沖縄県のおでんは少し違う?各エリアで訪れたい人気店10選

出典:tokyo855さん

沖縄県のおでんは少し違う?各エリアで訪れたい人気店10選

沖縄そばやタコライスなど、ご当地グルメが豊富な沖縄県。色々な料理を堪能した後は、ホッとひと息付けるような沖縄おでんを食べてみませんか。コラーゲンたっぷりのテビチ(豚足)が入っていたり、葉物野菜が多めだったり。今回は、沖縄各地でおでんの人気店をまとめました。沖縄本島と島しょからピックアップしています。

更新日:2022/10/20 (2021/10/08作成)

4162view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1108の口コミを参考にまとめました。

【本島南部】で食べる!美味しい沖縄おでん

おふくろ

おふくろ

おでんの食べ放題を実施している「おふくろ」。2時間と3時間のプランが用意され、お酒の飲み放題も付いているそうです。

カウンター席が設けられているので、一人で訪れて存分に沖縄おでんを食べるという手も。ゆいレール・県庁前駅から徒歩約2分です。

おでんの種類は色々選べるようです。ウインナーだったり、葉野菜だったり。ゴーヤーやアーサといった、沖縄食材入りの「さつま揚げ」もあります。

注文する際に使用するシートには、50種類以上の具材が書かれていました。残さないよう適度に頼みましょう。

おふくろ - チグマ

メニュー表に掲載された、人気ランキングの1位に輝いたのは「チマグ」。こちらのお店では、豚足を「チマグ」、スネ肉の部分を「てびち」と呼ぶそう。

2位は「てびち」で、「大根」や「昆布」に「たまご」などの定番おでんが続きます。

・チマグ/てびち
中でもやはり、テビチ(スネ肉)とチマグ(豚足)はさすがです。ホロホロになるまで煮込んであり、味もしっかり染みています。そしてでかい笑笑。

出典: jyo.tkさんの口コミ

メインのおでんをご相伴にあずかります。どれも味が染みてますがあっさり味でついついお代わりしてしまいます。気付くといつもの昭和歌謡が流れてます。

出典: な〜はさんの口コミ

沖縄大衆酒場 おでんの金太郎

沖縄大衆酒場 おでんの金太郎

夕方から深夜にかけて営業している「沖縄大衆酒場 おでんの金太郎」。おでんに加え、沖縄創作料理のお店として進化を遂げているそうです。

事前予約で宴会プランが利用できるほか、おでんのテイクアウトも実施。ゆいレール・美栄橋駅より徒歩約5分です。

沖縄大衆酒場 おでんの金太郎

お店の名物は「沖縄黒糖おでん皿」。あっさりした味わいなのに、黒糖でコクと深みがもたらされているそう。

味が染みた「大根」に、沖縄おでんらしさを醸し出す「青菜」。出汁に使われる「結び昆布」も2個入った6種セットです。

沖縄大衆酒場 おでんの金太郎

「沖縄黒糖おでん皿」に、串が添えてあるのが分かるでしょうか。追加可能なトッピングメニューの「牛スジ串」です。食感を残しつつ、味をしっかり付けた一本だとか。

沖縄名物の「島豆腐」と、コラーゲンたっぷりでプルプルした「テビチ」も魅力的だそう。

今日は、おでん&鳥が美味しい金太郎に来店。6種盛りは確かにボリュームはありますが、1人飲みで楽しむのも大丈夫。というか、まずは、これを1人ずつでいただいて、オススメの鳥南蛮、唐揚げをみんなでつつくというのが好きです。飲みのあてとしては、金太郎巻きは外せないので、是非!

出典: tokyo855さんの口コミ

どれもお酒が進むおつまみで、ついつい泡盛もおかわり。オーダーすると、結構早めに提供してくれるし、遅くまでやっているので使い勝手も良い感じ。 観光客というよりは、地元の方が多いイメージのお店でした。お値段もリーズナブルで良いと思います。

出典: すっちゃらさんの口コミ

沖縄 日本酒 青二才

人と人をつなぐ中継店がコンセプトという「沖縄 日本酒 青二才」。東京都内の人気日本酒専門店が、沖縄に支店を構えています。

2021年9月にオープンしたお店で、カウンター席とテーブル席が半々ずつ。ゆいレール・美栄橋駅から徒歩9分です。

沖縄 日本酒 青二才

江戸時代に創業した乾物店から素材を仕入れ、繊細な出汁を作り出しているという「江戸おでん」。沖縄で江戸料理というのは、興味深いですね。

左奥は沖縄ならではの「島豆腐」で、右奥は焼き印が入った「大根」、手前は2個入りの「そぼろ餅巾着」です。

沖縄 日本酒 青二才 - *おでん盛り合わせ おまかせ5種(二人前)(¥1,298)

2人前で注文できる「盛り合わせ」は、おまかせで3種or5種。「玉子」にイクラが添えられていて、とてもおしゃれな盛り付け方。

苦手な食材は事前に相談できるので、14種類のラインアップをチェックしてから頼みましょう。自家製の具材が多いようです。

・おでん(島豆腐/自家製軟骨入りつくね)
スペシャリテは「おでん」なので、そちらをメインに頂きましょう。こちらは島豆腐。江戸前の料理と沖縄の素材の邂逅。胸熱である。これは鶏のナンコツとそのつくねだっけなあ。ジュワっとお出汁を吸ったフワフワのお団子にコリっとした食感が響き乙な味。

出典: タケマシュランさんの口コミ

店内かなりおしゃれな雰囲気だし、国際通りのど真ん中、だけど一本入ったところにあるからうるさくなくて、とても良いお店です。そしてスタッフのクオリティも非常に高く、これも青二才グループから受け継がれていて嬉しい限りです。

出典: Micki_Nishicoqueさんの口コミ

沖らく

国際通りの屋台村にお店を構えている「沖らく」です。カウンター席だけでなく店頭にテーブルが並んでいるため、外で気持ち良くおでんが食べられそう。

沖縄の地酒など、お酒にもこだわりがあるのだとか。ゆいレール・牧志駅より徒歩約3分です。

15種類以上の具材が、出汁に浸かっている「あつあつ琉球おでん」。メニュー表に「ソウルフード」と書いてありました。

煮込んでホロホロ食感になったという「てびち」と「軟骨ソーキ」が定番の品で、大きめの「青菜」や「島豆富のあつあげ」が勢揃い。

沖らく

大きめの器に入った「もずく」、実はこれもおでんなのです。お店の名物料理とのこと。

居酒屋では冷やした状態で提供されることの多い「もずく」が、温かい出汁だとどのような味わいに変化するのか興味深いですね。ぜひ注文してみましょう。

・あつあつ琉球おでん
温かい出汁で食べるもずくが新鮮で良いです。玉子、大根、巾着もちなどしっかりした出汁のおでんとオリオンビール。夕方の少し涼しくなった夏の屋台も気持ちいいです。

出典: shimy-aさんの口コミ

前回の旅から好きになってしまった沖縄おでん。屋台村でこちらのお店にお邪魔しました。思った通りの美味しさです。お店もマスターめ雰囲気が良く、料理が美味い!オリオンが進みます。次の予約があったので短時間でしたが、次回はゆっくり行きたい店でした。

出典: ジョージ13さんの口コミ

【本島中部】で食べる!美味しい沖縄おでん

おでん小町

赤提灯に惹かれてしまいそうな「おでん小町」です。沖縄市の上地にあるお店。

店内はアットホームな感じで、カウンター席が並んでいるそう。沖縄南ICから車で約6分、近隣のコインパーキングを利用するのがおすすめとのこと。

おでん小町

メニュー表には12種類の具材が並んでいて、いずれも「おでん」として味が染みたものを食べさせてくれるそうです。

「てびち」を先頭に、「野菜」や「牛すじ」など。ビールに合うものばかりで、マスタードが程よい刺激を与えてくれるのだとか。

注目したいのは「おでんそば」。たしかに、おでんとともに麺が入っていますね。出汁を有効活用できるのでしょう。

そう考えると「ちくわ」や「さつま揚げ」といった、そば料理に定番の具材が多い感じで、〆の一品としても最適のようです。

・おでん
夜に来店。てびち、じゃがいも、ちくわ、ウインナー、野菜、大根を注文。どれも味が染み込んでいて美味しく、沖縄おなじみのおでんにマスタードでいただきました。店の雰囲気もよく、昭和のおでん屋さんといった佇まいでした。

出典: ドンたこすさんの口コミ

なんだか実家に帰ってきたようなほっこり感。昭和バリバリの店内も相まって、とても落ち着きます。おでんはとても手間がかかっているそうです。沖縄おでんを体験したい人は、是非食べてみてください。

出典: kootch25さんの口コミ

【石垣島】で食べる!美味しい沖縄おでん

メンガテー

「おでん盛」と「八重山そば」の二本立てで営業しているという石垣島の「メンガテー」。

小上がり席を囲む壁には多くのサイン色紙が掲げられており、人気の高さがうかがえます。ユーグレナ石垣港離島ターミナルより徒歩約6分。

メンガテー

こちらが「おでん盛」です。具材を選ぶ方式ではないので、お店に入るとすぐにお酒とおでんが楽しめそう。

「テビチ」がインパクト抜群で、その下には厚揚げや大根が隠れているようですね。お酒はビールと島酒の水割が用意されているのだとか。

メンガテー

「テビチ」に関しては、唯一単品で注文できるそうです。シンプルな「八重山そば」と一緒に味わうのも良いですし、ビールのおつまみにもピッタリな一品とのこと。

店内にはキープボトルが多数並んでいるため、地元の人たちが足しげく通っているのでしょう。

・おでん盛
テビチ、竹輪、厚揚、ソーセージ、玉子、コンニャク、大根、ほうれん草の盛り合わせおでん。煮込まれて柔らかくなった大ぶりなテビチ(豚足)はコラーゲンたっぷりプルンプルンの食感でめちゃめちゃめっちゃ美味しい~♪

出典: うっし~339さんの口コミ

カウンターと小上がりがあり、居酒屋のようなスナックのような雰囲気だが、地元のお客さんがひっきりなしに入ってくる。ここのおでんはテビチやソーセージも入っており、その出汁がしっかり染みていて本州のおでんともまた違った味わいでとても美味しい。ここのおでんを食べると石垣島に来たなと感じる。

出典: Tokyo | New York | Sao Pauloさんの口コミ

おでんや

おでんや - 内観

とても分かりやすい店名の「おでんや」。店頭の看板には「おじぃとおばぁと時々お嬢」とも書かれていました。

入口はディープな雰囲気であるものの、店内はフラッと立ち寄りやすい雰囲気なのだとか。ユーグレナ石垣港離島ターミナルから徒歩約6分です。

おでんや - おでん盛り合わせ

メニュー表に「悩んだ時は」と書かれている「おまかせおでん盛」。この日は定番の「大根」や「たまご」がのっていたようです。

おでんをメインにしても良いですし、「牛すじどて丼」といったガッツリ系の料理を主役に、おでんを添えるという手も。

「てびち」など約20種類ほどの具材は、それぞれ単品で注文できるとのこと。

「石垣牛 牛すじ」といった地元ブランドの具や、手作りした「がんも」など。価格帯は4つに分かれており、「たらしあげ」や「糸コン」はリーズナブルな価格のようです。

・おでん
最後はやはり、おでんを食べないとね。手作りロールキャベツ、手作りゴボ天、厚揚げに大根の4品。どれも味が染みて美味しい、もちろん好きな種ばかり選んでますから、当たり前か(笑)。おばあ、おじいとの会話も味のうち、今日も満足して、お店を後にしました。

出典: アドワイチャさんの口コミ

本当に裏路地すぎて、初めての方は見つけられないかもしれません。。。。ぱっと見青いし、中見えにくいし、思い切ってドアを開けてみると。。。あらまぁ、おでんのお出汁の良い香り♡ 大根やこんにゃくなどがいっぱい煮えています。

出典: すっちゃらさんの口コミ

【島しょ】で食べる!美味しい沖縄おでん

島おでん たから

宮古島の「島おでん たから」は、店名から分かる通りおでんが人気のお店。

店内はカウンター3席と、ゆっくりくつろげそうな座敷タイプの小上がり席が設けられていますよ。宮古空港より車で約14分、近隣のコインパーキングを利用しましょう。

島おでん たから

こちらが「おでん盛り合わせ」。メニュー表に単品おでんは挙がっていないため、まずはこの一皿を注文したいですね。

「てびち」はしっかり煮込むことで、プルプル食感を実現しているのだとか。定番の「大根」や「玉子」も入った盛り合わせです。

「おでん盛り合わせ」にはお酒が合いそう…ということで、宮古島の泡盛「菊之露」を。島の料理は島のお酒と一緒に楽しみたいですよね。

古酒や泡盛は一合orグラス単位で注文でき、種類によってはボトルもあります。沖縄ブランドのビールも見逃せません。

・おでん盛り合わせ
とにかくこの島おでん!一回は食べてほしい!宮古島でおでん?って思うかもしれませんが侮れません。むしろお肉ほろほろ、大根しみしみ、出汁があっさりだけど深い、お酒が進みまくるおでんの教科書のような味です。

出典: みゆたぺさんの口コミ

宮古島の旅の思い出。1日目夕食は、地元でも大変有名な「島おでんたから」にて。電話したらちょうど空いていたのでダッシュで駆け込みました。オススメのおでんはダシがしっかりと染み込んで本当に美味しくて、地元の方々がテイクアウトされるのも納得でした。アットホームな雰囲気も最高!!

出典: Nob_412さんの口コミ

ぶどぅまれー

ぶどぅまれー - テラス席

波照間島の「ぶどぅまれー」は、カウンタ―&テーブル席のほかにテラス席を設けた居酒屋。地元の人たちが多く訪れるというお店です。

美しい夜空を見上げながら、おでんを味わえるのだとか。波照間船客ターミナルから向かいましょう。

ぶどぅまれー

写真は「おでん盛」で、注目すべきはレタス。おでんの具材としては珍しく、沖縄おでんらしさを感じます。食べ応えがありそうな「テビチ」や、定番の「大根」などが並んでいるとのこと。

このほか、様々な島料理を扱っているようです。

ぶどぅまれー

日本の最南端は沖ノ鳥島であるものの、有人島としては波照間島が最南端だそうです。グラスにそのことが書かれていますね。

日本の最南端で楽しむ「おでん盛」と島の醸造所で作られる泡盛…波照間島を訪れて良かったと思える瞬間でしょう。

・おでん盛
旅行の中で知り合った沖縄好きの方に紹介された店で、まずは鉄板と聞いていたおでんを注文。やはり沖縄風でてびちも入ってます。かなりボリュームがあるので、これだけでもお腹いっぱいになるレベル。てびち、大根、卵など全部美味かったです。

出典: takotakosukiさんの口コミ

ごはんを食べにてくてくお散歩。ぶどぅまれーは公民館のちょっと先、静かな路地の二階にちょうちんが見えます。席は外のテラスと中にもあり、家庭的な雰囲気。。風も気持ちよいので外で乾杯。

出典: きなこ。。さんの口コミ

味処ふくぎ

味処ふくぎ

八重山諸島に属する小浜島。その島内の居酒屋「味処ふくぎ」です。カウンター席・テーブル席・座敷が設けられています。

島内なら宿泊先へ送迎してもらえるのだとか。これで安心して、お酒が飲めますね。小浜港より車で10分、駐車場も完備しています。

味処ふくぎ

10種類以上の具材が用意されたおでん。どれにするか迷ったら「おまかせ盛り合わせ」が良いでしょう。

「牛すじ」は沖縄県産の和牛を使っており、「テビチ」や「三枚肉」などのお肉系が揃っています。「軟骨ソーキ」も要チェック。

味処ふくぎ

沖縄県内で最も標高の高い於茂登岳。その名前が付けられた石垣島の泡盛「於茂登」です。

この泡盛を飲みつつ、美味しいおでんが食べられるのは沖縄らしい組み合わせ。「島らっきょ塩づけ」といった、おつまみ系のメニューも揃っています。

・おまかせ盛り合わせ
グランドメニューから。単品注文も出来ますが、先ずは盛り合わせがベストでしょう。優しく深い出汁感があり、じんわりとくる美味しさ。

出典: 左の宮本さんの口コミ

刺身、お肉、沖縄料理などいろいろありました。私は刺身盛り合わせと石垣牛のサイコロステーキ、海ぶどうが良かったです。おでんのメニューが充実していました。スタッフの方もサービス良くお勧めです。

出典: coocooaraさんの口コミ

※本記事は、2022/10/20に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ