登別の名物グルメを食べるならここ!おすすめ店20選

出典:辣油は飲み物さん

登別の名物グルメを食べるならここ!おすすめ店20選

温泉街としても人気が高く、日々大勢の観光客が訪れる街・登別。この街には登別ならではの名物グルメもたくさんありますよ。今回は、登別名物の「閻魔焼きそば」や「カレーラーメン」などの美味しいグルメが味わえる、人気のお店をまとめました。

更新日:2021/05/20 (2019/05/08作成)

13099view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる460の口コミを参考にまとめました。

登別にあるランチにおすすめのお店

花鐘亭 はなや

3.51

夜の金額: ¥20,000~¥29,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

花鐘亭 はなや - 入り口です

登別駅から北西へ車で約40分、倶多楽湖公園線の通り沿いにある旅館です。

和の店構えと高さのある旅館の建物が目印で、お昼のランチは和の趣あふれる客室で楽しめるそう。

花鐘亭 はなや

予約なしのランチ営業も行っているようですが、圧倒的人気は要予約の昼懐石コースとのこと。

地元の食材や名物をふんだんに使用した、贅沢な和会席がお昼から満喫できると評判なんだとか。

花鐘亭 はなや - 前菜、手長海老かわいらしい

夜は客室としても使われる和空間で、プライベート感満載の食事時をゆったり楽しめる様子。

また昼懐石コースには、日帰りで楽しめる温泉入浴もセットになっているんだとか。

お造りの鮪も脂がのって旨かったし、それぞれの料理にきちんと手をかけられているというのがよく分かった。ボリューム的にも十分で満足できるものであり、機会があれば次回はもう少し上のプランも利用してみたいと思った。

出典: くのっちょさんの口コミ

日帰りプランの昼会席は、\3,150、\4,200、\5,250の3種類。大広間をシェアして使えます。個室(客間)を使う場合は、一人+\525。大広間で\3,150にしました。今回は我々だけだったので、良かったです。内容は、小鉢、お造り、煮物、焼き物、鍋、お椀、ご飯。

出典: パーカーやっておしまいさんの口コミ

つるつる屋

3.47

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

つるつる屋 - つるつる屋

鷲別駅から北東へ車で行くこと約15分、国道782号線の通り沿いにあるラーメン屋さん。

薄い土色と大きな店名が目を引く外観で、店内は落ち着いた庶民的な雰囲気の空間だそう。

つるつる屋 - カレーラーメン+野菜

こちらでは、北海道・登別の名物グルメでもある「カレーラーメン」が楽しめる様子。

カレーそのものを思わせるようなどろりとしたスープに、しっかりとした辛さも楽しめるんだとか。

つるつる屋 - カレーラーメン700円

トッピングは、チャーシューやメンマ、ネギにわかめといった王道のものが揃っているそう。

身体を内側から温めてくれる、極寒の地ならではの名物メニューとなっているようです。

もうそのまんま。カレーラーメンです。トロミのあるカレースープにちぢれ麺。スープカレーとは全く違います。昔懐かしいカレーの味、ご飯入れたくなるよねー。甘さもあって優しいスープだけどちゃんとカレー粉のピリ辛もある。そしてワカメがよく合う‼︎

出典: 三浦ミキチさんの口コミ

こちらでカレーチャーシュー麺を。おぉ、麺が見えないほどのチャーシュー♪ドロドロのカレースープ、美味いなぁ。かなり濃厚でスパイシーなスープに、中太麺。病みつきになりそうです。気が変わって追加したチャーシューも、しっかりした味わいを残しながらトロトロで最高!

出典: ketaさんの口コミ

地域食堂 ゆめみ~る

3.40

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

地域食堂 ゆめみ~る

幌別駅から北東の方角へ向かうこと徒歩約10分、弁景幌別線の通り沿いにある食堂です。

目を引く青い店名看板が目印の外観で、店内は昔懐かしさを感じるレトロな内装とのこと。

こちらのお店は地元のNPO法人が運営しており、地域密着型の名物グルメが楽しめる様子。

最も人気となっているメニューは、あっさりした食べ応えの自家製手打ちそばなんだとか。

地域食堂 ゆめみ~る

しっかりとそばの香りも楽しめるクオリティの高い逸品を、驚きのコスパで楽しめるのも嬉しいポイントだそう。

美味しい物を安く食べてもらいたい、というお店の考えがあってこそなのだとか。

・ざるそば
まずは箸で数本とり、つゆには浸けずに手繰ってみる・・・こ、これは美味い!!!! 適度にザラリ、コシ適度でしっかりと茹でられており、良く繋がっている。喉越しも良好、特に新そば特有の爽やかな風味が最高だ。

出典: ☆流れ星さんの口コミ

・ざるそば
うわぁ 凄いボリューム!うず高く盛られたざる蕎麦は やや不揃いの太め。先ずは蕎麦のみで頂きます。コシ良し、風味も程良し、水切りが若干甘いが 値段を考えると良いと思います。

出典: Koji-kojiさんの口コミ

洋食のいし川

3.39

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

幌別駅から北西へ進むこと徒歩約2分、387号線を一本北に入った裏通りにあるお店。

店舗は白と黒のシンプルな店構えで、店内は昭和レトロ感を漂わせる懐かしい造りとのこと。

洋食のいし川

こちらのお店では、数々の洋食メニューの中でも特にカレーの人気が高いんだそう。

またカレーメニューの中でも、サクサクのとんかつをのせたカツカレーが特に注文率の高い一品なんだとか。

カレールーはしっかりとスパイスのきいた辛さながらも、ほのかな甘みも感じられる様子。

北海道の大地で育てられた野菜の甘味や旨味を感じられる、本格的なルウだと評判のようです。

カレーはよく煮込まれていてコクがあり、最初は煮込まれた野菜の甘さが来た後にじんわりと辛さが来ます。これは辛いのが苦手な人は甘口に変えた方が良いですかね。またカレーの中には柔らかく煮込まれたビーフがゴロっとした大きさで食べ応えもあります。カツは薄いカツで衣がサクサク。

出典: wu-taさんの口コミ

カツカレー、予想外に結構辛い!しかし、程良く甘みがあるので、バランスは良いです。甘み以外に野菜由来のコクもしっかり。昭和のカレーらしく粉っぽく、にも関わらずかなりスパイシーな点が魅力です。ミックススパイスだと思いますが、良い感じ。

出典: 辣油は飲み物さんの口コミ

味の大王 登別温泉店

3.32

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

登別駅から北西の方角へ車で約40分、登別温泉街の極楽通りの通り沿いにあるラーメン屋さん。

赤を基調とした印象的な店構えが目印で、店内は昔懐かしさを感じる大衆的な造りとのこと。

味の大王 登別温泉店

こちらのお店の名物は、辛味噌を調整して辛さのレベルが選べる「地獄ラーメン」とのこと。

辛さの段階を0~8丁目という指標で選べる、辛い物好きには堪らない一杯なんだそうです。

味の大王 登別温泉店 - カレーラーメン

また、登別のご当地名物でもある「カレーラーメン」もメニューにラインアップされているそう。

「地獄ラーメン」とあわせて、このお店の二大名物として多くの人が注文しているんだとか。

名物地獄ラーメンを食しましす^ ^とりあえず8丁目…目の前は見るからに辛そうなどんぶりが…笑 ちょっと後悔?!まずは一口…むせました。笑 でもなんだろ?後を引く美味しさ(^∇^)ここから箸がとまりません!笑 辛いのに美味しい。これは満席になりますよね〜(^^)

出典: カルロス宮本9557さんの口コミ

カレーラーメンは麺は太めの縮れたまご麺で感じもよく、具が玉ねぎのスライスというのもスープに合っていて◎スープの味自体も濃過ぎずちょうどいい塩梅。全体的に最後まで美味しかったです。地獄ラーメン0丁目は言うほど辛くはないです。まずは0丁目を頼んでおいて味をみてから 1丁目にすることもできるそうです。

出典: ぽすとe:さんの口コミ

ソーダ食堂

3.32

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

幌別駅から北東の方角へ車で行くこと約10分、中央通りの通り沿い角にある食堂。

赤い店名の文字と小さな暖簾が目印で、店内は昭和レトロ感満載の懐かしい雰囲気なんだそう。

こちらのお店には、名物の「閻魔(えんま)焼きそば」を求めて道内外から大勢の人が訪れるようです。

道内の小麦粉を使用した太めの麺と、ピリ辛の独特のソースが大きな特徴の一品なんだとか。

ソーダ食堂 - 「閻魔焼そば」

ソースにはゴマの風味が感じられ、「閻魔焼きそば」にとっては必要不可欠なソースであるとのこと。

麺、ソース、登別の食材を必ず使用することが、この「閻魔焼きそば」に必要な条件でもあるんだそう。

「閻魔やきそば」にする。登別市内の店舗で提供されている閻魔やきそばは各店舗でオリジナルだが一度食べてみたかったメニュー。内容は焼きそば、目玉焼き、ザンギ、海老フライにサラダとスープが付いている。見た目にもバラエティに跳んでいて食べ応えもあり、焼きそばは太めの麺でもっちりとしていて美味しい♪

出典: 讃岐そばさんの口コミ

ここのはイカ焼きそばにエビフライと地獄ザンギと目玉焼きが付いていた、卵が登別産らしい。このお子様ランチのような一皿を夫は嬉しそうに食べていた。私は登別産ホッキのかき揚げ蕎麦にした。ホッキは細かく切ってあるが、地元のものを使おうというお店はいい。つゆもじんわりおいしかった。

出典: めえめえめえさんの口コミ

中華料理 福楽餃子坊 新生町店

3.30

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

中華料理 福楽餃子坊 新生町店 - 福楽 餃子坊 新生町店

鷲別駅から北東へ進むこと車で約20分、中央通を一本北西へ入った裏通りにある中華料理店。

目を引く赤い外観が特徴的なお店で、店内はシンプルかつしっそな造りの内装になっているようです。

こちらのお店の名物は、食事にもお酒のアテにもなる餃子とのこと。

通常の焼き餃子はもちろんのこと、鉄板で焼いたジューシーで香ばしい棒餃子が楽しめる定食などもあるんだとか。

中華料理 福楽餃子坊 新生町店 - 鉄板棒餃子580円

餃子の皮はもちもちしており、中からあふれでる肉汁との相性も抜群のようです。

ランチディナー問わず、ここに訪れる様々な人々から愛され続けている名物人気商品なんだそう。

●餃子 250円、このお値段、泣けるぜ…。そして小ぶりだけどちゃんと美味しかった。店名に餃子入るだけある。●台湾ラーメンこれも美味しい!そしてまた、ラーメンもいっぱい種類あるんだ…。●棒餃子 肉をくるっと棒状に包んだだけで、肉が丸見え…。肉汁は大丈夫なんかいな、と思いつつ、これも美味しかった。

出典: えぞむらさきさんの口コミ

とにかくメニューが豊富で、品書きがにぎやか過ぎて選ぶのに苦労するくらい。酢豚、エビチリといったメジャーな中華惣菜はもちろん、ピータン、フカヒレの姿煮といった本格的なものまで、もちろん、ラーメンなどの和風中華まで一体どれくらいのラインナップがあるのだろう?という感じだ。

出典: くのっちょさんの口コミ

福来軒

3.30

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

幌別駅を出て西へ向かうこと徒歩約2分、北駅前通りを一本南西に入った通りのお店。

オレンジ色が目を引く外観の店舗で、店内は大衆的で昔懐かしいノスタルジックな造りとのこと。

こちらのお店は、いわゆる大衆中華料理店として地元の人々に支持されているお店なんだとか。

数々の中華料理の中で、地元名物グルメでもある「閻魔焼きそば」も好評のようです。

またこちらのお店の「閻魔焼きそば」は、もちもちの平麺を使用しているのも大きなポイントだそう。

ボリューム感も満点で、幅広い世代の人々に愛される名物料理となっているようです。

冷やしラーメンと言えば、この甘酸っぱいタレでしょ。同僚の定食、まあまあだそうです ^^;餃子が見た目、家で焼いたやつみたいですけどねwこうゆう処の餃子だから旨いでしょ ^^炒飯は普通に旨かったですよ♪セオリーどおりと言えばそうですが中華屋さんの味です♪パラっパラです。

出典: umineko0723さんの口コミ

閻魔やきそばは、前回と同じように熱々、麺モチモチの平麺。ソースはアメリケーヌ的で、ちょい辛め。具材は、海老・イカ・白菜、人参、エンドウ。うま~~~い♪滞在時間 35分。支払金額 2人で2480円。「閻魔焼きそば」クセになる味、また来ちゃうかも♪

出典: 狸ののぐりさんの口コミ

温泉市場

3.28

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

温泉市場 - 温泉市場 登別温泉

登別駅から北西の方角へ車で行くこと約1時間、登別温泉のバスターミナルすぐ近くにあるお店です。

青い布テントが目を引く店構えで、店内は文字通り市場のような雰囲気の空間だそう。

温泉市場 - 海鮮トップ

こちらのお店では、北海道の海の幸を中心とした様々な名物食材が楽しめるとのこと。

鮮度抜群の海鮮や、北海道・登別ならではの地酒などが多数揃っていると評判なんだとか。

温泉市場

中でも特に好評のメニューは、海鮮をふんだんに使用した「海鮮丼」の様子。

また、フレッシュな牛乳を贅沢に使用した「生ちちソフトクリーム」も人気のスイーツのようです。

・海鮮丼
マグロ、うに、ホタテなどなど、多種の海鮮が乗せられた丼。1680円。どの素材も、驚くほど美味しい。以前、小樽の寿司屋で食べた雲丹、いくらより、はるかに美味しく安い。聞いてみると、その時の旬のものを、あちこちから仕入れているらしい。美味しいわけだ。

出典: hidekimiさんの口コミ

・生ちちソフトクリーム
不思議だなーと思ったら、これ固いんですよ。普通のソフトクリームを想像しないほうがいいです。食感はのびーるトルコアイスみたいの(カップで売ってるやつ)もっと固いかもな。そして乳臭い!って言うのとまた違うんだよなぁ。冬場だから脂肪分高いし、そのせいなのかな。

出典: onikumaさんの口コミ

味の美和

3.27

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

味の美和 - 味の美和

登別駅から北西の方角へ徒歩約3分、登別停車場線を一本南西に入った通りにあるお店。

緑色の屋根とオレンジの外壁が目印で、店内は素朴な食堂を思わせる内観とのことです。

こちらのお店は、地元の人々御用達の食堂として長年登別で愛されてきたお店なんだそう。

カレーやラーメンなどの定番メニューの中でも、「あんかけラーメン」や「山菜ラーメン」など創意工夫のあるメニューがある様子。

味の美和 - 登別閻魔やきそば   700円

また、登別のご当地名物でもある「閻魔焼きそば」もラインアップに入っているとのこと。

何度足を運んでも飽きる事のない、多彩なメニューの種類も魅力の1つでもあるようです。

相変わらず熱いスープからは湯気が出ています。塩味がベースとなっているスープはまずまずの旨味に山菜の甘味が加わり中々良好。塩味も尖った感じでありません。隣で食べていた客が昔風のラーメンのようだとコメントしていましたが、今だからこそこのようなラーメンは結構ある気もします。

出典: X-townTokyoさんの口コミ

登別市内には数件が”登別閻魔焼きそば”をお店独自の味付けで提供しているようです。美和食堂のおばちゃん曰く、「ご飯に合うよ~」との一言に小ライス追加!ピリ辛の焼きそばの味はgoodでした。本当はビールが・・・!ちなみに味噌ラーメンはやさしい昭和の味!懐かしい味がgoodです。

出典: たにPさんの口コミ

そば処 福庵

3.27

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

そば処 福庵

登別駅から北西へ進むこと車で約40分、極楽通りの通り沿いにあるおそば屋さん。

店頭にあるのぼりと白い提灯が目印の店構えで、店内は落ち着いた和の趣漂う空間が広がっているそう。

そば処 福庵

こちらのお店では、自家製の手打ちそばが楽しめると幅広い世代の観光客に人気の様子。

細目の麺でコシもしっかりあり、またそばつゆも非常に芳醇で豊かな香りのそばが楽しめるんだとか。

そば処 福庵 - えび天丼セット

またそばとあわせて、このお店では海老天ののった天丼も人気メニューの1つとのこと。

天丼と手打ちそばをあわせて楽しめる、欲張りなセットメニューも好評となっているようです。

えび天は4本入りで、衣は少し多めに付けられています。えび天とその下のご飯には絶妙なバランスの特製ダレがたっぷり。ご飯がよく進みます。小サイズのおそばは適度にコシがあり、つけ汁と相性がいい。

出典: ぽまーずさんの口コミ

お蕎麦は若干細めで、お蕎麦とつゆのバランスがとっても良いと思います。福庵さんが変わっているのは、「大盛り」を頼むと、普通盛りのセイロ+大盛り増量分の小さいセイロが一つのお盆に二つ載ってくるところ。最初見たときは驚きました(笑)

出典: Hippoさんの口コミ

カナディアンフライドチキン

3.26

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

カナディアンフライドチキン

幌別駅から西へ向かうこと徒歩約3分、北駅前通の通り沿い角にあるお店。

オレンジ色の看板と赤の店名が特徴の店構えで、店内は素朴なノスタルジック感のある空間とのこと。

カナディアンフライドチキン

こちらのお店では、店名の通りフライドチキンが名物グルメとして人気なんだそう。

ボリューミーな鶏モモ肉をカリッと揚げたという、食べ応えも抜群のチキンが楽しめると評判のようです。

カナディアンフライドチキン - フライドバーガー

またこのフライドチキンとあわせて人気なのが、これを挟んだ「フライドバーガー」とのこと。

バンズにキャベツやトマトとチキンを挟んだ、手作り感のある美味しいハンバーガーだそうです。

フライドバーガー、ポテトのS、コーラで700円台。わお。おいしそう、いただきまーす。うん。フライドチキンはジューシーでよいですね。チキンにかかっている若干酢の強いマヨネーズもいい。ポテトのサクサク感がおいしいです。

出典: 北のクウさんの口コミ

このチーズバーガー、重たいな。デフォルトの設定では、トマトが入ってるので抜いてもらったんだった。大きいチーズバーガーは、160gパティで560円。バンズは、軽く焼かれているので、底はサクサクしており、レタスギッチリ、パティはふわふわとしているが、食べごたえもあり、お手製感がすごい。

出典: 3係長さんの口コミ

三幸食堂

3.26

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

三幸食堂

幌別駅からまっすぐ北上すること徒歩約5分、中央通の通りを一本南に入った通りにあるお店。

重厚感のある黒い建物と小さな暖簾が目印で、店内は落ち着きのあるアットホームな雰囲気だそう。

三幸食堂 - もりそば

こちらのお店は食堂でありながらも、おそばが美味しいお店として地元の方々に人気なんだとか。

コシのある手打ちのそばは、いくつかの種類のそば粉をブレンドしたものを使ったりしているようです。

また、そばとあわせて、天ぷらやカツなどの揚げ物メニューや丼なども好評の様子。

天丼やかつ丼などのボリューミーな丼と、そばをセットで注文して両方楽しんでいる方も多いんだとか。

天ぷらは、ピーマン、茄子、南瓜、海老2本。カラッと揚がった天ぷら、衣は味がわからない控えめが良い。塩がなかったので、蕎麦汁で食べたんだけど、あっさり衣には塩が合うはず。蕎麦はエッジのきいた田舎そば。風味はわからなかったけど、基本的な歯ごたえとコシ。

出典: 狸ののぐりさんの口コミ

少し待っていると天丼とミニお蕎麦のセットがやってきたので早速、実食しましたが美味しいです。揚げたてサクサクの天ぷらはいつ食べても美味しい、単体で天つゆとか抹茶塩とかで食べたいと思いました。

出典: hirorin197804さんの口コミ

レストラン桜

3.25

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

登別駅から北上すること徒歩約15分、洞爺湖登別線を一本東へ入ったところにある、のぼりべつ地ビール館2Fにあるレストラン。

建物の中に入り上に上がると、お店の入口があるようです。

レストラン桜 - 赤鬼レッドエール

こちらのお店では、工場直送の地ビールが人気で、青鬼、赤鬼、金鬼などの種類があり、飲み比べができるセットがあるのも嬉しいポイントとのこと。

ランチタイムからこのビールを求めてここを訪れ、食事と一緒に楽しむ方も多いんだとか。

レストラン桜 - 閻魔やきそば

ランチで味わえる食事メニューも、がっつりしたものやビールのつまみなど、種類豊富な点も好評だとか。

写真は「鬼伝説ビール」と合わせて楽しむのにぴったりだという、登別名物グルメの「閻魔焼きそば」。

ビールと合わせて注文すると、割引になるプランもあるとのこと。

私はその後、金鬼ペールエールを2杯。外国人夫は、赤鬼レッドエール1杯と金鬼ペールエールを2杯。金鬼ペールエールのフルーティーな香り、キレのあるクリーンな苦みを楽しみました。鮮度バツグンだからより美味しく感じます。温泉に入った後に飲みたいビールは青鬼ピルスナーかな。

出典: さや三毛さんの口コミ

鬼伝説のペールエール、アンバーエール。つまみはポテトフライと枝豆と閻魔焼きそば。鬼伝説のビールファンです。特にピルスナーは素晴らしい。東京で見かけたらついつい飲んでしまう銘柄です。

出典: ta-ma581さんの口コミ

麺処 そめいよしの 登別店

3.13

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

麺処 そめいよしの 登別店

鷲別駅から北東へ進むこと徒歩約7分、国道782号線の通り沿い角にあるラーメン屋さん。

紅色の看板に金色の店名が目を引く店構えで、店内は温かみを感じる空間が広がっているようです。

麺処 そめいよしの 登別店

こちらのお店では、旨味たっぷりの魚介出汁を感じられるラーメンが人気の様子。

期間限定メニューなども提供しており、登別ならではの「カレーラーメン」も楽しめると人気なんだとか。

麺処 そめいよしの 登別店

また、定番となっている名物ラーメンはやはり醤油とのこと。

ボリューミーなチャーシューがごろごろと大量にのったラーメンや、丼などのサイドメニューも評判を呼んでいるようです。

・カレーラーメン
カレーラーメン美味い!室蘭エリアでは各店様々なカレーラーメンを提供してますがコチラの特徴はズバリスパイシー!練りにねって作られたラーメンだなぁと感じました。ボリュームもクオリティもかなりGOODです!( ̄∇ ̄)

出典: kazawa★さんの口コミ

・魚介出汁の醤油ラーメン
スープ..昆布が前面に出てますかね?旨味は充分感じますが煮干しとか鰹節は主張してきません。甘さが強いですね。麺は白っぽい細めのほぼストレート。加水率が低いのかどんどん柔らかくなってきます。チャーシューは獣臭が残るタイプ。

出典: kabo-chaさんの口コミ

登別にあるディナーにおすすめのお店

香龍飯店

3.41

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

香龍飯店

富浦駅から南西へ向かうこと車で約10分、国道36号線の通り沿いにある中華料理のお店。

目を引く二つの赤い看板が目印で、店内も素朴で大衆的な雰囲気の造りなんだとか。

こちらのお店はいわゆる大衆中華食堂として、地元の人を中心に人気のお店とのこと。

コスパ良く本格的な中華を楽しめるとして、幅広い世代の層の方々に支持され続けているお店のようです。

香龍飯店 - 麺をパリパリに揚げてもらいました。

中でも名物となっているのは、焼きそばやチャーハンにあんをかけたメニューの様子。

とろとろ熱々のあんと食欲をそそる味付けのメニューが、相性抜群でお酒も進むと評判なんだとか。

焼きそばセットは、メニューに書いてはいませんでしたが、これに小ライスもついてきました。大きいお皿にあんかけ焼きそばがたくさん入って、女性にはボリューム満点過ぎでした。チンジャオロース定食も色々ついて1000円とは、単品で注文するより断然お得です。噂通り、美味しく頂けました。

出典: ハルコールさんの口コミ

一見目立たない感じですが、いつもお客さんでいっぱいです。それもそのはずで食べるとわかるのですが、コストパフォーマンスが異常に高い。定食を食べることが多いですが、きれいな白の器に色鮮やかな料理が並びます。店主はおそらく器にも結構気を使われていると思います。五目あんかけ等の大皿も見事です。

出典: micky4113さんの口コミ

麺匠 とぐち

3.30

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

鷲別駅から北東へ進むこと車で約10分、国道36号線の通り沿いにあるラーメン屋さん。

黒を基調とした建物と白い看板が目を引く店構えで、内観は木の温もりあふれる雰囲気の様子。

麺匠 とぐち - カレーラーメン + 半チャン

こちらのラーメン屋さんでは、登別名物の「カレーラーメン」をはじめ、ラーメンが種類豊富に揃っているそう。

カレーラーメンは少々とろみのある、まろやかなスープが特徴的とのこと。

また、こちらも北海道では人気の高い、味噌ラーメンなども評判なんだとか。

写真の濃厚でコクのある「特製極味噌ラーメン」のほか、味噌のスープにエビなどの魚介の風味が感じられる、「海老味噌ラーメン」などが味わえるそうです。

・海老味噌
具材として車海老が入っており、手で殻をむきますが殻入れとおしぼり有で不便はなし。プリッとした海老の身まで楽しめます。トータルで美味しく完成度の高いラーメン。室蘭界隈で22時以降でも入れるラーメン屋さんとしては数少ない貴重な選択肢のお店です。

出典: セシモテレビさんの口コミ

・カレーラーメン
スープは大王系のルーとは違うとぐちらしいなめらかトロトロタイプ。トンコツの旨味にまろやかなスパイシーさが豚の甘さ引き立つカレーラーメンにはワカメ入ってるんだマー坊さんどかしちゃうなぁ・・・カレーに合わてるか否かの丸チャー形やんわり味入り。

出典: トムさんの口コミ

いせくら

3.23

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: -

登別駅から北西へ向かうこと車で約40分、登別温泉街の極楽通りの通り沿いにあるお店。

白い外壁のお店の歴史を感じられる店構えが特徴的で、店内はゆっくりとくつろげるアットホームな雰囲気も人気だそうです。

いせくら

こちらのお店は、セルフで楽しめる炭火焼きとラーメンが名物なんだとか。

中でもトマトをベースとした、真っ赤な見た目がインパクト大の「鬼火ラーメン」が人気のようです。

また、登別名物の1つでもある「閻魔焼きそば」もこのお店では楽しめるそう。

お酒を飲んだ後の〆や、最後に一杯だけ、といったシーンで利用されることの多いお店となっているようです。

素揚げしたピーマンがめちゃ美味しい!う~ん自宅でも真似しよう。トマトとナスとピーマンと彩りも良く美味しかったです。たまにすごく食べたくなるトマトラーメン(その割にあまり食べれるところがない)旅行気分を満喫しました。

出典: えぞむらさきさんの口コミ

お!赤鬼のスープは思ったよりコクがあります♪ただ辛いだけという感じではないのです。思ったよりかなりいいぞ!麺は中太の縮れ麺で、いわゆる札幌麺という感じ。堅さは普通くらいで、スープとの相性は良いですね♪

出典: はぴ☆ぱら なおりんさんの口コミ

やきとり一平 若草店

3.21

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: -

鷲別駅から北東へ進むこと車で約10分、中央通り沿いの一本南東側にある裏道のお店。

和風家屋のような豪勢な店構えが目印で、店内は落ち着いた和モダンな空間が広がるそう。

こちらのお店では、このエリアのご当地グルメでもある、室蘭焼き鳥が楽しめるとのこと。

室蘭焼き鳥は豚肉と玉ねぎを使用した、洋がらしで食べる一風変わった焼き鳥のことなんだとか。

やきとり一平 若草店

室蘭焼き鳥とあわせて、登別名物の「閻魔焼きそば」も楽しめるそう。

登別の美味しいグルメをたくさん味わえるとして、観光客からも地元民からも支持されている居酒屋さんのようです。

やはり、室蘭のやきとりは、塩ではなくタレ。精肉といわれるブタをたっぷりのタレで味あうのが室蘭流。本当は塩が好きだが、室蘭に来たら、タレで食べることが多い。今回も精肉、タン、レバー、トントロを頼んだが、トントロのみ塩で、あとはレバーでいただいた。

出典: VAAMさんの口コミ

焼きそばは、平たい麺で、ちょっとピリ辛。母親も、美味しいと満足して食べていました。焼き鳥プレートは、御飯の上に焼き鳥、横にサラダなどが付いてます。思ったより、ボリュームはあります(^^)追加で他の焼き鳥も頼みます。レバー、ハツ、タン、砂肝、牛サガリ‼︎旦那はビールまで頼みます( *`ω´)

出典: ちびらさんの口コミ

スーリヤ 登別室蘭店

3.08

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

スーリヤ 登別室蘭店 - 雰囲気があって清潔な印象を抱く

鷲別駅から北東へ進むこと車で約10分、中央通の通り沿いにあるカレーのお店。

茶色を基調としたウッディな雰囲気の店舗が目印で、店内も温かみのある雰囲気の空間だそう。

北海道ならではの名物グルメである、スープカレーもメニューにあるそうです。

ナンとライスの食べ放題プランがあるのも、多くの人に喜ばれているポイントの1つなんだとか。

スーリヤ 登別室蘭店 - チキンカレー¥780

こちらのお店は、本格的なネパールカレーが楽しめるお店とのこと。

また、モモやチキンティッカなどの、カレー以外の一品料理のラインナップもかなり充実しているようです。

スープカレーは見るからに香辛料が異国ミックス。スパイシーな香りがテーブル周辺を囲みました。期待に笑顔。辛さには段階があり(中・2~3)に設定しましたが結構な辛さを感じました。しかし、この辛めのフツーがこのスープカレーを美味しく頂く標準点なのかもしれません。

出典: SOUL・Mさんの口コミ

薄めのナンをつけて食べます。スープカレーは独特なのスパイスの香りがするので日本人は苦手かも。私は好きですがね。チキンはホロホロに煮てあります。カボチャもアスパラもデカイです。兎に角、具材がふんだんです。ラッキー(^O^)タンドリーチキンの添えもんのサラダをナンに挟みます。旨し!

出典: カツファイティング大盛りさんの口コミ

※本記事は、2021/05/20に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ