは関東風の蒸したうなぎでは美味しくない。表面がかりっと、中は脂がとけて、それがお茶漬けに交わることがポイントだ

キーワード
名物

記事作成日:2014/12/29

8488view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それぞれ、特徴に違いがありますが、ひつまぶしの名店を紹介します

あつた蓬莱軒 本店

一番のお勧めはこのお店。ひつまぶしを語るにはこの店のひつまぶしを食わねばなるまい

歴史あるひつまぶしの名店、本店は休日ともなると、整理券が配られ、開店時間に行っても2時間以上待つのはあたりまえ、本店よりも比較的すいている松坂屋店が狙い目だ。

ここはうなぎは、表面当然ぱりっとはしているが、他の店に比べればそれほどでない。うなぎの身はくずれることなく残っており、1杯目から満足できる。秘伝のたれがまた格別だ

ひつまぶしに合わせる為、脂は溶け出すようになっている。それがお茶漬けにとけて美味しい。

お茶漬けと行っても実は出汁じる、この汁
と秘伝のタレとの相性は抜群、最初食べた時は感動した

まるや本店 名駅店

最近人気のお店、天白本店。新栄店はそれほどでもないが、名駅店は休日になると開店時間から2時間待ち、とても人気がある。

ここは、表面のパリッと感がすばらしい。その中のうなぎの身はとろとろで、その食感がとてもいい。

お茶漬けにすると、身からあふれる脂でとても美味しい。表面の香ばしさと鰻の脂のハーモニーがすばらしい。

まさにひつまぶし向けに鰻を作っている

いば昇

いば昇

ひつまぶし発祥のお店、ここのひつまぶしもすばらしい、蓬莱軒とならぶ歴史的なお店の美味しさはいまも健在だ。

甘めの濃いたれを使用しており、これの好みが分かれるところ、蓬莱軒、まるや、いば昇とそれぞれで一番に押すお店が判れるところ、

盛り付けは2人3人で伺うと大きな桶で提供される。綺麗に盛り付けられる他店とちがい、うなぎがまぶしてある

ここはお茶漬けは、本当のお茶を使う、出汁を使わなくてもこの濃い強いタレがあればそれ十分なのである。

うな富士

うな富士 - うなぎ

名古屋で一番うなぎが美味しいとも言われるお店、実はひつまぶしの名店、蓬莱軒もいば昇も、まるやも、ひつまぶし専門と色合いが強く、普通の鰻をたべるお店ではない。

ここは鰻だけ食べても美味しいお店、表面のパリッと感はひつまぶし向けだが、中身はそれほどくずれておらず、うなぎの質感はとても高い。

もちろん、ひつまぶしで食べても美味しいお店で、名古屋の人は、ここが一番という人も多い

備長 エスカ店

備長 エスカ店

最後に紹介するのがこちらのお店備長、名古屋駅エスカ地下街が一番利用しやすいがこちらも休日のお昼は大行列、人気店である。

他店に比べ肉厚で丁寧に焼いてある。ひつまぶしなので、当然表面はぱりっとしているが、中の身はとろけるほどではない、

タレも甘すぎずでもしっかりと味、とてもおいしい。

名古屋でひつまぶしとしてうなぎを食べるならこの5店

※本記事は、2014/12/29に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ