【大阪・寺田町】大阪環状線・寺田町駅周辺の上質ラーメン店6選

出典:kurodaさん

【大阪・寺田町】大阪環状線・寺田町駅周辺の上質ラーメン店6選

大阪環状線・寺田町駅界隈で昨今、ラーメン店が次々とオープンし、乱戦の様相を呈しています。 熱い競争を繰り広げているこのエリアで注目のラーメン店を厳選!6店舗を紹介します。

更新日:2021/10/20 (2018/03/12作成)

2774view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる995の口コミを参考にまとめました。

切磋琢磨・激戦区

JR大阪環状線の南東に位置する寺田町駅。「あべのハルカス」のお膝元・天王寺駅と、焼肉店が入り乱れる鶴橋駅に挟まれ、やや印象の薄いエリアながら、個性的なお店がひしめいています。
熱い競争を繰り広げているこの寺田町界隈で、新進気鋭のラーメン店を厳選し、ここに紹介します。

ふく流らーめん 轍 総本家

3.72

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

ふく流らーめん 轍  総本家

 寺田町駅の北口を出て、横断歩道を渡って環状線のガード沿いを桃谷方向に数歩進んだところの西側にあるラーメン店です。

エスプーマが香る上品なラーメン

ふく流らーめん 轍  総本家

 この店イチ押しとみられる味玉ふく流らーめん(850円)。一目見てまず驚くのが、カプチーノのようにクリーム色の泡がお鉢を覆っているとともに、柚子の香りが漂ってくる。これはエスプーマですね。
 スープをひと匙啜ってみると、サラッとした優しい味わいながら、鶏・豚骨ベースの旨みは濃厚。圧力鍋でじっくり煮だしているようです。
 エスプーマの柚子風味が合わさって、上品な風合いになっています。

ふく流らーめん 轍  総本家

 麺は自家製麺の細麺ストレート。ツルツル感とコシが適度にバランスさ れている美味しい麺です。

ふく流らーめん 轍  総本家

 具材は叉焼、味付玉子、貝割れ大根。叉焼はこれも今流行りの真空低温調理のようで、実に柔らかな仕上がりです。
 全体に、上品で上質なラーメン。今やこの界隈で最も人気のお店です。

麺屋わっしょい

3.67

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

麺屋わっしょい

 JR大阪環状線・寺田町駅の北口を出て、国道25号線を東に進んですぐのところにある人気のお店です。

「男の黒ラーメン」は醤油のコクと香り

麺屋わっしょい

 基本中の基本「男の黒ラーメン」(680円)は、白いお鉢には 黒っぽいスープの中に太めの麺が横たわり、シナチク、豚バラ肉、煮玉子、細ネギが浮かんでいます。
 スープは鰹節・昆布・煮干等の魚介系と鶏ガラのWスープということで、魚介系の風味と醤油のコクと香りが重なる濃厚な風合いです。背油たっぷりなのか脂分が層になっているが、ゆずの風味が利いていて意外にもしつこく感じない。

麺屋わっしょい

 太麺はしっかりとした歯ごたえがあるが、加水多めなのでしっとり滑らかな風合いもある。スープに負けない主張があります。

麺屋わっしょい

 トッピングはここでは叉焼ではなく豚バラ肉となっており、このお肉や炒め野菜をドサッと増量する楽しみ方もあります。

 また、このお店ではお水ではなくジャスミン茶が出てきます。これが結構おいしいく、脂を洗い流してさっぱりさせてくれる…このさりげないサービスはありがたいですね。

麺屋 和人 天王寺北口本店

3.66

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

麺屋 和人 天王寺北口本店

 ここは天王寺駅の北口からの方が近いが、寺田町駅からもそう遠くない。寺田町と天王寺の間にある阪和線の線路沿いにあるお店です。

コース料理のようなストーリー性を感じさせる一杯

麺屋 和人 天王寺北口本店

 和人ラーメン(800円)は、油分がキラキラと輝く透明感ある清湯スープに、ネギ、煮玉子、メンマ、海苔、鶏叉焼が並んでいます。まずこの見た目に心奪われます。
 スープはあっさりとした風合いながら、鶏と魚介の旨味が凝縮されたような味わい。なんだかほのぼのとした癒し系のスープです。ベースとなるのは片口鰯の煮干、さんま節、昆布というまさしく魚介系。煌めく油と相まって深い旨味を感じます。

麺屋 和人 天王寺北口本店

 麺はやや太目のストレート麺。シコシコとしたしっかりした歯ごたえがあり、小麦の風味が漂います。もちろん自家製麺です。

麺屋 和人 天王寺北口本店

 具の叉焼は豚ではなく鶏。しかも甘辛い醤油タレとさっぱりとした柑橘系の2種類の味付けとなっています。醤油タレは深みのある醤油の香ばしさがあり、柑橘系は酸味のあるさわやかな風味。
 麺と具材、これらがスープの中で交わりあって、食べ進めていくうちに混然とした複雑な味わいになる。一杯のラーメンながら、コース料理のようなストーリー性を感じられるのが見事です。

らーめん砦 寺田町

3.49

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

らーめん砦 寺田町店

 JR大阪環状線・寺田町駅の北改札口を出て、目の前の横断歩道を渡ってマクドナルドの右側の小道を入ったところにあるお店です。
 ここは貝白湯スープを柱にする長崎・佐世保発祥のラーメン店で、最近、京町堀、堺・美原と続けざまに大阪に展開され、ここが大阪の3店舗目とのこと。

高度にバランスされた貝出汁のラーメン

らーめん砦 寺田町店

 「砦ラーメン」(780円)+煮玉子(120円)は、深底の器に入ったラーメンは白っぽいスープの上に貝やベーコンが乗っている独自のスタイル。
 スープは、あさり、牡蠣、ホタテ、赤マテ貝などの貝をベースにして白湯スープで、白濁して入るが、サラッとした仕上がり。クラムチャウダーのような風合いにも感じるが、生臭さは一切ありません。

らーめん砦 寺田町店

 麺は中細ストレート。適度に艶のある質感で、ややコシの強い食感ながら、歯切れも良好です。ストレート麺とサラッとしたスープとの相性も意外にマッチしています。

らーめん砦 寺田町店

 トッピングは赤マテ貝、ネギ、ワカメ、炙りベーコンなど。オプションの煮玉子はタレがしっかりと滲みていて濃厚。黄身のとろけ具合も良好です。
 今まで食べたことのない特徴的なラーメン。珍しさだけではなく、高度にバランスの取れた品質に仕上がってるところがいいですね。

上方レインボー

3.67

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

上方レインボー

 ここは桃谷駅からの方が近いが、寺田町駅からは高架に沿って北方向に徒歩7分ほど。勝山通を西に少し進んだところにあるラーメン店です。
 カウンター席がたった6席だけの店内は、ほぼ白色でまとめられたインテリアで、明るくクリーンです。

上品で高品質の醤油ラーメン

上方レインボー

 醤油ラーメン」(880円)、味玉アローカナ(+180円)は、受け皿付きのやや浅めの器に、油が美しく輝く濃褐色のスープが満たされ、その中に麺が折り目正しく沈み、叉焼とともに葱、シナチク、味玉がトッピングされています。
 まずはスープを啜ってみる…醤油のコクと甘みがぶわっと広がってきます。スープのベースは鶏ガラかな?醤油の香ばしさを立たせつつも、ベースの旨みを活かした風合いに仕上がっています。

上方レインボー

 麺は中細のリングイネのような平打麺。艶やかで滑らかな歯触りで、ほどよいコシと歯切れの良さがあり実に上質。自家製麺なのかな?この質感は上々です。
 具の叉焼は柔らかく肉の旨みがあり、ぶ厚めなので割合大きいので食べ応えもあります。意外にもネギが香り高く存在を主張しています。味玉はやや甘めの味付けで、とろっと蕩ける絶妙の茹で加減です。

ラーメン まる五

3.17

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

ラーメン まる五

JR大阪環状線・寺田町南口を出てすぐのところ。焼肉店の「焼肉 まる五」がランチタイム(11:00~15:00)限定で、ラーメン店として営業されています。

店内は焼き肉店らしく強力そうな排気ダクトを備えたテーブル席18席と、厨房前のカウンター席4席からなる全22席です。

淡麗な鶏スープに平打ち麺

ラーメン まる五

 「淡麗鶏そば」(700円)と「トッピング全種盛り合わせ」(400円)は、トレイにラーメンの器と各種トッピングが盛られたお皿が並びます。
 鶏そばはほんのり黄褐色を帯びた澄んだスープの中に平打ち麺が横たわり、2種の叉焼とともに葱とミツバ、雲吞、花鰹のような「節」の薄削りが散らされています。
 伊勢赤鶏の朝引き地鶏をじっくり煮だしたというスープは、あっさりとした風合いながら鶏の旨味が凝縮しています。軽い塩味で切れ味のいいクリアーな味わいです。

ラーメン まる五

 麺はタリアテッレのような平打ちで、しなやかで歯切れのいい仕上りです。
 適度にコシを持たせ小麦の風味が豊かな仕上りです。軽やかなスープとの相性もいいですね。

ラーメン まる五

 具材は2種の叉焼が1枚づつ、雲吞ひとつ。さらに「トッピング盛り」のお皿に2種の叉焼が3枚づつと、スープに浸された雲吞、味玉、シナチクがあるので、かなり豪華です。
 2種の叉焼は鶏チャーシューとレアチャーシューの3枚づつ、肉の旨みが堪能できます。味玉は適度に味が滲ゅんでいて、黄身がいい具合に蕩けています。
 雲吞は餡がたっぷりで、シナチクはかなり大きめの拍子木切り。それぞれが味と食感を主張してきます。立派なミツバがアクセントになっています。

※本記事は、2021/10/20に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ