全国のフォトジェニックな『うなぎ』達

全国のフォトジェニックな『うなぎ』達

『うなぎ』は数年前から価格が急上昇し、若干落ち着きつつも高値安定状態でそう簡単には食べられないものになってしまいましたが、高価な『うなぎ』を食べる際は事前にじっくり検討しておきたいですね。

更新日:2017/01/21 (2016/04/03作成)

4486view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東風/関西風、うな重/ひつまぶし/せいろ蒸し・・・

鰻料理の代表格は全国的に『うな重』でしょう。ふっくら柔らかな関東風、パリッと香ばしい関西風が両雄ですが、味変を楽しめる名古屋風『ひつまぶし』、九州ならではの錦糸卵とのコンビネーションが美しい『せいろ蒸し』、などのバリエーションもあり、それぞれ個性的な味を楽しめます。関東からの西のフォトジェニック&印象に残った鰻料理を掲載します。まだまだ行ってない老舗や行きたいお店がたくさんあるので追記していきます。
p.s.東京で本格的な『うなぎせいろ蒸し』の店があれば絶対ヒットする気がします。

【千葉・佐原】うなぎ割烹山田

Clear

水郷佐原の鰻屋さん。こちらの鰻は『うな重』はご飯と鰻が別、普通のうな重のスタイルは『じか重』になります。
メニューは『並』と『上』で鰻のサイズが異なります。
『じか重』は鰻が縦に並んでおり、『上』は鰻をお重で折り返さず敢えて外にはみ出させているのが豪快です。
焼き方に特徴があり、鰻の焼目の色は濃くてテカりも強く、炭火の香りが香ばしく美味しい鰻です。

【千葉・東船橋】はんなり亭

Clear

東船橋にある鰻屋です。
『関東風ひつまぶし』は、
『四寸おひつ(一人前)』
『六寸おひつ(二人前)』
『七寸おひつ(三人前)』
の3グレード構成で『鰻重』よりコストパフォーマンスが良くお勧めです。更に「上」は鰻1尾分、「特上」は1.5尾分で0.5尾はご飯の間に入っており、「特上」の方が相対的に鰻が多く感じて満足度も高いのでお勧めです。
鰻は大き目で脂がありますがしつこくなく、ふっくらした関東風で『ひつまぶし』を味変しながら楽しめます。

【東京・日本橋】うなぎ割烹 大江戸

Clear

日本橋の老舗でなんと創業は1800年!
土曜限定の「筏」がとでも素晴らしいです。
グレードは下から、
『二本いかだ(小)』
『二本いかだ(大)』
『三本いかだ(小)』
『三本いかだ(大)』
の計4種類です。
『三本いかだ(小)』を頂きましたが、完全にご飯が見えないレベル。エッジが折り返されている鰻は迫力があって美味しいです。

【東京・神田】神田きくかわ 神田店

Clear

神田の老舗です。
『イ』(0.75尾)
『ロ』(1.0尾)
『ハ』(1.5尾)
『ニ』(2.0尾?)
の順にグレードが上がり、鰻のボリュームが大きくなります。
『ニ』であれば完全にご飯が見えない状態になると思われますが価格が高いのでオーダーにも勇気が必要です(笑)。ちなみに『ハ』と『ニ』はエッジが豪快に折り返してあります。

【東京・赤坂】赤坂ふきぬき

Clear

赤坂駅から近い場所にあります。こちらは『うな重』も『ひつまぶし』もあり、写真は、『ひつまぶし』の「松」。
次回は最上位の「菊」を頂きたいです。

【埼玉・小手指】うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋

Clear

西武池袋線小手指駅の南口側にある店です。
裂き立て、焼き立てで関東風 or 関西風の選択が可能です。『空』と『月』の価格差は少ないので『空』がお勧めです。
関東風はふんわり感がありタレの味も理想的なもので美味です。

【神奈川・小田原】友栄

Clear

小田原の超有名な鰻屋さん。
待ち時間が長いので時間的な余裕がないと食べられません。
”青うなぎ”を使用した「うな重」は『上うな重』の1グレードのみでほとんどご飯は見えません。ほくほく、ふわふわの"青うなぎ"はメチャクチャおいしい鰻で十分に満足できます。この鰻が3,000円台で頂けるのは凄いコストパフォーマンスです。

【静岡・三島】うなぎ 桜家

Clear

三島の超有名店でいつも大混雑。
店内は広いですが順番待ちは必須です。こちらは『うなぎ丼』と『うなぎ重箱』がありますが器が違うだけ。また鰻はグレードの違いがなく、鰻の枚数=量で価格が異なります。
『うなぎ重箱』は
『2枚』『3枚』『4枚』の3種類があり、『2枚』だとちょっとご飯が見えるかもしれませんが、『3枚』以上だと見えなくなります。

【愛知・名古屋】あつた蓬莱軒 松坂屋店

Clear

名古屋の『櫃まぶし』で有名な「あつた蓬莱軒」の松坂屋店です。『ひつまぶし』は香ばしい鰻がみっちり詰め込まれておりご飯が見えません。味は関西風のパリパリ感があり美味しいです。名古屋には他にも美味しそうなお店がたくさんあります。

【三重・南伊勢】うなぎ処 やま虎屋

Clear

南伊勢の港の近くにあるうなぎ屋さんです。
『ひつまぶし』はお米の一粒一粒が鰻のタレに包まれている状態で提供されます。少しご飯が見えていますがタレの色に染まっており保護色です(笑)。

【京都・祇園】かね正

Clear

京都代表は「かね正」の『きんし丼』。
胡麻とタレを混ぜたご飯の上にパリッとした関西風の鰻がのり、さらに鰻が見えないくらいに錦糸玉子がのります。
パリッとした食感の鰻とふんわりした錦糸玉子のハーモニーが絶妙です。

【福岡・博多】柳川屋 中洲本店

Clear

博多(中州界隈)で遅い時間でも『うなぎせいろ蒸し』を食べることができるお店です。
写真は『松』ですが中途半端なので、お財布が許せば『特』がよろしいかと思います。

【福岡・柳川】元祖本吉屋

Clear

『せいろ蒸し』の原点は柳川だということでいくつかの候補からこちらを訪問。昔ながらの歴史ありそうな造りで落ち着いて美味しい『うなぎせいろ蒸し』をいただけます。
『せいろ蒸し』は「ノーマル」と「特」の2グレードですが「ノーマル」は錦糸卵の上に鰻がのっている感じ、「特」は鰻の上に錦糸卵がのっている、くらいの差があるので「特」をお勧めします。

【宮崎・小林】勝美館

Clear

宮崎県小林市の旧須木村にある旅館で食事だけでもOKです。こちらでは須木の川で獲れる天然うなぎをリーズナブルな価格で頂けます。
天然うなぎは見た目がワイルド!身が厚く、食感もプリプリです。

※本記事は、2017/01/21に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ