食い倒れ大阪!!「安い」「旨い」「面白い」3拍子揃った大阪の大衆寿司店6選

食い倒れ大阪!!「安い」「旨い」「面白い」3拍子揃った大阪の大衆寿司店6選

食い倒れの街「大阪」では、お寿司屋さんも安くて美味しいのが当たり前!!寿司屋呑みを愛する私が回転寿司ではない、職人さんが握るお寿司屋さんの中から「安い」「旨い」・・・そして「面白い」 3拍子揃った大阪らしいお寿司屋さんを6軒ご紹介します。

キーワード
ランチ
安い
大衆
名物

更新日:2014/11/13 (2014/11/05作成)

46098view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市内の大衆寿司 激戦区「曾根崎、天満、新世界」

大阪には安くて美味しい大衆寿司店が一杯ありますが
特に「曾根崎、天満、新世界」の3つのエリアは
そんな大衆寿司店がたくさん集まる激戦区なんです。

今回はこの3つのエリアのお寿司屋さんの中から2軒ずつ
私がオススメするお店をご紹介しましょう。

曾根崎エリア① 昭和29年創業の「亀すし総本店」

Clear

曾根崎エリアの1軒目は「亀すし 総本店」さん
昭和29年創業の老舗のお寿司屋さん
大衆的ではあるが、老舗らしい雰囲気も醸し出していて
なかなか良い雰囲気ですねぇ

お店はカウンター席が2面あって、お店のキャパは大きい
また、お客さんの大半は、お寿司を軽く摘まんで、サッと帰るという
パターンの人が多いので、回転率を上げるために
寿司を握る板前さんは常時4名~5名、フロア担当の店員さんが2名~3名と
なかなかの体制
昼時や夜の繁忙時には、これらがフル回転するから凄い

大衆寿司店で値段も安いですが
ネタは値段を考えるとちゃんとしているものを置いていると思う。
中でも個人的なオススメはマグロの赤身で
特に鉄火巻は350円と値段も安く、安定した美味しさです。

亀すしさんの面白ポイントは、
食べたものを記録するのは紙ではなく
色分けされたプラスチック製の札を使っているところ

高く積み上げられたプラスチックの札を見ると
食べ過ぎたように感じることも多いですが
そこは大衆寿司店
普通に食べて、軽くお酒を呑んでも3000~4000円ぐらいなので
安心して食べることができます

曾根崎エリア② 昭和28年創業の「縄寿司 本店」

Clear

曾根崎エリアの2軒目は昭和28年創業の「縄寿司 本店」さん。
実は1軒目の「亀すし 総本店」さんの隣にお店があるんですよねぇ。
なので、いつも「亀すし」に行くか「縄寿司」に行くか
悩んでしまいます。

縄すし本店さんは、お店の真ん中に板場があり
それを囲むように円形にカウンター席があるのが面白い

縄寿司本店さんの凄いのは
夜19時までにお店に入店すると、生ビール(小)が無料サービスしてもらえます。
なので、19時までにお店に入ることをオススメします。
 ※お酒が呑めない方には「赤出汁」の無料サービスになります。

また、食べたものを記録するのは
亀すし総本店さんと同様、プラスチックの色札を使います。
このシステム、大阪でも曾根崎エリアだけでしかみないですけど
なかなか面白いシステムですよねぇ。

縄寿司さんの面白ネタはオリジナル寿司の「うまき」
キュウリを細かく刻んだものと鰻を
玉子で巻いて、シャリに載せてある、珍しいお寿司。
鰻と玉子が合うのはもちろん
細かく刻んだキュウリがめっちゃ良いアクセントなんですよねぇ。

天満エリア① いつでも行列ができている人気の「春駒 本店」

Clear

天満エリアの1軒目のお店は
日本一長い商店街「天神橋筋商店街」の中
天神橋5丁目の横道を入ったところにある「春駒 本店」

大衆寿司店が多く集まる「天満」の中でも
このエリアは、特に寿司屋が多く集まる場所で
向かいにも、斜め向かいにも、大衆寿司店がある。
グルッと見回しただけで、徒歩30秒圏内に
4軒もの大衆寿司店があるんですよねぇ。

そして、そんな大衆寿司店の激戦区の中で
最も人気があるのがこちらの「春駒 本店」さん。
いつ行っても、お店の前には行列ができているので
食べに行く場合は、並ぶ前提でお店に行きましょう。

春駒さんのオーダー方法は独特で
席に備え付けになっているメモ用紙に
食べたいものを記入してオーダーするシステム。

また、お寿司の醤油は席に備え付けてある刷毛を使って
自分でお寿司に塗って食べるのも面白い。

ちなみに、この刷毛を使ってお寿司に醤油を塗るスタイルは
「春駒」さんのオリジナルではなく
大阪の大衆寿司店ではよく見かける
非常に一般的なスタイルなんです。

春駒さんに行ったら、ぜひ注文して欲しいのが
お店の名物でもある「あさり赤だし」
あさりが超山盛り!!
出汁にもあさりの旨みがしっかり。
また、この「あさり」が結構良い酒のアテにもなるんですよねぇ。
これで500円なんだから値段も安い!!

春駒さんの魅力は何と言っても値段の安さ
にぎりは2貫で100円から400円と回転寿司並の価格設定。

そして面白いのが
春駒さんで一番高い値段設定の400円のネタは
トロでも鮑でもなく、なんと「上うなぎ」
 ※トロや鮑は350円

肉厚な鰻は軽く炙ることによってトロトロになるんです。
これがシャリにめっちゃ合うんですよねぇ。

天満エリア② お昼のサービスにぎりが人気の「すし政 中店」

Clear

天満エリアの2軒目は、1軒目の春駒さんのお店の真ん前!!
春駒さんほどでは無いですが、やっぱりこちらも行列ができていることが多い
天満エリアの人気大衆寿司店2強の1角「すし政 中店」さん。

入口の横にある立て看板にも書いてありますが
お店の一番人気は「お昼のサービスにぎり」
「にぎり7貫、鉄火巻2切、赤出汁」が付いて値段はなんと500円
このお昼のサービスにぎりは、平日のランチタイムだけでなく
土曜のランチタイムにもやっているのも凄いところ。
ランチタイムのお客さんの8割ぐらいは
この「サービスにぎり」を食べているんじゃないかと思う。
サクッとお寿司を食べるには、最適なお店だと思います。

お寿司の醤油は春駒さんと同様
大阪の大衆寿司屋さんらしく
刷毛で自分で塗るスタイル。

お昼のサービスにぎりの500円は別格の安さですが
すし政さんでは通常のにぎりも100円~400円と
回転寿司並の安さなんです。

そして、個人的なお気に入りは
お店の看板商品である「大名巻き」

所謂「海鮮巻き」と言うやつで
具は「マグロ、鰻、玉子、キュウリ、たくあん、大葉」と具沢山
マグロはモッチリ、鰻も良い味だしてます。
また、たくあんはパリッとした食感のアクセントになって
大葉が最後に良い香りさせるんですよねぇ。

また、お店の名物である「鯛の潮汁」もオススメです。
でっかい鯛のカマが1つどーーーーんと入ったお吸い物
これで300円なんだから安い!!
鯛カマは脂がたっぷりで身がトロトロ。
出汁はあっさり塩味で、鯛の旨みもしっかり出て美味しいんです。

新世界エリア① 大衆居酒屋のような「奴寿し」

Clear

新世界エリアの1軒目は、新世界の観光地「ジャンジャン横丁」の
南側入口横にある「奴ずし」さん

お店はめっちゃ昭和の香りがする何とも新世界らしいお店
また店内は、コの字型のカウンター席のみで
寿司屋というより、大衆呑み屋って感じですね

また、メニューを見ると、「あつあげ、ししゃも、焼鳥」などなど
なんだか普通の呑み屋さんみたいなラインナップなのも面白い。

そして、そんな居酒屋メニューの中で
一番のオススメは、お店の名物でもある「ゆどうふ」

土瓶蒸しの器で出てくるのが面白い。
しっかりとした鰹出汁が美味しいんですよねぇ。
また、具に鱧が入っていて
この鱧がふわふわで美味しいんですよねぇ。

お店で一番値段の高いメニューは「生うに付き出し」
まぁ・・・高いと言っても700円なんですけどねぇ

小さな板に乗って出てくるんですが
これが失礼ながら、想像以上に美味しいんです。
ミョウバンの香りも最低限で、値段を考えれば
とってもお得な雲丹だと思います。

大衆居酒屋さんみたいだけど、ここはお寿司屋さん
もちろん、お寿司もちゃんとあります。
お寿司の値段はとっても安いです。
ただ・・・味は・・・正直・・・値段なりかな・・・(^^;

しかし、そんなお寿司の中でキラリと光っているのが「玉子」

玉子は注文が入ってから焼くので時間がかかるんですが
焼き立ての玉子焼きは、ふんわり柔らかく
ほんのり甘い味付けで、美味しいんですよねぇ。

新世界エリア② あのね・・・あのな・・・が名物な「佐兵衛寿し」

Clear

新世界エリア2軒目のお店は
新世界のジャンジャン横丁の南側入り口を
入ってすぐのところにある「佐兵衛すし」

お店に入って、まず目を惹くのが
メニューに書かれた漫画のキャラクター
店員さんが書かれるそうなんですが
異様に上手!!(www

一般的にお寿司屋さんでは「にぎり」は1皿2貫付けですが
新世界のお寿司屋さんでは1皿3貫付けが基本なんですねぇ。
もちろん、お寿司の醤油も、壺にに入ったのを自分で刷毛で塗るスタイル。

そして、佐兵衛すしさんに来たら、ぜび食べて頂きたいのが
名物料理である「あのな巻」&「あのね巻」

「あのな巻」は上巻き寿司から「シャリを抜いた」もので
「あのね巻」は「あのな巻き」に「数の子」をプラスした上級商品

ちなみに具は

  海老、穴子、椎茸、干瓢、厚焼き玉子、薄焼き玉子
  高野豆腐、キュウリ、大葉、でんぶ、数の子

と、とっても具沢山。

これが結構美味しく
酒の肴にもなるんですよねぇ。

お店の隠れた人気メニューが
普通のお寿司屋さんでは、あまり見かけない「シーチキン」

驚くのは、注文が入ったら
ネタケースにあるマグロを取り出して刻み
お湯を沸かした鍋に放り込んで作る
完全手作りなんですねぇ。

ちなみに味付けは
たっぷりのマヨネーズ&ごま油で
レタスと一緒に巻いてある。

食べるとめっちゃごま油の香り
そして、マヨネーズがめっちゃマイルド
自家製のツナ・・・じゃなくシーチキン
なかなか面白いメニューです。

※本記事は、2014/11/13に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ