熊本「絶景」海・山・川&美味しお店

熊本「絶景」海・山・川&美味しお店

熊本県は、阿蘇山・有明海・緑川などの、山・海・川と様々な自然の絶景ポイントがございます。 むろん、そこでしか食せない「地のもの」もございます。 その中で食べログですので、料理+景色というコンセプトですーーごい個人的な感想で選ばせて頂きました!

キーワード
隠れ家
美味しい
絶景
名物
駐車場あり

記事作成日:2016/03/21

1598view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ろばたやき山ろく

ろばたやき山ろく

山鹿の街中を抜け、山道、たんぼ道を行った山のふもとにお店はにあります。

のどかな田園風景が周りを囲んでいます!

メニューは基本的に地鶏オンリー!タレと塩焼き、お刺身

こちらで出されている鳥は、お店に出せるまでに1年半ぐらいかかるらしく1日にさばける数がもう決まってるみたい。

柔らかい地鶏でプリプリしていて、地鶏と言っても色んな種類があり、こちらの地鶏は脂身が多い方の地鶏になるみたいです。

あと目を引いたのが希少な焼酎もたくさんあり森伊蔵があの値段で飲めるとは。。。是非、地鶏もおいしいですが焼酎もどうでしょうか?
ちょっと場所が遠いですけどまた行きたくなる店ですね。

窓際からは田園風景に囲まれます!

矢部野ファーム

矢部野ファーム

数ある地鶏屋の中でも異色の店構えと、潔いメニューの「矢部野ファーム」

矢部サンパレーゴルフ場の裏側というか、ナビで住所を設定して、このあたりかなぁ~と思った谷底の廃墟みたいなお店。

もう、絶景というか、谷底のにワザと隠してる位の秘境のお店です。

道沿いの駐車場に車を止め、恐る恐る下のお店の方に行くと親父がマキ割りをしている。

「どうぞ、こちらへ」と焼台が3台あるこれもまた廃墟的な小屋。

メニューは地鶏の親子丼・地鶏の炭火焼・地鶏のタタキ
飲み物は、ビール大びんと生中。

なんとも潔いメニュー、余計なものはいらない。
先ほどの親父が炭を持ってきて、タタキとしばらくして地鶏の炭焼きを配膳してくれる。
ぶっきらぼうな親父だが、また行きたいと思わせる地鶏のうまさと夫婦の仲の良さを感じさせられるいいお店です。

隠れ家的な絶景です!

甲佐町やな場

甲佐町やな場

最高の風景で、旬のモノを食す!
その名も「鮎」のやな場

古くからこちら益城甲佐では、鮎の産地として有名で、やな場もたくさんあったようです。
川の上に敷かれた、やな場と建物。
もちろん座敷、クーラーなどありません、虫も飛んでいます、でも、こちらはそのモノを楽しむ場所なんです!

目の前の川を見ながら、程よい清涼感の中で旬の鮎を食べるんです!

コース料理は、松、3800円 竹、3300円 梅、2300円とございます。
あゆの刺身なんて、初めてですね~臭みもなく白身魚より柔らかな食感。

塩焼は、鮎本来の香りを楽しみながら、塩味のシンプルさ!
鮎の南蛮や、ウルカをつまみにビール!クー最高です。

夏には、もう一度行きたい絶景スポットですね。

川の上で食す鮎は風流ですな~

漁師食堂 宇土マリーナ おこしき館

漁師食堂 宇土マリーナ おこしき館

57号線を天草に向かう右手
宇土マリーナの道の駅に併設されているお店みなさんの口コミではかなり評価いいのですが、お店自体は絶景ではありません。

刺身定食・甲イカの甘辛丼・たこチャーハン・海鮮丼などがおススメのお店
せっかくの海の道の駅なので海鮮系は地のモノで安く提供してほしいです。
刺身定食1530円も一見豪華に見えますが。。それほどの刺身の量じゃありません。
海鮮いくら丼1530円。宇土周辺でイクラが取れるのか?
イクラにこだわらず、地の魚で刺身を構成すればイクラを使わず980円クラスでいい海鮮丼が提供できると思う。
定食にはアサリ汁が付きますがアサリが小さいよ~これが本場有明のアサリと思われると残念です。

なぜここまで辛口コメントかというと、私が宇城地区の出身だからである!だからあくまでも個人的な意見ね♡

しかし、お店の裏手に回りますと有明海が一望できる堤防!夏の潮風に吹かれ癒され感満載です。

マグマ食堂

マグマ食堂

南阿蘇の方面アスぺクタの方向から右手にマグマ食堂と言う建物があり、奇妙な店名ですが景色も良し!
窓際の席からは緑の世界が一望できる南阿蘇の風景が広がります。
メニューは色々なラーメンと阿蘇名物の赤牛ライス
ラーメンはバリエーションこそあれど、醤油・塩・豚骨。

阿蘇と言えば赤牛!赤牛ライス。ハヤシライスのようなものですね~。
変わり種もありますが、景色を見ながらラーメンを食すだけで最高の贅沢です。
ライダーの立ちよりスポットにもなっているようです。

バレンシア館

バレンシア館

湯の児温泉に遊びついでに、パエリアが有名なこちら「福田農場」へ

まぁ~はっきり言って「湯の児温泉」自体に昔の賑わいはありません。
福田農園までの道のりもさみし。。。。

気を取り直してスペイン村へGO!!

しかし、こちらもさびれてますね~どこかもの悲しいフラメンコショーがあり

まっ、パエリア食べよう!「農場風パエリアコース」一人1750円 二人2750円
パエリアはパエリア用フライパンで作っただけの事はありオコゲも程よくワインとも相性もよろしいですね~

店内からは湯の児の海が見え、ブランコもありますのでお客様が少ない分ゆっくりした時間が過ごせますね。

※本記事は、2016/03/21に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ