徳島のご当地B級グルメならここ!おすすめ人気店16選

出典:tamtam0306さん

徳島のご当地B級グルメならここ!おすすめ人気店16選

阿波踊りに鳴門大橋など、様々な観光スポットが人気の徳島。ですがこの地には観光地だけでなく、ここでしか楽しめない地元民熱愛のB級グルメもたくさん!今回はその徳島ならではの、徳島ラーメンやフィッシュカツ、祖谷そばなどのB級グルメが楽しめるお店をまとめました。

記事作成日:2021/09/15

94view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる2444の口コミを参考にまとめました。

徳島のB級グルメ!徳島ラーメンのおすすめ店

支那そば 王王軒 本店

ラーメンWEST百名店2020選出店

3.72

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

支那そば 王王軒 本店

吉成駅から西へ車で行くこと約35分、「支那そば 王王軒 本店」は徳島引田線通り沿い角にあるラーメン屋さん。

白い外観に赤の支那そばの文字が目印で、店内は大衆的な内装だそう。お店の前には駐車場もあります。

お店の定番メニューは「支那そば肉玉子入り」とのこと。

濁った明るめの茶色のスープに、たっぷりの肉が具材として入っています。卵黄の黄色も目を引く美味しそうな見た目の一杯です。

支那そば 王王軒 本店 - 肉 オンザライス

濃いめの味付けが故に、ご飯のお供にもちょうどいいとライスをセットで注文する人も多いんだとか。

ラーメンに入った肉をおかずのようにして食べるのが、お店に通うツウのやり方だそう。

・支那そば 肉玉子入り
スープは容赦のない骨粉ざらざら仕様で、ガンガン豚骨を炊き込んだことが伝わってきます。意外にもすき焼き的な甘さは控えめで、醤油が前面に出た味わい。 加水やや低めの中細ストレート麺もしなやかで、心地よく小麦の風味を伝えてきます。

出典: tamtam0306さんの口コミ

・支那そば
茶濁スープに中央に生卵、バラ肉、メンマ、モヤシ、ネギのトッピング。まずはスープから飲んでみると見た目よりもあまり醤油辛くない、塩気もやや薄く、豚骨の砕けたものなのか、ザラザラとした舌触りがします。麺はやや柔らかめの中細麺、ニュイーンと引き出す感じ。

出典: 糠に釘入れたら味まろやかさんの口コミ

いのたに 本店

3.70

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

徳島駅から西へまっすぐ向かうこと徒歩約10分、讃岐街道の一本西側の裏通りにあるお店です。

真っ赤な目を引く看板が目印で、店内も古き良き大衆感を漂わせる造りとのこと。

いのたに 本店

まさに王道の徳島ラーメンという口コミが多かったこちらのラーメンは、“すき焼きラーメン”と呼ばれる濃いスープが特徴で、人気は肉入り。

生卵をトッピングして、すき焼きを食べるようにトッピングや麺を卵につけて食べるのもB級グルメ感満点と評判です。

やや醤油ベースの味わいがはっきり感じられるスープながらも、魚介や豚骨の旨みを感じられる絶品スープは、ごはんと一緒に食べるのもおすすめだとか。

王道の中華そばに近い味わいからか、トッピングのメンマを増量する人も多いようです。

昔より明るめの茶色になった感のあるスープは、豚骨に少量の鶏ガラ、野菜、海産物でとったものでバランスが良く美味い。に甘いこともしょっぱすぎることもない丁度よさ。この日はちょっと油が多めに浮いてましたがしつこくはありません。麺は中細で麺帯は短め。たまに柔らかすぎる時がありますがこの日は普通でした。

出典: きじとらさんさんの口コミ

スープは豚骨醤油で、見た目が濃いようですが、豚骨の臭みは無く、以外にあっさりした味です。塩っぱさもありません。しかし強くはありませんが、コクは感じられますね。クセの無い、誰でも飲みやすいスープです。生玉子を混ぜると角の無い後味になりますよ。

出典: ソイプロテインさんの口コミ

西食

3.61

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

西食 - 外観

吉成駅から南東へ向かうこと車で約20分、川内町榎瀬交差点の北東側にあるラーメン屋さん。

やや年季の入った店構えに赤い暖簾がかかっており、店内もアットホームな雰囲気だそう。

このお店では、県内でも比較的一般的な味わいの徳島ラーメンが楽しめるそう。

B級グルメ感も感じられる一方で、あっさりめの豚骨醤油がするすると食べられてしまう一品なんだとか。

西食 - 特製煮卵チャーシュー麺 830円

スープはいわゆる黄色系と呼ばれる、徳島ラーメンのジャンルになるとのこと。

薄口醤油に鶏ガラや野菜をベースにしたスープが大きな特徴だそう。トッピングも、目を引く黄色い生卵などは入っていないようです。

・特製煮玉子入り中華そば
徳島ラーメンと言えば、ご飯のおかずになるスープが特徴ですが、チャーシューも味玉も味がしっかり浸み込んでいて、これだけでご飯を頂けるような美味しさです。細麺がスープに絡んで口の中でじっくり味わうことができます。期待どおりコクがある美味しいラーメンをいただくことができました。

出典: Dr.McCOYさんの口コミ

・チャーシュー麺
麺は見た目は低加水だが、ミドル加水か。濃度が低いが濃厚なスープを纏わせる。ぱっつり加減もさほどないが、しっかりした食感で味わいがある麺。そしてチャーシューが絶品!脂と本身のバランスや、焼きを入れた香ばしさが最高。徳島ラーメンでは間違いなく「Best of mine」。

出典: NEOSNAPPYさんの口コミ

岡本中華 小松島本店

3.61

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

中田駅から北東へ向かうこと徒歩約10分、国道17号線から少し北へ入った通りにあるお店。

屋台を発祥として生まれたB級グルメ感満載のお店で、60年以上県内外の大勢の人に愛されてきたラーメン屋さんだそう。

岡本中華 小松島本店

このお店の徳島ラーメンは、いわゆる白系と呼ばれるタイプなのが大きな特徴。

豚骨感はありつつもあっさりまろやかな、乳白色に濁ったスープが見た目のポイントなんだとか。

岡本中華 小松島本店

具材もシンプルな中華そばに近いもので、ピンク色味の強いチャーシューが目を引くトッピングだそう。

のりが入っているのもポイント。お好みでトッピングできる卵は、味玉のほか、生卵も可能です。

ラーメンは白系というだけあって、白いスープです。所謂白湯スープ。アツアツのスープは臭みは無く、出汁はしっかり出ている。あぁなかなか美味しいですよ。サッパリし過ぎない、このバランスが人気の秘訣だろう。麺は細めのストレート麺。やや硬めの茹で具合で、意外に歯ごたえが良い。これもなかなかウマい。

出典: Ryumanさんの口コミ

・中華そば肉入り
麺はざっくりした食感でストレート。博多のような感じだけどそこまで細くない。いただきまーす。美味い!これ美味い!スープは塩分きつめで脂っこさなくて香りがいい。麺の太さと食感全てがこのスープと合っててめっちゃ美味い!胡椒をパパっと振ると更に締りが出て美味いなぁ。

出典: ハマチの一生さんの口コミ

王者-23

3.60

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

府中駅から南東の方角へ向かうこと徒歩約8分、国道318号線の通り沿い角にあるラーメン屋さん。

黒一色の外観が目印。日によっては開店前からお店の前に行列ができることもあるという、徳島市内でも人気のお店です。

王者-23

提供される徳島ラーメンはいわゆる王道の茶系と呼ばれるタイプのもの。

王道のトッピングである豚バラが印象的な一杯です。ルックスからもそのこってり感が伝わってくるようです。

王者-23 - 家系ラーメン

また通常の徳島ラーメンだけでなく、横浜家系ラーメンやつけ麺といったメニューも豊富とのこと。

写真が徳島ラーメンと双璧をなす、人気の「横浜家系ラーメン」。地元の人からの人気があついようです。

そして徳島ラーメンの特徴とも言えます甘辛く炊いた豚バラ肉、少し醤油強めの味付けはこれ単品でご飯よーけ食べれるぐらいウマいもう一つの特徴が生卵、こちらをどのタイミングで潰すのか、お好みでしょうが後半潰してお肉も絡めて美味しく完食!お店を出たらけっこうな行列Σ(OωO )

出典: torimen365さんの口コミ

・横浜家系ラーメン
濃厚だけど、臭みなどは全然ない、コクのあるスープですね。下処理をきちんとした上で、じっくりと煮込まれているのでしょう。少し縮れた太麺にいい感じに絡んできます。チャーシューは、バーブ佐竹が低音調理したものでしょうか。キレイなピンク色をしています。

出典: 美食忍者さんの口コミ

巽屋

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

巽屋

徳島駅から北東へ向かうこと車で約20分、吉野川の南、徳島環状線西側の裏路地の一角にあるお店です。

ピンク味のかかった建物と、やや色あせた赤い暖簾が目印の外観とのこと。

巽屋 - 店内です

店内はどこか昔懐かしさを感じさせる、庶民的な雰囲気の漂うラーメン屋さん。

提供している徳島ラーメンは、いわゆる茶系の中でも特に濃い茶色をしたスープが特徴のようです。

巽屋

スープもB級グルメ感満載の、甘さをしっかりと感じる味わいとのこと。白米との相性も抜群だそう。

卵黄と肉を絡ませて食べると、まるですき焼きのような濃厚さを感じられる一杯なんだとか。

徳島ラーメンは、味濃いめですが、深いコクで働く人々の塩分補給・栄養補給に最適です。徳島ラーメンは、白米のおかずとして食べられていたそうで、ラーメンライスが定番なのですね。いやいや何か徳島ラーメンを食べると力が湧いてきます。めちゃくちゃうまい。

出典: activatorxさんの口コミ

茶色のスープに麺は中細のストレート麺で、トッピングは豚バラ肉、メンマ、もやし、ネギです。普通のチャーシューではなく、甘辛く味付けされた豚バラ肉が入っているので徳島ラーメンらしいですね。スープは見た目より濃くなくて、豚骨が主体ですが鶏ガラも入っていると思います。

出典: TAK47さんの口コミ

中華そば 春陽軒

3.57

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

中華そば 春陽軒

佐古駅から北西の方角へ行くこと徒歩約8分、高架線の線路沿いの裏道に佇むラーメン屋さん。

質素な外観に黄色の赤の看板が目を引く店構えで、店内は大衆食堂を思わせる雰囲気とのこと。

中華そば 春陽軒

いわゆる王道の茶系の徳島ラーメンがウリの様子。

通常のラーメンに肉玉子入りの注文がやはり定番とのこと。B級グルメ感を最も感じられる、王道のトッピングスタイルなんだとか。

おかずとしても食べられるほどの味付けのため、ライスを合わせて注文する人も多いとのこと。

県外からの観光客の中には、女性でもラーメンとライスをぺろりと完食する人もよくいるようです。

さて、徳島ラーメンといえば濃い茶色のスープに豚肉と生卵。こちらのお店では卵と肉はオプションでしたので、もちろん追加トッピングしました。提供されたラーメンのスープはやはり濃い茶色。味は想像していたよりあっさりしており、しかしながら味はしっかりしておりおいしかったです。

出典: ROCHOさんの口コミ

トッピングは豚バラ肉、もやし、青ネギ。生玉子は特に言わなければ黄身だけで、白身も含めた全卵を入れた場合は、食券を渡す際にお願いすればカスタマイズしてもらえる。甘辛く煮込んだ豚バラ肉は柔らかく仕上げられていて、黄身につけてすき焼き風に食べれば白いご飯が止まらない。

出典: sanokuniさんの口コミ

中華そば やまきょう

3.56

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

中華そば やまきょう - 店舗外観

蔵本駅から北上すること車で約10分、県道の15号線と41号線の交差点の南東の裏路地にあるラーメン屋さん。

店舗の横には駐車場もあります。赤い暖簾が目を引く外観で、店内はカウンター席がメインの造りとのこと。

中華そば やまきょう - (肉玉子入) 大+ライス小

提供される徳島ラーメンは、茶系の甘辛さがしっかりと感じられるタイプの一杯だとか。

黄色い卵をといてまろやかな味わいにすると、ご飯を合わせて食べたくなるまさしくB級グルメ感な味わいのようです。

また、ラーメンにもトッピングされている甘辛い味付けの肉をメインとした「やまきょう丼」も人気メニューのひとつ。

ラーメンとあわせて注文する方ももちろん多いんだとか。

早速、スープから一口いただくと臭みは全く無く、豚骨等の旨味がギュッと凝縮されコクがあり、醤油のしょっぱさも少し強めです。濃厚で甘辛い味わいながら滑らかで、意外とくどさが無くスッキリとして食べやすく、店主の拘りが感じられますね。

出典: たむ吉✨さんの口コミ

まずはスープを一口飲んでみるとこれが全然くどくなくて美味しいスープ。甘辛さの中に鰹の風味が加わってこりゃ美味い。さらに魚粉を混ぜるとさらに魚度がアップします。このスープ好きやな。最後らへんで卵黄をとくとまろやかさも加わってこれまた美味くなりました。麺は細麺ストレート。

出典: おおおやぶん09さんの口コミ

中華そば かわい

3.56

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

中華そば かわい - 店内

勝端駅から東へ車で向かうこと約25分、川内大代線の通りぞいにあるラーメン屋さん。

地元の人からも支持の熱いお店で、アットホームな雰囲気がよいとのことです。

中華そば かわい - 上から〜♫

黄系と呼ばれる系統の徳島ラーメンを提供しており、茶色く濁ったスープはやや黄色みを帯びていてB級グルメ感を感じるようです。

トッピングは茶色のチャーシューやメンマがメインで、もやしとネギが少々盛られているとのこと。

ガッツリ味わいたい方には、「肉玉大」で更に徳島ラーメンのスープと相性抜群のごはんの追加もおすすめです。

生玉子は半熟一歩手前の状態で、崩して麺に絡めて食べると絶品だそう。

スープは豚骨と鶏ガラの旨みがあるスープ!コレもすき焼きのような濃さは無く飲みやすいスープでした!旨いですよ!麺は中細ストレート麺!スープとよくマッチして美味しいですね!メンマは普通。チャーシューは豚バラの厚みがあるもの!それほど甘辛く煮込まれていないですが、白いお米に乗せて食べてもいいかな!

出典: へっぽこ3号さんの口コミ

茶系のスープで麺は細麺、小さめの器に麺が多め。具材は、もやし、シナチク、チャーシュー。やや濃いめに感じるスープ。醬油感はあまり無く旨味をしっかりと感じて深い味わい。後に残るザラっとした感じとコクが印象的。麺は自分の大好きな細い硬麺。ゆっくり時間をかけて食したが麺の伸びる様子は無かった。

出典: takeko9991さんの口コミ

銀座一福 本店

3.56

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

銀座一福 本店

徳島駅から南下すること徒歩約8分、両国橋西公園の西側の通りにあるラーメン屋さん。

赤を基調とした、大衆中華店を思わせる外観が目印。徳島で60年近くの歴史を持つお店なんだとか。

銀座一福 本店

こちらのお店の徳島ラーメンは、茶系と黄系の中間のようなラーメンとのこと。

非常に大衆的な味わいが大きな特徴で、この味に幼い頃から慣れ親しんできた地元民も多いそう。

銀座一福 本店 - セットの焼き飯。

またこのお店では、ラーメンと一緒にライスではなくチャーハンを注文する人が多いのも特徴だとか。

街中華テイストな焼き飯を感じさせるチャーハンに、昔懐かしさを感じる人も多いようです。

しかし、「銀座一福 本店」さんの中華そばは、見た目こそ茶色く濃口醤油のスープだが、口当たりの良いマイルドな味。東京で食べた徳島ラーメンのようなドギツさは感じない。量は多くないが、徳島ラーメンの象徴、豚バラ肉もきちんと入っていた。焼き飯は、昔ながらを彷彿させる紅しょうが入。

出典: ピラルさんの口コミ

・月見そば(肉入り)
真ん中の卵のまわりに肉がたっぷり。具材はもやしとネギ。スープを一口飲んでみると、豚骨だしとかなり甘めの醤油スープがとっても優しい感じの味付けで旨い!結構濃い味なのかと思っていましたが、案外さっぱりとしたスープになっておりとっても食べやすいです。

出典: 二日酔い飯さんの口コミ

徳島のB級グルメ!フィッシュカツのおすすめ店

安兵衛

3.58

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

安兵衛 - 外観1

徳島駅から北へ向かうこと徒歩約2分、ホテルサンルート徳島の裏側にある居酒屋さん。

創業から50年以上県内外の人々に愛され続けてきたお店だそう。

安兵衛

徳島のB級グルメとしても人気の「フィッシュカツ」は、お店でも必食の一品なんだとか。

サクサクの衣をまとった薄めのカツは、ビールや日本酒とあわせて楽しむのがおすすめだそう。

安兵衛 - ぼんじりです☆ 2020-1104訪問

他にも庶民的な居酒屋メニューが豊富に揃っており、明るいうちから昼飲みが楽しめるのもポイント。

写真は注文でも頻繁に出ている焼鳥。ももや皮、ぼんじりなど定番の部位はひとしきりそろっているようです。

・フィッシュカツ
薄い練り物にカレー粉とかをマブしたものをあげたもの。これがすっごい面白い。駄菓子屋で置いてあるBIGカツの味にそっくり(笑)。BIGカツよりは身があるので味はありますが、風味はまんまBIGカツ。ノスタルジックな感じになって酒をぐいぐいやりながら楽しんでしまいました。

出典: m-skywalkerさんの口コミ

こちらの串カツは鶏のモモ肉でふっくらと揚がっており好きな味わいです☆地鶏串は鶏肉とピーマンと玉ねぎと一緒に焼いてくれており、バランスのよい味わいが好きです☆大体この2品は毎回食べていると思います。次にぼんじりとポテトサラダをお願いしてみました。お酒は鳴門金時の焼酎に切り替えました。

出典: ゴン太。さんの口コミ

わかたけ

3.56

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: -

阿波富田駅から北西へ向かうこと徒歩約8分、両国橋を渡って南下した通り沿いにあるお店。

ビル1Fのこぢんまりとした和の趣漂う入口をくぐると、店内にも高級感ある雰囲気が広がっているそう。

わかたけ

このお店では、あげたての「フィッシュカツ」が楽しめる様子。

できたての「フィッシュカツ」は香ばしい香りが漂い、熱々で食感もサクサク。これぞB級グルメ、といった味わいなんだとか。

わかたけ

他にも「きんきの煮つけ」や「モサ海老刺身」など、海鮮を中心にお酒のアテにぴったりのメニューが多数。

お酒も、焼酎や日本酒のラインナップがかなり豊富になっているようです。

本日の焼魚(700円〜1350円)はきんきの塩焼きで値段はいくらかは分かりませんが、脂が乗っており美味かったです。フィッシュカツ(450円)はケンミンショーでも出た、徳島のご当地グルメみたいです。すり身にパン粉を付けて揚げたのです。これは完全にお酒のアテですね。

出典: chiriseiさんの口コミ

美味しい焼酎や日本酒が充実していて、料理もリーズナブルでシンプルな料理からしっかりした肉料理等まで幅広くあるので、好きなお酒に好きな料理を合わしていくのも良いです。個人的には充実した魚や野菜を中心にココのシンプルな料理と日本酒を飲むのが好きです。

出典: 阿波の若い士さんの口コミ

とくさん

3.56

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

徳島駅を出て南西へ向かうこと徒歩約2分、駅前のポッポ街商店街の一角にある居酒屋さんです。

紺色の暖簾と白い提灯が目を引く外観。店内には、昔懐かしさを思わせる空間が広がるそう。

とくさん - フィッシュカツ 350円

「フィッシュカツ」は揚げただけでなく、表面をほんのり炙った状態で提供されているとのこと。

カレー味の風味も食欲をそそる一品。おつまみにもおかずにもぴったりのメニューなんだとか。

とくさん - 阿波尾鶏 モモ串 250円(1本)

この他にも、ここ徳島ならではの居酒屋メニューやB級グルメも揃っている様子。

地元の銘柄鶏、阿波尾鶏を使った串物や、ドリンクにもご当地ならではの、すだちサワーなどがラインナップしているそうです。

地魚を中心に、阿波尾鶏を使った料理の数々。しかもそのクォリティが高いお店です。まずは、阿波宍喰産の天然鮮魚をお造りでいただきます。どれも身がしまって美味しいです。阿波尾鶏のモモ串は大ぶりな身、手羽先はジューシーでふっくら。さらに徳島名物の"あぶりフィッシュカツ"もイケてます。

出典: nov.sasさんの口コミ

・フィッシュカツ
最初のビールに合わせて徳島のローカルフードの「フィッシュカツ」をオーダー。魚のすり身にカレー粉などのスパイスを加えて、パン粉をつけて揚げたもの。静岡の「黒はんぺんフライ」や島根の「赤天」と似たような感じで、魚がたくさん獲れる港町では魚のすり身でカツを作る文化が日本中にあるんだな。

出典: sanokuniさんの口コミ

喜助

3.52

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

阿波富田駅から西へ向かうこと徒歩約7分、徳島南バイパスを一本西に入った通りの角にある居酒屋さん。

木造りの和モダンでお洒落な雰囲気の外観で、店内も温かみのあるムードなんだとか。

喜助

お店で楽しめる「フィッシュカツ」は、庶民的でB級グルメ感満載の一品だそう。

どことなく昔懐かしさや家庭的な味わいを感じさせるメニューで、幅広い世代に人気とのことです。

他にもお造りや「鱧の釜飯」など、海の幸を中心としたメニューが人気との事。

一方で徳島ならではの地鶏・阿波尾鶏を使った焼き物や串物料理もかなり豊富に楽しめるんだとか。

アジフライ。サクサクした食感の衣とほぐれるような鰺が素晴らしい美味しさ。徳島産フィッシュカツ。徳島名物の一品。これはせっかく徳島に来たならと言うことでオーダーしましたが、家庭料理的な一品ですね。どれも素材がなかなか良く、美味しく頂けました。

出典: kenta-crvさんの口コミ

お造り盛り合わせ♡太刀魚も雲丹も美味しかった♡生ハムのシーザーサラダは見た目むつこそうだけど、美味しくいただけました(●︎´▽︎`●︎)釜飯は鱧♡鱧の釜飯って初めて食べたけど( ˙༥˙ )美味しいね♡釜飯の具は、今日のお勧めを聞くのがお勧め♡

出典: ぴろみん0819さんの口コミ

徳島のB級グルメ!祖谷そばのおすすめ店

祖谷そば もみじ亭

3.36

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

祖谷そば もみじ亭

小歩危駅から通り沿いに南下すること車で約15分、徳島県三好市の観光地・大歩危小歩危の近くにあるおそば屋さん。

お店は大自然の中にある大きな一軒家のお屋敷。店内も落ち着いた雰囲気とのこと。

祖谷そば もみじ亭

店名の通り、徳島のB級グルメとしても人気の「祖谷そば」が一番のウリメニュー。

つなぎをあまり使用せず、ぼそぼそとした食感で、噛むと切れやすいのが特徴のおそばなんだとか。

祖谷そば もみじ亭

通常のかけやもりだけでなく、いろんな種類のそばメニューがあるのも嬉しいポイント。

存分に徳島らしさを楽しめる「祖谷そばすだち」や、王道の天ぷらと併せて食べられるセットもあるようです。

祖谷そばは、祖谷そばとしてはやや細目であっさりした食感。つなぎをあまり使用していないので、千切やすくモソモソした感じだが、これが祖谷そば美味しさ。つゆもあっさりしており、竹輪ときざんだ油揚げが載っている。あめごは丁寧に焼いてあり、頭から骨まで丸ごと食べられる。

出典: suitonさんの口コミ

こうゆう味のお蕎麦は初めてでした。説明にも書いてありますがモソモソとした食感で麺が短いですが喉越しが悪い訳ではありません。美味い蕎麦は咀嚼を進めていくとあの独特の甘みと香りが後から口の中を覆っていきますがこの祖谷蕎麦はなんてゆうんでしょう?独特の風味が口の中に広がってきます。

出典: ZEDLEONさんの口コミ

祖谷そば 初代仙吉

3.06

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

祖谷そば 初代仙吉 - 祖谷そば 初代 仙吉

徳島県三好市にある「祖谷そば 初代仙吉」は、大歩危駅から北東へ車で行くこと約35分、秘境感漂う立地も人気のお店です。

和の趣漂う木造りの重厚感ある店構えの店舗で、店の中からは大歩危小歩危の渓流が眺められるそう。

うどん店が多い徳島の中でもこちら祖谷は、そばの名産地で、名物のB級グルメ「祖谷そば」を求めて訪れる方が多いそうです。

写真は「祖谷そばきつね」。たくさん歩いた後にほっと一息つけるような、心も身体も温まる優しいだしのおそばが楽しめるようです。

祖谷そば 初代仙吉 - 祖谷そば  肉入りそば(温)

また「冷やし山かけ」や「肉そば」など、様々な具材とあわせて楽しめるメニューも。

季節ごとに美味しい食べ方も違うため、その時期ごとの味を食べてみたくなるおそばなんだとか。

田舎の素朴な蕎麦本来の「もそもそ」した食感があって麺は太くて短い。あたたかい出汁でいただく「祖谷蕎麦」は昔に帰ったような懐かしさが滲みてきます。蕎麦自体は東祖谷山村のそば打ち名人から仕入れているらしいがかつて平家の落人が食糧の乏しいこの険しい山中で作りはじめたとされる。

出典: arfaさんの口コミ

★冷やし山かけ★そば粉が多い、やや太い麺に山芋と出汁が絡みついて美味しかったです。★肉入りそば★そば粉が多く、ぼそぼそ麺ですが肉の甘みと蕎麦の風味がいい感じで合わさり美味しく一気にたいらげました。ゆず唐辛子を入れると益々良し↑

出典: 鞍馬ななさんの口コミ

※本記事は、2021/09/15に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ