札幌もいいけど小樽もいいべさ!地元民が選ぶ「ラーメン」の名店5選♪

出典: おーんぷさん

札幌もいいけど小樽もいいべさ!地元民が選ぶ「ラーメン」の名店5選♪

小樽在住、小樽育ちの地元民が選んだ小樽のラーメン店5選! 札幌は札幌の良さがあるし、旭川も函館もラーメンで有名・・・。じゃあ小樽は!?運河だけ!?ラーメンは!? 小樽の美味しいラーメンやさんを紹介しようではないか! そんな感じで紹介して行きます。

キーワード
みそラーメン
塩ラーメン
醤油ラーメン

記事作成日:2018/06/08

1467view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※あくまで個人的感想です。ラーメンは好みが分かれます。

ラーメンは難しい。
美味しいといわれて行ってみたら・・・。多々あります。
そしてそのお店にも、美味しい日、ハズレの日があったりして。連れて行ってアレ?と自分も相手も思うこともしばしば・・・。
安定感は大事ですけれど、個人的にココならハズレがないかな!と思うお店を厳選しました。

8805c3ffb8199613d916f027fd88154b

らーめん みかんの味噌ラーメン

Clear

小樽で味噌ラーメン食べるならココ!
札幌の味噌ラーメンも美味しいですが小樽も負けてない・・・!
南樽市場(なんたるいちば)という地元に愛されている市場の敷地内にあるラーメン屋さん。
カウンター席数席と、テーブル席が4席ほど。
お店はそこまで広くはありませんが、
ラーメンのクオリティは高いです。

あっつあつに熱されたラードスープ。
縮れ麺が巧く絡んで美味しいんです。
麺の固さもよく、
小樽で味噌食べるならココでしょう。

数量限定ですが、チャーハンも美味しいです。味噌ラーメンと絶妙に合うので病みつきになること間違いなし。

らーめん初代の新塩ラーメン

Clear

画像はお借りしました。
らーめん初代。
札幌のエスタにもある人気店。
よく行列になっています。
カウンター席が10席ちょっと
テーブル席が3席か4席かな。
BGMがいつもオサレな洋楽がかかっています。
お水の代わりに麦茶ってのもいいですね。

オススメは新塩ラーメン。
白たまり醤油、醤油、元塩、味噌を差し置いて、新塩が一番好きです。

スープは魚介系で、やや濃厚さがあります。
ホタテのアクセントが強く、魚介苦手な方は塩系は頼まないほうが良いかも。

なんといっても、オススメはスープの奥深さ
麺も美味しいですが、スープがうんまい。
もうスープだけでご飯頂けます。
チャーマヨってのもありますけど、
自分はいつもライスを頼みます。
ライスについてくる、そぼろが美味しいんですよね。ご飯好きの気持ちを大変わかっていらっしゃる。

日によって味にややバラツキがあるものの、安定して美味しいのはさすがでしょうか。

らーめん渡海家の醤油ラーメン

Clear

最初に断ると、こちらのラーメンは人を選びます。
ラーメンだけど、ラーメンじゃないし。
個人的に1位っちゃ1位にしたかったんだけど。万人受けするほうが1位なのが良いし、
これ以上混んでも困るしってことでこの順位。そんな影響力は自身皆無ですが。

もし道外から北海道に来てラーメン食べるなら上記の二店舗のうちどちらかに行けば間違いないです。

渡海家さん。最近は12時オープンが当たり前になってきましたね。
仕込みに時間がかかるのかな・・・。
11時すぎに狙って行くも、本日12時オープンの張り紙があって中々行けていないです。食べたいなぁ。

大分主観が入ってしまいましたが、
こちらのラーメンはフレンチシェフが作る丁寧な味付けのラーメンなんです。
ガツン系じゃなく、後からふわっと来る感じ。とっても美味しいいいスープなんですよね。
みかんはガツン系、初代はご飯進む系、
渡海家は深く味わう系でしょうか。
味を表現するのは難しいですが。

麺は細めんですし、
スープはやや薄味な印象でしょうか。
薄味と称しましたが実際は決して薄くはないんですよね。深いんですよ。出汁がね。
この出汁の感じが好みというか。

上に乗っている豚バラ肉のチャーシューから出る豚の旨みとスープの旨みが食べ進めると巧い具合に調和して良い感じになるんですよね。
味の変化を楽しめるのが楽しい。
これがフレンチなのかなって思えるぐらい。

醤油もおすすめですが、
味噌も美味しいです。
ニンニクチャーシュー味噌だっけかな?
自分で途中で辛みそをいれ味変するスタイルもまたいい。

で!!米好きな自分を唸らせたこちらの
「鰹めし」大と小がありますが是非食べるべし。
出汁で炊いたご飯とカツオの絡みがさいっこうにいいんです!!単品でも食べたいぐらい!!

熱く語らいすぎましたね。
とってもオススメのお店ではありますが、
人を選ぶお店ではあることに間違いないです。
小樽駅から徒歩3分圏内にありますが、
道外から「北海道ラーメン」を食べに来た方は違う店に行くことをオススメします。

あっぱれ亭 手宮店の合わせ味噌ラーメン

Clear

画像はお借りしました。

あっぱれ亭という小樽市内で二店舗あるお店の「合わせ味噌ラーメン」
上記三店舗で大分語らいすぎたので、簡潔に書きます。

あっぱれ亭はトンコツ系のスープですが、
トンコツの臭さが苦手な自分でも頂けるぐらい美味しいんですよね。
味噌やら塩やら色々ありますが、
オススメは「合わせ味噌」
白味噌は甘すぎるし、赤味噌は正直キリっとしすぎているので、
結局「合わせ:へ行き着きました。

チャーシューの上に生姜が乗っている王道な北海道味噌ラーメンですが、
味噌の香りやら、麺の量やら、ご飯にあうお味噌の風味やら。結構お気に入りです。

ただ日によって結構味にバラツキがあるのが難点。
奥沢が美味しいときもあるし手宮が美味しいときもあるし。
大体安定しているのは手宮店だと思います。
ただ奥沢はサイドメニューが充実していて、テーブル席が落ち着けるので奥沢店のが重宝しています。

らーめん処 小樽坂の「たるっこラーメン」

Clear

小樽築港駅直結
ウィングベイ小樽にあるラーメン屋さん。

このラーメン屋さん、いいんですよね。
まずもって、スープが美味しい。
「たるっこラーメン」
これがオススメです。
お出汁がしっかり効いていて、塩気も良い感じで。
麺への絡みも良い感じで。

普段使いにはとってもいいお店なんです。
味のバラツキもほぼなく、安定しているのがいいですね。
ただ、具材が取ってつけたような点だけは・・・。
わざわざ遠くから来て食べるようなラーメンではありませんが、
地元民が普段食べているのはこんな感じのラーメンだってことが分かっていただければまとめ甲斐があるかな。

上三つはガチ。下二つは普段使い。

初代を食べたいときもあれば、みかんを食べたいときもある。
渡海家も食べたいし。
それは、美味しいものが食べたいとき。
あっぱれも、小樽坂も美味しいラーメンではあるけれど上記3店から比べたら「味」という意味では劣るかもしれない。
ただ、あっぱれが食べたいなー。今日は小樽坂の気分だ~。
小樽市民に愛されている理由ってそこなんじゃないでしょうかね。
今回載せませんでしたが、実はそば屋でラーメン食べるのが小樽流なんです。
やまかの蕎麦だったり、三門そばだったり。蕎麦を食べずにラーメンを食べる。信じられないかもしれませんがそういう市民も多いんですよね。

つくづくラーメンは奥深いなぁって思います。

※本記事は、2018/06/08に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ