【栃木】ぜひ日光詣とセットで。鹿沼市のオススメそば店★6選

出典: YamaNe79さん

【栃木】ぜひ日光詣とセットで。鹿沼市のオススメそば店★6選

東武日光線 浅草駅から、特急スペーシアに揺られること約1時間半。かつて日光の宿場町であった栃木県鹿沼市は、豊かな緑と水により、良質なそばの生産地となっています。日光東照宮への献上品を提供するお店や、安倍首相が足を運ばれたお店など……東照宮への参拝ついでに、うんまい蕎麦でもいかがでしょうか。

キーワード
名物
お土産

記事作成日:2019/05/27

1665view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる120の口コミを参考にまとめました。

蕎麦に対して、真摯に向き合う鹿沼市

鹿沼市には「鹿沼そば 認証制度」というものがあり、市が主体となり、品質の担保や地産地消を推進しています。
※詳細は、鹿沼そば振興会 Webサイトに。http://www.kanumasoba.com/

尚、「いちご」の生産も盛んな同市は、2016年に「いちご市宣言」をし、「いちご」をフックとした地域活性化を推し進めています。が、個人的には「蕎麦」をもっと推したい!ということで、こんなまとめ記事を作ってみました。足を運んだお店の中から、厳選してご紹介できればと思っています(2019年5月 吉日)

みっちゃんそば

3.47

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

東武新鹿沼駅から徒歩ですぐ。特急スペーシアを下車したら、そのままこちらに流れ込むなんていうプランもアリです。

そば粉は、地元鹿沼の上南摩産【八幡そば】。かつて皇室にも献上されていた謂れもあり、ここ鹿沼市の中でもかなり上質な蕎麦粉であるとのこと。
鹿沼名物【ニラそば】も良いのですが、ここはあえて【十割】を強く推したいところです。

佐野屋 そば店

3.17

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

1909年創業の老舗。2017年10月には、安倍首相も訪問されております。その時の写真が店内に飾られていました。

オーダーしたのは、すばり【鹿沼そば】。そば粉は地元鹿沼の粕尾・粟野産。毎日石臼で挽いているのだそう。ボリューム多めで、コスパも良好です。
ちなみに……次回訪問際には、そば粉3種を食べ比べできる【天ぷら付き味くらべ】をオーダーすると決めております。

蕎花

3.48

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

かなりの繁盛店。人気の秘密は味はもちろん、コスパの高さでしょうか。天ぷらの付いた鹿沼名物【ニラそば】は、なかなかにボリューミーです。

尚、窓の外に目をやれば、穏やかな緑。ホッと癒され、落ち着いた心持ちで、蕎麦を啜れるのは良いですね。

露伴

3.26

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

こちらの優良店は、昼のみ営業。蕎麦は、板垣と永野のそば粉をブレンドした純鹿沼産。コスパ高な【天もりそば】は量だけでなく、質が伴うから嬉しいばかりです。

ちなみに……店名の「露伴」は、『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物である「岸辺露伴」から取られているそうです。

円虹庵

3.28

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

「えんこうあん」と読みます。物腰柔らかいご夫婦で切り盛りされているアットホームな1軒。

蕎麦へのこだわりは言わずもがなで、地元鹿沼の玄そばを使うことはもちろん、季節限定【軍鶏汁そば】は、つけ汁を仕上げるまでに12時間ほど掛けるのだそう。そのお味にすっかり虜になりました。

玄そば 文石庵

3.35

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

看板メニューは、日光東照宮 宮司より【日光さざれ蕎麦】と命名され、日光東照宮に献上される逸品だそうです。【岩塩】を降って啜る蕎麦は、素直に「うんまい!」と思える逸品。

ちなみに、こちらでは【焙煎七味】なる商品を購入できるのですが、ちょっとしたお土産に最適です(我が家でも使用中)。

※本記事は、2019/05/27に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ