地味だけど滋味深い!!【佐賀ラーメンの名店・良店21選】

出典: がーそーさん

地味だけど滋味深い!!【佐賀ラーメンの名店・良店21選】

豚骨ラーメンといえば福岡・久留米を思い浮かべる方が大半なのかもしれませんが。 佐賀はクオリティの高い豚骨ラーメンのお店が本当に多いご当地ラーメンです。 大きな革新の波は押し寄せなかったのか、昔ながらの地味なラーメンが多いですが、味の方は侮れません。

キーワード
ご当地グルメ
とんこつラーメン
塩ラーメン
醤油ラーメン
肉料理
駐車場あり

更新日:2018/06/06 (2018/06/05作成)

1142view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隠れた豚骨ラーメンのメッカ「佐賀」

個人的に「宿題」と思っていた、佐賀ラーメンのまとめ。
重い腰を上げ、とりあえず作ってみました。
2018年6月現在の食べログランキング順に掲載。
高得点店であっても掲載していないお店もありますし、68位でも掲載しているお店もあります。

幸陽閣

Clear

ラーメン屋がきつくて焼肉屋に転向するも、ラーメンを求めるお客さんが多くて結局ラーメン屋へ戻ったお店。
濃厚コッテリタイプのスープで、地味な佐賀ラーメンの中でも、若者ウケしやすいお店と言えそうです。
ラードがまだら模様を描く、ぶ厚い旨味のスープは、トッピングや麺ですらもオマケと感じるインパクトがあります。

店主さんはご高齢のため、あと数年で消えゆくレジェンドの一軒でしょう。

いちげん

Clear

もとむら出身の店主。

こちらもラード追加タイプの佐賀ラーメンながらも、また幸陽閣とは違ったタイプのラーメンです。
伝統的でありつつも新しさを感じる佐賀ラーメン。

旨味の切れ味が鋭い日は、他の追随を許さない一杯を提供されます。

このお店の浅くて広い丼には、いろいろなメッセージや有名ラーメン店の屋号などが描かれています。どのような経緯で描かれているのかは不明ですが、それを読むのも楽しみです。

らーめん もとむら

Clear

旧「一休軒鍋島店」。
一休軒は頭骨スープだったのに対し、もとむらはげんこつを使用。
弟子のいちげんとは違い、ラードを入れていないアッサリとしたスープです。
ハズレの日は水っぽいスープの時もあるという噂ですが、俺は今のところ美味しい日にしか訪問していません♪

息子さんという跡継ぎがいらっしゃいますが、現在の店主の引退ももう間近でしょう。
こちらの店主さんも、佐賀ラーメンのレジェンドと言える存在だと思います。

大臣閣

Clear

早逝された店主のお母様と妹さんで営業されています。
油脂感のフレッシュさに特徴のある、頭骨ベースのスープ。
結構コッテリ目のスープのお店です。

焼肉系メニューもあります。
ご高齢のお母様はマスコット的な存在かも。

ビッグワン

Clear

佐賀駅で下車してすぐに頂ける佐賀ラーメンはこちら。

塩気の強いスープはげんこつをメインに使用している印象。
麺の食べごたえもあります。

ヤングラーメン(380円)は学生ラーメンって訳ではなく、トッピングのない素ラーメンです。

麺家ぶらっくぴっぐ

Clear

通称「ぶらぴ」。
俺に佐賀ラーメンの美味しさを教えてくれたお店でもあります。

麺は自家製。
スープは頭骨ベースと思われます。タレと出汁のバランスの良いスープです。
チャーシューが美味しいのもこちらの特徴ですね。

店内や店主さんからはアメカジテイストが漂っています。

盛多や

Clear

脅威の1コイン切りラーメン。
メッチャ美味しいんです。それなのにデフォルトのラーメンで480円。
そんなに経営努力しなくてもいいんじゃないの?と思ってしまいます。

丸幸ラーメンセンター出身の店主さんと聞きますが、確かにスープは似ています。独特のスープの風味は、丸幸と同じく圧力鍋による炊き出しのためなのでは?と想像したり。
が、断然こっちが美味しくて、上位互換です。

田の久

Clear

唐津4強とは、俺が勝手に命名した唐津の代表的なラーメン店4店のことです。
「一竜軒」(閉店)・「関東軒」・「むらまさ」「田の久」を指します。

こちらは4強の中で一番の濃厚コッテリ・ド豚骨のラーメンです。
ラードもタレも強く、花鳥もパリっと使っています。
メリハリのある強い旨味の一杯は、若者ウケも一般ウケもすると思います。

博多ラーメンのんぶー

Clear

屋号は博多ラーメンを謳っていらっしゃいますが、俺には粉うことなく佐賀のラーメンです。

臭みのない上質な、頭骨ベースと思われるスープ。
チャーシューも元肉屋さんらしい素晴らしい仕上がり。
卓上の惣菜も、どれも実に美味しい。
隣のコインパーキングの100円割引券もいただけます。
これで一杯600円…。

一光軒

Clear

北九州と唐津に偉大な足跡を残した「一竜軒」唯一のお弟子さんのお店。
一竜軒の味を継ぐのはこのお店なのでしょう。

新たな唐津4強の一角を担うお店となりそうです。
厳木だけど。

来来軒

Clear

ミシュラン掲載を断った、神崎の老舗ラーメン店。
老夫婦そろって相当なお喋りです。

こちらも営業は本当にここ1~2年なんだろうな。
明日閉店してもおかしくはない。
もう一回食べにいかないといけませんね。

松福

Clear

鹿島では一押しのラーメン店。
このお店を発掘したのは、食べログの功績とすら思います。

スープをどの豚骨でとっていらっしゃるのかは不明。
ちょっと詳細不明系のスープなんです。
以前は豚足風味があった時も…。

カレーもメニューにありますが、スパイスで豚骨の旨味が消し飛ぶ事もない味付けで感心してしまいました。

関東軒

Clear

唐津4強の一角。

鶏ガラベースの醤油ラーメンという特徴のある一杯。
麺もピロピロとした食感の平打ち麺。
チャーシューも分厚いのが嬉しいです。

味納喜知 伊万里店

Clear

武雄から発進され、現在本店は伊万里のようです。佐賀市内にも支店が最近進出。
元力士の店主さんのお店です。

タレ重視のスープと、細麺という博多テイストのあるラーメンです。

須彌亭

Clear

塩ラーメンはご覧の通りの透明度。
錦糸卵のトッピングもあり、特徴的な一杯です。(この錦糸卵のトッピング文化について、詳しく知りたいのですが。三角形の錦糸卵を入れているお店もあります。ペルー軒とか。)
ガーリックパウダーもかかっており、後半の味変に一役買っています。

知っている人は知っている、江北町のラーメン店です。

ラーメン金星

国道34号線沿いのラーメン店。

塩ッ気がありつつも、旨味のあるスープにツルツルっとした麺。
チャーシューは厚切りで美味です。
チャーシューメンとなると、写真のような一杯が出てくるそうです。

鳥栖に近いという事もあり、佐賀ラーメンらしさは然程感じませんが、美味しいです。

竹林 有田店

Clear

佐賀県西部・長崎県北部でチェーン展開していた豚骨ラーメン店。
ここ有田店が本店のようですが、伊万里にもお店があります。
鹿島店は閉店、長崎佐々町あたりのお店は独立されたよう。
以前よりは店舗数が減っている印象があります。
長崎県南部への出店希望。

味濃喜知と同じく、博多系の豚骨ラーメンを出すお店です。
かなりの低加水麺ですので、ハリガネやバリカタでオーダーすると、ザクザクとした食感が楽しめます。

すばる

Clear

こちらは未訪問のお店。
大砲ラーメン出身の店主さんだそうです。

ちなみにこのまとめでは、大砲ラーメンの支店は掲載しておりません。
美味しいんですけれど、久留米ラーメンの有名店ですからね。
でも、こちらは独立系なので掲載。

ラーメンのビジュアルから、まず美味しくない訳がないと思ってもいますが、果たして実際はどうか。

竜里

Clear

今は無き名店「一竜軒」の跡地で営業されているお店。
もしかしたら、唐津4強の一角となるお店なのかもしれません。

一竜軒出入りの麺業者さんが、兼業でされているお店とも聞きます。
今はどうか知らないけど、開業当初は仕込みは宮崎さんがしていたという話も…。

こちらも未訪問店ですが掲載。

秀ちゃんラーメン

Clear

白石町の田んぼの中にあるラーメン店。
数年前のラーメンウォーカー2016九州版では、佐賀ラーメン部門の4位にランクインしていました。

泡立ちのあるエスプレッソタイプの頭骨ベースのスープ。
スープはちょっとタレが強いタイプ。
出汁スープの旨味が当たれば、相当美味しくなるラーメンだと思います。

一休軒さがラーメン

Clear

こちらも未訪問店。
一休軒の屋号を冠するのはいまやこのお店だけなのかもしれません。
本店跡地のお店は、屋号を買い取った別物と聞きますし、訪問してもピンときませんでした。

こちらは先に訪問したラーメン仲間の評価も上々であったため掲載。
近々伺いたいお店です

※本記事は、2018/06/06に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ