滋賀観光におすすめ! 人気のグルメスポットまとめ 20選

出典: こたじろさん

滋賀観光におすすめ! 人気のグルメスポットまとめ 20選

滋賀県は海なしの内陸県であり、海産物のグルメは乏しく、琵琶湖の幸や山の幸、そしてなにより近江牛が主力の肉食県であります。イメージはないですが、他県の人の感想では、焼肉店が多いようです。その他、最近隆盛を誇るクラブハリエを初め、滋賀ならではのご当地グルメ、郷土料理を紹介して参ります。

キーワード
ご当地グルメ
カキ氷
ビュッフェ
テラス
食べ歩き
名物
肉料理
駅前・駅近
インスタ映え
お土産

更新日:2018/04/18 (2018/04/17作成)

12874view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる2374の口コミを参考にまとめました。

びわ湖だけではない、滋賀グルメの魅力をまとめました。

滋賀グルメというと、近江牛を初め、湖魚、川魚、鮒ずし、鴨すき、といったところが一般的でしょうか。その他、郷土料理やスイーツをまとめてみました。
まとめを作成するにあたり、多くのレビュアー様の写真を使用させていただきました。ありがとうございます。

翼果楼

3.73

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

滋賀県長浜市の郷土料理、「鯖そうめん」
鯖の煮汁で甘辛く味付けされた素麺の
上に、柔らかく煮込まれた鯖を乗せた、
まさにご当地グルメな、個性ある一品。
鯖は骨まで柔らかく煮込まれています。
長浜を訪れた際は是非訪問してみてください。

築2百年の商家の趣をそのままに、
雰囲気ある食事を楽しむことができます。

長浜の観光地「黒壁スクエア」の一角、
北国街道沿いにお店はあります。
休日は行列の人気店です。

松茸屋魚松

3.51

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥8,000~¥9,999

忍者の里「甲賀」にある、
近江牛と松茸が食べ放題という、
伝説のお店。
通称「あばれ食い」
観光バスも多く、ちょっとした
観光名所になっています。
甲賀市と信楽に2店舗営業されています。

松茸は国産ではないものの、
すき焼きを初め、土瓶蒸しに、松茸ごはん
等も味わえます。
一生分松茸が食べられるがコンセプト。
しばらく、松茸は見たくない状態になるそうです。
国産松茸のコースもあるようです。

あばれ食いは7000円(税別)。
これが高いか、安いか。
限界まで空腹にして、確かめてください。

近江牛レストラン ティファニー

3.68

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

近江八幡の駅前にある、
近江牛を扱ったレストラン。
カジュアルに近江牛を楽しむには、
最適の1軒です。

お手頃な価格帯から、
本格的なステーキまで。
近江八幡の有名観光地である、八幡掘りも
徒歩圏内。
建物の1階では、直営の精肉店も営業されています。食べ歩きに、近江牛コロッケや、メンチカツもおススメです。

鮎茶屋 かわせ

3.53

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

滋賀の湖北、田園の中に佇む鮎の専門店。
鮎の塩焼きはもちろん、刺身、から揚げ、
天ぷら、南蛮漬け、鮎雑炊と、鮎のフルコースが堪能できます。
期間限定で、鮎の食べ放題もあるようです。
まさに鮎三昧の鮎御殿です。

生産者直営なので新鮮そのもの。
まだピクピク生きています。

この雰囲気がまたいい。
開放的な気分でゆっくりと寛ぎながら、鮎の塩焼きとお酒は最高です。
日本人で良かったと思う瞬間。

ラ コリーナ近江八幡

3.68

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

滋賀を席巻するクラブハリエグループの旗艦店「ラ・コリーナ」。
広大な敷地に、ジブリの世界のような空間が広がります。
まるでスイーツのテーマパーク。とにかくスケールが大きいです。
休日は観光客で賑わいます。

クラブハリエの代名詞ともいえる「バームクーヘン」。
焼きたて、出来立てを味わえるのは、ここ「ラ・コリーナ」だけの特典となっています。

敷地内はのどかな自然も堪能できます。
中庭のような場所には、田園が広がります。
自然との共生も、コンセプトのひとつのように感じます。

ラ・コリーナ内にはカフェも点在。
こちらはカステラ工房のカフェとなっています。
癒しのカフェタイムをどうぞ。

びわ湖テラス

3.48

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

滋賀の湖西、山頂よりの景観が話題の、
天空のカフェ。
ロープウェイで山頂まで行くことが出来ます。

フードにもこだわりアリ、景観だけではありません。
琵琶湖を上から見下ろしながら、サンドウィッチやクラフトビールを味わうことができます。

話題の水面つながりの景色。
インスタ映えもバッチリです。

雲海も眺めることができるかも。
雲の中か、雲海か、
運試しをどうぞ。

ちゃんぽん亭総本家 本店

3.24

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

滋賀県ではよく見かける、「近江ちゃんぽん」のお店。
かつお、昆布ベースの和風出汁に、野菜の甘みがたっぷり染み出したスープが特徴です。
彦根市発祥の滋賀のソウルフードとなっています。

写真は「チゲちゃんぽん」。
この他、味噌、あんかけなど、お店によってバリエーションは豊富。
後半に酢を加えての味変も、通の食べ方です。

滋賀ではチェーン展開されていて、どこの街でも見かける、お馴染みのお店。
滋賀県民にはごく身近な存在です。

焼肉 竹

3.57

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

近江牛で肉祭り。
近江牛といえば高級なイメージがありますが、手軽に焼肉はいかがでしょう。
無数にある県内の焼肉店の中で、おススメの1軒です。

これはもはや、焼肉店で出てくる肉の品質ではない!希少部位も楽しめます。
サイドメニューも充実のラインナップです。

家族経営のアットホームな雰囲気。
焼肉の醍醐味が堪能できます。

ひょうたんや

3.35

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

近江牛を“しゃぶしゃぶ”。
近江八幡駅前にある、“つゆしゃぶ”のお店。
近江八幡近辺には、近江牛を扱うお店が集中しています。
近江牛とブランド豚の食べ比べも楽しみな食べ方。焼肉、すき焼きも定番ですが、しゃぶしゃぶも捨てがたいですね。

しゃぶしゃぶなので、食べ応えがさっぱり、あっさり。
どれだけでもお腹に収まる感覚です。
止まらない味わいは、こちらならではの希少な食べ応え。女性にも受けるのではないでしょうか。
お酒も進んでしまいます。

つゆにネギをたっぷりと投入していただくスタイル。お肉でネギをたっぷりと巻いて食べるのが、また美味しい。
〆は日本蕎麦となっています。

毛利志満 近江八幡本店

3.66

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

滋賀県に近江牛の老舗店は数あれど、あえて選ぶならの1軒。
近江牛の東の横綱ともいうべき、「毛利志満」さんです。
お昼の定食から、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキまで。
はずしたくない、手堅く満足したい方に。

近江牛の肉寿司。
1品メニューも用意されています。

近江八幡の国道沿いに、どっしりと営業されています。

栃生梅竹

3.68

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

福井より滋賀の湖西を通過して、京都まで伸びる「鯖街道」。
鯖街道には鯖寿司を扱うお店が点在していますが、その中でも人気の1軒です。

脂がのったとろとろの鯖寿司から、焼鯖すしまで。こちらはイートインコーナーでいただくこともできます。
まずは基本の鯖寿司を堪能してみてください。
鯖寿司の概念が覆ります。

鯖街道は非常に自然豊かで、ドライブコースとしても最適。
田舎ドライブで、鯖寿司めぐりはいかがでしょう。

志じみ茶屋 湖舟

3.56

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

紫式部で有名な石山寺の門前には、
瀬田川名物のしじみを扱うお店が、数軒営業されています。
湖舟さんでは、しじみ釜飯やしじみ釜飯カレー、お土産に鮒すしも購入できます。

小さなしじみがいっぱい入っています。
ほっこりとする滋味深い味わいです。

石山寺観光とセットで訪問してみてください。

茂美志゛や

3.47

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

長浜市の郷土料理「のっぺいうどん」。
熱々の餡に大きな椎茸がトッピングされた、あんかけうどんです。
出汁の効いた味付けは濃いめ、うどん自体は素朴な味わいでしょうか。
長浜市では観光客に人気の1軒となっています。

餡に細かく散らした玉子の中に、近江牛が1枚入っている、「近江牛のっぺいけいらん」です。

長浜の観光地「黒壁スクエア」の1角にお店はあります。
のっぺいうどんの他にも、鮒寿司やビワマス丼といった郷土料理も味わうことができます。

寿長生の郷

3.56

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

滋賀の和菓子の雄、「叶匠寿庵」の総本山。
滋賀の最南端、大津の瀬田川のほとりの丘陵地で、広大な面積で展開されています。
クラブハリエとは対照的なあるがままの自然。
その中で和菓子やお抹茶、食事を楽しむことができます。

春の名物の梅林。
季節ごと訪れたい場所です。

広大な敷地の中に、カフェや食事処が点在しています。

凛とした佇まい。
日本の和菓子の精神を、体現されたような雰囲気です。

たねや 守山玻璃絵館

3.44

夜の金額: -

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

滋賀の行列店といえば、たねや守山瑠璃絵館のペーストリーブッフェです。
いつも行列の人気店で、県外からの訪問客多数。
バームクーヘンをはじめ、スイーツ、和菓子の物販スペースもあり。

いわゆるスイーツの食べ放題です。
女性客が連日殺到しています。

人気のバームクーヘンの出来立てには、長蛇の列ができ、争奪戦が展開されます。

県内に数店あるクラブハリエグループの中でも、特に人気の高い1軒です。

糸切餅 元祖莚寿堂本舗

3.56

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

由緒ある多賀大社の門前にある、“糸切餅”を扱う1店。
3本のラインは、日本に襲来した蒙古軍の旗印に由来しているそうです。
壮大な由来ですが、味わいは少し塩味が効いていて、さっぱりとした甘さで何個でもパクパクといけてしまいます。

基本の糸切餅をはじめ、天ぷら、よもぎ味、かき氷といった季節メニューも豊富。

お正月やお祭りの際には、糸切餅を求めて、非常に賑わいます。

かねよ 本店

3.51

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

滋賀と京都の間の峠道、
逢坂山にあるうなぎ店。
インパクトを求められる方におススメ、
鰻の上に大きなだし巻き玉子が鎮座する、
名物「きんし丼」がいただけます。
観光の記念にいかがでしょう。

食べても食べても減らない玉子。
「きんし丼」という食べ物、
という感覚でいただきましょう。

庭を眺めながらの風情ある食事が
いただけます。

ひさご寿し

3.65

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

近江八幡市の中心部で営業されている「ひさご寿司」さん。
琵琶湖の幸を使ったお寿司はもちろんですが、珍しい郷土料理も色々といただくことができます。

滋賀の通の郷土料理「鮒寿司」。
和製チーズともいうべき、滋賀では最も個性ある郷土料理のひとつで、独特の味わい。
お酒との相性が最高な逸品です。

近江八幡の名物「赤こんにゃく」。
この他、本モロコ、小鮎、びわ鱒、鯉の小造りといった、珍味を味わうことができます。

観光客でも気軽に入店できる、敷居の低さも魅力です。
滋賀旅行の夜は、滋賀ならではの味わいを肴に、滋賀の地酒で1杯も贅沢です。

近江牛専門店 れすとらん 松喜屋 本店

3.64

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

全国に近江牛の名を広めたと言われる、
近江牛の老舗中の老舗。
西の横綱ともいうべき1軒です。

近江牛のステーキと赤ワインで乾杯。
たまには自分へのご褒美として、伺ってみても良いのでは。。
大人の贅沢、至福の時間です。

石山の歴史ある街並みの1角に、お店を構えておられます。

びわ湖花街道

3.50

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥6,000~¥7,999

大津市の雄琴温泉でいち押しのお宿。
泉質もとろっとしていて、お湯も食事も申し分なし。
写真は近江牛の水晶焼。
京都観光の拠点としても、近くて便利な温泉地です。

大正ロマンをコンセプトにされているような、純和風の雰囲気の綺麗なお宿です。
日帰りでも利用できます。

少し高台に立地されていて、
遠くに琵琶湖の景色が臨めます。

※本記事は、2018/04/18に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ