調布で散策しながら1日食べ歩きモデルコース

調布で散策しながら1日食べ歩きモデルコース

自称調布応援団長の推薦モデルコースです。 調布で観光または、散策しながら食べ歩きができるモデルコースを紹介します。

キーワード
ランチ
おしゃれ
モーニング・朝食
カキ氷
食べ歩き
名物
駅前・駅近

更新日:2014/12/30 (2014/12/27作成)

15441view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調布の食べ歩きモデルコースとして、7店舗を厳選して紹介

調布は、メジャーな観光地はありませんが、深大寺や神代植物公園など気軽に遊びに行けるところがあります。そんな気軽に調布市の良さを堪能でき、みなさんが楽しめるモデルコースを紹介します。お店は、厳選した7店舗が登場します。

9076601a6d28287e56185e62217a1331

朝、調布駅を降りたら美味しいコーヒ屋さん「珈琲園 潤」さんでモーニング

Clear

調布駅から旧線路沿いに西へ歩いていくと、約1分で調布銀座ゆうゆう通りがありました。へえ、ここは、昔、駅前だったので、調布銀座と呼ばれるようになったんだって。

調布銀座、ゆうゆう通りを歩いていくと、お店が見つかりました。珈琲園 潤さん。

お洒落できれいなお店ですね。落ち着ける雰囲気です。BGMはクラシック音楽が流れていて優雅な気分になりますね。

アイスコーヒー410円を注文です。アイスでも深みのあるコーヒーですね。ホットコーヒももちろんお勧めのようですね。

今日は、食べ歩きなので、モーニングは軽くしておきましょう。モーニングセットは50円、安いですね。

モニーングが軽かったので、「あずきや 安堂」に寄ろう

Clear

調布銀座から徒歩2分、今度は、天神通りだあ。通りの入り口の上を見上げると鬼太郎と鬼太郎の掌に目玉おやじがいる。通称、鬼太郎通りと呼ばれているらしいですね。

うわあ!今度は塗り壁じゃあ。楽し通りですね。

ありました。「あずきや安堂」さん。調布で有名な大判焼きさんだって。

これは美味しそうですね。
あずき、カスタードクリーム、白あん、うぐいすあん、どれも120円。
どれにしょうかな。
ここは定番のあずきにしよう。
特注の銅製焼き台だから、表面がモチモチで、中はふんわり食感ですね。
夏は、かき氷もやっているんだって。

でたあ!
ねずみ小僧が寝そべっている!!

今度は、一反もめんと猫むすめだあ!
楽しい通りですね。
そのまま、通りを抜けると、布田天神、お参りしよう。

少しお昼にははやいけど、人気のある「ぽわぶる」さんへ寄ろう

Clear

鬼太郎通りから徒歩3分、11:30にオープンなので、早めに行って並ばないとね。1巡目に入れないと1時間待つことになるからね。

お洒落なお店ですね。お店の女将さんは、腰が低く、対応がていねいですね。さずが、人気店ですね。

最初に出てきたのは、スープ。
美しいですね。
ジャガイモとブロッコリーの茎のスープですって。
実にさわやかな旨味のある美味しいスープです。

続いて、サラダが配膳されました。ダイコンのツマがこれほど美しいとは。
ドレッシングのベースは福神漬けと白ごまをベースに作られているそうです。
福神漬けの味など、全然しないので、聞かないとわからないですね。
ほんとに美味しいサラダです。

メインの佐島のサバのグリルです。とっても肉厚ですね。下には、黒ムツの稚魚の唐揚げで骨まで食べられるそうです。
ほんとに、魔法のように。お魚をおしくしくしてくれるお店ですね。

ご飯は黒豆をつぶしたものを炊き込んでいるようです。ご飯も美味しいですね。

食後は、コクのあるコーヒー、本当に美味しかった。
えっ、これで900円、安いですね。

ランチの後は、バスに乗って、深大寺へ行ってみよう。

Clear

深大寺までは、調布北口の14番乗り場から15分程度ですね。歩いても、30分かからないかな。
終点の深大寺のバス亭を下りると、すぐに、鬼太郎茶屋がありました。

鬼太郎茶屋の上には、大きなゲタ。

別の屋根には、大きな妖怪。

木の上には、鬼太郎と目玉おやじ。

鬼太郎茶屋の横には、妖怪たち、まさに鬼太郎ワールドですね。

今回は、目玉おやじの栗ぜんざい(600円)を注文しました。
目玉おやじを、ぜんざいのお風呂に入れて、お召し上がりください。
面白い!

ぜんざいの後は、ぬりかべキャンディーを購入。楽しい鬼太郎ワールド。

鬼太郎茶屋の後は、そのまま歩きていくと深大寺でお参りです。散策には、楽しところですね。
そのまま、坂道を上がっていけは、神代植物公園。入場料500円で、一年中、美しい花々を見ることができます。

調布名物のあるカフェの「ふぁんふぁーれ」さん

Clear

深大寺、神代植物公園を散策して、楽しんだ後は、少し、カフェで一休みです。

妖怪焼き、どれにしようかな。

とても面白いですね。
水木先生の描く鬼太郎の世界から 七人の仲間が登場しております。

鬼太郎は、はずせないし、焼きそば入りも興味あるので、塗り壁にしよう。

夕食は、調布市で一番評価の高いうなぎの「鈴木」さん

Clear

調布市で、食べロクの最も評価の高い
うなぎをいただこうと思ったのですが、あいにく予約で一杯だそうです。
うなぎのかば焼きの匂いだけいただいて、よだれだけ出して、撤収です。
鈴木さんの鰻、美味しんですよね。
今回は、残念ですが、次回は予約して、訪問しよっと。

趣を変えて、Luida Richeさんへ伺いました。

Clear

うなぎやさんに振られ、和食ではなく、洋食もお店に行きましょう、
調布駅の隣駅、布田駅のそばです。

シャンパンで乾杯です。

新商品のパエリアも美味しそうですね。

豪州産牛リブロースのタリアータにしようかな。

でも、今回は、大好きなダレットにしよう。
フランス西北部ブリュターニュ地方の伝統料理のガレット、そば粉を使っていて、感動的です。
楽しい調布の散策でした。

たまには調布での散策と美味しいお店を伺ってみてはいかがですか?

調布を楽しめるモデルコースとお店を紹介させていただきました。調布市は、昔の小さな宿場町ですが、楽しめるところは多いですよ。ぜひ、このまとめを参考に散策されては、いかがですか。

※本記事は、2014/12/30に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ