浅草に来たらイモを喰え!

浅草に来たらイモを喰え!

先日、浅草をテクテク歩ってたら、芋菓子のお店がたくさんあることに気づいちゃった(今さら?!w)。いずれも食べ歩きに向いた品を売ってて、秋の浅草散策のお供にバッチリです(#^.^#)

キーワード
食べ歩き

更新日:2016/12/01 (2015/10/04作成)

4567view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋で、秋でぇ~い!芋の季節でぃ!!

秋はサツマイモが美味しいですよね(^^)!

おいもやさん興伸 浅草オレンジ通り店

おいもやさん興伸 浅草オレンジ通り店

都内12店舗、浅草エリアだけで5店舗を展開。看板商品の大学芋は「小町」と「みやび」の二種類がラインナップ。小町の方が高級品種の芋をお使いです。しかしワタクシの好みはリーズナブルなみやびの方で、しかも前日にハケなかった分をパックして翌日に安く売り出したものです。たっぷりとした蜜に漬かっているので、蜜が中まで染み込んでトォルットォル食感になるんです。そういうのが個人的に好きなんですよね(^^)ゞ

満願堂 本店

満願堂 本店

こちらも東京に7店舗、そのうち浅草エリアに4店舗を展開。看板商品は画像の芋きん。芋あんの金つばなんですが、特に出来立てはサツマイモの芳香が素晴らしい。豊富なビタミンCに由来すると思われる爽やかな酸味と、ホクホク食感の芋あん。出来立ては生地も柔らかく、ミョーンと伸びるほどです(笑)一個129円の手頃な価格も魅力。試食サービスもありますよ♪

舟和 本店

芋ようかんで有名な老舗。仲見世通りをはじめ浅草エリアだけでも支店が数店あり、カフェ形態のお店(ふなわカフェ)も。芋ようかんの他にも、画像の芋ようかんソフトクリームや、どらやき芋ようかん、芋ようかんのバター焼きなど、食べ歩きに適したアレンジメニューが豊富(支店にしかないメニューもあります)。

また、芋メニューじゃないですが、2階席でイートインできるみつ豆は、こちらが元祖らしいです。

ITALIAのじぇらぁとや

伊太利亜のじぇらぁとや

4店めはチェーン展開をしていないお店をご紹介。こちらはジェラートのお店ですが、浅草らしく和のフレーバーが充実していて、その中のひとつが画像のサツマイモ。画像では分かりにくいですが、紫色の皮も練り込まれています。サツマイモの風味とミルクの風味がバランスし、またフワッとした食感で口溶けも素晴らしいのです(#^.^#) 空気が多めに入っているせいだと思います。なので大きさの割に軽く、いつもペロリとあっという間に食べてしまいます。ちなみに他の和フレーバーは、カボチャ、胡麻、きなこなどの他に、酒粕や豆腐まであります。通常の洋フレーバーも美味しいですよ。

千葉屋

千葉屋

浅草イモまとめ、トリは千葉屋さんしかないでしょう!休日ともなれば行列必至の人気店。回転が速いので、たいてい温かいものが受け取れます。コクはあるのにサッパリした甘さの蜜をまとった芋うまし!左の画像で芋の下から蜜が滴り落ちそうになってますが、ベトッとせずサラッとした質感なのが分かりますよね。
 出来立てが美味しさの一つのピークですが、ひと晩寝かせたあたりに第二のピークが来ます。絶品蜜が中まで完全に染み込みトォルットォルな舌触りになりまして、個人的にこれが抜群にうまい!!ちなみにもう一つの看板商品である切り揚げは、出来立て最高♪

上記のお店たちは支店を含めると浅草エリアに合わせて約20店。浅草で芋三昧もいいかも(笑)

※浅草は人が多いので、食べ歩きの際は周りに注意しましょう。

※本記事は、2016/12/01に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ