西日本ご当地グルメの代表店はココです!

西日本ご当地グルメの代表店はココです!

近畿・中国・四国・九州のご当地グルメが食べられるお店の中で、トップクラスの人気と断言していい名店をご紹介します

キーワード
ランチ
ご当地グルメ
坦々麺
おしゃれ
名物

更新日:2015/08/19 (2014/12/27作成)

6195view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

≪ガイドの方法について≫
【ご当地グルメ】→一般的に呼ばれているご当地グルメの名前
【場所】→そのご当地グルメが食べられる場所
【予算】→写真に写っているメニューのお値段
【お店タイプ】→「発祥店」「代表店」「名店」の3段階に大別
【おすすめ度】→そのご当地グルメの個人的なおすすめレベル

お店の順番は、京都府から西へ西へと順に並べてあります。
紹介してあるお店は、過去にレビューしたことがある場所に限ります。
ちなみに『農山漁村の郷土料理百選』に選定されているグルメに関しては別のまとめ記事に登録してあるので、そちらもぜひ参考にしてみてください (`・ω・´)ゞ

≪追加更新情報≫
2015.4.27
・ぶたかば重(岡山)

ラーメン いたろう

いたろう

【ご当地グルメ】津ぎょうざ
【場所】三重県津市
【予算】¥300
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
直径15cmの皮を使った巨大揚げ餃子。
元々は学校の給食メニューで、大量に作る手間を省くためにこのスタイルになったんだとか。

◆お店の特徴
女性客の多いカフェスタイルのラーメン屋。外食メニューで初めて津ぎょうざを提供したお店です。津ぎょうざの具に干しエビとラーメンスープを混ぜ込むスタイルは絶品。

まつもとの来来憲

まつもとの来来憲

【ご当地グルメ】四日市とんてき
【場所】三重県四日市市
【予算】¥1,510
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★★★

◆グルメ解説
極暑豚肉のステーキ。
濃厚なタレでソテーして、ニンニク・キャベツの千切りと一緒に盛り付けます。脂っこいのは当たり前!

◆お店の特徴
大衆的な中華料理店。常に満員御礼の超人気店です。250gの巨大とんてきを、あえて最後まで切り込まない「グローブ型」にカットするのが特徴。

新福菜館 本店

新福菜館 本店

【ご当地グルメ】京都ラーメン
【場所】京都府京都市周辺
【予算】¥850
【お店タイプ】発祥店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
土地柄からあっさりしたイメージがありますが、京都のラーメンはこってり濃厚スープが特徴。
基本的に醤油ベースが多いようです。

◆お店の特徴
JR京都駅のすぐ近くにある京都ラーメンの第1号店。飲みこんでから濃厚な醤油味が追いかけくるスープが強み。黒々としているヤキメシも名物。すぐ隣に建つもう一つの老舗『第一旭』も要チェック。

ゆばんざい こ豆や 錦店

ゆばんざい こ豆や 錦店

【ご当地グルメ】湯葉料理
【場所】京都府京都市
【予算】¥1,500
【お店タイプ】名店
【おすすめ度】★★★★

◆グルメ解説
豆乳を加熱した時に出る膜を引き上げたもの。和食らしいヘルシーな味と食感が楽しめます。お造りの他に揚げていただくのもアリ。

◆お店の特徴
錦市場の西出口近くにあるお店。湯葉を様々なおばんざいにアレンジしたものを食べられます。王道のお造りから、佃煮・サラダ・生春巻き・カルパッチョまで。観光の際はオススメの場所。

総本家にしんそば松葉

総本家にしんそば松葉

【ご当地グルメ】にしんそば
【場所】京都府京都市
【予算】¥1,200
【お店タイプ】発祥店
【おすすめ度】★★★

◆グルメ解説
ニシンの甘露煮を乗せたかけそば。中華麺のような白くてつるつるの麺に、ニシンの味が染みついたスープが特徴。北海道の名物料理でもあります。

◆お店の特徴
南座の隣にある文久元年(1861年)創業の超老舗。元々は芝居茶屋で、にしんそばは明治15年(1882年)に考案。無駄のない基礎のしっかりとした味が楽しめます。

茶寮都路里 祇園本店

茶寮都路里 祇園本店

【ご当地グルメ】和スイーツ
【場所】京都府京都市(祇園周辺)
【予算】¥1,296
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★★★

◆グルメ解説
京都の中でも特に祇園では、あちこちの甘味処で和パフェが食べられます。
全国各所で食べれるものではありますが、京都の和パフェは味のレベルが違う。

◆お店の特徴
素材は徹底的に自社のものを使っていて、それぞれが絶品のレベル。
看板メニューの『特選都路里パフェ』は、おそらく全国トップレベルの味と言って過言ないです。
平日の開店前でも行列ができるので、行くタイミングには要注意! ∑(。・Д・。)

麒麟園

麒麟園

【ご当地グルメ】激辛料理
【場所】京都府向日市(激辛商店街)
【予算】¥900
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★

◆グルメ解説
京都駅からJRで3駅、観光地からは外れた所に、「激辛商店街」と題して各店舗で激辛メニューを提供しようという町おこしプロジェクトが行われているのです。
このマニアック地帯の激辛メニューは本気の激辛。バラエティ仕様じゃないから辛いの苦手な人は気を付けた方がいいマジで。

◆お店の特徴
メニュー豊富な中華料理店です。
その中に麻婆豆腐・エビチリ・坦々麺が激辛スペシャルメニューとして注文できます。
中でも激辛坦々麺は、町おこしイベント『第1回KARA-1グランプリ』優勝の一品。辛くなければきっと美味かったのが分かる。

道頓堀くくる 本店

道頓堀くくる 本店

【ご当地グルメ】たこ焼き
【場所】大阪府大阪市(ミナミ)
【予算】¥1,350
【お店タイプ】名店
【おすすめ度】★★★★

◆グルメ紹介
道頓堀周辺はたこ焼き屋乱立地帯。
大阪のたこ焼きの美味さは縁日のそれとは比べ物にならぬ!
昭和初期は工場地帯だった大阪に、屋台で出されていた『ラジオ焼』なるものが進化したものだそうです。

◆お店の特徴
本店限定メニューの『名物びっくりたこ焼』は、身からタコの足が飛び出していて圧巻。味が変わるわけじゃないけど ( ̄∀ ̄)

元祖串かつ だるま 新世界総本店

元祖串かつ だるま 新世界総本店

【ご当地グルメ】串かつ
【場所】大阪府大阪市(新世界)
【予算】¥1,400
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★★

◆グルメ解説
通天閣のある一体『新世界』は串かつ屋の激戦区。肉も魚も野菜も串に刺して揚げちゃいます。生キャベツをつまみながらバクリ。ソースの二度漬け禁止!

◆お店の特徴
昭和4年創業の新世界一の老舗。大阪を中心に十数店舗を展開します。串かつの種類が豊富にもかかわらず偏屈なネタがない超王道店。もう一つの大阪名物『どて焼き』を頼むのを忘れずに。

官兵衛

官兵衛

【ご当地グルメ】出石皿そば
【場所】兵庫県豊岡市出石町
【予算】¥864
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★★

◆グルメ解説
・二八蕎麦を5皿に分けて出します
・つゆ・生卵・とろろ・おろし山葵・薬味が一緒に出てきて皿数が多いです
・小皿やとっくりは、真っ白な磁肌の『出石焼』を使います
・20皿以上食べると記念品が貰えるお店多し

◆お店の特徴
5枚の出石焼の皿底にはそれぞれ別の絵が施されているので、舌と目の両方で楽しめます (ノ∀`)

明石焼き ゴ

明石焼き ゴ

【ご当地グルメ】明石玉子焼
【場所】兵庫県明石市
【予算】¥670
【お店タイプ】名店
【おすすめ度】★★★★★

◆グルメ解説
関西では「明石焼」の愛称で親しまれていますが、本場明石では「玉子焼」と呼ぶそうです。
ダシにつけて食べるたこ焼きで、材料に鶏卵を使っていて生地がめっちゃ柔らかい。口に入れると茶碗蒸しのような優しい味が溶けるように広がります。
関西では一押しのご当地グルメ。食わずに死んだらアカン。

◆お店の特徴
JR明石駅から徒歩5分。全席座席でゆっくり食べられるお店。
どういうわけか読みの難しい漢字が壁一面に書かれている遊び心にも注目。
タコだけでなく、具を9種類から選ぶことができる。お腹に優しいので具を変えながらたくさん召し上がれ つ´∀`)つ

かつめし いろはーず

かつめし いろはーず

【ご当地グルメ】加古川かつめし
【場所】兵庫県加古川市
【予算】¥799
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★★★

◆グルメ解説
とんかつではなくビーフカツをご飯に乗せて、デミグラスソースをとろ~り。
付け合せは茹でたキャベツ。器は丼鉢ではなく平たいお皿を使います。

◆お店の特徴
赤(甘口デミグラス)・白(甘口ホワイトソース)・緑(辛口ほうれん草&バジル)の3色ソースのかつめしが食べられる!
通常のかつめしは牛カツだけど、10種類のカツを選べるのもポイントです (`・ω・´)

酒饌亭 灘菊(小溝筋のかっぱ)

酒饌亭 灘菊

【ご当地グルメ】姫路おでん
【場所】兵庫県姫路市
【予算】¥500
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★

◆グルメ解説
生姜醤油をかけて食べるおでん。
姫路の家庭ではおでんに自家製の生姜醤油を合わせる風習があるのです。
ちなみに生姜や醤油が姫路産というわけではないです。

◆お店の特徴
姫路の酒造会社直営のお店。
具を串に刺した大串おでんが特徴で、生姜醤油おでんの他に、冬季限定で酒粕ダレのオリジナルおでんも食べられます。
地酒も味わえるので観光の際はぜひ。

THE PARK

ザ パーク

【ご当地グルメ】とっとりバーガー
【場所】鳥取県全域
【予算】¥780
【お店タイプ】名店
【おすすめ度】★★★★

◆グルメ解説
鳥取県は実は全国のご当地バーガーのグランプリを決めるイベントが行われる、ご当地バーガーの聖地。
各地に地元の食材を使った創作バーガーが食べれるお店があるのですが、そのジャンルはイタリアンや蒲鉾屋や旅館と自由すぎるのが面白いところ。

◆お店の特徴
大人な雰囲気のオシャレカフェです。
ここのバーガーはイタリアンスタイル。
地元ブランド鶏『がいなどり』のグリルとベーグルを使います。白ネギのカルボナータソースとチーズが絡まって、他店と比べても味は一級品です ヾ(´・∀・)ノ

元祖琴浦ラーメン たかうな

たかうな

【ご当地グルメ】鳥取牛骨ラーメン
【場所】鳥取県中部
【予算】¥570
【お店タイプ】名店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
牛骨で出汁をとる珍しいスタイルのラーメン。
麺は基本的に中太ちぢれ麺。
豚骨と違ってものすごくサッパリした香ばしい味に予想外の印象を受けます。

◆お店の特徴
国道沿いのドライブインレストランスタイルのお店。
もう一つの名物『牛骨ラーメンバーガー』があるのもミソ。要予約 (´・д・`)

味司 野村

味司 野村

【ご当地グルメ】岡山デミカツ丼
【場所】岡山県岡山市
【予算】¥1,300
【お店タイプ】発祥店
【おすすめ度】★★★★

◆グルメ解説
ご飯の上にとんかつを乗せてデミグラスソースをぶっかけます。トッピングのやり方はお店によって十人十色。

◆お店の特徴
デミカツ丼を考案したのはこの店の創業者。玉子とじカツ丼とテミカツ丼をダブルで味わえる「子膳」「孫膳」が断然オススメ。

ぶたかば焼専門店 かばくろ 総本店

ぶたかば焼専門店 かばくろ 総本店

【ご当地グルメ】ぶたかば重
【場所】岡山県岡山市
【予算】¥1,058
【お店タイプ】発祥店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
お店オリジナルメニュー。うな重を豚肉で再現。だから『ぶたかば重』 お手軽な値段でいただけるのがありがたいポイント。

◆お店の特徴
岡山市内に3店舗を展開するファミレススタイルのお店。豚肉でひつまぶしを再現した『ぶたまぶし』ももう一つの名物です。

橋野食堂

橋野食堂

【ご当地グルメ】津山ホルモンうどん
【場所】岡山県津山市
【予算】¥790
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
もやし・キャベツ・玉ねぎ・長ネギを使い、オリジナルのタレを絡めた焼きうどん。
ホルモンはミノが多く、手加減のない大粒!
ポイントは独特の辛口タレ。土産物としても売られてます。

◆お店の特徴
年季の入った地元民に愛される老舗です。
タレを「普通・ピリ辛・激辛」から選べるのがミソ。
パックで持ち帰りOKなので、お腹に余裕がなくても寄ってけます (・∀・)

風里古

お好み焼風里古

【ご当地グルメ】尾道焼き
【場所】広島県尾道市
【予算】¥700
【お店タイプ】名店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
通常の広島焼きと違って、具に砂ずりとイカ天を使って、茹で麺を焼かずに入れるのが特徴。噛むとゴリゴリして存在感のある砂ずりは高揚感を生みます。

◆お店の特徴
創業35周年の地元に愛されてきたお店です。すじコンに卵2つを使うのが基本スタイル。

いろり山賊

いろり山賊

【ご当地グルメ】山賊焼
【場所】山口県岩国市
【予算】¥681
【お店タイプ】発祥店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
若鶏の炙り焼き。竹串に刺さったものを豪快にかぶりつきます。
砂糖醤油のような味のタレが食欲を倍増!
お店のオリジナルメニューですが、SAなどでも見かけます。

◆お店の特徴
岩国の山中にあるドライブイン型ファミリーレストラン。
驚くべきはその外観で、回遊式庭園のような池や小屋、幟や灯籠など、さながら青森のねぶた祭りのような豪華絢爛なテーマパークと化しています。お店の周辺を見て回るだけで20分は潰せる (゜ロ゜ノ)ノ

カフェ忠左衛門

カフェ忠左衛門

【ご当地グルメ】ひしお丼
【場所】香川県(小豆島)
【予算】¥1,230(セットの場合)
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
オリーブの他に醤油が名産の小豆島。
その小豆島産の醤油・もろみを使って、具は地元産のものを多種類盛り付けます。

◆お店の特徴
オリーブ畑の中にあって、秋に行けば窓の外は一面オリーブの海。
ここのひしお丼は大きな陶芸の器にたくさんの野菜を盛り付けます。
醤油とオリーブオイルが絡まって大人の美味さが出ています (´∀`*)

HATS ESPRESSIVO

HATS ESPRESSIVO

【ご当地グルメ】とくしまバーガー
【場所】徳島県徳島市
【予算】¥850(セットの場合)
【お店タイプ】名店
【おすすめ度】★★★★

◆グルメ解説
徳島ブランドの農林水産物を使った創作バーガー。
店舗によって創作性が非常に高いのが大きなポイントで、ご当地バーガーの中ではかなりのオススメ。

◆お店の特徴
商店街の中にあるオシャレなカフェ。若い人が多いですね。
ここの『阿波すだち鶏のプレミアムチキンバーガー』は、地元ブランド鶏に、すだちの実・果汁・マヨネーズで酸味のある味付け。レンコンやらっきょを使ってるもの珍しい ヾ(・д・` )

ほづみ亭

ほづみ亭

【ご当地グルメ】宇和島どんぶり
【場所】愛媛県宇和島市
【予算】¥980
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★★

◆グルメ解説
正確にはこんな呼び名はありませんが、宇和島は「どんぶり王国」として各所で海鮮丼が食べられる場所。
内容はお店によって、ブリ・真鯛・じゃこ天・あこや貝など十人十色です。

◆お店の特徴
宇和島一番の名店。割烹料理店です。
ここの海鮮丼は、太刀魚を木筒に巻きつけて炙り焼きにしたものを、刻み海苔や錦糸卵と一緒に盛り付けます。山椒をかけてとっても深い味になります ( ̄▽+ ̄*)

酔鯨亭

酔鯨亭

【ご当地グルメ】鯨料理
【場所】高知県高知市
【予算】約¥4,000
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★★

◆グルメ解説
高知は鰹の他に鯨料理も名物。
刺身は身が固いので、塩焼きや竜田揚げなど熱を通した料理がオススメです。

◆お店の特徴
高知でも特に名の知れた海鮮料理の代表店。
鯨の他にも、鰹やウツボなどもいただける。
基本は居酒屋ですが、ランチ営業もしているので、混み合う土日や低予算を狙うなら昼がいいかも (´・ω・`)

BEAR FRUITS

ベアーフルーツ

【ご当地グルメ】焼きカレー
【場所】福岡県北九州市(門司港)
【予算】¥850~
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★★

◆グルメ解説
ご飯の上にカレーやチーズを乗せて、オーブンで焼き上げる、カレードリアのようなもの。
濃さや辛さ、トッピングなどは店舗によって様々です。

◆お店の特徴
オリジナルのスパイスを使っていて、日本人らしい優しい辛さを出しています。
スパイスだけ買って帰ることもできるので、料理をする方は試してみるとよい (;-ω-)ゞ

浪漫座

浪漫座レストランアンドカフェ

【ご当地グルメ】佐賀シシリアンライス
【場所】佐賀県佐賀市
【予算】¥840
【お店タイプ】代表店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
ご飯の上に炒めた薄切り牛肉と玉ねぎを、その上に生野菜を乗せてマヨネーズで網掛けした家庭料理。
主菜にするにはボリュームに欠けるので、これをメインに扱ってるお店はあまりないです。

◆お店の特徴
明治時代の旧銀行の一部をカフェとして利用しているお店。
家庭料理のシシリアンライスを、フレンチスタイルにアレンジしてあります。オシャレ。
ランチタイムしか食べられないので注意 Σ(゜д゜;)

レストラン東洋軒

とり天発祥の店 レストラン東洋軒

【ご当地グルメ】とり天
【場所】大分県中部
【予算】¥1,350
【お店タイプ】発祥店
【おすすめ度】★★★★

◆グルメ解説
大分県で最も有名な国民食。
天ぷらにすることで固い鶏肉でもふわっと柔らかい食感になります。ジャンクフードのからあげと違って味は非常に家庭的。ポン酢やからしをつけてどうぞ。

◆お店の特徴
昭和初期に最初にとり天を提供した老舗。
大分で一番有名なお店と言っても過言ではない。
大衆食堂のような中華料理店です。

胡月

胡月

【ご当地グルメ】別府冷麺
【場所】大分県別府市
【予算】¥900
【お店タイプ】発祥店
【おすすめ度】★★★

◆グルメ解説
そば粉を使ったコシの強い麺と魚介ベースの和風スープが特徴。
キャベツで作ったキムチを添えて、チャーシューは牛肉を使います。

◆お店の特徴
創業45年の老舗。あちこちからお客が訪れます。
地下水を使ったスープは非常にサッパリ。お腹に優しい仕上がりです。

火の国文龍 総本店

火の国文龍 総本店

【ご当地グルメ】熊本ラーメン
【場所】熊本県熊本市周辺
【予算】¥690
【お店タイプ】名店
【おすすめ度】★★★

◆グルメ解説
とんこつスープに中太麺が特徴で、博多ラーメンに比べて比較的サッパリした味。
ニンニクや黒マー油を仕上げに入れるのも特徴です。

◆お店の特徴
老舗ではありませんが、熊本ICから近くて車でのアクセスが非常によいお店。
名物の『とんこつ黒』はとろみが強烈なスープで、博多ラーメンばりに濃い味が出ています。

阿蘇小町カフェ

阿蘇小町カフェ

【ご当地グルメ】阿蘇ハヤシライス
【場所】熊本県阿蘇市
【予算】¥1,800
【お店タイプ】名店
【おすすめ度】★★

◆グルメ解説
阿蘇のブランド牛『あか牛』に、阿蘇産のトマト・米・高原ミルクを使ったメニュー。
お店によってスタイルが違い、特に野菜の盛り方はバラエティに富んでいます。

◆お店の特徴
阿蘇名物ハヤシライスやあか牛料理を、フレンチスタイルにアレンジしてくれるオシャレカフェ。
お値段が張るのが難点ですが、上品な味が楽しめます。

※本記事は、2015/08/19に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ